スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUNICH MACHINE INTRODUCING CHRIS BENNETT/A WHITER SHADE OF PALE(1978)

2006.12.10.Sun.22:54
20061209213903.jpg


SIDE A...15 711 AT

A WHITER SHADE OF PALE
Time: 4:12
(Brooker/Reid)
Produced By Giorgio Moroder And Pete Bellotte

SIDE B...15 711 AT

IT'S ALL WRONG(BUT IT'S ALRIGHT)
Time 4:13
(Moroder/Bellotte)
Produced By Giorgio Moroder And Pete Bellotte

(P)1978 OASIS(Germany)

BILLBOARD CHART ACTION
●A WHITER SHADE OF PALE
[POP # - /R&B # - /DISCO #22(LP all cuts)]

●IT'S ALL WRONG(BUT IT'S ALRIGHT)
[POP # - /R&B # - /DISCO #22(LP all cuts)]

Munich Machineは、Giorgio Moroderのバック・ミュージシャン/ブレーンで構成されたドイツのディスコ・グループ。Giorgio Moroderがプロデュースした殆どの作品で演奏を担当している。主なヒット曲に「Get On The Funk Train」(1977)、「A Whiter Shade Of Pale」(1978)など。

このシングルは1978年にドイツ・Oasisから発売されたアルバム「A Whiter Shade Of Pale」からのカット。プロデュースはGiorgio MoroderPete Bellotte。リード・ボーカルはChris Bennett

A WHITER SHADE OF PALE
イギリスのロック・バンドProcol Harumが1967年に世界的に大ヒットさせた名曲(邦題:青い影)をディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。原曲のクラシカルで哀愁漂うムードは一切排除され、Giorgioらしさ全開のシンセサイザーを多様したテクノ・ディスコに変貌している。

IT'S ALL WRONG (BUT IT'S ALRIGHT)
Giorgioがポップス・シンガーとして活躍していた頃の作風に近いヨーロピアン・ポップス調のメロディーを持ったディスコ・ナンバー。

スポンサーサイト

MUNICH MACHINE/GET ON THE FUNK TRAIN(1977)

2006.12.09.Sat.22:32
20061209213917.jpg


SIDE 1...49.299

GET ON THE FUNK TRAIN (Part l)
Time: 3:33
(G.Moroder/P.Bellotte)
Recorded in: MUSICLAND STUDIOS MUNICH
Arr. by: G. MORODER
Prod. by: G. MORODER and P.BELLOTTE

SIDE 2...49.299

GET ON THE FUNK TRAIN(Part ll)
Time: 3:55
(G. Moroder/P. Bellotte)
Recorded in: MUSICLAND STUDIOS MUNICH
Arr. by: G. MORODER
Prod. by:G. MORODER and P. BELLOTTE

(P)1977 Carrere(France)

BILLBOARD CHART ACTION
●GET ON THE FUNK TRAIN
[POP # - /R&B # - /DISCO #7]

Munich Machineは、Giorgio Moroderのバック・ミュージシャン/ブレーンで構成されたドイツのディスコ・グループ。Giorgio Moroderがプロデュースした殆どの作品で演奏を担当している。主なヒット曲に「Get On The Funk Train」(1977)、「A Whiter Shade Of Pale」(1978)など。

GET ON THE FUNK TRAIN
1977年にドイツ・Oasisから発売されたアルバム「Munich Machine」からのシングル・カット。プロデュースはGiorgio MoroderPete Bellotte。フランス・Carrere盤。

ミニマルなベースラインとブリブリのムーグ・シンセ、ドッシリとしたバスドラと左右に配置された特徴的なハイハット、キレの良いストリングスなど、Giorgio Moroderらしさ全開のアップリフティングなディスコ・ナンバー。アルバムでは片面を使って一曲の15分にも及ぶロング・バージョンとなっている。

当時はディスコレベルでのヒットに留まり、その後もあまり注目される事の少なかった作品だが、2000年にWest Endから発売されたミックスCD「Larry Levan Live at the Paradise Garage」の中にこの曲がミックスされていた事からガラージ・クラシックの一曲として認知されるようになった。

A面はフランス盤独自のエディット・バージョン。
B面はドイツ盤シングル・バージョンに似せたエディット・バージョン。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。