スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JUN SUGISAWA / SUNA NI KIETA NAMIDA (1979)

2009.01.28.Wed.01:54
jun sugisawa-suna ni kieta namida

SIDE A...GK 336

砂に消えた涙
SUNA NI KIETA NAMIDA

Time: 4:59
漣 健児 訳/P. Soffici-A. Testa 曲/大浜和史 編曲

SIDE B...GK 336

LOVE AND NIGHT
Time: 4:07
岡田冨美子 作詩/大浜和史 作・編曲

(P)1979 King Record Co., Ltd. Japan

杉沢 順は、ピンク・レディが所属していたプロダクションT&C Musicに在籍していた女性アイドル歌手。2枚のシングルを残しているが詳細は不明。イタリア人女性シンガーMinaのヒット曲「砂に消えた涙Un buco nella sabbia)」のディスコ・カバーで知られる。

このシングルは1979年に日本・Kingから発売されたデビュー・シングル。

●砂に消えた涙
イタリア人女性シンガーMinaが1964年に世界的に大ヒットさせた名曲「Un buco nella sabbia(邦題・砂に消えた涙)」のカバー。数多くあるカバーの中でも異彩を放つのがこのバージョンで、原曲の持つ切なさや重苦しさを完全に排除し、ラテン・タッチのビートを強調した爽やかなディスコ・バージョンに変身させている。

Jun & Toropical Kids Disco Band名義での英語バージョン「Easy Free」を収録したプロモーション用非売品12インチ・シングルが存在する。

●LOVE AND NIGHT
こちらもA面同様、軽快なライト・ディスコ・チューン。



スポンサーサイト

JUN SUGISAWA / DANCING IN THE RAIN (1979)

2008.11.22.Sat.15:46
jun sugisawa-dancing in the rain

SIDE A...GK 355

ダンシング・イン・ザ・レイン
DANCING IN THE RAIN

Time: 4:32
(山川啓介 作詩/中村泰士 作曲, 編曲)
Arranged by Charles Merriam
Producers: Seijiroh Ishii, Robby Adcock
Engineer: Bart Chiate

SIDE B...GK 355

となりのあいつ
THE BOY NEXT DOOR

Time: 4:18
(Teena M. Brockert, Christpher A. Boehme)
Arranged by Charles Merriam
Producers: Seijiroh Ishii, Robby Adcock
Engineer Bart Chiate

(P)1979 King Record Co., Ltd. Japan

杉沢 順は、ピンク・レディが所属していたプロダクションT&C Musicに在籍していた女性アイドル歌手。2枚のシングルを残しているが詳細は不明。イタリア人女性シンガーMinaのヒット曲「砂に消えた涙Un buco nella sabbia)」のディスコ・カバーで知られる。

このシングルは1979年にKingから発売されたセカンド・シングル。Midnight RhythmHallelujah 2000などのディスコ・プロジェクトを手がけたディスコ・プロデューサーRobby Adcockがプロデュース。Charlie Merriamがアレンジ。Midnight Rhythmと同一のスタジオ・ミュージシャンを起用し、ロサンゼルスでレコーディングが行われたもの。リミックスはAngelo Solar

●ダンシング・イン・ザ・レイン DANCING IN THE RAIN
山川啓介と中村泰士が手がけた、歌謡曲色が強めのミディアム・アップ・テンポのポップなディスコ・ナンバー。サビのメロディーがイマイチで盛り上がりに欠ける印象の作品。60年代モータウン風のブラス・アレンジが面白い。

このシングル・バージョンは、12インチ・バージョンとは別テイクのシングル・ミックス。12インチ・シングルには6分に及ぶリミックス・バージョンが収録されている。

●となりのあいつ THE BOY NEXT DOOR
I Need Your Lovin'」(1980)や「Lovergirl」(1984)の大ヒットで知られる白人女性R&BシンガーTeena Marieが、Teena M. Brockert名義で書き下ろしたアップテンポのポップなディスコ・ナンバー。驚くべきことにこの曲はカバーではなくオリジナル作品(蔵出し作品?)で、Teena Marieのオリジナル作品を歌った日本人は彼女一人である。元々はシングルのA面として制作されたためか、非常にハイテンションな仕上がりとなっている。

このシングル・バージョンは、12インチ・バージョンとは別テイクのシングル・ミックス。12インチ・シングルには8分に及ぶリミックス・バージョンが収録されている。

<プロモーション用非売品12インチ・シングル>
jun sugisawa-dancing in the rain
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。