スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BELLE EPOQUE/BAMALAMA(1978)

2006.10.31.Tue.01:00
20061029211106.jpg


SIDE 1...49.346

BAMALAMA
Time: 3:47
(A. Weyman-E. Lenton)
Prod. by Prima Linea
Arr. and Cond. by Albert Weyman

SIDE 2...49.346

TASTE OF DESTRUCTION
Time: 2:20
(A. Weyman)
Prod. by Prima Linea
Arr. and Cond. by Albert Weyman

(P)1978 Carrere(France)

BILLBOARD CHART ACTION
●BAMALAMA
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Belle Epoqueは、「Black is Black」(1977)、「Miss Broadway」(1977)の世界的ヒットで知られるフランスの黒人白人混成女性3人組ディスコ・グループ。1977年当時のメンバーはEvelyn VerrecchiaGiusy FortesMarzia Thear

このシングルは1977年にフランス・Carrereレーベルから発売されたセカンド・アルバム「Bamalama」からのシングル・カット。プロデュースはPrima Linea。アレンジはAlbert Weyman。ニューヨーク録音。

BAMALAMA
ムーグ・シンセサイザーを中心とした、プログレッシブなエレクトロ・ディスコ・ナンバー。エフェクト処理が殆ど施されていないために、かなりチープな音作りなのだが、それが逆に独特な雰囲気を醸し出している。

アルバムでは11分に及ぶロング・ディスコ・バージョンとなっており、これは前半部分のメイン・パートをエディットしたもの。

TASTE OF DESTRUCTION
Bamalama」のアルバム・バージョンの中盤で展開される、シンセサイザーを中心とするプログレッシブなインストゥルメンタル・パートをエディットしたもの。Giorgio Moroderのヒット曲「From Here To Eternity」(1977)で使用されているアルペジオ・ベースが出てくるのが面白い。
スポンサーサイト

THE PAPER DOLLS/GET DOWN BOY(1976)

2006.10.29.Sun.21:38
20061029211052.jpg


SIDE A...KM-002A

GET DOWN BOY
Time: 3:58
(H. & C. Miller)
Produced By Harvey Miller
Arranged & Conducted by Patrick Adams
Vocalist-The Paper Dolls

SIDE B...KM-002B

GET DOWN BOY Instrumental
Time: 3:23
(H. & C. Miller)
Produced By Harvey Miller
Arranged & Conducted by Patrick Adams

(P)1976 Tyson Records

BILLBOARD CHART ACTION
●GET DOWN BOY
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

The Paper Dollsは、ニューヨークを拠点に活動していたと思われる黒人女性3人組ソウル・ボーカル・グループ。ブロンクスのローカル・レーベルTysonに1976年から80年代にかけて数枚のシングルを残しているが、メンバーに関する詳細は一切不明。主な代表曲に「Get Down Boy」(1976)、「It's Gihin To Be Cornbread Time」(19??)

GET DOWN BOY
1976年にTysonから発売されたデビュー・シングル。レーベル・オーナーであり、ヘアースタイリストとしても活動していたHarvey Millerがプロデュース。アレンジはPatrick Adams。1980年にP&P系列のディスコ・レーベルHeavenly Starから12インチ・シングルが発売されている。

Patrick Adamsが手がけていたディスコ・プロジェクトCloud Oneのディスコ・ナンバー「Disco Juice」(1976)と同路線のアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバーで、フェイザー処理が施されたハイハットや効果的なストリングス、ムーグ・シンセサイザー、息の合った彼女たちのコーラスなど、とてもローカル・レーベルの作品とは思えない程、非常にハイ・クオリティーな仕上がりとなっている。

A面はボーカル・バージョン。ロング・バージョンの前半部分をエディットしたもの。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。ロング・バージョンの後半部分をエディットしたもの。

RINDER and LEWIS/LUST(1978)

2006.10.28.Sat.22:02
20061025214756.jpg


SIDE A...AVI-205-S

ENVY (ANIMAL FIRE)
Time: 3:39
(W. Michael Lewis & Laurin Rinder)
From The Album SEVEN DEADLY SINS
Producers: Lewis & Rinder-A RinLew Productions
Arranger: Lewis & Rinder

SIDE B...AVI-205-S

LUST
Time: 3:42
(W. Michael Lewis & Laurin Rinder)
From The Album SEVEN DEADLY SINS
Producers: Lewis & Rinder-A RinLew Productions
Arranger: Lewis & Rinder

(P)1978 AVI Records Dist.Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●ENVY (ANIMAL FIRE)
[POP # - /R&B # -/DISCO #8 (LP all cuts) ]

●LUST
[POP # - /R&B # -/DISCO #8 (LP all cuts) ]

Rinder and Lewisは、El CocoLe Pamplemousseなどのディスコ・プロジェクトの成功で知られるLaurin RinderW. Michael Lewisが手がけたディスコ・プロジェクト。「Seven Deadly Sins」(1978)、「Warriors」(1979)のアルバム・ヒットを持つ。

このシングルは1978年にAVIレーベルから発売されたファースト・アルバム「Seven Deadly Sins」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはLaurin RinderW. Michael Lewis

ENVY(ANIMAL FIRE)
El Coco名義でのディスコ・ヒット「Cocomotion」(1977)を思わせるアップテンポのディスコ・ナンバー。

LUST
ロフト/ガラージ・クラシックとして知られるアンビエント系エレクトロ・ディスコ・チューン。ディープ・ハウスにも繋がる、独特な世界観を持ったインストゥルメンタル・ナンバーで、世界中の有名DJがフェイバリットに挙げるなど、再評価されている作品。

JOE SIMON/LOVE VIBRATION(1978)

2006.10.27.Fri.23:46
20061025214744.jpg


SIDE A...SP 190

LOVE VIBRATION
Time: 3:09
(T, Randazzo-J. Simon)
Arranged by Lester Snell
Produced by Norman Harris for the Harris Machine
and Joe Simon

SIDE AA...SP 190 DISCO

LOVE VIBRATION (DISCO VERSION)
Time: 4:14
(T, Randazzo-J. Simon)
Arranged by Lester Snell
Produced by Norman Harris for the Harris Machine
and Joe Simon

(P)1978 Polydor Incoporated/Spring Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE VIBRATION
[POP # - /R&B #15 /DISCO # -]

Joe Simonは、1960年代から80年代にかけて数多くのヒット曲で一世を風靡した黒人男性ボーカリスト。独特のテナー/バリトン・ヴォイスを駆使し、サザン・ソウル、R&B、バラード、ディスコ、カントリーまで幅広いジャンルのヒット曲を放った。主な大ヒット曲に「Drowning In The Sea of Love」「Power Of Love」(1972)、「Get Down, Get Down (Get On The Floor & Let the Good Times Roll)」(1975)など多数。

LOVE VIBRATION
1978年にSpring/Polydorから発売されたアルバム「Love Viberation」からのシングル・カット。プロデュースはNorman HarrisJoe Simon。アレンジはLester Snell。フィリー録音。

Teddy RandazzoJoe Simonのペンによる作品で、エクスタシーたっぷりのセクシーなバリトン・ボイスで歌い上げる、セクシーなムードを持ったソウル・ディスコ・チューン。

A面はショート・バージョン。アルバム・バージョンとは異なるシングル・ミックス。
B面はディスコ・バージョン。アルバム・バージョンをシングル用に短くエディットしたもの。曲の構成としてはこちらのバージョンがとても良い仕上がりで、後半のブレイク部分で聴かれるLarry Washingtonのコンガが良いアクセントとなっている。

TAANA GARDNER/WHEN YOU TOUCH ME(1979)

2006.10.26.Thu.21:33
20061025214820.jpg


SIDE A...WES 1222

WHEN YOU TOUCH ME
Time: 4:29
(Kenton Nix)
Produced By Kenton Nix for KENIX Productions
Arranged By Kenton Nix & Van Gibbs
MIX By Larry Levan

SIDE B...WES 1222

WORK THAT BODY
Time: 3:05
(Kenton Nix)
Produced By Kenton Nix for KENIX Productions
MIX By Larry Levan
Mastered By Jose Rodriguez

(P)1979 Westend

BILLBOARD CHART ACTION
●WHEN YOU TOUCH ME
[POP # - /R&B # -/DISCO #10]

●WORK THAT BODY
[POP # - /R&B # -/DISCO #10]

Taana Gardnerは、ディスコ・プロデューサーKenton Nixによって見出され、Larry Levanが殆どの作品でリミックスを手がけた事でも知られる黒人女性ボーカリスト。一時期はシーンから姿を消したものの、1990年代以降はハウス・ミュージックを中心にクラブ・ヒットを出すなど、現役で活躍している。主なヒット曲に「Work That Body」(1979)、「Heartbeat」(1981)、「I'm Comin'」(1998)など。

このシングルは1979年にWest Endから発売されたファースト・アルバム「Taana Gardner」からのシングル・カット。プロデュースはKenton Nix。リミックスはLarry Levan

WHEN YOU TOUCH ME
スローから始まり、アップテンポのディスコ・ビートに急展開する、アンダーグラウンドな雰囲気満載のアップテンポのディスコ・ナンバー。Larry Levanが「Diana Rossの「Love Hangover」のようなディスコ・ナンバーを作って欲しい」と、プロデューサーのKenton Nixに依頼して制作された、というエピソードがある。

WORK THAT BODY
彼女のデビュー・シングルとして発売されていた作品を再収録したもの。ニューヨークのアンダーグラウンドな雰囲気満載のアップリフティングなディスコ・ナンバーで、ニューヨークのディスコを中心に爆発的な大ヒットとなり、ディスコ/ガラージ・クラシックの名曲として人気の作品。

INNER LIFE/AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH(1981)

2006.10.25.Wed.22:16
20061025214807.jpg


SIDE A...S7 2145 DJ

AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH
Time: 3:55
(N. Ashford-V. Simpson)
(From The Salsoul L.P. SA 8543 "Inner Life")
Produced By Patrick Adams And Greg Carmichael
Arranged By Patrick Adams
MIX By Larry Levan

SIDE B...S7 2145 DJ

AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH
Time: 4:42
(N. Ashford-V. Simpson)
(From The Salsoul L.P. SA 8543 "Inner Life")
Produced By Patrick Adams And Greg Carmichael
Arranged By Patrick Adams
MIX By Larry Levan

(P)1981 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH
[POP # - /R&B # -/DISCO #20 ]

Inner Lifeは、ニューヨークのディスコ・プロデューサーGreg CarmichaelPatrick Adamsが手がけたディスコ・プロジェクト。メイン・ボーカルはJocelyn BrownPreludeから1枚、Salsoulから2枚のアルバムを発表し、彼らのディスコ・プロジェクトの中でも比較的息の長い活動を行っている。主なヒット曲に「I'm Caught Up (In A One Night Love Affair) 」(1979)、「Ain't No Mountain High Enough」(1981)、「Moment Of My Life」(1982)など。

AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH
1981年にSalsoulから発売されたセカンド・アルバム「Inner Life」からのファースト・シングル。プロデュースはPatrick AdamsGreg Carmichael。リミックスはLarry Levan

Ashford & Simpsonが書き、Marvin Gaye & Tammi TerrellDiana Rossの名唱で知られるソウル・シンフォニーの傑作を、ニューヨーク流のファッショナブルなディスコ・サウンドでリメイクしたもの。同時期にサンフランシスコのディスコ・グループThe Boys Town Gangとの競作になったが、こちらはJocelyn Brownのソウルフルなボーカルをフューチャーし、非常にオリジナリティ溢れるハイセンスな仕上がりとなっている。

この7インチ・バージョンは、12インチ・バージョンをエディットしたもので、A面はショート・エディット、B面はロング・エディットとなっている。

※東芝EMI、Salsoul/Suss'dレーベルから発売されたコンピやベスト盤には「RADIO EDIT」と称したショートバージョンが収録されているが、これは東芝EMIがプロモーション用に独自にエディットしたもので、オリジナル・シングル・バージョンではない。

LORRAINE JOHNSON/FEED THE FLAME(1978)

2006.10.23.Mon.23:55
20061015225512.jpg


SIDE A...PRL 71113

FEED THE FLAME
Time: 4:48
(Jesse Boyce)
Produced by Moses Dillard & Jesse Boyce
for Dillard & Boyce Productions, inc.

SIDE B...PRL 71113

WHO DO YOU THINK YOU'RE FOOLING
Time: 4:27
(Bob L. House and Hoy Lindsey)
Produced by Moses Dillard & Jesse Boyce
for Dillard & Boyce Productions, inc.

(P)1978 Prelude Records

BILLBOARD CHART ACTION
●FEED THE FLAME
[POP # - /R&B # -/DISCO #11 ]

Lorraine Johnsonは、1960年代から80年代にかけてサザン・ソウル/ディスコ・シーンで活動していた黒人女性ソウル・シンガー。バック・グラウンドにある、ゴスペルで鍛え上げられたパワフルな歌唱力には定評があり、サザン・ソウルの名盤が数多くある。一時期Bill Brandonとも活動していた。「Feed The Flame」(1978)が唯一のチャート・ヒット。

このシングルは1978年にPreludeから発売されたアルバム「Learning to Dance All Over Again」からのカット。プロデュースはMoses DillardJesse Boyce

FEED THE FLAME
彼女最大のディスコ・ヒットであり、唯一のチャート・ヒット曲。非常にキャッチーなメロディー・ラインを持ったハイ・テンションかつアップ・リフティングなディスコ・ナンバー。

WHO DO YOU THINK YOU'RE FOOLING
アルバムのラストに収められていたミディアム・テンポのファンク・チューン。

PHREEK/WEEKEND(1978)

2006.10.21.Sat.00:08
20061013205852.jpg


SIDE A...7-89860 STEREO(Promotion Copy)

WEEKEND
Time: 3:42
(Leroy Burgess & James Calloway)
Vocal: Christie Shire
Produced and Arranged by Patrick Adams and Leroy Burgess
for Patrick Adams Productions,Inc.
From Atlantic LP 19213
"PATRICK ADAMS PRESENTS PHREEK"

SIDE A...7-89860 MONO(Promotion Copy)

WEEKEND
Time: 3:42
(Leroy Burgess & James Calloway)
Vocal: Christie Shire
Produced and Arranged by Patrick Adams and Leroy Burgess
for Patrick Adams Productions,Inc.
From Atlantic LP 19213
"PATRICK ADAMS PRESENTS PHREEK"

(P)1978 Atlantic Recording Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●WEEKEND
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Phreekは、ディスコ・プロデューサーとして活躍していたPatrick AdamsLeroy Burgessが手がけたディスコ・プロジェクト。メイン・ボーカルはChristie ShireLeroy BurgessDonna McGhee。「Weekend」(1978)のディスコ・ヒットで知られる。

WEEKEND
1978年にAtlanticから発売されたアルバム「Patrick Adams Presents Phreek」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはPatrick AdamsLeroy Burgess。リード・ボーカルはChristie Shire

Leroy BurgessJames Callowayのペンによるアップ・テンポのパーティー・ディスコ・チューンで、Class ActionTodd Terryなど、数多くのアーティストによってカヴァーされ続けているガラージ/ディスコ・クラシックの名曲。

このシングル・バージョンは、12インチ・シングル収録のリミックス・バージョンをエディットしたもの。

BUNNY SIGLER/BY THE WAY YOU DANCE(I Knew It Was You)(1979)

2006.10.20.Fri.01:26
20061015225450.jpg


SIDE A...G7 4018

BY THE WAY YOU DANCE(I Knew It Was You)
Time: 3:07
(L. Davis-D. Richardson-G. Bell)
Produced By Bunny Sigler For Bundino Productions
Executive Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre
"A TOM MOULTON MIX"
From The Gold Mind L.P. GA 9503 "I've Always Wanted To Sing"

SIDE B...G7 4018

GLAD TO BE YOUR LOVER
Time: 4:40
(B. Sigler-P. Hurt)
Produced By Bunny Sigler For Bundino Productions
Executive Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre
From The Gold Mind L.P. GA 9503 "I've Always Wanted To Sing"

(P)1979 Gold Mind Records

BILLBOARD CHART ACTION
●BY THE WAY YOU DANCE(I Knew It Was You)
[POP # - /R&B #37 /DISCO #16 ]

Bunny Siglerは、60年代から80年代にかけて活躍したフィラデルフィア出身の黒人男性ソウル・シンガー、コンポーザー、プロデューサー。コンポーザー、プロデューサーとして数多くのアーティストのヒット曲を手がけた実績でも知られ、フィリー・ソウルの立役者、大御所の一人として君臨した。主なヒット曲に「Let The Good Times Roll & Feel So Good」(1967)、「Let Me Party With You(Party, Party, Party)」(1977)、「Only You」(1978)(With Loleatta Holloway)など多数。

このシングルは1979年にGold Mindから発売されたアルバム「I've Always Wanted To Sing ... Not Just Write Songs」からのファースト・シングル。プロデュースはBunny Sigler。演奏はInstant Funk

BY THE WAY YOU DANCE(I Knew It Was You)
Instant Funkのメンバーのペンによる、ピーク・タイム向きのアップ・リフティングなディスコ・ナンバー。Larry Levanがヘビー・プレイしていた事からガラージ・クラシックとしても知られる作品。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・シングルとも異なるシングル・ミックス。

GLAD TO BE YOUR LOVER
Phil HurttBunny Siglerのペンによるアップ・テンポのポップ・ディスコ・チューン。

PINK LADY/DANCING IN THE HALLS OF LOVE(1979)

2006.10.19.Thu.00:43
20061019001553.jpg


SIDE A...E-46524-A STEREO(FOR RADIO STATION USE ONLY)

DANCING IN THE HALLS OF LOVE
Time: 3:01(Intro: 22,Close: Fade)
(Billy Alessi/Bobby Alessi)
Produced and Engineered by Michael Lloyd
Arranged by John D'Andrea
From Their Album"Pink Lady"

SIDE A...E-46524-A MONO(FOR RADIO STATION USE ONLY)

DANCING IN THE HALLS OF LOVE
Time: 3:01(Intro: 22,Close: Fade)
(Billy Alessi/Bobby Alessi)
Produced and Engineered by Michael Lloyd
Arranged by John D'Andrea
From Their Album"Pink Lady"

(P)1979 Elektra/Curb Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DANCING IN THE HALLS OF LOVE
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Pink Ladyは、「ペッパー警部」(1976)、「ウォンテッド(指名手配)」「UFO」(1977)などの大ヒットで一世を風靡した日本の女性2人組ボーカル・グループ。 メンバーはMie根本美鶴代)とKei(増田惠子)。海外では「Kiss In The Dark」(1979)の全米Top40ヒットやTV番組「Pink Lady & Jeff」への出演で知られる。

DANCING IN THE HALLS OF LOVE
1979年にElektra/Curbから全米発売されたアルバム「Pink Lady」からのセカンド・シングル。プロデュースはMichael Lloyd。アレンジはJohn D'Andrea

アメリカの白人男性ポップ・ボーカル・デュオAlessiが発表したシングル曲のカバー。オリジナルはAOR寄りの軽いディスコ調の曲だったが、ここではビートの効いた、ミディアムアップテンポのお洒落なディスコ・ナンバーに仕上がっている。

このシングル・バージョンはアルバム・テイクのイントロをエディットしたもの。

THE SUPREMES/LET YOURSELF GO(1976)

2006.10.18.Wed.00:35
20061015225526.jpg


SIDE A...M 1415F

LET YOURSELF GO
Time: 3:17
(B. Holland-E. Holland-H. Beatty)
Produced by Brian Holland for Holland-Dozier-Holland Productions,Inc
Arranged by James Carmichael
In Album "Mary, Sherrie & Susaye"M6-873S1

SIDE B...M 1415F

YOU ARE THE HEART OF ME
Time: 4:15
(M.L. Smith-E. Holland)
Produced by Brian Holland for Holland-Dozier-Holland Productions,Inc
Arranged by Dale O. Warren
In Album "Mary, Sherrie & Susaye"M6-873S1

(P)1976 Motown Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●LET YOURSELF GO
[POP # - /R&B # 83 /DISCO # 5 ]

The Supremesは、Diana Rossが在籍していた60年代を中心に数多くのナンバー・ワン・ヒットを放ち、世界を代表するポップ・グループとして君臨した黒人女性3人組ボーカル・グループ。何度かメンバー・チェンジが行われているが、1976年当時のメンバーはMary WilsonScherrie PayneSusaye Greene

このシングルは1976年にMotownから発売されたラスト・アルバム「Mary, Sherrie & Susaye」からのシングル・カット。 プロデュースはBrian Holland。チャート上における実質的なラスト・シングル。

LET YOURSELF GO
グッとくる良いメロディーが乗ったアップ・テンポのポップ・ディスコ・チューン。当時はアルバム・カットで全米のディスコを中心に大ヒットを記録したが、残念ながらポップ・チャートで返り咲く事が出来ず、この曲を最後にシーンから姿を消す事となった。

YOU ARE THE HEART OF ME
少しセクシーなムードのハート・ウォーミングなスロー・ナンバー。。

THE 5TH DIMENSION/LOVE HANGOVER(1976

2006.10.17.Tue.01:58
20061017010021.jpg


SIDE A...ABC-12181

LOVE HANGOVER
Time: 3:40
(P. Sawyer/M. Mcleod)
Produced By Marc Gordon

SIDE B...ABC-12181

WILL YOU BE THERE
Time: 3:32
(C.R. Cason)
Produced By Marc Gordon

(P)1976 ABC Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE HANGOVER
[POP #80 /R&B #39 /DISCO # -]

The 5th Dimensionは、60年代後半から70年代前半にかけて、非常に洗練された楽曲と美しいコーラス・ワークで一世を風靡した黒人男女混声5人組ポップ・ボーカル・グループ。Billy Davis, Jr.Marilyn McCooが在籍していた事でも知られる。主な大ヒット曲に「Up, Up, and Away」(1967)、「Aquarius/Let the Sunshine In」「Wedding Bell Blues」(1969)など多数。

このシングルは1976年にABC移籍第1弾として発売されたシングル。プロデュースはMarc Gordon。当時のメンバーは、Florence LaRueLamonte McLemoreRon TownsonDanny BeardMarjorie Barnes

LOVE HANGOVER
Diana Rossが同年に放った全米ナンバー・ワン・ヒット曲として有名なディスコ/ソウル・ナンバーのオリジナル・バージョン。アレンジはDiana盤と殆ど変わりがないものの、リード・ボーカルのFlorence LaRueによるセクシーな吐息まじりの歌唱が印象的な、セクシー度が高めのバージョンとなっている。

熱心なファンはCD化を強く望んでいるが、権利関係が複雑なのか未だ実現に至っていない。

WILL YOU BE THERE
往来の彼らのスタイルに近い、ミディアム・テンポのソウル・ナンバー。

YELLOW MAGIC Orchestra/COMPUTER GAME"Theme From The Circus"(1979)

2006.10.16.Mon.14:54
20061015225500.jpg


SIDE A...HZ-127-S(Promotion Copy)

COMPUTER GAME "Theme From The Circus"
(EDITED VERSION)

Time: 3:52
(H. Hosono, Y. Takahashi, R. Sakamoto)
Produced by Harry Hosono
Arranged by YELLOW MAGIC Orchestra
(From The Horizon Album"YELLOW MAGIC Orchestra"SP-736)

SIDE A...HZ-127(Promotion Copy)

COMPUTER GAME "Theme From The Circus"
(EDITED VERSION)

Time: 3:52
(H. Hosono, Y. Takahashi, R. Sakamoto)
Produced by Harry Hosono
Arranged by YELLOW MAGIC Orchestra
(From The Horizon Album"YELLOW MAGIC Orchestra"SP-736)

(P)1979 Horizon Music:Record and Tapes./A&M Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●COMPUTER GAME"Theme From The Circus"
[POP # 60 /R&B # 18 /DISCO # 42 ]

Yellow Magic Orchestra(Y.M.O.)は、日本を代表するニューウェイブ/テクノ・ディスコ・バンド。メンバーは細野晴臣高橋幸宏坂本龍一。日本でけでなく、イギリスを始めとするヨーロッパのニューウェイブ、テクノ・ディスコ・シーンに多大な影響を与えた。主なヒット曲に「Computer Game "Theme From The Circus"」「Yellow Magic(Tong Poo)」(1979)、「Rydeen」「Technopolis」「Behind The Mask」(1980)など。

このシングルは1979年にA&M傘下Horizonから全米発売されたファースト・アルバム「Yellow Magic Orchestra」からのシングル・カット。プロデュースはHarry Hosono(細野晴臣)。

COMPUTER GAME "Theme From The Circus"
Martin Dennyが1959年に放ったヒット曲「Fire Cracer」をディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。全米ではディスコを中心にヒットとなり、日本人で初めてビルボード・ディスコ・チャートにランク・インする快挙を成し遂げた。当時からGrandmaster Flashのフェイバリット・ナンバーとしても知られ、多種多様なリミックス・バージョンが制作され、ブート盤が出回るなど、近年のハウス・シーン、クラブ・シーンでも高く評価されている。

THE SALSOUL ORCHESTRA featuring vocalist LOLEATTA HOLLOWAY/RUN AWAY(1977)

2006.10.14.Sat.23:02
20061010134446.jpg


SIDE A...SZ-2045

RUN AWAY
Time: 2:50
(R. James-V. Montana-J. Gugliuzza)
Produced,Arranged And Conducted By Vincent Montana,Jr.
Executive Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

SIDE B...SZ-2045

RUN AWAY(ALBUM VERSION)
Time: 4:44
(R. James-V. Montana-J. Gugliuzza)
Produced,Arranged And Conducted By Vincent Montana,Jr.
Executive Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

(P)1977 Salsoul MUSIC CORP.

BILLBOARD CHART ACTION
●RUN AWAY
[POP # - /R&B #84 /DISCO # 3 ]

The Salsoul Orchestraは、プロデューサー、ソングライター、アレンジャーとして活躍していたヴァイヴ奏者のVincent Montana,Jr.が、「TSOP(The Sound Of Philadelphia)」(1973)の大ヒットで有名なMFSBの主力メンバーを引き抜いて結成したディスコ・オーケストラ。彼らが所属するSalsoul Recordsの看板アーティストとして活躍し、数多くのヒットを放った。

RUN AWAY
1977年にSalsoulから発売されたアルバム「Magic Journey」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはVincent Montana, Jr.。リード・ボーカルはLoleatta Holloway

Salsoul OrchestraLoleatta Hollowayの代表曲、クラブ・アンセムとして定番として高い人気を誇り、世界的に大ヒットしたNewyorican Soulによるカバー・バージョンでもお馴染みの作品。Vincent Montana Jr.のテクニカルなヴァイブ・プレイとLoleatta Hollowayの表情豊かなヴォーカルが楽しめるメロディアスなディスコ・ナンバー。

A面はアルバム・バージョンを途中でフェイド・アウトしたショート・バージョン。
B面はアルバム・バージョン。

RONNIE LAWS AND PRESSURE/ALWAYS THERE(1975)

2006.10.12.Thu.23:54
20061012232634.jpg


BN-XW738-Y (PROMO) STEREO

ALWAYS THERE
Time 3:20(Intro :17)
(R. Laws/W. Jeffery)
From The Blue Note LP "Pressure Sensitive"
BN-LA452-G
Produced by Wayne Henderson for At Home Production

BN-XW738-Y (PROMO) MONO

ALWAYS THERE
Time 3:20(Intro :17)
(R. Laws/W. Jeffery)
From The Blue Note LP "Pressure Sensitive"
BN-LA452-G
Produced by Wayne Henderson for At Home Production

(P)1975 Blue Note/United Artists Music And Records Group,Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●ALWAYS THERE
[POP # - /R&B #45 /DISCO # -]

Ronnie Lawsは、Earth,Wind & Fireのメンバーとして在籍していた事でも知られる黒人男性ジャズ・サックス・プレイヤー。兄はHubert Laws、姉にEloise Laws、妹はDebra Laws。主なヒット曲に「Always There」(1975)など。

ALWAYS THERE
1975年にBlue Note/United Artistsから発売されたアルバム「Pressure Sensitive」からのシングル・カット。プロデュースはWayne Henderson

彼の持ち味であるファンキーで太いサックスのサウンドが炸裂するジャズ・ファンキッシュなダンス・ナンバーで、Side EffectIncogniteによるカバー・バージョンもヒットし、現代のクラブ・シーンでも人気が高い作品。

このシングル・バージョンは、アルバムとは異なるシングル・ミックスとなっており音の配置が良くなっている。

BUMBLEBEE UNLIMITED/LADY BUG(1978)

2006.10.12.Thu.22:47
20061010134405.jpg


SIDE 1...RG-218

LADY BUG
Time: 4:20
(G. Carmichael, P. Adams, C. Truss)
Prod. by Greg Carmichael & Patrick Adams
Arr. by Patrick Adams

SIDE 2...RG-218

LADY BUG
Time: 4:20
(G. Carmichael, P. Adams, C. Truss)
Prod. by Greg Carmichael & Patrick Adams
Arr. by Patrick Adams

(P)1978 Red Greg Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LADY BUG
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Bumblebee Unlimitedは、ニューヨークを拠点に活動していたディスコ・プロデューサーGreg CarmichaelPatrick Adamsが手がけたディスコ・プロジェクト。ボーカルはGreg CarmichaelLeroy BurgessDonna McGhee。テープ・スピードを落としてボーカルを録音し、虫声にしてしまうという手法が斬新だった。主なヒット曲に「Love Bug」(1976)、「Lady Bug」(1978)、「I Got A Big Bee」(1979)など。

●LADY BUG
1978年にRed Gregから発売された通算3枚目のシングル。プロデュースはGreg CarmichaelPatrick Adams。翌1979年にRCAから発売されたアルバム「Sting Like A Bee」収録。

1976年に放ったデビュー曲「Love Bug」と殆ど同路線のアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。ニューヨークのディスコを中心に話題となり、メジャー・レーベルRCAが全米発売権を獲得。翌1979年にLarry Levanによるリミックスが収録された12インチ・シングルと、この曲を含むアルバム「Sting Like A Bee」が全米発売された。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・シングルとも異なるオリジナル・ミックス。A面、B面共に同テイクが収録されている。

LOLEATTA HOLLOWAY/DREAMIN'(1976)

2006.10.11.Wed.23:01
20061010134422.jpg


SIDE A...GM-4000

WORN OUT BROKEN HEART
Time:3:27
(Sam Dees/Sandra Drayton)
Produced By Floyd Smith
Arranged By Tom Washington
Exec. Prod. Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

SIDE B...GM-4000

DREAMIN'
Time:3:05
(Allan Felder/Norman Harris/Ron Tyson)
Produced By Baker/Harris & Young
Arranged By T.G. Conway
Exec. Prod. Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

(P)1976 Gold Mind Records

BILLBOARD CHART ACTION
●WORN OUT BROKEN HEART
[POP # - /R&B #25 /DISCO # -]

●DREAMIN'
[POP #72 /R&B # -/DISCO #3 ]

Loleatta Hollowayは、Jocelyn BrownMartha Washらと共に、「世界最高のクラブ・ディーバ」として君臨する黒人女性ボーカリスト。1960年代はゴスペル・グループThe Caravansのメンバーとして活躍し、ソロへ転向後しばらくはサザンソウルテイスト溢れるバラードを数多く発表していたが、1976年にディスコ路線へ転向。現在に至るまでに数多くのディスコ・ヒット、クラブ・ヒットを放っている。 主な大ヒット曲に「Cry To Me」(1975)、「Dreamin'」(1976)、「Love Sensation」(1980)、「Good Vibrations」(1991)など多数。

このシングルは1976年にNorman Harrisが設立したGold Mind Recordsから発売された第1弾シングル。同年発売のアルバム「Loleatta」収録。

WORN OUT BROKEN HEART
1975年に放った大ヒット曲「Cry To Me」の作者Sam Deesのペンによる壮大なソウル・バラード。プロデュースは彼女の夫・Floyd Smith。アレンジはTom WashingtonTom Tom 84)。シカゴ録音。

DREAMIN'
フィラデルフィア・ソウルを代表するソングライターAllan FelderNorman HarrisRon Tysonのペンによる、ミディアム・テンポのメロディアスなポップ・ディスコ・チューン。プロデュースはBaker/Harris/Young。アレンジはT.G. Conway。演奏はSalsoul Orchestra。フィリー録音。

シングルのB面だったにも関わらず、全米のディスコ、ラジオ・ステーションから火がつき、見事ポップ部門でスマッシュ・ヒットを記録。ソウル・シンガーからディスコ・クイーンへと転身するターニング・ポイントとなったイントとなった。

INNER LIFE/I'M CAUGHT UP (In A One Night Love Affair)(1979)

2006.10.10.Tue.20:27
20061010134433.jpg


SIDE A...PRL 8004 A

I'M CAUGHT UP (In A One Night Love Affair)
Time: 4:14
(P. Adams, T Gonzalez)
Produced & Arranged by Patrick Adams
for Patrick Adams Production, Inc

SIDE B...PRL 8004 A

I'M CAUGHT UP (In A One Night Love Affair)
Time: 3:18
(P. Adams, T Gonzalez)
Produced & Arranged by Patrick Adams
for Patrick Adams Production, Inc

(P)1979 Prelude Records

BILLBOARD CHART ACTION
●I'M CAUGHT UP(In A One Night Love Affair)
[POP # - /R&B #22 /DISCO #7 ]

Inner Lifeは、ニューヨークのディスコ・プロデューサーGreg CarmichaelPatrick Adamsが手がけたディスコ・プロジェクト。メイン・ボーカルはJocelyn BrownPreludeから1枚、Salsoulから2枚のアルバムを発表し、彼らのディスコ・プロジェクトの中でも比較的息の長い活動を行っている。主なヒット曲に「I'm Caught Up (In A One Night Love Affair) 」(1979)、「Ain't No Mountain High Enough」(1981)、「Moment Of My Life」(1982)など。

I'M CAUGHT UP (In A One Night Love Affair)
1979年にPreludeから発売されたファースト・アルバム「I'm Caught Up (In A One Night Love Affair)」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはPatrick Adams。元々は1978年にTCTから"Life"名義で発売されたもの。

Terri GonzalesPatrick Adamsのペンによる非常にメロディアスなディスコ・ナンバーで、ニューヨーク・ディスコ・クラシックを代表する名曲として高い人気を誇る作品。リード・ボーカルを務めるJocelyn Brownがダンス・ディーヴァとして君臨するターニング・ポイントとなった作品でもある。

A面はロング・エディット。
B面はショート・エディット。
※このプロモ盤7インチ・シングルにはTCTレーベルから発売されたオリジナル・シングル・バージョンが収録されており、後にPreludeから一般発売されたシングル・バージョンとは異なるエディットとなっている。

※元々は作者の一人である黒人女性ボーカリストTerri Gonzalesのボーカルでレコーディングされ、彼女のソロ作品として発売する予定だったが、それをGreg Carmichaelが無断でJocelyn Brownのボーカルに差し替えた上、Preludeレーベルに権利を売却した事から訴訟問題に発展した。



D. D. SOUND / CAFE (1979)

2006.10.10.Tue.15:00
20061010134346.jpg


SIDE A...6.12 493

CAFE(Vocal)
Time: 4:00
(A. & C. La Bionda-Ricanek-James)
Exective A. & C. La Bionda
Produced By Baby Records

SIDE B...6.12 493

BACK STREET BABY
Time: 3:58
(A. & C. La Bionda-James)
Exective A. & C. La Bionda
Produced By Baby Records

(P)1978,1979 Decca(Germany)

BILLBOARD CHART ACTION
●CAFE
[POP # - /R&B # -/DISCO #41 ]

D. D. Soundは、イタリア人プロデューサーCarmelo La BiondaAngelo La Biondaが手がけたディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはCarmelo La Bionda。グループ名の”D. D.”は”Disco Delivery”の略称。主なヒット曲に「Burning Love」「1-2-3-4 Gimme Some More」(1977)、「Cafe」(1978)など。

このシングルは1978年にイタリア・Babyから発売されたサード・アルバム「Cafe」からのシングル・カット。ドイツ・ミュンヘン録音。

CAFE
Cafe、Cafe、Cafe....」というタイトルの連呼部分が強いインパクトを残す、サンバのリズムを取り入れたラテン・タッチのアッパーなディスコ・ナンバー。本国イタリアでは当初「She's Not Disco Lady」のB面だったが、急遽A面に差し替えて再発売。その後、ヨーロッパ、日本、アメリカでもシングル・カットされヒットした。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンをエディットしたもの。

BACK STREET BABY
アルバムB面トップに納められていたハッスル・タイプのゆったりしたディスコ・ナンバー。インパクトはやや薄め。

GRACE JONES/LA VIE EN ROSE(1977)

2006.10.09.Mon.16:28
20061009155242.jpg


SIDE 1...11636 AT

LA VIE EN ROSE
(Piaf/Louigny)
Produced By Tom Moulton,
For Beam Junction Productions

SIDE 2...11636 AT

I NEED A MAN
(Slade/Papadiamond)
Produced By Tom Moulton,
For Beam Junction Productions

(C)+(P)1977 Island Records(Holland)

BILLBOARD CHART ACTION
●LA VIE EN ROSE
[POP # - /R&B # -/DISCO #10 ]

●I NEED A MAN
[POP #83 /R&B # -/DISCO #1]

Grace Jonesはジャマイカ・スパニッシュタウン出身の黒人女性ファッション・モデル、女優、ボーカリスト。「アンドロイド」とも称される奇抜なルックスや、大ヒット映画「A View To A Kill(007/美しき獲物たち)」、「Conan the destroyer(キング・オブ・デストロイヤー/コナンpart2)」での怪演はあまりにも有名。歌手としてもニューウェイブ/レゲエ・シーンを代表するアーティストの一人として成功を収めた。

このシングルは1977年にIslandから発売されたファースト・アルバム「Portfolio」からのカット。プロデュース、リミックスはTom Moulton

LA VIE EN ROSE
フランスの国民的歌手として有名なEdith Piafが1946年に大ヒットさせたシャンソンの名曲を、軽いディスコ・タッチのアレンジでリメイクしたもの。アレンジはDuke Williams。 発売当時、アメリカでは全くヒットしなかったが、ヨーロッパ、日本を中心に大ヒット。彼女のシンガーとしての魅力がクローズ・アップされ、世界的スターへと躍進するターニング・ポイントとなった。

I NEED A MAN
1975年にフランス・Orfeus、1977年にアメリカ・Beam Junctionから発売された、彼女の実質的な歌手デビュー曲。アレンジはGérard Salesses。フランス人ソングライターPierre PapadiamandisPaul Sladeのペンによる、どこかシャンソン風のレトロな曲調を持ったアップテンポのディスコ・ナンバー。全米ディスコ・チャ-トでナンバー・ワンを記録する大ヒットとなった。

CREME D' COCOA/DOIN' THE DOG(1979)

2006.10.09.Mon.15:50
20061009153133.jpg


SIDE A...V-112

DOIN' THE DOG
Time: 3:50
(T. Camillo-C. Barker)
Produced by: Tony Camillo & Cecile Barker for CB Productions
Arranged & Conducted by: Tony Camillo
Recorded & Mixed at: Venture Sound Studios
Engeneers: J. Rabouin, D. Domanich & H. Borysewics

SIDE B...V-112

DOIN' THE DOG(Instrumental)
Time: 3:50
(T. Camillo-C. Barker)
Produced by: Tony Camillo & Cecile Barker for CB Productions
Arranged & Conducted by:Tony Camillo
Recorded & Mixed at: Venture Sound Studios
Engeneers: J. Rabouin, D. Domanich & H. Borysewics

(P)&(C) 1979 Venture Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DOIN' THE DOG
[POP # - /R&B # 30 /DISCO # -]

Creme D' Cocoaは、初期のフィリー・ソウル・シーンを代表する二つのコーラス・グループThe EbonysThe Ambassadorsのメンバーで結成された黒人男女4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはJennifer HolmesHerley Johnson, JrOrlando OliphantBobby Todd。主なヒット曲に「Mr. Me, Mrs. You」(1978)、「Doin' The Dog」(1979)など。

DOIN' THE DOG
1979年にVentureから発売されたセカンド・アルバム「Nasty Street」からのシングル・カット。プロデュースは数々のソウル・グループ、シンガーを手がけたヒット・メイカーTony CamilloCecile Barker。アレンジはTony Camillo

Chicを強く意識した作りで、Sister Sledgeの大ヒット・ナンバー「He's The Greatest Dancer」と良く似たタイプのクールなディスコ・ナンバー。こちらも負けず劣らずの完成度の高い仕上がりとなっている。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・シングルとも異なるシングル・ミックス。
A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。7インチ・シングルにのみ収録。


ROBERTA KELLY/TROUBLE-MAKER(1976)

2006.10.08.Sun.00:04
20061007234200.jpg


SIDE A...OC 407 STEREO(Promotional Copy)

TROUBLE-MAKER
Time: 3:59
(Moroder/Bellotte)
Complete Version on the Oasis LP
"TROUBLE-MAKER" OCLP 5005
Produced by Giorgio Moroder & Pete Bellote
for SAY YES PRODUCTIONS

SIDE A...OC 407 MONO(Promotional Copy)

TROUBLE-MAKER
Time: 3:59
(Moroder/Bellotte)
Complete Version on the Oasis LP
"TROUBLE-MAKER" OCLP 5005
Produced by Giorgio Moroder & Pete Bellote
for SAY YES PRODUCTIONS

(P)1976 Oasis/casablanca Records

BILLBOARD CHART ACTION
●TROUBLE-MAKER
[POP # - /R&B # -/DISCO #1]

Roberta Kellyは、「Trouble-Maker」(1976)や「Zodiacs」(1977)などのディスコ・ヒットで知られるドイツの黒人女性ボーカリスト。1973年頃、Giorgio Moroderによって見出され、「Kung-Fu Is Back Again(Part 1)」(1974)でデビュー。Silver Conventionの初期メンバーだった事でも知られる。

TROUBLE-MAKER
1976年にCasablanca/Oasisから発売されたファースト・アルバム「Trouble-Maker」からのシングル・カット。プロデュースはGiorgio MoroderPete Bellote

単純で憶えやすいコーラスとミニマルなインストゥルメンタルを中心に展開されるSilver Convention風のアッパーなディスコ・ナンバー。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。