DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ CATEGORY ≫ ANDRE GAGNON
CATEGORY ≫ ANDRE GAGNON
      

The Disco Sound of ANDRE GAGNON / SURPRISE (1976)

andre gagnon suprise

SIDE A...SN-90022

SURPRISE

Time: 4:36
(Andre Gagnon)
Produced by Andre Gagnon and Pete Tessier

SIDE B...SN-90022

DOUCE IMAGE
Time: 4:55
(Andre Gagnon)
Produced by Andre Gagnon and Pete Tessier

(P)1976 phase 4 stereo/Les Editions Musicales AGM Ltee

BILLBOARD CHART ACTION
●SURPRISE
[POP # - /R&B # - /DISCO # 30 ]


Andre Gagnonは、カナダや日本で活躍したカナダ・ケベック州出身の白人男性ピアニスト。特に日本ではヒーリング・ミュージックの草分け的存在として知られ、日本のTVドラマや映画の音楽を手がけるなど、幅広く活躍している。主な代表作に「Neiges」(1975)、「Impressions」(1983)、代表曲に「Wow」(1975)、「Comme Au Premier Jour」(邦題「めぐり逢い」)(1983)など多数。

このシングルは1976年にLondon傘下phase 4 stereoから発売されたシングル。プロデュースはAndre GagnonPete Tessier。シングル・オンリー。(1977年にイギリスで発売されたコンピレーション・アルバム「Surprise」にのみ収録)

●SURPRISE
前作「Wow」(1975)のディスコ・ヒットを受けて制作された作品で、イージーリスニング調のアンニュイで美しいメロディーを持ったアップテンポのインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。右チャンネルで展開されるファンキーなギター・リフが非常に印象的で、様々なアーティストの作品で取り入れられている。

ロング・バージョンを収録した12インチ・シングルが発売され、全米のディスコでヒットとなった。

●DOUCE IMAGE

Paul MauriatSilvettiあたりを思わせる美しいピアノのメロディー・ラインを持ったイージーリスニング調のリズミカルなナンバー。

※イージーリスニング界の大御所であるにも関わらず、彼のディスコ期の作品は一部を除いて全くCD化されていない。

The Disco Sound of ANDRE GAGNON / WOW (1975)

andre gagnon-wow

SIDE A...5N-230

WOW
Time: 3:09
(Andre Gagnon)
Produced by Andre Gagnon and Pete Tessier

SIDE B...5N-230

TA SAMBA
Time: 3:38
(Andre Gagnon)
Produced by Andre Gagnon and Pete Tessier

(P)1975 London/Les Editions Musicales AGM Ltee

BILLBOARD CHART ACTION
●WOW
[POP # 95 /R&B # - /DISCO # 5 ]

Andre Gagnonは、カナダや日本で活躍したカナダ・ケベック州出身の白人男性ピアニスト。特に日本ではヒーリング・ミュージックの草分け的存在として知られ、日本のTVドラマや映画の音楽を手がけるなど、幅広く活躍している。主な代表作に「Neiges」(1975)、「Impressions」(1983)、代表曲に「Wow」(1975)、「Comme Au Premier Jour」(邦題「めぐり逢い」)(1983)など多数。

このシングルは1975年にLondonから発売されたアルバム「Neiges」からのシングル・カット。プロデュースはAndre GagnonPete Tessier

●WOW
彼にとって最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。パーカッシブなコンガを中心とするダンサブルなリズム・セクションにクラシカルかつゴージャスなオーケストレーションが重なるアップテンポのインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。

●TA SAMBA
サンバのリズムを強調したダンサブルなバッキングにクラシカルなピアノのメロディー・ラインが絡むPaul Mauriat風のイージーリスニング・ナンバー。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム