DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ CATEGORY ≫ CAROL WILLIAMS
CATEGORY ≫ CAROL WILLIAMS
      

CAROL WILLIAMS / COME BACK (1976)

carol williams-come back

SIDE 1...SFL-2188

COME BACK
Time: 3:41
(Vincent Montana, Jr.-Carol Williams)
Produced and Arranged by Vincent Montana, Jr.
Executive Producers: Joe Cayre, Stan Cayre, Ken Cayre

SIDE 2...SFL-2188

THIS TIME MAYBE THE LAST TIME
Time: 3:37
(Paul Vance-Jack Perricone)
Produced and Arranged by Vincent Montana, Jr.
Executive Producers: Joe Cayre, Stan Cayre, Ken Cayre

(P)1976 Salsoul Records (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●COME BACK
[POP # - /R&B # -/DISCO # 29 ]

Carol Williamsは、Salsoulレーベル初の女性シンガーであり、「More」(1975)、「Love Is You」(1976)、「Can't Get Away (From Your Love)」(1982)などのディスコ・ヒットで知られる、ニュージャージー出身の黒人女性ボーカリスト。

このシングルは1976年にSalsoulから発売されたファースト・アルバム「'lectric Lady」からのカット。プロデュース、アレンジはVincent Montana, Jr.。演奏はThe Salsoul Orchestra

●COME BACK
彼女自身とVincent Montana, Jr.の共作によるもので、ポップでキャッチーなメロディー・ラインに、サルソウルらしいラテン・タッチのディスコ・ビートが効いた軽快なディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンと同テイク。ロング・バージョンを収録した12インチ・シングルが発売されている。

●THIS TIME MAYBE THE LAST TIME

Dionne Warwickの妹・Dee Dee Warwickが1975年に発表したシングル曲のカバー。とても切ない歌詞とメロディー・ラインを持った美しいスロー・バラード。よい曲。


ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム