DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ CATEGORY ≫ ANTHONY WHITE
CATEGORY ≫ ANTHONY WHITE
      

ANTHONY WHITE / I CAN'T TURN YOU LOOSE (1977)

anthony white-i cant turn you loose

SIDE A...SZ-2030

I CAN'T TURN YOU LOOSE
Time: 3:45
(Otis Redding)
Produced by Earl Young for Baker Harris Young Prods.
Arranged by Ron Kersey
Executive Producers: Joe Cayre, Stan Cayre, Ken Cayre

SIDE B...SZ-2030

BLOCK PARTY
Time: 3:38
(E. Young/R. Baker/N. Harris)
Produced by Earl Young for Baker Harris Young Prods.
Arranged by Ron Kersey
Executive Producers: Joe Cayre, Stan Cayre, Ken Cayre

(P)1977 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●I CAN'T TURN YOU LOOSE
[POP # -/R&B # - /DISCO # 7]

●BLOCK PARTY
[POP # -/R&B # - /DISCO # 7]

Anthony Whiteは、会社役員として働きながらゴスペル/ソウル・シンガーとして活動していたフィラデルフィア出身の黒人男性ボーカリスト。1976年発売のアルバム「Could It Be Magic」や、ハウス・プロデューサーPaul Simpsonが1989年に発売したアルバム「One」でのコラボレーションは高く評価されている。

●I CAN'T TURN YOU LOOSE
1977年にSalsoulから発売されたシングル。プロデュースはEarl Young。アレンジはRon Kersey

Otis Reddingが1966年にヒットさせたソウル・ナンバーをフィラデルフィア流のディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。Walter Gibbonsによるリミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルが全米のディスコで大ヒットとなった。

●BLOCK PARTY
A面「I Can't Turn You Loose」のインストゥルメンタル・バージョン。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム