DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ CATEGORY ≫ THE SOFTONES
CATEGORY ≫ THE SOFTONES
      

THE SOFTONES / STREET MUSIC (1978)

the softones-street music

SIDE 1...VIP-2598

STREET MUSIC
Time: 3:25
(B. Johnson-G. Pettus-M. Paul)
Produced by Landy McNeal
Exec. Prod. by Hugo & Luigi

SIDE 2...VIP-2598

SILLY BILLY
Time: 4:19
(O. Players)
Produced by Landy McNeal
Exec. Prod. by Hugo & Luigi

(P)1978 H & L Records/Victor (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●STREET MUSIC
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

The Softonesは、Elvis Presleyのカバー「Can't Help Falling In Love」(1973)やGlen Millerのカバー「That Old Black Magic」(1975)のスマッシュ・ヒットを持つ黒人男性3人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはMarvin BrownSteve JacksonElton Lynch。本国アメリカ以上に日本で人気があり、Eddie Holmanのカバー「Hey There Lonely Girl」(1975)などの日本独自ヒットもある。

このシングルは1978年にH & Lから発売されたアルバム「Brand New Day」からカットされた日本独自シングル。プロデュースはSandy MercerIngramなどを手がけたLandy McNeal

●STREET MUSIC
The O'Jaysのヒット曲「Back Stabbers」(1972)や「I Love Music」(1975)を思わせるアッパーでスリリングなフィラデルフィア・ソウル風のディスコ・ナンバー。彼らの特長でもあるファルセット唱法を一切使わずに地声で押し通す珍しい作品。アレンジはRoy Norman

●SILLY BILLY
Ohio Playersが1973年に発表したアルバム「Ecstasy」に収録されていたバラードのカバー。ファルセットを中心とする洗練されたハーモニーによって、オリジナルを完全に超越したスイートなムードのスロー・バラードに仕上がっている。アレンジはPatrick Adams
ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム