スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VST & CO. / AWITIN MO... (1978)

2009.07.14.Tue.00:00
VST  co.-awitin mo

SIDE A...SUN-78-172-A

IKAW ANG AKING MAHAL
(Sotto-Rigor-de Leon)
Produced by VST & CO.
Arranged by Lorrie Ilustre

SIDE B....SUN-78-172-B

AWITIN MO...
(Sotto-de Leon)
Produced by VST & CO.
Arranged by Lorrie Ilustre

(P)1978 Sunshine (Philippine)

VST & Companyは、70年代後半から80年代にかけてフィリピンで活躍したフィリピン人男性7人組セルフコンテインド・ポップ/ディスコ・グループ。1978年当時のメンバーはJun MedinaCelso LlarinaRoger RigorVal SottoMale RigorSpanky RigorMon Gaskell。フィリピン・タガログ語と英語をミックスさせたOPM(オリジナル・フィリピーノ・ミュージック)、マニラ・サウンドと呼ばれるジャンルの立役者としても知られる。主な代表曲に「Awitin Mo, Isasayaw Ko」(1978)、「Rock Baby, Rock」(1979)、「Kiss...Kiss」(1979)など多数。

このシングルは1978年にフィリピン・Sunshineから発売されたファースト・アルバム「VST and Company」からの先行シングル。プロデュースはVST & CO.。アレンジはLorrie Ilustre

●IKAW ANG AKING MAHAL
数多くのアーティストによってカバーされ続けている彼らの代表曲の一つ。フォーク・ロック風のスロー・バラード。

●AWITIN MO...
彼ら最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。オリジナル・タイトルは「Awitin Mo Isasayaw Ko」。Bee Geesあたりを思わせるAOR風の爽やかなメロディー・ラインを持つアップテンポのメロウなディスコ・ナンバーで、発売当初はシングルのB面だったにも関わらず、フィリピンのディスコやラジオを中心に爆発的な大ヒットを記録。現在ではOPMの定番として広く知られている。

アルバムには9分にも及ぶロング・バージョンが収録されている。
スポンサーサイト

VST & COMPANY / STEP NO...STEP YES (1979)

2008.08.19.Tue.11:27
vst  company-step no step yes

SIDE A...SUN-79-198-A

KISS..KISS
(Marvic Sotto - Joey de Leon)
Arranged by HOMAR E. FLORES
Produced by VST & CO.

SIDE B....SUN-79-198-B

STEP NO...STEP YES
(Marvic Sotto - Joey de Leon)
Arranged by AMADO TRIVINO
Produced by VST & CO.

(P)1979 Sunshine/Vicor Music Corporation (Philippine)

VST & Companyは、70年代後半から80年代にかけてフィリピンで活躍したフィリピン人男性7人組セルフコンテインド・ポップ/ディスコ・グループ。1978年当時のメンバーはJun MedinaCelso LlarinaRoger RigorVal SottoMale RigorSpanky RigorMon Gaskell。フィリピン・タガログ語と英語をミックスさせたOPM(オリジナル・フィリピーノ・ミュージック)、マニラ・サウンドと呼ばれるジャンルの立役者としても知られる。主な代表曲に「Awitin Mo, Isasayaw Ko」(1978)、「Rock Baby, Rock」(1979)、「Kiss...Kiss」(1979)など多数。

●KISS...KISS
1979年にフィリピン・Sunshineから発売されたサード・アルバム「3」からのカット。プロデュースはVST & Company。アレンジはHomar E. Flores

歌謡曲風のメロディーが乗ったアップテンポのラテン調ダンス・ポップ・チューン。彼らの代表曲の一つ。

●STEP NO...STEP YES
1978年にフィリピン・Sunshineから発売されたセカンド・アルバム「II」からのカット。プロデュースはVST & Company。アレンジはAmado Trivino

アメリカンナイズされたセンスを持つアレンジャーAmado Trivinoがアレンジを手がけたアップテンポのクールな曲調のディスコ・ナンバー。アルバムでは6分に及ぶロング・バージョンとなっている。

※彼らの作品は数多くCD化されており、大抵はフィリピン経由で購入が可能だが、7インチ・シングル及びLPは入手困難な物が多い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。