FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 未分類
CATEGORY ≫ 未分類
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

DISCO GREAT TOKYO – Columbia Disco Fever 1977-1980 – selected by T-Groove

41801501_10205123310598771_6233686181607899136_n.jpg


DISCO GREAT TOKYO – Columbia Disco Fever 1977-1980 – selected by T-Groove
COCP-40485 ¥2,315+税
http://columbia.jp/prod-info/COCP-40485/

世界中のディスコ人気に火を点けた映画「サタデー・ナイト・フィーバー」が日本で公開された1978年から40年。今再び日本、そして世界にディスコ旋風が巻起っています。 日本コロムビアに1977〜1980年に遺されたディスコ・チューンを日本が世界に誇るビート・メイカーT-GrooveことYuki “T-Groove” Takahashiがセレクト。 庄野真代「マスカレード」やゴダイゴ「Monkey Magic」などの大ヒット曲を始め、ヘレン・サンタ=マリア「ジェラシー」(12inch promo ver.)や都はるみ「大東京音頭」のB面に収録され、近年では海外での人気も高い「DISCO GREAT TOKYO」など初CD化作品も多数収録。 近年国内のみならず、海外でも評価が高まるジャパニーズ・ディスコの魅力を凝縮させたコンピレーション・アルバムです。

1. 庄野真代 / マスカレード (1978)
2. センチメンタル・シティ・ロマンス / 金田一耕助の冒険:サーカス編 (1979)
3. 村田有美 / クリシュナ (1980)
4. ソウル・メディア / I Will Give You Samba (1980)
5. ゴダイゴ / The Birth Of The Odyssey-Monkey Magic (1978)
6. 渡辺香津美/ Tokyo Joe (1979)
7. ヘレン・サンタ=マリア / ジェラシー (1979) *
8. 榊原郁恵 / This is Hot ─燃え尽きるまで (1980) *
9. トミー・スナイダー / ザ・マリン・エクスプレス (1979)
10. アミューズメントスクエア/ ディスコ月光仮面 (1979) *
11. しばたはつみ / My Sweet Little Eyes (1977)
12. 伊東ゆかり / ロマンチスト (1977)
13. ヒデ冬樹 / 夢の船乗り (1978)
14.町田義人・ゴダイゴ/雨はナイフのようさ(1978)
15. ジョニー・デイビス / テクニカラー・クイーン (1979)
16. 夏山美樹/ゲームオーバー(終曲) (1980)
17. 紅屋おかめ / ディスコ・ナンバー360 (1979)
18. ピンク・パラシュート / DISCO GREAT TOKYO (1979) *
*初CD化 ただしオンデマンドCDは除く

o0400040014262086827.jpg


Columbia Disco Fever:T-Groove Remixes
COKM-42115 <配信限定>
http://columbia.jp/prod-info/COKM-42115/

T-Grooveが監修・選曲を務めたコンピレーション・アルバム「DISCO GREAT TOKYO – Columbia Disco Fever 1977-1980 – selected by T-Groove」から人気曲をセレクトして、T-Groove自らリミックスを施した配信シングル。 スペーシーなシンセ/SEが飛び交うイタロなアレンジが最高にイカす、コズミック・ディスコな仕上がりの「DISCO GREAT TOKYO(T-Groove COSMIC DISCO Remix)」。ボストンを拠点にMONDAY満ちるやN'Dea Davenportなどのリミックスを手がけるプロデューサー、monologとの共作で、原曲のグルーヴはそのままに、妖麗なトリップ感を増幅させたアシッド・ダブ・リミックス「クリシュナ (T-Groove & monolog Dub Remix)」。 今最もホットなクリエイターT-Groove渾身のリミックス作品です。

1.ピンク・パラシュート / DISCO GREAT TOKYO(T-Groove COSMIC DISCO Remix)
2.村田有美 / クリシュナ (T-Groove & monolog Dub Remix)

o0500050014262087306.jpgo0300030014262087287.jpg


村田有美 "クリシュナ"と都はるみ"大東京音頭"のディスコインストの7インチがT-Groove & monolog Remixを収録して発売決定!12/12発売です。デザインもレトロでヤバイ!!!
https://www.jetsetrecords.net/news/696/‬


スポンサーサイト

VICTOR DISCO TREASURES made in JAPAN selected by T-GROOVE

24296358_10204007603226784_4504373037866571003_n.jpg

VICTOR DISCO TREASURES made in JAPAN selected by T-GROOVE

T-GROOVE監修のコンピレーション・アルバム「VICTOR DISCO TREASURES made in JAPAN selected by T-GROOVE」が、ビクター/クリンクレコードより2017年11月29日に発売されました。70年代のビクターに残された国産ディスコ作品から、和製ディスコの父・ハッスル本多(本多慧)氏がプロデュース、あるいは制作に関わったものを網羅。「ベスト・オブ・ハッスル本多」といえるアルバムとなっています。解説は吉岡正晴氏。イラストは江守藹(エモリアイ)氏。

"VICTOR DISCO TREASURES made in JAPAN selected by T-GROOVE" (Victor/Clinck Records)
Released on 29th October 2017.


01. The Oriental Express / Sexy Bus Stop
02. The Oriental Express / Peanuts (Disco Version)
03. Funky Bureau / Boogie Walk
04. The Pacific Coast Highway / Shojoji (Disco Version)*
05. Dr. Dragon & The Oriental Express / The Hustle Jet
06. Funky Bureau / Disco Jack
07. Funky Bureau / Clap Your Hands Together
08. Something Special / Got To Get Ready*
09. The Original Eastern Gang / Dynamic Dinosaur
10. Bella & The Original Eastern Gang / It's So Nice *
11. Bella & The Original Eastern Gang / Hold On (Our Love Is Strong)*
12. Dr. Dragon / Super Man, He's A Macho
13. The Eastern Gang / The Flasher
14. The Eastern Gang / Dry Cat*
15. The Eastern Gang / Charlotte
Bonus Tracks:
16. The Love Machine / Desperately (Full Length Album Version)*
17. The Eastern Gang Featuring The Sophisticates / Magic Eyes (Promotional 12" Version)

DJ09badUIAI6lgT.jpgDJ09baaU8AQp_Yu.jpg

またアルバムから先行して、イースタン・ギャング「ドライ・キャット」ファンキー・ビューロー「クラップ・ユア・ハンド」の復刻7インチ・アナログ・シングル盤が、11/3のレコード日に300枚限定で発売。ファンキー・ビューロー「クラップ・ユア・ハンド」はミックス違いのボーカル・バージョン、初出のインストゥルメンタル・バージョンを収録。こちらはアナログ盤にのみ収録です。

吉岡正晴のソウル・サーチン 『ビクター・ディスコ・トレジャーズ』ディスコ・コンピ、2017年11月29日発売 』
https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12313150252.html

芽瑠璃堂 『ジャケット公開!イラスト:江守藹/選曲:T-GROOVE/解説:吉岡正晴 ビクター和製ディスココンピが登場』
http://merurido.jp/topic.php?srcbnr=16595

芽瑠璃堂 『●レコードの日●T-GROOVE監修ビクター和製ディスコ・コンピより2タイトルが先行7inchカット!』
http://merurido.jp/topic.php?srcbnr=16243

LAURIE MARSHALL / ALL DAY AND ALL NIGHT (We Will Make Love) (1976)

image1.jpg

SIDE A...1230-113

ALL DAY AND ALL NIGHT (We Will Make Love)
Time: 3:00
(Laurie Marshall)
Produced: Ralph Murphy for Double M Productions
English & French

SIDE B...1230-113

ALL DAY AND ALL NIGHT (We Will Make Love)
Time: 3:00
(Laurie Marshall)
Produced: Ralph Murphy for Double M Productions
English & Spanish

(P)1976 GRT Records (Canada)

BILLBOARD CHART ACTION
●ALL DAY AND ALL NIGHT (We Will Make Love)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]



Laurie Marshall(Laurice)は、70年代後半のカナダのディスコ・シーンで活躍したイギリス人男性シンガー・ソングライター。 ゲイでありトランスジェンダーである事をオープンにし、カナダにおけるゲイ・シンガーの先駆者としても知られる。主なヒット曲に「Flying Saucers Have Landed」(1972/Paul St. John名義)、 ‎「(All Day and All Night) We Will Make Love」(1976)、「The Disco Spaceship」(1977)など。

●ALL DAY AND ALL NIGHT (We Will Make Love)
1976年にカナダ・GRTから発売されたシングル。プロデュースはカナダ人プロデューサー・Ralph Murphy。クレジットされていないが、アレンジはThe Players Associationなどを手がけたJack Perriconeよるものと思われる。アメリカ録音。シングル・オンリー。

イントロのドラムブレイクからいきなり彼女(彼?)の激しい喘ぎ声からスタートし、随所に激しい喘ぎ声が挿入される、かなりエロティックなディスコ・ナンバー。A面はフランス語、B面はスペイン語で喘いでいるのがユニーク。カナダからの輸入盤がアメリカやヨーロッパのディスコで話題となり、Tom Moultonによるリミックスバージョンがアメリカ・Amherstより全米リリースされ、世界的なディスコ・ヒットとなった。日本でも「ラブマシーン・レディ」の邦題でリリースされている。

A面はフランス語の喘ぎ声が入ったバージョン。
B面はスペイン語の喘ぎ声が入ったバージョン。
喘ぎ声がカットされたバージョンが存在し、メキシコのみでリリースされている。

新ブログ開始しました。

新しいブログを開始しました。

DISCO 45...DISCO LOVER'S DIALY
http://tgroovediscojapan.blog59.fc2.com/
音楽関連の事についての思う事や感じる事やら愚言やら思い出話やら、色々と好き勝手書いたコラムのようなブログです。「DISCO 45...7インチ・シングル 発掘の旅」はあくまでデータ・ベースのようなスタンスで書いており、私の主観などは全く入れてませんでしたので、このブログでは色々と書いていきます。暇な時にでもご覧下さい。

DISCO 33...ディスコ・アルバム 発掘の旅
http://tgroovedisco.blog25.fc2.com/
以前からやってるブログです。頻繁ではありませんが度々更新しているので、定期的にご覧下さい。

ご挨拶

いつもブログを見てくださってありがとうございます。

日本を始め、オランダ、イタリア、フランスなど、世界中のディスコ・ファン、音楽ファン、音楽関係者の方々がこのブログを参考にしてくれているようで大変嬉しく思います。

ディスコ・ミュージックはあらゆる国籍、人種、性別、セクシャル・マイノリティー、音楽ジャンルを超える事の出来た唯一の音楽と云われています。

ロックやR&Bといった、他の音楽ジャンルから「ディスコ」を否定される事が多くあります。しかし、「ディスコ」が他のジャンルを否定する事は殆どありません。それは、あらゆる音楽ジャンルをルーツとする、究極のミクスチャー音楽だからなのです。今でも多くの人に愛される理由はそこにあるのだろう、と思います。

また当時は、あらゆるジャンルのアーティスト達がこぞってディスコ・ミュージックにトライしました。そこから、そのアーティストに興味を持ち、焦点を当て、掘り下げて、あらゆるジャンルの音楽に気軽に入り込んでいけるのも魅力の一つだと思っています。

「良いものは良い」
「面白いものは面白い」


この信念のもと、これからも世界中の楽しいディスコ・レコードを公開していきます。

現在、自宅PCが故障、さらにしばらく自宅を留守にしますので、
ブログ再開は来年1月の2週目以降を予定しています。
全体的にブログを見なおし、加筆修正も行う予定です。

来年も宜しくお願い致します。

yuki
Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。