スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NAPOLI & GLASSON / JUST A LITTLE TIMING (1975)

2009.04.25.Sat.02:01
napoli and glasson-just a little timing

SIDE A...VI-1720-A PROMO

JUST A LITTLE TIMING
Time: 3:04
(T. Valor/S. Martin/M. Rossi)
Produced, Arranged & Conducted By: Blen Lanzaroni
for Mr. Vee Productions

SIDE A...VI-1720-A PROMO

JUST A LITTLE TIMING
Time: 3:04
(T. Valor/S. Martin/M. Rossi)
Produced, Arranged & Conducted By: Blen Lanzaroni
for Mr. Vee Productions

(P)1975 Vigor Records

BILLBOARD CHART ACTION
●JUST A LITTLE TIMING
[POP # -/R&B # - /DISCO # - ]

Napoli & Glassonは、 「Let's Make Love」(1977)のディスコ・ヒットを持つシンガー・ソングライター・Jeanne NapoliBarbara Glassonの2名から成る白人女性ポップ・デュオ・グループ。主なヒット曲に「Tired Of Writing Songs」(1974)、「Just A Little Timing」(1975)、「Il Est Toujours Temps Pour Partir」(1975)など。

●JUST A LITTLE TIMING
1975年にVigorから発売された通算2枚目のシングル。プロデュース、アレンジはBhen Lanzaroni。アルバム未収録。

あまり上手とは言えない舌足らずなフランス訛りの英語で歌われるアップテンポのアイドル歌謡風ディスコ・ポップス。この曲の作者の一人のTony Valorが手がけたディスコ・グループ・Maryann Farra & Satin SoulTony Valor Sounds Orchestraによるリメイク・バージョンがある。
スポンサーサイト

JEANNE NAPOLI / LET'S MAKE LOVE (1977)

2008.10.07.Tue.00:29
jeanne napoli-lets make love

SIDE A...Vl-1735-A PROMO

LET'S MAKE LOVE
Time: 3:24
(B. Allen/L. Lopresti/B. Lanzaroni)
Produced & Arranged by Bhen Lanzaroni
for Mr. Vee Productions
From the Album 'JEANNE' (Vl-7003)

SIDE A...Vl-1735-A PROMO

LET'S MAKE LOVE
Time: 3:24
(B. Allen/L. Lopresti/B. Lanzaroni)
Produced & Arranged by Bhen Lanzaroni
for Mr. Vee Productions
From the Album 'JEANNE' (Vl-7003)

(P)1977 Vigor Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LET'S MAKE LOVE
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Jeanne Napoliは、女性ポップ・デュオ・グループ・Napoli & Glassonの元メンバーであり、「Forget That Girl」(1976)や「Let's Make Love」(1977)などのディスコ・ヒットで知られる白人女性シンガー・ソングライター、音楽家。主に映画やブロードウェイ・ミュージカルを手がける音楽家として活躍し、Air Supplyに提供した「I'll Never Get Enough Of You」(1982)は日本で大ヒットしている。意外だが、ニューヨーク五大マフィアの一つ・ジェノベーゼ一家の幹部・James Napoliの妻だった事でも知られる。

●LET'S MAKE LOVE
1977年にVigorから発売されたアルバム「Jeanne」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはVicki Sue RobinsonThe Brothersなどのアレンジを手がけたBhen Lanzaroni

1976年に発売されたThe Brothersのセカンド・アルバム「Don't Stop Now」に収録されていたインストゥルメンタル・ナンバー「Make Love」に新たな歌詞をつけてリメイクしたもの。 ヨーロッパ風の流麗なオーケストレーションに美しいメロディー・ラインが乗ったミディアム・アップ・テンポのディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンと同テイク。リミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルが存在する。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。