FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。

FUNKY FLAMENCO : T-GROOVE PRESENTS FRENCH & BELGIUM DISCO BOOGIE 1975-1980

flamenco.pngflamenco2.png

FUNKY FLAMENCO : T-GROOVE PRESENTS FRENCH & BELGIUM DISCO BOOGIE 1975-1980 ダフト・パンクのルーツに迫る!? 日本でもヒットしたディスコ・ヒットからレア曲まで全19曲。吉岡正晴氏による日本ダンスミュージック史上初のリミックス12インチシングルも収録!3/17発売!

予約はこちら https://amzn.to/2Naubr3

01. Soul Iberica Band/ Funky Flamenco (When Philly Goes To Barcelona)
ソウル・イベリカ・バンド/ ファンキー・フラメンコ
02. Black Blood/ A.I.E. (A M'wana)
ブラック・ブラッド/ アイエ
03. The Philarmonics/ For Elise
フィラーモニクス/ エリーゼのために '77
04. Gibson Brothers/ Come To America
ギブソン・ブラザーズ/ カム・トゥ・アメリカ
05. Soul Iberica Band/ Baby Sitter
ソウル・イベリカ・バンド/ ベイビー・シッター
06. Thembi/ Take Me Back To The Old Transvaal
センビー/ テイク・ミー・バック・トゥ・ジ・オールド・トランスヴァール
07. Nightschool/ Do You Speak French? Part 1
ナイト・スクール/ ドゥ・ユー・スピーク・フレンチ? Part 1
08. Bouzouki Disco Band/ Disco Bouzouki
ブズーキ・ディスコ・バンド/ ディスコ・ブズーキ
09. Starbow/ Voyager II
スターボウ/ ヴォヤージャー II
10. Gibson Brothers/ Cuba
ギブソン・ブラザーズ/ 灼熱のキューバ
11. L.A.X./ Dancin' At The Disco – Vocal
L.A.X./ ダンシン・アット・ザ・ディスコ
12. Good News/ Australia
グッド・ニュース/ オーストラリア
13. Gibson Brothers/ Que Sera Mi Vida (If You Should Go)
ギブソン・ブラザーズ/ 涙のケ・セラ
14. Ottawan/ D.I.S.C.O
オッタワン/ D.I.S.C.O
15. Soul Iberica Band With Linda/ Hey Gipsy!
ソウル・イベリカ・バンド・ウィズ・リンダ/ ヘイ! ジプシー
16. Who's Who/ Palace Palace
フーズ・フー/ パレス・パレス
17. L.A.X./ All My Love
L.A.X./ オール・マイ・ラヴ

Bonus Tracks
18. Nite School (Nightschool)/ Do You Speak French? (US 12inch Version)
ナイト・スクール// ドゥ・ユー・スピーク・フレンチ(? US 12インチ・ヴァージョン)
19. Soul Iberica Band/ Funky Flamenco - Special Long Disco Version
”An Early Bird Mix" (Japanese Promotional 12inch Version)
ソウル・イベリカ・バンド/ ファンキー・フラメンコ スペシャル・ロング・ディスコ・ヴァージョン
"アン・アーリー・バード・ミックス" (ジャパニーズ・プロモーショナル・12インチ・ヴァージョン)

T-Groove Presents Disco Reissue Series Vol.2

139829277_10208299624884643_650055367639761057_n.jpg

おかげ様で大好評のT-Groove Presents Disco Reissue Series。 Vol.2のリリースが2021年1月27日で決定しました!
T-Grooveが、70年代から80年代にかけて世界各国でリリースされたディスコ/ブギーのヒット作からマニアックなレア盤まで、国内外でなかなかCD化されてこなかった選りすぐりの作品を自ら発掘。マスター音源の音質にもこだわった、強力なラインナップで送るディスコ・リイシュー・シリーズ。監修、音源チェック、解説執筆まですべて担当。

今回は4タイトルすべて世界初CD化。各国のメジャーレーベルからリリースされるも再発困難だったタイトルが目白押しとなっています。予約受付中です! Amazon、Tower、HMV、Disk Unionなど、全国のショップで発売です。解説付きのCDは数量限定プレスなのでお早めに。


●Stratavarious "Stratavarious" (Roulette・Polydor / 1977)
購入はこちら→ https://amzn.to/2Y2vwSp

Teddy PenderglassやJean Carnなどのヒット曲を手掛けた、フィラデルフィア・ソウルを代表するプロデューサー、ソングライターJohn L. Usry, Jr.が出世するきっかけとなったディスコ・アルバムが世界初CD化! 全米でディスコ・ヒットを記録した「I Got Your Love」、「Let Me Be Your Lady Tonight」など、M.F.S.B.とBarry Whiteが共存しているかのような、流麗でゴージャスなオーケストラ・サウンドが楽しめるディスコ名盤。カナダ録音。1977年作。 シングルバージョンだけでなく、未発表の貴重音源まですべて収録。世界初CD化。

●Black Sun "Black Sun (Disco Heat)" & "Black Sun 2" (Arista Buddah / 1978 & Panache / 1980) 2 in 1
購入はこちら→https://amzn.to/3p9dkSX

Boris Vianの音楽も手がけたフランス·シャンソン界で著名な作曲家Jimmy Walterが変名を使い、息子のPhil Walterと共に制作した幻のフレンチ·ディスコ名盤が奇跡の復刻。アリスタ/ブッダから全米発売され、DJ Harvey、Larry Levan、Sadar Baharらがヘビープレイしたタイトル曲がガラージ・クラシックとして人気のデビュー作『Black Sun』(1978年)と、フレンチ・ディスコ・ブギー再評価の流れでクローズ・アップされた「Le Love」を含む、カナダ盤オンリーのセカンド『Black Sun 2』(1980年)をカップリング。2枚組仕様にて世界初CD化。

●Blush (Odyssey) "Out Of This World" (Spinna / 1978)
購入はこちら→https://amzn.to/361MjcQ

南アフリカ産の激レア・ディスコ・アルバムが奇跡の復刻。Blushは、南アフリカのディスコ界、ロック畑でギタリスト、プロデューサーとして大活躍したMike Pilotが手掛けたコズミック・ディスコ・プロジェクト。90年代後半に日本でも一世を風靡したニュー・エイジ・ユニットAdiemusの歌姫、Miriam Stockley(当時まだ16歳 !)が参加。 近年、DJを中心に再評価された、Giorgio Moroderばりの派手なコズミック·ディスコ「Lift Off」収録。1978年作品。世界初CD化。


●Rene Riche & Her cosmic Band "Love In Space" (Gallo / 1978)
購入はこちら→https://amzn.to/362jbSI

日本では入手困難な南アフリカ産の超激レア・ディスコ・アルバムが奇跡の復刻。なんと、Arthur BakerプロデュースのSun Cityへの参加、また南アフリカで一世を風靡したロック・バンドのVia AfricaのRene Veldsmanの変名がこのRene Riche。南アフリカのディスコ界、ロック畑でギタリスト、プロデューサーとして大活躍したMike Pilotが手掛けたコズミック・ディスコ・プロジェクトであり、90年代後半に日本でも一世を風靡したニュー・エイジ・ユニットAdiemusの歌姫、Miriam Stockley(当時まだ16歳!)が参加。新たに再評価されること間違いなしのアッパーなプログレッシブ·ディスコ「Love in Space」収録。1978年作品。世界初CD化。


T-Groove Presents Disco Reissue Series 第1弾

129483126_10208158345592749_70714285691519203_n.jpg

T-Groove Presents Disco Reissue Seriesが始動しました!
音楽プロデューサー、アレンジャー、リミキサーとして国内外で活躍、ディスコ・ミュージックへの博識ぶりから"ディスコ考古学者"の異名を持つT-Grooveが、70年代から80年代にかけて世界各国でリリースされたディスコ/ブギーのヒット作からマニアックなレア盤まで、国内外でなかなかCD化されてこなかった選りすぐりの作品を自ら発掘。マスター音源の音質にもこだわった、強力なラインナップで送るディスコ・リイシュー・シリーズ。第1弾はUltra Vybeさんより2021年12月9日に8タイトル同時リリース。監修、音源チェック、解説執筆まですべて担当。Amazon、Tower、HMV、Disk Unionなど、全国のショップで発売です。解説付きのCDは数量限定プレスなのでお早めに。

1. T-Groove Presents T.K. Super Disco Classics 1977-1979
https://amzn.to/2VJMYdq
2. L.A.X. / L.A.X. (1979)
https://amzn.to/36JdzO0
3. L.A.X. / All My Love (1980)
https://amzn.to/2VLzJZq
4. Celi Bee & The Buzzy Bunch / Celi Bee & The Buzzy Bunch (1977)
https://amzn.to/3lNQgGU
5. Celi Bee & The Buzzy Bunch / Alternating Currents (1978)
https://amzn.to/3lLNAtE
6. Queen Samantha / The Letter (1978)
https://amzn.to/3lMmS3Y
7. Queen Samantha / Queen Samantha 2 (1979)
https://amzn.to/3lOqW3H
8. Star City / I'm A Man (1978)
https://amzn.to/3gdTHpg

MOTOWN DISCO selected by MURO + T-GROOVE

70624711_10206404416945629_4746723209007595520_n.jpg


MOTOWN DISCO selected by MURO × T-GROOVE
UICZ-1715/6 Motown/Universal
https://www.universal-music.co.jp/motown/products/uicz-1715/

2019/3/20発売の『モータウン60』(規格品番UICZ-1704)、2019/6/26発売の『MOTOWN NON STOP mixes by DJ LEAD』(規格品番UICZ-1712)に続く、モータウン・レコーズ設立60周年〈MOTOWN 60〉キャンペーンのコンピレーション第3弾。

『MOTOWN DISCO selected by MURO + T-GROOVE』は、King Of DigginことMUROと、リミキサー、アレンジャー、コンポーザーそしてプロデューサーとして活躍するT-GROOVEが、モータウンの名曲ををディスコの切り口からセレクト!MUROとT-GROOVEだからこその選曲は必聴です。両氏の対談もブックレットに掲載。

Disc 1:
Books And Basketball (Montage)/David Shire & James Di Pasquale
"T" Plays It Cool (Unedited Version )/Marvin Gaye
Brother's Gonna Work It Out (Joey Negro Return Of The Mac Mix )/Willie Hutch
The Mirrors Of My Mind/Jackson 5
Date With The Rain (DJ Spinna ReFreak)/Eddie Kendricks
The Life Of The Party/Jackson 5
Erucu/Jermaine Jackson
Fire It Up/Rick James
Standing On The Verge (Of Getting It On)/Platinum Hook
Scratchin/Magic Disco Machine
You Made Your Bed/Reuben Howell
Big Time (M+M Big Time 2016 Mix)/Rick James
I Need Your Lovin' ( M+M Lovin' All Night Long Mix)/Teena Marie
Treat Her Like A Lady/The Temptations
Skip To My Lou/Finis Henderson
Mighty-Mighty/Ozone
Ego/Ozone

Disc 2:
Forever Came Today/Jackson 5
Keep Holding On/The Temptation
He's A Friend/Eddie Kendricks
Love Hangover/Diana Ross
Down To Love Town/The Originals
Let's Be Young Tonight/Jermaine Jackson
Full Speed Ahead/Tata Vega
Goin' Up In Smoke/Eddie Kendricks
Don't Leave Me This Way/Thelma Houston
Let Yourself Go/The Supremes
Tailgate/21st Creation
Nowhere To Run (Part 1)/The Dynamic Superiors
Star Love/Three Ounces Of Love
Saturday Night, Sunday Morning/Thelma Houston
Go For It/Billy Preston & Syreeta
Get Ready/Smokey Robinson
Shoulda Gone Dancin'/High Inergy
Heaven Must Have Sent You/Bonnie Pointer
The Boss/Diana Ross
I'm A Sucker For Your Love/Teena Marie

DISCO GREAT TOKYO – Columbia Disco Fever 1977-1980 – selected by T-Groove

41801501_10205123310598771_6233686181607899136_n.jpg


DISCO GREAT TOKYO – Columbia Disco Fever 1977-1980 – selected by T-Groove
COCP-40485 ¥2,315+税
http://columbia.jp/prod-info/COCP-40485/

世界中のディスコ人気に火を点けた映画「サタデー・ナイト・フィーバー」が日本で公開された1978年から40年。今再び日本、そして世界にディスコ旋風が巻起っています。 日本コロムビアに1977〜1980年に遺されたディスコ・チューンを日本が世界に誇るビート・メイカーT-GrooveことYuki “T-Groove” Takahashiがセレクト。 庄野真代「マスカレード」やゴダイゴ「Monkey Magic」などの大ヒット曲を始め、ヘレン・サンタ=マリア「ジェラシー」(12inch promo ver.)や都はるみ「大東京音頭」のB面に収録され、近年では海外での人気も高い「DISCO GREAT TOKYO」など初CD化作品も多数収録。 近年国内のみならず、海外でも評価が高まるジャパニーズ・ディスコの魅力を凝縮させたコンピレーション・アルバムです。

1. 庄野真代 / マスカレード (1978)
2. センチメンタル・シティ・ロマンス / 金田一耕助の冒険:サーカス編 (1979)
3. 村田有美 / クリシュナ (1980)
4. ソウル・メディア / I Will Give You Samba (1980)
5. ゴダイゴ / The Birth Of The Odyssey-Monkey Magic (1978)
6. 渡辺香津美/ Tokyo Joe (1979)
7. ヘレン・サンタ=マリア / ジェラシー (1979) *
8. 榊原郁恵 / This is Hot ─燃え尽きるまで (1980) *
9. トミー・スナイダー / ザ・マリン・エクスプレス (1979)
10. アミューズメントスクエア/ ディスコ月光仮面 (1979) *
11. しばたはつみ / My Sweet Little Eyes (1977)
12. 伊東ゆかり / ロマンチスト (1977)
13. ヒデ冬樹 / 夢の船乗り (1978)
14.町田義人・ゴダイゴ/雨はナイフのようさ(1978)
15. ジョニー・デイビス / テクニカラー・クイーン (1979)
16. 夏山美樹/ゲームオーバー(終曲) (1980)
17. 紅屋おかめ / ディスコ・ナンバー360 (1979)
18. ピンク・パラシュート / DISCO GREAT TOKYO (1979) *
*初CD化 ただしオンデマンドCDは除く

o0400040014262086827.jpg


Columbia Disco Fever:T-Groove Remixes
COKM-42115 <配信限定>
http://columbia.jp/prod-info/COKM-42115/

T-Grooveが監修・選曲を務めたコンピレーション・アルバム「DISCO GREAT TOKYO – Columbia Disco Fever 1977-1980 – selected by T-Groove」から人気曲をセレクトして、T-Groove自らリミックスを施した配信シングル。 スペーシーなシンセ/SEが飛び交うイタロなアレンジが最高にイカす、コズミック・ディスコな仕上がりの「DISCO GREAT TOKYO(T-Groove COSMIC DISCO Remix)」。ボストンを拠点にMONDAY満ちるやN'Dea Davenportなどのリミックスを手がけるプロデューサー、monologとの共作で、原曲のグルーヴはそのままに、妖麗なトリップ感を増幅させたアシッド・ダブ・リミックス「クリシュナ (T-Groove & monolog Dub Remix)」。 今最もホットなクリエイターT-Groove渾身のリミックス作品です。

1.ピンク・パラシュート / DISCO GREAT TOKYO(T-Groove COSMIC DISCO Remix)
2.村田有美 / クリシュナ (T-Groove & monolog Dub Remix)

o0500050014262087306.jpgo0300030014262087287.jpg


村田有美 "クリシュナ"と都はるみ"大東京音頭"のディスコインストの7インチがT-Groove & monolog Remixを収録して発売決定!12/12発売です。デザインもレトロでヤバイ!!!
https://www.jetsetrecords.net/news/696/‬


VICTOR DISCO TREASURES made in JAPAN selected by T-GROOVE

24296358_10204007603226784_4504373037866571003_n.jpg

VICTOR DISCO TREASURES made in JAPAN selected by T-GROOVE

T-GROOVE監修のコンピレーション・アルバム「VICTOR DISCO TREASURES made in JAPAN selected by T-GROOVE」が、ビクター/クリンクレコードより2017年11月29日に発売されました。70年代のビクターに残された国産ディスコ作品から、和製ディスコの父・ハッスル本多(本多慧)氏がプロデュース、あるいは制作に関わったものを網羅。「ベスト・オブ・ハッスル本多」といえるアルバムとなっています。解説は吉岡正晴氏。イラストは江守藹(エモリアイ)氏。

"VICTOR DISCO TREASURES made in JAPAN selected by T-GROOVE" (Victor/Clinck Records)
Released on 29th October 2017.


01. The Oriental Express / Sexy Bus Stop
02. The Oriental Express / Peanuts (Disco Version)
03. Funky Bureau / Boogie Walk
04. The Pacific Coast Highway / Shojoji (Disco Version)*
05. Dr. Dragon & The Oriental Express / The Hustle Jet
06. Funky Bureau / Disco Jack
07. Funky Bureau / Clap Your Hands Together
08. Something Special / Got To Get Ready*
09. The Original Eastern Gang / Dynamic Dinosaur
10. Bella & The Original Eastern Gang / It's So Nice *
11. Bella & The Original Eastern Gang / Hold On (Our Love Is Strong)*
12. Dr. Dragon / Super Man, He's A Macho
13. The Eastern Gang / The Flasher
14. The Eastern Gang / Dry Cat*
15. The Eastern Gang / Charlotte
Bonus Tracks:
16. The Love Machine / Desperately (Full Length Album Version)*
17. The Eastern Gang Featuring The Sophisticates / Magic Eyes (Promotional 12" Version)

DJ09badUIAI6lgT.jpgDJ09baaU8AQp_Yu.jpg

またアルバムから先行して、イースタン・ギャング「ドライ・キャット」ファンキー・ビューロー「クラップ・ユア・ハンド」の復刻7インチ・アナログ・シングル盤が、11/3のレコード日に300枚限定で発売。ファンキー・ビューロー「クラップ・ユア・ハンド」はミックス違いのボーカル・バージョン、初出のインストゥルメンタル・バージョンを収録。こちらはアナログ盤にのみ収録です。

吉岡正晴のソウル・サーチン 『ビクター・ディスコ・トレジャーズ』ディスコ・コンピ、2017年11月29日発売 』
https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12313150252.html

芽瑠璃堂 『ジャケット公開!イラスト:江守藹/選曲:T-GROOVE/解説:吉岡正晴 ビクター和製ディスココンピが登場』
http://merurido.jp/topic.php?srcbnr=16595

芽瑠璃堂 『●レコードの日●T-GROOVE監修ビクター和製ディスコ・コンピより2タイトルが先行7inchカット!』
http://merurido.jp/topic.php?srcbnr=16243

TRUTH / COMING HOME (1980)

FullSizeRender_3.jpg

SIDE A...DK 4001A

COMING HOME
Time: 4:03
(B. Massey, A. Boyd, D. Edwards)
Produced by Bobby Massey
Arranged by Dunn Pearson, Jr.
An M.P.A.C. Inc. Production
From the album "Coming Home" DKH 4401

SIDE B...DK 4001B

TOUCH ME
Time: 3:35
(B. Massey, L. Hancock, A. Boyd)
Produced by Bobby Massey
Arranged by Dunn Pearson, Jr.
An M.P.A.C. Inc. Production
From the album "Coming Home" DKH 4401

BILLBOARD CHART ACTION
● COMING HOME
[POP # - /R&B # 47 /DISCO # - ]

Truthは、70年代前半に活動していたThe Imperial WondersのメンバーAl BoydLeo GreenRussell Evansの3人に、S.O.U.L.のメンバーだったLarry Hancockを加えて結成されたオハイオ州クリーブランド出身の黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。主なヒット曲に「Come Back Home」(1976)、「Coming Home」(1980)、「Understanding」(1980)、「It's Gonna Take A Miracle」(1981)。

このシングルは1980年にDevakiからリリースされた彼ら唯一のアルバム「Coming Home」からのファースト・シングル。プロデュースはThe O'Jaysの元メンバーでDevakiレーベル社長のBobby Massey。アレンジは「Groove On Down」(1978)で知られるソングライター、アレンジャーのDunn Pearson, Jr.

●COMING HOME
彼ら最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。The TemptationsのメンバーDennis EdwardsBobby MasseyAl Boydのペンによる作品で、アップテンポの爽快なモダンソウル/ディスコ・チューン。同時期にThe Temptationsが「I'm Coming Home」のタイトルで発表しているが、歌詞が違っている上、Bobby MasseyAl Boydがクレジットから外されている。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

TOUCH ME
A面とほぼ同路線の作品で、哀愁感の漂うメロディ・ラインを持ったメロウなモダンソウル/ディスコ・チューン。


AL DOWNING / I'LL BE HOLDING ON (1974)

FullSizeRender_4.jpg

SIDE A...CH 2158

I'LL BE HOLDING ON
Time: 3:07
(Al Downing-Lance Quinn-Andrew Smith)
Produced by Tony Bongiovi-Meco & Jay Ellis
for DCA Productions & GRT Corporation

SIDE B...CH 2158

BABY LET'S TALK IT OVER
Time: 3:21
(Al Downing)
Produced by Tony Bongiovi-Meco & Jay Ellis
for DCA Productions & GRT Corporation

(P)1974 Chess

BILLBOARD CHART ACTION
● I'LL BE HOLDING ON
[POP # 85 /R&B # 31 /DISCO # 1

Al Downing (Big Al Downing)は、60年代から90年代にかけて、主にカントリー・ミュージック・シーンで高い人気を誇ったオクラホマ州出身の黒人男性シンガーソングライター、ピアニスト。「Dream World」(1974)や「Doctor Boogie」(1978)のヒットで知られるDon Downingは兄弟。主なヒット曲に「You Never Miss Your Water」(1963)、「I'll Be Holding On」(1974)、「Mr. Jones」(1978)、「Touch Me (I'll Be Your Fool Once More)」(1979)、「Bring It On Home」(1982)など多数。

1974年にChessから発売されたシングル。プロデュースはGloria Gaynorなどを手掛けたTony BongioviMeco MonardoJay EllisからなるDCA Productions。アレンジはAndrew Smith。リミックスはTom Moulton

●I'LL BE HOLDING ON
全米ディスコチャートで3週連続1位を記録、ポップチャート、ソウルチャートでもヒットを記録した彼の代表曲であり、初期のディスコシーンを代表する作品。 カントリー・シンガーというバックグラウンドがあるだけに、バンジョーを効果的に使ったカントリー・テイストを存分に取り入れた、ユニークなディスコ・ナンバーに仕上がっている。元々は1974年初頭にJanusレーベルから発売され、後にTom Moultonによってリミックスされ、Chessレーベルから再発売されたもの。

このシングル・バージョンは、Tom Moultonによるリミックス・バージョンをエディットしたもの。バージョン違いのシングルが複数存在し、Janusレーベルから発売された2分50秒のオリジナルバージョンを収録したシングル、Chessから発売されたTom Moultonによる5分36秒のリミックスバージョンを収録したシングル、Tom Moulton Mixを短くエディットした3分7秒のバージョンを収録したシングル、日本でリリースされた5分48秒のTom Moulton Mixのフルバージョンを収録したシングルがある。

●BABY LET'S TALK IT OVER
渋い語りからスタートするイントロ、楽曲の展開と共に盛り上がっていくソウルフルな情熱的なボーカルが最高なスイートなソウル・ナンバー。当初はこちらがシングルのA面だったが、プロモーション段階で「I'll Be Holding On」のヒットに火がつき、B面に差し換えられた。

HEAVEN & EARTH / NO LIMIT (1978)

FullSizeRender_5.jpg

SIDE A...74013

GUESS WHO'S BACK IN TOWN
Time: 3:51
(Lawrence Hanks / Rodney G. Massey)
Produced by Rodney G. Massey and Lawrence Hanks
Executive Producer: Clarence Johnson for
Fountain Productions
From Mercury's Album SRM-1-3722
"HEAVEN & EARTH"

SIDE B...74013

NO LIMIT
Time: 3:41
(Rodney G. Massey / Lawrence Hanks)
Produced by Rodney G. Massey and Lawrence Hanks
Executive Producer: Clarence Johnson for
Fountain Productions
From Mercury's Album SRM-1-3722
"HEAVEN & EARTH"

(P)1978 Mercury

BILLBOARD CHART ACTION
● GUESS WHO'S BACK IN TOWN
[POP # - /R&B # 42 /DISCO # -]


Heaven & Earthは、シカゴを拠点に活動していた黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。何度かメンバーチェンジを行っているが、1978年時点のメンバーはDwight DukesJames DukesKeith StewardDean Williams。主な代表曲に「No Limit」(1978)、「I Really Love You」(1981)など。メンバーのDwight DukesKeith Stewardは1982年にCashmereを結成。「Do It Anyway You Wanna」(1983)、「Can I」(1983)などのヒットを飛ばしている。

このシングルは1978年にMercuryから発売されたセカンド・アルバム「Heaven & Earth」からのシングル・カット。プロデュースは、後にOmniを結成するRodney MasseyLawrence Hanks。 アレンジはLawrence Hanks

GUESS WHO'S BACK IN TOWN
彼ら最大のヒット曲であり、代表曲のひとつ。シカゴ出身のソウル・グループらしい爽やかさと甘さを兼ね備えたドリーミーなソウル・バラード。

NO LIMIT
ポップでキャッチーなメロディ・ラインを持った華やかな曲調のメロウなディスコ/ソウル・ナンバー。発売当時はシングルのB面だったためにヒットには至っていないが、後にディスコ・リバイバルの流れで再評価。今では彼らの代表曲として知られるようになった。尚、Breakwaterが同時期にリリースしたヒット曲とは同名異曲。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンよりも少し早目にフェードアウトしたもの。


QUARTZ / BEYOND THE CLOUDS (1978)

FullSizeRender_2.jpg

SIDE A...3328

BEYOND THE CLOUDS
Time: 3:45
(C. Quartz-M.Gazzola)
Produced by C. Quartz
From the LP "Quartz" (Marlin 2216)

SIDE B...3328

FOR GEROMINE
Time: 4:36
(P. Langlade)
Produced by C. Quartz
From the LP "Quartz" (Marlin 2216)

(P)1978 Marlin

BILLBOARD CHART ACTION
● BEYOND THE CLOUDS
[POP # - /R&B # 52 /DISCO # 21]


Quartzは、コンテンポラリー・クラシック音楽界で活躍し、日本ではTV番組やCMなどで使用される機会の多い世界的大ヒット曲「Concerto Para Uma Vozふたりの天使)」(1969)の作者として知られるフランス人作曲家 Saint-Preuxが手掛けたフランスのエレクトロ・ディスコ・プロジェクト。プロデューサーのChris Quartzは彼の変名。主なヒット曲に「Beyond The Clouds」(1978)など。

このシングルは1978年にフランス・Vogue、アメリカ・Marlinから発売されたファーストアルバム「Quartz」からのシングルカット。

●BEYOND THE CLOUDS
The Ritchie Familyの「Life Is Music」(1977)などのヒット曲を手掛けたフランス人ソングライターMax GazzolaSaint-Preuxのペンによる作品で、アシッド・ハウス風の中毒性の強いシンセサイザーに派手なピアノリフが絡む、アバンギャルドなエレクトリック・ディスコ・チューン。インストゥルメンタルであり、やや難解な曲調のユーロ・ディスコであるにも関わらず全米ソウルチャートで52位まで上昇するヒットを記録、全米ディスコチャートでも最高21位とまずまずの成績を収めている。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

FOR GEROMINE
ピアノとシンセサイザーによる美しいメロディーが奏でられるイージーリスニング風のスロー・ナンバー。Andre Gagnonのようなイメージの作品。

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム