スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JOE BATAAN/SADIE(She Smokes)(1980)

2006.09.30.Sat.22:14
20060923222337.jpg


SIDE A...S7 2123 DJ STEREO

SADIE(She Smokes)
Time: 3:30
(Joe Bataan)
(From The Salsoul L.P. SA 8534 "Mestizo")
Produced And Executed By Joe Bataan
For Bataan Music Productions,Unltd.,Ltd.
Arranged By Marty Sheller

SIDE A...S7 2123 DJ MONO

SADIE(She Smokes)
Time: 3:30
(Joe Bataan)
(From The Salsoul L.P. SA 8534 "Mestizo")
Produced And Executed By Joe Bataan
For Bataan Music Productions,Unltd.,Ltd.
Arranged By Marty Sheller

(P)1980 Salsoul Records Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●SADIE(She Smokes)
[POP # - /R&B # -/DISCO # 57 ]

Joe Bataanは、60年代から現在までラテン/ソウル・ミュージック・シーンで活躍するアメリカ人とフィリピン人のハーフの男性シンガーソングライター、プロデューサー。Salsoul Recordsの創設者の一人であり、第一弾アーティストとして所属していた事でも知られる。主なヒット曲に「The Bottle(La Botella)」(1975)、「Rap-O Clap-O」(1979)など多数。

SADIE(She Smokes)
1980年にSalsoulから発売されたアルバム「Joe Bataan and His Mestizo Band/Mestizo」からのシングル・カット。プロデュースはJoe Bataan。アレンジはMarty Sheller。リード・ボーカルはJocelyn Brown

ラテン・ソウル系のファンキーなノリを持ったストレートなディスコ・ナンバーで、Donna Summerの大ヒット曲「Bad Girls」(1979)のフレーズを盛り込んだアレンジが印象的な作品。元々は1978年にFree Spilitから発売されたSalsoulレーベルの未発表音源集「Anvil Band」に収録されていたインストゥルメンタル・ナンバーに歌詞をつけてリメイクしたもの。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・シングルとも全く異なるシングル・ミックス。

スポンサーサイト

HARLOW/TAKE OFF(Satisfaction Guaranteed)(1980)

2006.09.29.Fri.23:55
20060929235038.jpg


SIDE A...FIZZ 103

TAKE OFF(Satisfaction Guaranteed)
(Alyanak,Aliksanyan)
Produced and Engineered by Mike Alyanak,Bartch Alyanak
and Alex Aliksanyan

SIDE B...FIZZ 103

MOVIE QUEEN
(Alyanak,Aliksanyan)
Produced and Engineered by Mike Alyanak,Bartch Alyanak
and Alex Aliksanyan

(P)1980 G.R.A.F.Records International Ltd.USA/Champagne Records(UK)

BILLBOARD CHART ACTION
●TAKE OFF(Satisfaction Guaranteed)
[POP # - /R&B # -/DISCO #15 ]

Harlowは、カナダを拠点にセッション・シンガーとして活躍していたJohanna VanderkleyJoanne PericaLinda Hancharの女性3人から成るカナダのディスコ・グループ。「Take Off」「Mystic Lady」(1980)のディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1980年にG.R.A.F. Records Internationalから発売されたファースト・アルバム「Taking Off」からの先行シングル。プロデュースはMike AlyanakBartch AlyanakAlex Aliksanyan。両面共にモノラル・ミックス。イギリス・Champagne盤。

TAKE OFF
アメリカ、日本のディスコを中心に大きな話題となり、シングル・ヒットを記録した彼女たちの代表曲の一つ。チョッパー気味のオクターブ・ベースやカッティング・ギターが非常にグルービーなアップリフティングなディスコ・ナンバーで、「離陸」というタイトル通り、世界中を旅して歩く内容であり、各国の首都や有名な都市の事が歌われている。

「TOKIO-Rice is nice but Saki is knocks me dead」(東京-お米は美味しいけど、日本酒はキツイわね)

MOVIE QUEEN
映画スターとして成功した主人公の女性が、過去に恋人に捨てられた事を引きずったままの孤独感を歌ったもの。非常にメロディアスなディスコ・ナンバー。

MACHINE/THERE BUT FOR THE GRACE OF GOD GO I(1979)

2006.09.28.Thu.21:25
20060923222240.jpg


SIDE A...PB-11456

THERE BUT FOR THE GRACE OF GOD GO I
Time: 2:43
(Kevin Nance-August Darnell)
Produced By August Darnell
for ITC Corp.Productions

SIDE B...PB-11456

GET YOUR BODY READY
Time: 3:09
(Kevin Nance)
Produced By August Darnell
for ITC Corp.Productions

(P)1979 RCA Records/Hologram Records

BILLBOARD CHART ACTION
●THERE BUT FOR THE GRACE OF GOD GO I
[POP #77 /R&B #91 /DISCO # 8]

Machineは、Dr. Buzzard's Original Savannah BandKid Creole And The Coconutsのリーダーとして活躍したAugust Darnellが手がけたディスコ/ニューウェイヴ・プロジェクト。「There But For The Grace Of God Go I」のスマッシュ・ヒットで知られる。

このシングルは1979年にRCA/Hologramから発売されたファースト・アルバム「Machine」からのシングル・カット。プロデュースはAugust Darnell

THERE BUT FOR FOR THE GRACE OF GOD GO I
シリアスなメッセージを持った歌詞が非常に印象的なアップテンポのストレートなディスコ・チューン。タイトルの「There But For The Grace Of God Go I」とは「そうならなかったのは神様のおかげ」という意味。

当時は「with no blacks, no Jews and no gays」のフレーズが人種差別的な観点から問題視され、このシングル・バージョンでは「somewhere far away, where only upper class people stay」と歌いなおされている。

GET YOUR BODY READY
アルバムB面3曲目に収められていたややファンキー・タッチの軽快なジャンプ・ナンバー。これと言って特に印象に残らないような曲、と言ったら失礼か。

ROBIN GIBB.THE COUNT.GROVER,ERNIE AND COOKIE MONSTER/SESAME STREET FEVER(1978)

2006.09.24.Sun.20:49
20060923222322.jpg


SIDE A...CTW 199070 A

SESAME STREET FEVER
(Raposo)
ROBIN GIBB.THE COUNT.GROVER,
ERNIE AND COOKIE MONSTER


SIDE B...CTW 199070 B

TRASH
(Raposo)
ROBIN GIBB

(P)1978 CTW (Children's Television Workshop)

BILLBOARD CHART ACTION
●SESAME STREET FEVER
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

世界的知名度を誇るアメリカの人気子供番組「Sesame Street」から登場した企画盤ディスコ・アルバム「Sesame Street Fever」(1978)からのシングル・カット。プロデュースはJoe Raposo。バック・ボーカルはThe Girls(Martha StewartUllanda McCulloughYvonne Lewis)。ゲスト・シンガーとしてRobin Gibb(Bee Gees)が参加。

●SESAME STREET FEVER
アルバムA面トップに収められていたタイトル・チューン。TVでお馴染みのオープニングをディスコ・バージョンにしたものではなく、このアルバム用のオリジナル作品。マペットたちの掛け合いやお馴染みの子供達によるコーラスが入るが、サウンド自体はややファンキー・タッチの流麗なニューヨーク・ディスコ・チューンに仕上がっている。

●TRASH
アルバムB面トップに収められていた作品。Bee Geesの一連のヒット・チューンを思わせるAOR風のメロウなディスコ・ナンバーで、ここではRobin Gibbがリード・ボーカルを務めている。

MARYANN FARRA AND SATIN SOUL/NEVER GONNA LEAVE YOU(1976)

2006.09.23.Sat.23:02
20060923222206.jpg


SIDE A...B 55523

NEVER GONNA LEAVE YOU
Time: 3:20
(Tony Valor-Steve Marin-Irene Marrero)
Produced By Tony Valor & Tom Moulton
Produced For T. and T. Productions
Arranged By Tony Valor "A TOM MOULTON MIX"
Special Thanks Joe E. Rome
Mastering Jose Rodriguez
Engineers: Joel Soffer & Bob Clearmountain

SIDE B...B 55523

NEVER GONNA LEAVE YOU (Disco Version)
Time: 5:35
(Tony Valor-Steve Marin-Irene Marrero)
Produced By Tony Valor & Tom Moulton
Produced For T. and T. Productions
Arranged By Tony Valor "A TOM MOULTON MIX"
Special Thanks Joe E. Rome
Mastering Jose Rodriguez
Engineers: Joel Soffer & Bob Clearmountain

(P)1976 Brunswick Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●NEVER GONNA LEAVE YOU
[POP # - /R&B # -/DISCO # 27]

Maryann Farra & Satin Soul(De-Lite-Ful)は、70年代前半に数枚のシングルを発表しているガレージ・ロック・バンドMaryann Farra Genesisを前身とするディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはMaryann Farra。「Never Gonna Leave You」「Stoned Out Of My Mind」(1976)などのディスコ・ヒットで知られる。

NEVER GONNA LEAVE YOU
1976年にBranswickから発売されたアルバム「Never Gonna Leave You」からのカット。プロデュースはTony ValorTom Moulton。アレンジはEugene RecordSonny SandersTony Valor

ノーザン・ソウル/ディスコ・クラシックの人気曲で、彼女の気だるく、囁きかけるような独特の歌唱と、モンド・タッチのディスコ・サウンドのコントラストが絶妙なアップテンポのディスコ・ナンバー。元々は1975年にDe-Lite-Ful名義で制作されたもので、オリジナル・タイトルは「Never Never Never Ever Leave You」。Jeanne Napoliによるカバー・バージョン、Tony Valor Sounds Orchestraによるインスト・バージョンが存在する。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンとは若干異なるミックスとなっており、特にハイハットのミックスが明らかに違っている。
A面はショート・バージョン。
B面はディスコ・バージョン。

JAKKI/YOU ARE THE STAR(1977?)

2006.09.23.Sat.22:40
20060923222138.jpg


SIDE A...WES 1203

YOU ARE THE STAR
Time: 3:00
(Ken Gibson)
Produced by John Gomez & Elliot Rosoff
Arranged by John Gomez & Elliot Rosoff
A Special Thanks To Tom Baratta
A TOM MOULTON MIX

SIDE B...WES 1203

YOU ARE THE STAR
Time: 6:46
(Ken Gibson)
Produced by John Gomez & Elliot Rosoff
Arranged by John Gomez & Elliot Rosoff
A Special Thanks To Tom Baratta
A TOM MOULTON MIX

(P)1977? Westend Records

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU ARE THE STAR
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Jakkiは、プロデューサー、コンポーザーとして活動していたJohnny Melfiによって結成されたディスコ・グループ。グループ名はリード・ボーカル担当の女性メンバーJacquelineを縮めたものらしいが詳細は不明。「Sun...Sun...Sun...」(1976)のディスコ・ヒットで知られる。

●YOU ARE THE STAR
1977年頃にWestendから発売されたシングル。プロデュース、アレンジはJohn GomezElliot Rosoff。リミックスはTom Moulton

イギリスのソウル・シンガーJesse Greenの1976年に発表したアルバム「Nice And Slow」に収められていたディスコ・ナンバーをカバーしたもの。

A面はショート・バージョン。
B面はリミックス・バージョン。

JEANNE BURTON/(NOBODY LOVES ME) LIKE YOU DO DO(PART 1)(1975?)

2006.09.19.Tue.20:59
20060919203945.jpg


SIDE A...C・6362・JB・S

(NOBODY LOVES ME) LIKE YOU DO DO (PART 1)
Time: 2:57
(S.Casella)
Arranged, Produced and Conducted
under the influence of S.O.N.N.Y. (Sound of New New York)

SIDE B...C・6362・JB・S

(NOBODY LOVES ME) LIKE YOU DO DO (PART 2)
Time: 2:30
(S.Casella)
Arranged, Produced and Conducted
under the influence of S.O.N.N.Y. (Sound of New New York)

(P)1975? Cotton Records

BILLBOARD CHART ACTION
●(NOBODY LOVES ME) LIKE YOU DO DO
[POP # - /R&B # -/DISCO #17 ]

Jenny Burton(Jeanne Burton)は、「One More Shot」(1983)の大ヒットで知られるC-Bunkのフューチャリング・ボーカリストとして活躍し、ソロでも「Remember What You Like」(1983)「Bad Habits」(1984)など、数多くのディスコ・ヒットを放った事で知られる黒人女性ボーカリスト。

(NOBODY LOVES ME) LIKE YOU DO DO
1975年頃、ディスコ・プロデューサーのSonny Casellaが設立したインディー・レーベルCottonから発売されたデビュー・シングル。

一度聴いたら耳から離れなくなるほどの強力なキャッチーさを持ったオーソドックスなポップ・ディスコ・チューン。パワフルでメリハリのある彼女の歌声はとてもソウルフル。当時18歳だったとは恐れ入る。

この曲は同年暮にドイツのディスコ・シンガーClaudja Barryがカバーし、ヨーロッパでヒットしている。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

SPIDERS WEBB/I DON'T KNOW WHAT'S ON YOUR MIND(1976)

2006.09.18.Mon.00:33
20060918001356.jpg


SIDE A...Fantasy F-789-A-S(Promotion Copy)

I DON'T KNOW WHAT'S ON YOUR MIND
Time: 3:54
(Billy Nichols)
Produced By Jaff Lane for Satellite Records,Inc.
Arranged By Jaff Lane & Spiders Webb.
Strings arranged by Randy Muller

SIDE A...Fantasy F-789-A-M(Promotion Copy)

I DON'T KNOW WHAT'S ON YOUR MIND
Time: 3:54
(Billy Nichols)
Produced By Jaff Lane for Satellite Records,Inc.
Arranged By Jaff Lane & Spiders Webb.
Strings arranged by Randy Muller

(P)1976 Fantasy Records

BILLBOARD CHART ACTION
●I DON'T KNOW WHAT'S ON YOUR MIND
[POP # - /R&B # -/DISCO #21 ]

Spiders Webbは、数多くの有名アーティストのバックで活躍した黒人男性ドラマー・Spider Webと白人女性ベーシスト・Carol Kayeを中心とするディスコ/ファンク・プロジェクト。「I Don't Know What's On Your Mind」のディスコ・ヒットで知られる。

I DON'T KNOW WHAT'S ON YOUR MIND
1976年にFantasyから発売されたアルバム「I Don't Know What's On Your Mind」からのカット。リード・ボーカルとプロデュースはJaff Lane。アレンジはJaff LaneSpiders Webb

Billy Nicholsのペンによるジャズ・ファンキッシュなディスコ・ナンバー。どこかクールで特徴的なストリングス・アレンジはRandy Mullerによるもの。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

THE SALSOUL ORCHESTRA/NICE 'N' NAASTY(1976)

2006.09.17.Sun.01:09
20060917005634.jpg


SIDE A...SZ 2011

NICE 'N' NAASTY
Time: 3:09
(Vincent Montana,Jr.)
Produced, Arranged & Conducted By Vincent Montana,Jr
Executive Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

SIDE B...SZ 2011

NIGHTCRAWLER
Time: 3:20
(Vincent Montana,Jr.)
Produced, Arranged & Conducted By Vincent Montana,Jr
Executive Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

(P)1976 Salsoul Record Corp

BILLBOARD CHART ACTION
●NICE 'N' NAASTY
[POP #30 /R&B #20 /DISCO # 3 ]

The Salsoul Orchestraは、プロデューサー、ソングライター、アレンジャーとして活躍していたヴァイヴ奏者のVincent Montana,Jr.が、「TSOP(The Sound Of Philadelphia)」(1973)の大ヒットで有名なMFSBの主力メンバーを引き抜いて結成したディスコ・オーケストラ。彼らが所属するSalsoul Recordsの看板アーティストとして活躍し、数多くのヒットを放った。

このシングルは1976年にSalsoulから発売されたセカンド・アルバム「Nice 'N' Naasty」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはVincent Montana, Jr.

NICE 'N' NAASTY
Salsoul Orchestraが最も脂の乗っていた頃のヒット曲であり、代表曲の一つ。彼らの初期の作品の中では最もディスコ色が強めのファンキーなディスコ・ナンバーで、単調な中にもVincent Montana,Jrらしさが光る作品。Walter Gibbonsによるリミックス・バージョンが収録された12インチ・シングルが発売され、世界中のディスコで大ヒットした。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。タイム表記が誤まっており、実際は3分40秒である。

NIGHTCRAWLER
イージーリスニング風スロー・チューン。


FANTASTIC FOUR/I GOT TO HAVE YOUR LOVE(1977)

2006.09.16.Sat.21:18
20060916210102.jpg


SIDE A...K 11017(WB 55403)

I GOT TO HAVE YOUR LOVE
Time: 3:28
(Perry/Wpps/Coffey)
(From the Westbound L.P. K 50415 Got To Have Your Love)
Prod. by Dennis Coffey & James Epps
Arr. by Dennis Coffey
"A TOM MOULTON MIX"

SIDE B...K 11017(WB 55403)

AIN'T I BEEN GOOD TO YOU
Time: 3:04
(Hamilton)
(From the Westbound L.P. K 50415 Got To Have Your Love)
Prod. by Al Hamilton
Arr. by Paul Riser
"A TOM MOULTON MIX"

(P)1977 Westbound/Atlantic(UK)

BILLBOARD CHART ACTION
●I GOT TO HAVE YOUR LOVE
[POP # - /R&B #30 /DISCO # 2 ]

Fantastic Fourは、60年代から80年代にかけてデトロイトを拠点に活動していた黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。1977年当時のメンバーはJames EppsJoseph PruittPaul ScottCleveland Horne。主なヒット曲に「Alvin Stone (The Birth and Death of A Gangster)」(1975)、「I Got To Have Your Love」など。

このシングルは1977年にWestboundから発売されたアルバム「Got To Have Your love」からのシングル・カット。

I GOT TO HAVE YOUR LOVE
C.J & Coを手がけ、自身もヒット曲を持つDennis Coffeyがプロデュース、アレンジを手がけた、ファンキー・タッチのアップリフティングなソウル・ディスコ・チューン。The Temptationsを思わせるファンキーな作りのディスコ・ナンバーで、オクターブ・ベースとピアノのリフレイン、ソウルフルなリード・ボーカルと重厚なコーラスが印象的なアッパーな作品。彼ら最大のディスコ・ヒット。

●AIN'T I BEEN GOOD TO YOU
前作「Night People」(1976)を手がけたAl Hamiltonがプロデュース、Paul Riserがアレンジを手がけたスロー・バラード。

WILTON PLACE STREET BAND/DISCO LUCY (I LOVE LUCY THEME)(1976)

2006.09.15.Fri.22:58
20060915224522.jpg


SIDE A...IS-078-A

DISCO LUCY (I LOVE LUCY THEME)
Time: 3:35
(E.Daniel/H.Adamson)
Produced and Arranged By Trevor Lawrence

SIDE B...IS-078-B

YOU DON'T EVEN KNOW WHO WE ARE
Time: 2:45
(S.Madaio/T.Lawrence)
Produced and Arranged By Trevor Lawrence

(P)1976 Island Records,Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●DISCO LUCY(I LOVE LUCY THEME)
[POP # 24 /R&B # 41 /DISCO # 7 ]

Wilton Place Street Bandは、数多くの有名アーティストのバックで活躍したテナー・サックス・プレイヤー・Trevor Lawrenceが手がけたディスコ・プロジェクト。彼の妻であり、The Supremesのメンバーとして活躍したLynda Laurenceがコーラスで参加している。主なヒット曲に「Disco Lucy (I Love Lucy Theme)」(1976)など。

このシングルは1976年にIslandから発売されたデビュー・シングル。プロデュース、アレンジはTrevor Lawrence

DISCO LUCY(I LOVE LUCY THEME)
1950年代に一世を風靡したTV番組「I Love Lucy Show」のテーマをディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。とても爽やかでキャッチーなポップ・ディスコ・チューンに仕上がっており、ディスコ・ヒットに留まらず、一般チャートでもシングル・ヒットを記録した。

YOU DON'T EVEN KNOW WHO WE ARE
ミディアム・テンポの軽いノリのポップ・ディスコ・チューン。

SALSOUL ORCHESTRA/YOU'RE JUST THE RIGHT SIZE(1976)

2006.09.15.Fri.22:21
20060915215319.jpg

SIDE A...SZ-2007

YOU'RE JUST THE RIGHT SIZE
Time: 3:14
(Vincent Montana,Jr.)
Produced, Arranged & Conducted By Vincent Montana,Jr.
Executive Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

SIDE B...SZ-2007

CHICAGO BUS STOP(OOH I LOVE IT)
Time: 3:28
(Vincent Montana,Jr.)
Produced, Arranged & Conducted By Vincent Montana,Jr.
Executive Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

(P)1976 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU'RE JUST THE RIGHT SIZE
[POP #88 /R&B #76 /DISCO #4 ]

●CHICAGO BUS STOP(OOH I LOVE IT)
[POP # - /R&B # -/DISCO #4 ]

The Salsoul Orchestraは、プロデューサー、ソングライター、アレンジャーとして活躍していたヴァイヴ奏者のVincent Montana,Jr.が、「TSOP(The Sound Of Philadelphia)」(1973)の大ヒットで有名なMFSBの主力メンバーを引き抜いて結成したディスコ・オーケストラ。彼らが所属するSalsoul Recordsの看板アーティストとして活躍し、数多くのヒットを放った。

このシングルは1975年にSalsoulから発売されたファースト・アルバム「The Salsoul Orchestra」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはVincent Montana, Jr.

YOU'RE JUST THE RIGHT SIZE
アルバムA面ラストに収められていたとてもセクシーなムードのジャジーなディスコ・チューン。Earl Youngのタイトなドラミング、Sweet hearts of sigmaによる官能的なコーラス、流麗なストリングスなど、サルソウル・ディスコのお手本とも言える作品。

CHICAGO BUS STOP(OOH I LOVE IT)
Salsoul Orchestraを代表する傑作であり、MFSBの「Love Is The Message」(1973)と共に、現代のハウス・ミュージックのお手本とも言える有名な作品。

1983年にはShep Pettiboneによるリミックス・バージョン「Ooh I love It(Love Break)」が全米のディスコで大ヒット。さらにMadonnaのクラブ・ヒット「Into The Groove」(1987)、「Vogue」(1990)でサンプリングされた事でハウス・クラシックとして有名になった。

HOT BLOOD/TERROR ON THE DANCE FLOOR(1977)

2006.09.15.Fri.22:10
20060915215230.jpg
20060915221517.jpg


SIDE A...DS-601-A

TERROR ON THE DANCE FLOOR
Time: 5:44
(L. Melwing/M. Ambruster/P. Duc)
Produced By HOT BLOOD
From the Album"DISCO DRACULA"

SIDE B...DS-601-B

SOUL DRACULA
Time: 2:57
(L. Melwing/M. Ambruster/P. Duc)
Produced By HOT BLOOD
From the Album"DISCO DRACULA"

(P)1977 Dynamo Records

BILLBOARD CHART ACTION
●TERROR ON THE DANCE FLOOR
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Hot Bloodは、DalidaMadleen Kaneなどを手掛けたフランスのヒットメイカー・Michaele, Lana & Paul Sebastianの3人を中心とするフランスのディスコ・プロジェクト。レコーディングはドイツで行われ、Silver Conventionとほぼ同じレコーディング・メンバーで構成されている。「Soul Dracula」(1975)の世界的ヒットで知られる。

このシングルは1977年にアメリカ・Dynamo発売されたアルバム「Disco Dracula」からのシングル・カット。アレンジはBoney M.などのアレンジを手がけたStefan Klinkhammer

TERROR ON THE DANCE FLOOR
アルバム収録曲に登場するフレーズ(「Dracula」「Frankenstein」「Blackmail」など)を盛り込んだ、お遊び的要素が強めのディスコ・ナンバー。典型的ミュンヘン・サウンド。

SOUL DRACULA
1975年にフランス・Carrereから発売され、ヨーロッパ、日本で大ヒットを記録した彼らの代表曲。どうしてもキワモノ的な要素が強いために正当な評価を受ける事は少ないが、良く聴いて見ると、親しみやすいメロディー、飽きさせないアレンジ、ハイ・クオリティーなミックスダウンなど、楽曲としての完成度がずば抜けて高い事がわかる。これでヒットしない筈はない。

PHILLY DEVOTIONS/HURT SO BAD(1976)

2006.09.15.Fri.02:36
20060915023617.jpg


SIOE A...3-10292

HURT SO BAD
Time: 2:45
(T. Randazzo-B. Hart-R. Wilding)
Produced, Arranged and Conducted by John Davis
"A Tom Moulton Mix"

SIDE B...3-10292

HURT SO BAD(PART ll)
Time: 5:36
(T. Randazzo-B. Hart-R. Wilding)
Produced, Arranged and Conducted by John Davis
"A Tom Moulton Mix"

(P)1976 Columbia

BILLBOARD CHART ACTION
●HURT SO BAD
[POP # - /R&B # 94 /DISCO #10 ]

Philly Devotionsは、フィリー・ソウルを代表するプロデューサー、アレンジャーのJohn Davisによって見出されたフィラデルフィア出身の黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはMatt CovingtonEllis HillErnest GibsonMorris Taylor。「I Just Can't Say Good Bye」(1974)の世界的ヒットで知られる。

HURT SO BAD
1976年にColumbiaから発売されたシングル。プロデュース、アレンジはJohn Davis。演奏はMFSB。リミックスはTom Moulton

1965年にLittle Anthony & the Imperialsが大ヒットさせた作品をディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。ここでは「I Just Can't Say Good Bye」のアレンジを踏襲した典型的フィリー・ダンサーに仕上がっている。

A面はショート・バージョン。
B面はロング・バージョン。

BUMBLE BEE UNLIMITED/EVERYBODY DANCE(1977)

2006.09.14.Thu.21:03
20060914205829.jpg

SIDE A...73907

EVERYBODY DANCE
Time: 3:27
(Patrick Adams)
Produced By Patrick Adams and Greg Carmichael For Red Greg Records,Inc
Arranged By Patrick Adams

SIDE B......73907

FUNK FOR DAY
Time: 2:59
(Patrick Adams)
Produced By Patrick Adams and Greg Carmichael
Arranged By Bumblebee Unlimited

(P)1977 Mercury/Phonogram,Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●EVERYBODY DANCE
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Bumblebee Unlimitedは、ニューヨークを拠点に活動していたディスコ・プロデューサーGreg CarmichaelPatrick Adamsが手がけたディスコ・プロジェクト。ボーカルはGreg CarmichaelLeroy BurgessDonna McGhee。テープ・スピードを落としてボーカルを録音し、虫声にしてしまうという手法が斬新だった。主なヒット曲に「Love Bug」(1976)、「Lady Bug」(1978)、「I Got A Big Bee」(1979)など。

このシングルは1977年にMercuryから発売された通算2枚目のシングル。プロデュースはGreg CarmichaelPatrick Adams

EVERYBODY DANCE
1976年に発売されたデビュー曲「Love Bug」を踏襲しながらも、非常に手の込んだファンキーなアレンジがなされたアッパーなパーティー・ディスコ・チューン。ドラムスのフィル・インが印象的。

FUNK FOR DAY
彼らの作品の中でも全く趣きの異なるファンク・ディスコ・チューン。というのも、彼らのトレード・マークでもある「虫声」が使われておらず、まるで別アーティストの作品のようである。B面用に急遽用意した楽曲なのだろうか。

BUMBLE BEE UNLIMITED/LOVE BUG(1976)

2006.09.14.Thu.21:00
20060914205757.jpg 

SIDE A...73864

LOVE BUG (SHORT VERSION)
Time: 2:30
(P. Adams)
Produced By Greg Carmichael and Patrick Adams
Arranged By Patrick Adams
Mastered By Jose Rodriguez

SIDE B...73864

LOVE BUG (LONG DISCO VERSION)
Time: 6:36
(P. Adams)
Produced By Greg Carmichael and Patrick Adams
Arranged By Patrick Adams
Mastered By Jose Rodriguez

(P)1976 Mercury/Phonogram,Inc. /Red Greg Records Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE BUG
[POP # 92 /R&B # 81 /DISCO # 18 ]

Bumblebee Unlimitedは、ニューヨークを拠点に活動していたディスコ・プロデューサーGreg CarmichaelPatrick Adamsが手がけたディスコ・プロジェクト。ボーカルはGreg CarmichaelLeroy BurgessDonna McGhee。テープ・スピードを落としてボーカルを録音し、虫声にしてしまうという手法が斬新だった。主なヒット曲に「Love Bug」(1976)、「Lady Bug」(1978)、「I Got A Big Bee」(1979)など。

LOVE BUG
1976年にRed Gregから発売され、同年暮にメジャー・レーベルMercuryから全米発売されたデビュー・シングル。プロデュースはGreg CarmichaelPatrick Adams

可愛らしい虫声ボーカルやシンセ・ストリングスを多用した爽やかなディスコ・サウンドが非常に印象的なミディアム・テンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。ニューヨークを中心とする全米のディスコで大ヒットとなり、さらに一般チャートでもスマッシュ・ヒットを記録。彼ら最大のヒット曲となった。

A面は12インチ・バージョンの前半部分をエディットしたショート・バージョン。
B面は12インチ・バージョンを40秒程早くフェイド・アウトしたロング・バージョン。

CERRONE/GIVE ME LOVE(1977)

2006.09.14.Thu.00:40
20060914002434.jpg


SIDE A...44237

GIVE ME LOVE
Time: 3:14
(Cerrone, A. Wisniak)
Produced By Cerrone
from Cottilion LP 5202"CERRONE 3:SUPER NATURE"

SIDE B...44237

LOVE IS THE ANSWER
Time: 4:00
(Cerrone, A. Wisniak)
Produced By Cerrone
from Cottilion LP 5202"CERRONE 3:SUPER NATURE"

(P)1977 Cottilion

BILLBOARD CHART ACTION
●GIVE ME LOVE
[POP # - /R&B # -/DISCO #1]

Cerrone(Jean-Marc Cerrone)は、Giorgio Moroderと並ぶユーロ・ディスコ・サウンドのパイオニアと呼ばれ、全世界のミュージック・シーンに多大な影響を与えたフランス人男性ディスコ・プロデューサー、コンポーザー、ドラマー。主な代表曲に「Love In C Minor」(1976)、「Supernature」(1977)、「Rocket In The Pocket」(1978)、「Hooked On You」(1980)など多数。

このシングルは1977年にCottilionから全米発売され、グラミー賞5部門を獲得する快挙を成し遂げた大ヒット・アルバム「Cerrone 3 Supernature」からのシングル・カット。プロデュースはCerrone

GIVE ME LOVE
Bob Sinclarとのコラボレーションで発売されたリミックス・バージョンが世界的なクラブ・ヒットになった事で大きくクローズ・アップされた、ラテン・パーカッションを強調したアッパーなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・バージョンとは全く異なるシングル・ミックス。コンガのボリュームが抑え目になっている。

LOVE IS THE ANSWER
アルバムのラストに収められていたアップテンポのポップ・ディスコ・チューン。後半での盛り上がりが特に素晴らしい。因みにStylisticsの大ヒット・ナンバーとは同名異曲。

THP ORCHESTRA/TWO HOT FOR LOVE(1978)

2006.09.13.Wed.21:55
20060913213749.jpg


SIDE A...CM 1206 A

TWO HOT FOR LOVE
Time: 3:15
(B. Lay)
Produced By Ian Guenther and Willi Morrison
Co-Produced By Jim Taylor

Side B...CM 1206 B

DAWN PATROL
Time: 4:25
(W. Morrison)
Produced By Ian Guenther and Willi Morrison

(P)1978 Butterfly Records

BILLBOARD CHART ACTION
●TWO HOT FOR LOVE
[POP #103 /R&B #46 /DISCO # 3 (LP all cuts) ]

●DAWN PATROL
[POP # - /R&B # -/DISCO # 3 (LP all cuts)]

THP orchestraは、カナダ人ディスコ・プロデューサー・Ian GuentherWillie Morrisonが手がけたカナダのディスコ・オーケストラ。グループ名のTHPThree Hats Productionsの略称。主なヒット曲に「Theme From S.W.A.T.」(1976)、Two Hot For Love」(1977)、「Weekend Two Step」(1978)など。

このシングルは1978年にButterflyから全米発売されたアルバム「Two Hot For Love!」からのシングル・カット。プロデュースはIan GuentherWillie Morrison

TWO HOT FOR LOVE
1977年にカナダ・RCAからシングルで発売された作品。アレンジはPete Pedersen。ボーカルはBarbara Fly。シンセサイザーはW. Michael Lewis

壮大なオーケストレーションにアッパーなディスコ・ビートが展開されるアップリフティングなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。タイトルの"Two Hot"は、"Too Hot"のミス・スペルだったが、これを気に入ったプロデューサーが敢えてそのままにしたもの。1978年にアメリカ・Butterflyから全米発売されたアルバムには、ボーカル、シンセサイザーを追加録音した16分に及ぶリミックス・バージョンが収録され、全米のディスコで大ヒットを記録した。

このシングル・バージョンはリミックス・バージョンのラフ・ミックスをエディットしたものと思われ、あまり良くない出来ばえ。

●DAWN PATROL
1976年にカナダ・RCAから発売されたデビュー・アルバム「Early Riser」に収録されていた作品。アレンジはEric Robertson

ミディアム・アップ・テンポのポップなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。リズム・セクションを追加録音するなど、「Early Riser」(1976)収録のバージョンとは全く異なるミックスとなっている。

CLOUD ONE/DISCO JUICE(1977)

2006.09.13.Wed.02:41
20060913024715.jpg


SIDE A....P&P 7-777 A

DISCO JUICE
Time: 6:00
(Peter Brown & Patrick Adams)
Produced By Patrick Adams

SIDE B....P&P 7-777 B

CHARLESTON HOPSCOTCH
Time: 6:00
(Peter Brown & Patrick Adams)
Produced By Patrick Adams

(P)1977 P&P Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DISCO JUICE
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Cloud Oneは、ニューヨークを拠点に活動していたディスコ・プロデューサーPatrick Adamsと、P&Pレーベル・オーナーPeter Brownが手がけたディスコ・プロジェクト。ニューヨークのローカル・レーベルP&PQueen Constanceからアルバム2枚、数枚のシングルを発表している。主な代表曲に「Atmosphere Strutt」「Disco Juice」(1976)など。

このシングルは1976年にP&Pから発売されたファースト・アルバム「Atmosphere Strut」からのシングル・カット。プロデュースはPatrick Adams

DISCO JUICE
当時からカルト的な人気を誇るディスコ・レーベルP&Pの代名詞とも言えるアンダーグラウンド・ディスコの傑作。とても爽やかなメロディー・ラインとサウンドで構成されたメロウなディスコ・ナンバーで、特にシンセ・ストリングス、アコースティック・ギター、ヴィブラフォンを配置したアレンジやサビの部分の変拍子が印象的な、聴けば聴く程味の出る、全く飽きの来ない素晴らしい作品。

タイム表記が6:00となっているが、アルバム・バージョンと同テイク。

CHARLESTON HOPSCOTCH
フニョフニョした浮遊感のあるシンセ・ソロがとてもユニークなメロウ・ディスコ・チューン。こちらもアルバム・バージョンと同テイク。


EROTIC DRUM BAND/PLUG ME TO DEATH(1978)

2006.09.13.Wed.02:07
20060913014711.jpg


SIDE A...PFF301A

PLUG ME TO DEATH
Time: 3:59
(Peter Di Milo)
Produced By Peter Di Milo
Edited By Harvey Averne
from the LP "PLUG ME TO DEATH"

SIDE B...PFF301B

ACTION 78
Time: 3:53
(M.Campanozi)
Produced By Peter Di Milo
Edited By Israel Sanchez
from the LP "PLUG ME TO DEATH"

(P)1978 Prism Records,Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●PLUG ME TO DEATH
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Erotic Drum Bandは、カナダ人ディスコ・プロデューサーPeter Di Miloが手がけたカナダのディスコ・プロジェクト。「Love Disco Style」、「Action '78」(1978)のディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1978年にPrismから全米発売されたファースト・アルバム「Plug Me To Death」からのシングル・カット。プロデュースはPeter Di Milo

PLUG ME TO DEATH
Pattie Brooksが1978年に放ったディスコ・ヒット「After Dark」にそっくりなテクノ・ディスコ・チューン。

ACTION 78
ワイルドなパーカッションと唸るシンセベースが印象的なアップテンポのディスコ・チューン。ガラージ・クラシックとしても有名な作品。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。