スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE COMMITTEE/ONE DAY OF PEACE(1974)

2007.01.25.Thu.23:42
20070120205932.jpg


SIDE AA-AF...ZS8 3256 STEREO

ONE DAY OF PEACE
Time: 2:50
-A. Felder-R. Tyson-T. Conway-
Arranged by Bobby Martin
Produced by Allan Felder
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa.
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa.
"The Sound of Philadelphia"

SIDE AA-AF...ZS8 3256 MONO

ONE DAY OF PEACE
Time: 2:50
-A. Felder-R. Tyson-T. Conway-
Arranged by Bobby Martin
Produced by Allan Felder
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa.
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa.
"The Sound of Philadelphia"

(P)1974 Golden Fleece/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●ONE DAY OF PEACE
[POP # -/R&B # -/DISCO # 14]

Love Committeeは、フィラデルフィアを拠点に活動していたThe Ethicsを前身とする黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。リード・ボーカルはコンポーザーとして活躍し、現在はThe Temptationsのリード・ボーカルを務めるRon Tyson。主なヒット曲に「Heaven Only Knows」(1976)、「Law & Order」(1978)など。

このシングルは1974年にGolden Fleece移籍後、Love Committee名義で発表した1枚目のシングル。プロデュースはAllan Felder。アレンジはBobby Martin。演奏はMFSB

ONE DAY OF PEACE
MFSBのリーダーBobby Martinがアレンジを手がけたアップテンポの軽快なフィリー・ダンサー。フィリー・ソウルとディスコ・サウンドのミックスとも言える、この時期の典型的なフィリー・ダンサーに仕上がっている。

スポンサーサイト

LOVE COMMITTEE/WHERE WILL IT END(1977)

2007.01.24.Wed.21:31
20070120205957.jpg


SIDE A...GM-4003

CHEATERS NEVER WIN
Time: 3:57
(R. Tyson-A. Felder-T.G. Conway)
Produced by Baker-Harris-Young Prods.
Arranged by Jack Faith
Executive Producers: Joe Cayre, Stan Cayre, Ken Cayre

SIDE B...GM-4003

WHERE WILL IT END
Time: 5:00
(R. Tyson-N. Harris-A. Felder)
Produced by Baker‐Harris‐Young Prods.
Arranged by Norman Harris
Executive Producers: Joe Cayre, Stan Cayre, Ken Cayre

(P)1977 Salsoul/Gold Mind Records

BILLBOARD CHART ACTION
●CHEATERS NEVER WIN
[POP # -/R&B # 57/DISCO # -]

Love Committeeは、フィラデルフィアを拠点に活動していたThe Ethicsを前身とする黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。リード・ボーカルはコンポーザーとして活躍し、現在はThe Temptationsのリード・ボーカルを務めるRon Tyson。主なヒット曲に「Heaven Only Knows」(1976)、「Law & Order」(1978)など。

このシングルは1977年にGold Mind移籍後に発売された第一弾シングル。プロデュースはBaker-Harris-Young

CHEATERS NEVER WIN
スキップをしているかのように弾むシャッフル・ビートが軽快なポップ・ソウル・ナンバー。彼らの絶妙なハーモニーが存分に活かされた、聴けば聴く程味の出る作品。アレンジはJack Faith。1978年発売のアルバム「Law And Order」収録。

WHERE WILL IT END
彼らの隠れた名曲として高い人気を誇るミディアム・アップ・テンポの哀愁系フィリー・ダンサー。アレンジはNorman Harris。シングル・オンリー。

Walter Gibbonsによる12インチ・ミックス・バージョンと、1978年発売のシングル「Law And Order」のB面バージョンを含め、別バージョンが3テイク存在する。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。