DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ CATEGORY ≫ EBONEE-WEBB
CATEGORY ≫ EBONEE-WEBB
      

EBONEE WEBB / SOMETHING ABOUT YOU (1981)

ebonee webb-something about you

SIDE A...A-5044

SOMETHING ABOUT YOU
Time: 3:54
(Allen Jones)
(from the LP"EBONEE WEBB"ST-12148)
Produced by Allen Jones & Anthony Taylor
for UNISOUND Productions

SIDE B...A-5044

THROW DOWN
Time: 3:50
(Winston-Taylor-Coleman)
(from the LP"EBONEE WEBB"ST-12148)
Produced by Allen Jones & Anthony Taylor
for UNISOUND Productions

(P)1981 Capitol Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●SOMETHING ABOUT YOU
[POP # -/R&B # 16 /DISCO # 54]

Ebonee WebbEbony-Web)は、70年代から80年代初頭にかけて、メンフィスを拠点に活動していたセルフ・コンテインド・ファンク・バンド。結成当時はHiレーベルから数枚のシングルを発表するもヒットせず、1978年に日本で発表したシングル「ディスコお富さん」が大ヒット。その後、Bar-Kaysを成功させたプロデューサーAllen Jonesに見出され、本国アメリカで「Anybody Wanna Dance」「Something About You」(1981)のヒットを放った。

このシングルは1981年にCapitolから発売されたアルバム「Ebonee Webb」からのセカンド・シングル。プロデュースはAllen JonesAnthony Taylor。メンフィス録音。

●SOMETHING ABOUT YOU
彼らのアメリカでの最大のヒット曲であり、代表曲のひとつ。カッティング・ギターを主体としたBar-Kays譲りのカッチリとしたファンク・サウンドが展開されるダンサブルなファンク・ナンバー。

●THROW DOWN
彼らの人気曲の一つで、1983年発売のシングル「Too Hot To Be Cool」のB面にも再収録された作品。骨太なリズム・セクションに強力なベース・ラインが絡むダンサブルなファンク・ナンバー。
ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム