スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PINK LADY/MONDAY MONA LIZA CLUB(1979)

2007.02.04.Sun.00:05
20060601015951.jpg


SIDE A...SV-6631

マンデー・モナリザ・クラブ
MONDAY MONA LIZA CLUB
Time: 3:49
阿久 悠・作詩/都倉俊一・作曲/C.Merriam・編曲

SIDE B...SV-6631

アダムとイブ・スーパーラブ
ADAM TO EVE SUPER LOVE
Time: 3:45
阿久 悠・作詩/都倉俊一・作曲・編曲

(P)1979 Victor(Japan)

●CHART ACTION
マンデー・モナリザ・クラブ
[Japan (Original Confidence) # 14]


Pink Ladyは、「ペッパー警部」(1976)、「ウォンテッド(指名手配)」「UFO」(1977)などの大ヒットで一世を風靡した日本の女性2人組ボーカル・グループ。 メンバーはMie根本美鶴代)とKei(増田惠子)。海外では「Kiss In The Dark」(1979)の全米Top40ヒットやTV番組「Pink Lady & Jeff」への出演で知られる。

このシングルは1979年9月に日本・Victorから発売された通算15枚目のシングル。A面はアメリカ録音。B面は日本録音。アルバム未収録。

マンデー・モナリザ・クラブ
当時大ヒットしていたDonna Summerの「Hot Stuff」(1979)からの影響を感じさせる、非常にハイテンションかつパワフルなディスコ・ナンバー。日本語による歌詞がここまで違和感なくマッチしているのは彼女達の力量、特にリズム感によるものが大きいのだろう。とにかく世界レベルで見ても素晴らしい仕上がりとなっている。

Midnight Rhythmなどのディスコ・プロジェクトの成功で知られるRobby Adcockがプロデュース。アレンジはCharlie Merriam。演奏はMidnight Rhythmと同一のスタジオ・ミュージシャンを起用し、ロサンゼルスで録音されたもの。リミックスはAngelo Solar

※7分37秒に及ぶディスコ・プロモーション用非売品12インチ・シングルが存在する。

アダムとイブ・スーパーラブ
シンセサイザーによるアラビア風のフレーズが印象的なミュンヘン・サウンド風のアップリフティングなディスコ・ナンバー。シンガーズ・スリーによるバック・ボーカルが良いアクセントになっている。

スポンサーサイト

PINK LADY/KISS IN THE DARK(1979)

2007.01.13.Sat.22:00
20070109222910.jpg


SIDE A...E-46040-A

KISS IN THE DARK
Time: 2:55
(Michael Lloyd)
Produced by Michael Lloyd
Arranged by John D'Andrea

SIDE B...E-46040-B

WALK AWAY RENEE
Time: 3:40
(Mike Brown/Bob Calilli/Tony Sansone)
Produced by Michael Lloyd
Arranged by Erich Bulling

(P)1979 Elektra/Curb Records

BILLBOARD CHART ACTION
●KISS IN THE DARK
[POP # 37/R&B # - /DISCO # -]
[Japan (Original Confidence) # 19]


Pink Ladyは、「ペッパー警部」(1976)、「ウォンテッド(指名手配)」「UFO」(1977)などの大ヒットで一世を風靡した日本の女性2人組ボーカル・グループ。 メンバーはMie根本美鶴代)とKei(増田惠子)。海外では「Kiss In The Dark」(1979)の全米Top40ヒットやTV番組「Pink Lady & Jeff」への出演で知られる。

このシングルは、1979年にElektraから全米発売されたアルバム「Pink Lady」からの先行シングル。プロデュースはMichael Lloyd

KISS IN THE DARK
ファッショナブルでキャッチーなミュンヘン・サウンド風のサウンドに、彼女達のセクシーでフレッシュなボーカルがのったアップリフティングなディスコ・ナンバー。アレンジはJohn D'Andrea

日本では「海外進出第一弾」という事で話題になったものの、それまでのイメージとは全く異なる作品だった為に賛否が分かれたが、逆にアメリカではラジオ・ステーションを中心に火がつき、最終的にはポップ・チャートにおいてビッグ・ヒットを記録した。

WALK AWAY RENEE
1968年にFour Topsによって大ヒットしたポップ・ナンバーのカバー。アレンジはErich Bulling。タイム表記が誤っており、実際は3:04である。

PINK LADY/DANCING IN THE HALLS OF LOVE(1979)

2006.10.19.Thu.00:43
20061019001553.jpg


SIDE A...E-46524-A STEREO(FOR RADIO STATION USE ONLY)

DANCING IN THE HALLS OF LOVE
Time: 3:01(Intro: 22,Close: Fade)
(Billy Alessi/Bobby Alessi)
Produced and Engineered by Michael Lloyd
Arranged by John D'Andrea
From Their Album"Pink Lady"

SIDE A...E-46524-A MONO(FOR RADIO STATION USE ONLY)

DANCING IN THE HALLS OF LOVE
Time: 3:01(Intro: 22,Close: Fade)
(Billy Alessi/Bobby Alessi)
Produced and Engineered by Michael Lloyd
Arranged by John D'Andrea
From Their Album"Pink Lady"

(P)1979 Elektra/Curb Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DANCING IN THE HALLS OF LOVE
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Pink Ladyは、「ペッパー警部」(1976)、「ウォンテッド(指名手配)」「UFO」(1977)などの大ヒットで一世を風靡した日本の女性2人組ボーカル・グループ。 メンバーはMie根本美鶴代)とKei(増田惠子)。海外では「Kiss In The Dark」(1979)の全米Top40ヒットやTV番組「Pink Lady & Jeff」への出演で知られる。

DANCING IN THE HALLS OF LOVE
1979年にElektra/Curbから全米発売されたアルバム「Pink Lady」からのセカンド・シングル。プロデュースはMichael Lloyd。アレンジはJohn D'Andrea

アメリカの白人男性ポップ・ボーカル・デュオAlessiが発表したシングル曲のカバー。オリジナルはAOR寄りの軽いディスコ調の曲だったが、ここではビートの効いた、ミディアムアップテンポのお洒落なディスコ・ナンバーに仕上がっている。

このシングル・バージョンはアルバム・テイクのイントロをエディットしたもの。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。