FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ CATEGORY ≫ AL DOWNING
CATEGORY ≫ AL DOWNING
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

AL DOWNING / I'LL BE HOLDING ON (1974)

FullSizeRender_4.jpg

SIDE A...CH 2158

I'LL BE HOLDING ON
Time: 3:07
(Al Downing-Lance Quinn-Andrew Smith)
Produced by Tony Bongiovi-Meco & Jay Ellis
for DCA Productions & GRT Corporation

SIDE B...CH 2158

BABY LET'S TALK IT OVER
Time: 3:21
(Al Downing)
Produced by Tony Bongiovi-Meco & Jay Ellis
for DCA Productions & GRT Corporation

(P)1974 Chess

BILLBOARD CHART ACTION
● I'LL BE HOLDING ON
[POP # 85 /R&B # 31 /DISCO # 1

Al Downing (Big Al Downing)は、60年代から90年代にかけて、主にカントリー・ミュージック・シーンで高い人気を誇ったオクラホマ州出身の黒人男性シンガーソングライター、ピアニスト。「Dream World」(1974)や「Doctor Boogie」(1978)のヒットで知られるDon Downingは兄弟。主なヒット曲に「You Never Miss Your Water」(1963)、「I'll Be Holding On」(1974)、「Mr. Jones」(1978)、「Touch Me (I'll Be Your Fool Once More)」(1979)、「Bring It On Home」(1982)など多数。

1974年にChessから発売されたシングル。プロデュースはGloria Gaynorなどを手掛けたTony BongioviMeco MonardoJay EllisからなるDCA Productions。アレンジはAndrew Smith。リミックスはTom Moulton

●I'LL BE HOLDING ON
全米ディスコチャートで3週連続1位を記録、ポップチャート、ソウルチャートでもヒットを記録した彼の代表曲であり、初期のディスコシーンを代表する作品。 カントリー・シンガーというバックグラウンドがあるだけに、バンジョーを効果的に使ったカントリー・テイストを存分に取り入れた、ユニークなディスコ・ナンバーに仕上がっている。元々は1974年初頭にJanusレーベルから発売され、後にTom Moultonによってリミックスされ、Chessレーベルから再発売されたもの。

このシングル・バージョンは、Tom Moultonによるリミックス・バージョンをエディットしたもの。バージョン違いのシングルが複数存在し、Janusレーベルから発売された2分50秒のオリジナルバージョンを収録したシングル、Chessから発売されたTom Moultonによる5分36秒のリミックスバージョンを収録したシングル、Tom Moulton Mixを短くエディットした3分7秒のバージョンを収録したシングル、日本でリリースされた5分48秒のTom Moulton Mixのフルバージョンを収録したシングルがある。

●BABY LET'S TALK IT OVER
渋い語りからスタートするイントロ、楽曲の展開と共に盛り上がっていくソウルフルな情熱的なボーカルが最高なスイートなソウル・ナンバー。当初はこちらがシングルのA面だったが、プロモーション段階で「I'll Be Holding On」のヒットに火がつき、B面に差し換えられた。

スポンサーサイト
Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。