スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GARY'S GANG / LET'S LOVEDANCE TONIGHT (1979)

2010.08.10.Tue.23:05
garyS gang lets lovedance tonight

SIDE A...3-10970

LET'S LOVEDANCE TONIGHT
Time: 3:10
-E. Matthew-G. Turnier-
Taken From The Columbia Lp:
"KEEP ON DANCIN'" JC 35793
Arranged and Produced by Eric Matthew

SIDE B...3-10970

SHOWTIME
Time: 4:45
-E. Matthew-G. Turnier-
Taken From The Columbia Lp:
"KEEP ON DANCIN'" JC 35793
Arranged and Produced by Eric Matthew

(P)1979 Columbia/SAM Productions

BILLBOARD CHART ACTION
●LET'S LOVEDANCE TONIGHT
[POP # - /R&B # - /DISCO # 1 ]

Gary's Gangは、ニューヨークを拠点に活動していたミュージシャンでプロデューサーのGary TurnierEric Matthewを中心に結成された白人男性7人組ディスコ・グループ。メンバーはEric MatthewGary TurnierJay LeonBob FormanRino MinettiAl LauricellaBill Catalano。「Keep On Dancin'」(1978)、「Let's Lovedance Tonight」(1979)、「Knock Me Out」(1982)などのヒットで知られる。

このシングルは1979年にSAM/Columibiaから発売されたファースト・アルバム「Keep On Dancin'」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはEric Matthew

●LET'S LOVEDANCE TONIGHT
彼ら最大のヒット曲「Keep On Dancin'」(1978)と同時に全米ディスコ・チャートでナンバー・ワンを記録した彼らを代表するヒット曲の一つ。とにかくポップでキャッチーなメロディーを持った爽やかな曲調のアッパーなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

●SHOWTIME
アルバムのオープニングを飾る作品で、コンサートを思わせる歓声と拍手で幕を開けるミディアム・テンポのポップなインストゥルメンタル・ディスコ・ナンバー。メンバー紹介とソロで構成されており、とてもウキウキするような楽しい曲。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

スポンサーサイト

GARY'S GANG / KEEP ON DANCIN' (1978)

2010.04.19.Mon.00:02
garys gang-keep on dancin

SIDE A...3-10884

KEEP ON DANCIN'
Time: 3:45
-E. Matthew-G. Turnier-
Arranged and Produced by Eric Matthew

SIDE B...3-10884

DO IT AT THE DISCO
Time: 3:30
-E. Matthew-G. Turnier-
Arranged and Produced by Eric Matthew

(P)1978 Columbia/SAM Productions

BILLBOARD CHART ACTION
●KEEP ON DANCIN'
[POP # 41 /R&B # 15 /DISCO # 1 ]


Gary's Gangは、ニューヨークを拠点に活動していたミュージシャンでプロデューサーのGary TurnierEric Matthewを中心に結成された白人男性7人組ディスコ・グループ。メンバーはEric MatthewGary TurnierJay LeonBob FormanRino MinettiAl LauricellaBill Catalano。「Keep On Dancin'」(1978)、「Let's Lovedance Tonight」(1979)、「Knock Me Out」(1982)などのヒットで知られる。

このシングルは1978年にSAM/Columibiaから発売されたデビュー・シングル。プロデュース、アレンジはEric Matthew。1979年発売のファースト・アルバム「Keep On Dancin'」収録。

●KEEP ON DANCIN'
全米ディスコ・チャートでナンバー・ワンに輝いた彼ら最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。とにかくポップ、少しだけ哀愁感がただようキャッチーなメロディーを持った爽やかなディスコ・ナンバー。カナダやヨーロッパあたりのディスコ・ミュージックを思わせる作品。

このシングル・バージョンは12インチ・バージョンをエディットしたもの。

●DO IT AT THE DISCO
こちらもポップでキャッチーなメロディを持ったラテン・タッチの軽快なディスコ・ナンバー。サンプリング・ネタとして使用されるなど、隠れた人気曲となっている。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。