スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CENTURY ORCHESTRA / KING KONG IS BACK AGAIN (1976)

2009.04.26.Sun.01:48
century orchestra-king kong

SIDE A...2056 576

KING KONG IS BACK AGAIN
Time: 3:02
(Maryland)
Arranged and directed by Red Upsiger

SIDE B...2056 576

GORILLA (KING OF THE JUNGLE)
Time: 2:40
(Red Upsiger)
Arranged and directed by Red Upsiger

(P)1976 Polydor (France)

BILLBOARD CHART ACTION

●KING KONG IS BACK AGAIN
[POP # -/R&B # - /DISCO # - ]

Century Orchestraは、 Richard Claydermanを手がけた事で知られるフランス人アレンジャー、コンダクター・Régis Dupré (Red Upsiger)が手がけたフランスのワン・ショット・ディスコ・プロジェクト。「King Kong Is Back Again」(1976)が唯一のシングル。

このシングルは1976年にフランス・Polydorから発売された唯一のシングル。プロデュース、アレンジはRed Upsiger(Régis Dupré )。

●KING KONG IS BACK AGAIN
当時、世界的に大ヒットした映画「King Kong」をモチーフにした作品で、イントロの喧騒音から一転してファンキーなビートの効いたリズム・セクションとゴージャスなオーケストレーションが展開されるアッパーなディスコ・ナンバー。パンチの効いたパワフルな女性ボーカルもなかなかのもので、非常に完成度の高い作品に仕上がっている。

●GORILLA (KING OF THE JUNGLE)
ミュンヘン・サウンド風の重厚なビートの効いたミディアム・スロー・テンポのファンク・ディスコ・チューン。こちらもかなり良い出来。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。