DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ CATEGORY ≫ DEBORAH WASHINGTON
CATEGORY ≫ DEBORAH WASHINGTON
      

DEBORAH WASHINGTON/READY OR NOT(1978)

20070310011939.jpg

SIDE A...7700

READY OR NOT
Time: 3:32
(Dilena & Keller)
Produced For G.T.P. by George Tobin
in Association with Mike Piccirillo
Arranged by David Blumberg

SIDE B...7700

BACK STREET LOVE AFFAIR
Time: 2:32
(Mike Piccirillo)
Produced For G.T.P. by George Tobin
in Association with Mike Piccirillo

(P)1978 Ariola America Records

BILLBOARD CHART ACTION
●READY OR NOT
[POP # -/R&B # 38/DISCO # 16]

Deborah Washingtonは、映画プロデューサーとして有名なGary Goetzmanと敏腕音楽プロデューサーGeorge Tobinの強力なバックアップを受け、Ariola America期待の大型新人としてデビューした黒人女性ボーカリスト、女優。主なヒット曲に「Ready Or Not」「Standing In The Shadows Of Love/Love Shadow」(1978)など。

このシングルは1978年にAriola Americaから発売されたファースト・アルバム「Any Way You Want It」からの先行シングル。プロデュースはGeorge Tobin

READY OR NOT
Johnny Mathis & Denice WilliamsHelen Reddyとの競作になった作品で、こちらはDiana Rossのナンバー・ワン・ヒット「Love Hangover」(1976)のアレンジを手がけた実績を持つモータウン出身のアレンジャーDavid Blumbergによってビートを強調したミディアム・アップ・テンポのディスコ・ナンバーに仕上がっている。

BACK STREET LOVE AFFAIR
The Supremes時代のDiana Rossにそっくりな歌唱で聴かせるポップス・ナンバー。サビのメロディがThe Miraclesのヒット「Waldo Roderick Dehammersmith」(1975)を思わせる。
ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム