スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEROY GOMEZ / GYPSY WOMAN (1978)

2009.06.28.Sun.01:14
leroy gomez-gypsy woman

SIDE 1...VIP-2683 (NB-944-A)

GYPSY WOMAN
Time: 4:19
(Curtis Mayfield)
Produced by Simon Soussan
Executive Producer: Leroy Gomez

SIDE 2...VIP-2683 (NB-944-B)

SPANISH HARLEM
Time: 3:56
(Jerry Leiber-Phil Spector)
Produced by Simon Soussan
Executive Producer: Leroy Gomez

(P)1978 Casablanca Record and Filmworks

BILLBOARD CHART ACTION
●GYPSY WOMAN
[POP # - /R&B # -/DISCO # - ]

Leroy Gomezは、フランスを拠点にセッション・ミュージシャンとして活躍していたアメリカ出身の男性ボーカリスト、サクソフォニスト。フランスのディスコ・グループCrystal Grassのメンバーとして頭角を現し、「Don't Let Me Be Misunderstood」(1977)の世界的大ヒットを放ったSanta Esmeraldaのリード・ボーカルを務めた事で一気にブレイクした。ソロ名義でのヒット曲に「Gypsy Woman」(1978)、「Get Up Boogie」(1979)がある。

このシングルは1978年にCasablancaから発売されたセカンド・アルバム「Gypsy Woman」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはSimon Soussan

●GYPSY WOMAN
Curtis Mayfieldが在籍していたソウル・ボーカル・グループ・The Impressionsが1961年に放ったヒット曲を、Santa Esmeralda風のスパニッシュ・タッチのディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。アルバムではオリジナル曲「Gypsy Love」を組み込んだ14分に及ぶロング・バージョンとなっている。

●SPANISH HARLEM

1960年にBen E. Kingがヒットさせ、The DriftersAretha Franklinによるカバー・バージョンでもお馴染みのヒット曲をアップテンポのディスコ・アレンジでカバーしたもの。
スポンサーサイト

LEROY GOMEZ / JAYWALK (1978)

2008.05.24.Sat.19:05
leroy gomez-jaywalk

FACE A...DT-4802

JAYWALK
Time: 3:48
(Jack Robinson-James Bolden-Gil Slavin)
Arranged by: J.P. Martin
Produced by: PIERRE JAUBERT

FACE B...DT-4802

JAYWALK (Part 2)
Time: 3:52
(Jack Robinson-James Bolden-Gil Slavin)
Arranged by: J.P. Martin
Produced by: PIERRE JAUBERT

(P)1978 Disques Total Inc.(Canada)

BILLBOARD CHART ACTION

●JAYWALK
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Leroy Gomezは、フランスを拠点にセッション・ミュージシャンとして活躍していたアメリカ出身の男性ボーカリスト、サクソフォニスト。フランスのディスコ・グループCrystal Grassのメンバーとして頭角を現し、「Don't Let Me Be Misunderstood」(1977)の世界的大ヒットを放ったSanta Esmeraldaのリード・ボーカルを務めた事で一気にブレイクした。ソロ名義でのヒット曲に「Gypsy Woman」(1978)、「Get Up Boogie」(1979)がある。

●JAYWALK
1978年にカナダ・Disques Totalから発売されたソロ名義でのファースト・アルバム「Number One Man」からのカット。プロデュースはPierre Jaubert、演奏はLafayette Afro Rock Band。フランス録音。

フラメンコ・ギターをフューチャーしたスパニッシュ風のイントロで始まるファンキー・タッチの荒削りなディスコ・ナンバー。当時から非常に評判の悪い作品で、彼のボーカリストとしての個性や魅力を活かしきれず、不完全燃焼な仕上がりとなっている。元々は1975年にフランスのNapoleon Jones Featuring David Christieが発表したシングル曲のカバー。

この曲のインストゥルメンタルのデモ・バージョンが1979年にBionic Unlimited名義で日本・Overseasからシングルで発売されている。(Cosmic Gal渚のシンドバッド (Sindbad)」B面に収録)

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。オリジナルのデモ・バージョンとほぼ同じ構成。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。