FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ CATEGORY ≫ KIMIKO KASAI
CATEGORY ≫ KIMIKO KASAI
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

KIMIKO KASAI/WE CAN FALL IN LOVE(1976)

20061223000759.jpg


SIDE A...06SP 115

WE CAN FALL IN LOVE
Time: 3:43
-Kimiko Kasai-
Taken From the CBS/SONY LP,
"WE CAN FALL IN LOVE"25AP 260

SIDE B...06SP 115

TODAY,TOMORROW AND MORE THAN YESTERDAY
Time: 4:04
-Rem Capri & Teo Macero-
Taken From the CBS/SONY LP,
"WE CAN FALL IN LOVE"25AP 260

(P)1976 CBS/SONY Inc.(Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●WE CAN FALL IN LOVE
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

笠井紀美子は、1960年代後半から80年代にかけて活躍した日本を代表する女性ジャズ・ボーカリスト。Harbie Hancockプロデュースによるアルバム「Butterfly」(1979)からシングル・カットされた「I Thought It Was You」が世界的に有名。

このシングルは1976年に日本・CBS/Sonyから発売されたアルバム「We Can Fall In Love」からのシングル・カット。プロデュースはTeo Macero。アレンジはRichard Evans。シカゴ録音。

WE CAN FALL IN LOVE
ジャズタッチのシンプルなアレンジが施されたディスコ・ナンバーで、イントロのワウ・ギター、ファンキーなクラビネットのサウンドがとても印象的。おそらく同時期にヒットしていたSalsoul Orchestraの「Chicago Bus Stop (Ooh I Love It)」(1975)あたりを意識したものと思われる。表情豊かでセクシーな彼女のボーカルも魅力的だ。

TODAY,TOMORROW AND MORE THAN YESTERDAY
ややファンキー寄りのクロスオーバーなアレンジにポップなメロディーがのったミディアム・テンポの作品。途中で聴かれる彼女の情感たっぷりの切ないセリフが飛び切りセクシーだ。

スポンサーサイト
Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。