スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAY AND THE TECHNIQUES/NUMBER ONEDERFUL(1975)

2007.06.17.Sun.00:58
20070610002629.jpg

SIDE A...EV 228 PROMOTIONAL COPY

NUMBER ONEDERFUL
Intro Time :40, Total Time 3:54
(I. Levine-L. Brown)
Arranged by Joe Renzetti
A SILVER BLUE PRODUCTION
A Jerry Ross Production

SIDE B...EV 228 PROMOTIONAL COPY

NUMBER ONEDERFUL DISCO VERSION
Time 5:38
(I. Levine-L. Brown)
Arranged by Joe Renzetti
A SILVER BLUE PRODUCTION
A Jerry Ross Production

(P)1975 Event Records Inc./Polydor Incorporated

BILLBOARD CHART ACTION
●NUMBER ONEDERFUL
[POP # -/R&B # 94/DISCO # -]

Jay and The Techniquesは、フィラデルフィアの音楽プロデューサー・Jerry Rossによって見出された黒人リード・シンガーJay Proctorを中心に、黒人ボーカル2人と白人バック・バンド5人からなる7人組ポップ・ボーカル・グループ。「Apples, Peaches, Pumpkin Pie」「Keep The Ball Rollin'」「Strawberry Shortcake」(1967)などの大ヒット曲で一世を風靡した。

NUMBER ONEDERFUL
1975年にEventから発売されたシングル。プロデュースは、Bobby EliJoel Diamond主催のSilver Blue Production。アレンジはJoe Renzetti。演奏はMFSB

高揚感のあるポップなメロディーを持つアップテンポのフィリー・ダンサー。Jay Proctorによる味のある独特な歌唱とMFSBによる軽快なディスコ・サウンドとの相性も良く、ソウル・ファンの間でも意外と人気があるのには納得。

A面はオリジナル・バージョン。
B面はプロモ・オンリーのディスコ・バージョン。一般発売盤には「Don't Ask Me To Forget」が収録されている。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。