スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MACHINE/THERE BUT FOR THE GRACE OF GOD GO I(1979)

2006.09.28.Thu.21:25
20060923222240.jpg


SIDE A...PB-11456

THERE BUT FOR THE GRACE OF GOD GO I
Time: 2:43
(Kevin Nance-August Darnell)
Produced By August Darnell
for ITC Corp.Productions

SIDE B...PB-11456

GET YOUR BODY READY
Time: 3:09
(Kevin Nance)
Produced By August Darnell
for ITC Corp.Productions

(P)1979 RCA Records/Hologram Records

BILLBOARD CHART ACTION
●THERE BUT FOR THE GRACE OF GOD GO I
[POP #77 /R&B #91 /DISCO # 8]

Machineは、Dr. Buzzard's Original Savannah BandKid Creole And The Coconutsのリーダーとして活躍したAugust Darnellが手がけたディスコ/ニューウェイヴ・プロジェクト。「There But For The Grace Of God Go I」のスマッシュ・ヒットで知られる。

このシングルは1979年にRCA/Hologramから発売されたファースト・アルバム「Machine」からのシングル・カット。プロデュースはAugust Darnell

THERE BUT FOR FOR THE GRACE OF GOD GO I
シリアスなメッセージを持った歌詞が非常に印象的なアップテンポのストレートなディスコ・チューン。タイトルの「There But For The Grace Of God Go I」とは「そうならなかったのは神様のおかげ」という意味。

当時は「with no blacks, no Jews and no gays」のフレーズが人種差別的な観点から問題視され、このシングル・バージョンでは「somewhere far away, where only upper class people stay」と歌いなおされている。

GET YOUR BODY READY
アルバムB面3曲目に収められていたややファンキー・タッチの軽快なジャンプ・ナンバー。これと言って特に印象に残らないような曲、と言ったら失礼か。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。