スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GREGG DIAMOND / STAR CRUISER (1978)

2010.12.17.Fri.00:17
gregg diamond-star cruiser

SIDE A...3329

STAR CRUISER
Time: 4:07
(Gregg Diamond)
From the album "Star Cruiser" (Marlin 2217)
Arr. by Gregg Diamond
Produced by Gregg Diamond & Godfrey Diamond
for Diamond Touch Prods, Ltd.

SIDE B...3329

THIS SIDE OF MIDNIGHT

Time: 3:11
(Gregg Diamond)
From the album "Star Cruiser" (Marlin 2217)
Arr. by Gregg Diamond
Produced by Gregg Diamond & Godfrey Diamond
for Diamond Touch Prods, Ltd.

(P)1978 Marlin / T.K. Productions, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●STAR CRUISER
[POP # 102 /R&B # 57 /DISCO # 7 (Lp all cuts) ]

●THIS SIDE OF MIDNIGHT
[POP # - /R&B # - /DISCO # 7 (Lp all cuts) ]

Gregg Diamondは、70年代のディスコ・ミュージック・シーンで一世を風靡したペンシルバニア州白人男性ディスコ・プロデューサー、コンポーザー、ドラマー。Andrea True ConnectionBionic Boogieといったディスコ・プロジェクトを成功させた事で知られる。自身名義でのヒット曲に「Star Cruiser」(1978)など。

このシングルは1978年にMarlinから発売されたソロ名義でのファースト・アルバム「Star Cruiser」からのファースト・シングル。プロデュースはGregg DiamondGodfrey Diamond。アレンジはGregg Diamond

STAR CRUISER
ディスコ・チャートだけでなくソウル・チャートでもヒットを記録したソロ名義では最大のヒット曲。高揚感のあるスペイシーなイントロ部分が非常に強いインパクトを残すアップリフティングなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンの構成を大幅に入れ替えてエディットしたもの。タイム表記が誤っており、実際は3分16秒。

●THIS SIDE OF MIDNIGHT
爽やかかつゴージャスな雰囲気を持ったアップテンポのディスコ・ナンバー。Jocelyn Brownによる「Your Love」という掛け声の繰り返しが印象的。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンの構成を大幅に入れ替えてエディットしたもの。

GREGG DIAMOND / HOLDING BACK (1978)

2010.12.15.Wed.23:38
gregg diamond-holding back

SIDE A...3333

DOING THAT (FANCY DANCER)
Time: 3:15
(Gregg Diamond)
From the album "Star Cruiser" (Marlin 2217)
Arranged by Gregg Diamond
Produced by Gregg Diamond & Godfrey Diamond
for Diamond Touch Prods, Ltd.

SIDE B...3333

HOLDING BACK
Time: 5:04
(Steve Love-Gregg Diamond)
From the album "Star Cruiser" (Marlin 2217)
Arranged by Gregg Diamond
Produced by Gregg Diamond & Godfrey Diamond
for Diamond Touch Prods, Ltd.

(P)1978 Marlin / T.K. Productions, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●DOING THAT (FANCY DANCER)
[POP # - /R&B # - /DISCO # 7 (Lp all cuts) ]

●HOLDING BACK
[POP # - /R&B # - /DISCO # 7 (Lp all cuts) ]

Gregg Diamondは、70年代のディスコ・ミュージック・シーンで一世を風靡したペンシルバニア州白人男性ディスコ・プロデューサー、コンポーザー、ドラマー。Andrea True ConnectionBionic Boogieといったディスコ・プロジェクトを成功させた事で知られる。自身名義でのディスコ・ヒットに「Star Cruiser」(1978)など。

このシングルは1978年にMarlinから発売されたソロ名義でのファースト・アルバム「Star Cruiser」からのセカンド・シングル。プロデュースはGregg DiamondGodfrey Diamond。アレンジはGregg Diamond

DOING THAT (FANCY DANCER)
Bionic Boogieの延長線ともいえる作風の典型的なディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。オリジナル・タイトルは「Fancy Dancer」。

●HOLDING BACK
セッション・シンガーとして活躍していた白人男性ボーカリスト・Gordon Grodyがリード・ボーカルを務める作品で、アーバンな雰囲気を持ったミディアム・アップ・テンポのソウル・ディスコ・チューン。David SimmonsJackie Mooreなど、数多くのアーティストに取り上げられている作品で、これがオリジナル。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンと同テイク。

GREGG DIAMOND BIONIC BOOGIE / CHAINS (1978)

2009.06.27.Sat.00:09
bionic boogie-chains

SIDE A...DPQ 6133

CHAINS
Time: 3:36
(Gregg Diamond)
Produced by Gregg Diamond and Godfrey Diamond
for Diamond Touch Productions, Ltd.
Engineered & Mixed by Godfrey Diamond

SIDE B...DPQ 6133

PARADISE
Time: 5:17
(Gregg Diamond)
Produced by Gregg Diamond and Godfrey Diamond
for Diamond Touch Productions, Ltd.
Engineered & Mixed by Godfrey Diamond

(P)1978 Polydor Incorporated

BILLBOARD CHART ACTION
●CHAINS
[POP # - /R&B # -/DISCO # 8 (LP all cuts)]

●PARADISE
[POP # - /R&B # -/DISCO # 8 (LP all cuts)]

Gregg Diamond Bionic Boogieは、Andrea True Connectionの成功で知られるディスコ・プロデューサーGregg Diamondが手がけたディスコ・プロジェクト。ゲスト・ボーカリストとしてLuther VandrossCissy HoustonDavid LasleyZachary Sandersといった実力派シンガーが起用されている。主なヒット曲に「Risky Changes」(1977)、「Hot Butterfly」(1978)など。

このシングルは1978年にPolydorから発売されたセカンド・アルバム「Hot Butterfly」からのセカンド・シングル。プロデュースはGregg DiamondGodfrey Diamond

CHAINS
Moment Of Truthの「Chains To Your Love」(1977)に良く似たメロディーを持つシリアスな曲調のディスコ・ナンバー。ここでのリード・ボーカルはZachary Sanders

●PARADISE

バック・ボーカリストとして活動を始めたばかりだった白人男性ボーカリスト・David Lasleyがリード・ボーカルとして起用された作品で、かなりアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。美しいメロディー・ラインやアレンジ、そこに絡むDavid Lasleyのファルセット・ボーカルが素晴らしい。隠れた名曲。

GREGG DIAMOND BIONIC BOOGIE/HOT BUTTERFLY(1978)

2006.11.15.Wed.22:08
20061108215240.jpg


SIDE A...PD 2195

HOT BUTTERFLY
Time: 3:59
(Gregg Diamond)
From Album PD-1-6162 "HOT BUTTERFLY"
Produced by Gregg Diamond & Godfrey Diamond
for Diamond Touch Productions,Ltd.
Engineered & Mixed by Godfrey Diamond

SIDE B...PD 2195

CHAINS
Time :3:52
(Gregg Diamond)
From Album PD-1-6162 "HOT BUTTERFLY"
Produced by Gregg Diamond & Godfrey Diamond
for Diamond Touch Productions,Ltd.
Engineered & Mixed by Godfrey Diamond

(P)1978 Polydor/Polygram Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●HOT BUTTERFLY
[POP # - /R&B # -/DISCO # 8 (LP all cuts)]

●CHAINS
[POP # - /R&B # -/DISCO # 8 (LP all cuts)]

Gregg Diamond Bionic Boogieは、Andrea True Connectionの成功で知られるディスコ・プロデューサーGregg Diamondが手がけたディスコ・プロジェクト。ゲスト・ボーカリストとしてLuther VandrossCissy HoustonDavid LasleyZachary Sandersといった実力派シンガーが起用されている。主なヒット曲に「Risky Changes」(1977)、「Hot Butterfly」(1978)など。

このシングルは1978年にPolydorから発売されたセカンド・アルバム「Hot Butterfly」からのカット。プロデュースはGregg DiamondGodfrey Diamond

HOT BUTTERFLY
Luther Vandrossによる涙モノの名唱で知られ、Chaka Khanを始めとする、数多くのアーティストによってカバーされ続けるディスコ・クラシックの名曲。

発売当時はディスコを中心に大ヒットとなったものの、一般チャートでは全く振るわず、後年イギリスで起こったレアグルーブ・ムーブメントの中で再評価され、コンピレーション・アルバム「Urban Classics」に収録された事でレア・グルーブ/クラブ・クラシックの定番となった。

CHAINS
アルバムからのセカンド・シングルとしてカットされた作品で、ブリブリとしたベースラインがグルービーなシリアスな曲調のディスコ・ナンバー。ここでのリード・ボーカルはZachary Sanders

※このシングルは1980年発売の再発盤。Chaka Khanによるカバー・バージョン「Papillion (A/K/A Hot Butterfly)」のヒットを受けて発売されたもの。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。