スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRASS CONSTRUCTION / HA CHA CHA (Funktion) (1976)

2009.03.26.Thu.02:00
brass construction-ha cha cha

SIDE A...UA-XW921-Y

HA CHA CHA (Funktion)
Time: 3:55 (Intro :07)
(R. Muller)
Produced by Jeff Lane
Arr. by Randy Muller
From the United Artists LP
"Brass Construction II" UA-LA 677-G

SIDE B...UA-XW921-Y

SAMBO (Conditions)
Time: 5:18
(R. Muller)
Produced by Jeff Lane
Arr. by Randy Muller
From the United Artists LP
"Brass Construction II" UA-LA 677-G

(P)1976 United Artists Records

BILLBOARD CHART ACTION
●HA CHA CHA (Funktion)
[POP # 51/R&B # 8 /DISCO # 14 ]


Brass Constructionは、南アメリカ・ガイアナ共和国出身のプロデューサー、アレンジャー、キーボーディストのRandy Mullerを中心に結成されたニューヨーク・ブルックリンの黒人男性9人組セルフコンテインド・ファンク・バンド。アメリカを始め、イギリスでも人気が高く、10年という長い活動期間に数多くのヒット曲を放った。主な大ヒット曲に「Movin'」(1975)、「Changin'」(1975)、「Ha Cha Cha (Funktion)」(1976)、「Can You See the Light」(1982)など。

このシングルは1976年にUnited Artistsから発売されたセカンド・アルバム「Brass Construction II」からのシングル・カット。プロデュースはJeff Lane。アレンジはRandy Muller

●HA CHA CHA (Funktion)
One Two Ha Cha Cha!」という意味不明な掛け声が強烈なインパクトを残すインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。B.T. Express風のファンキーで歯切れの良いディスコ・サウンドにストリングスを効かせた、いかにもRandy Mullerらしい曲調の作品。

Ha Cha Cha」の意味については良くわからないが、ディスコ・ステップ「チャ・チャ」のヴァリエーションとして創作したものかも知れない。

●SAMBO (Conditions)
グルーヴィーなカッティング・ギターにミュンヘン・ディスコ風の歯切れの良いストリングスが効いたイントロから盛り上がる、かなりアップテンポの軽快なファンク・ディスコ・チューン。副題がアルバムにクレジットされているものと異なっており、アルバムでは「(Progession)」となっている。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。