スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TONY VALOR SOUNDS ORCHESTRA/LOVE HAS COME MY WAY(1978)

2006.11.30.Thu.22:07
20061108215359.jpg


SIDE A...PAULA 432/SL 2863 DJ

LOVE HAS COME MY WAY
Time: 3:09
(Tony Valor)
Produced by Tony Valor
Produced for T.N.T. Productions T. Valor and T. Moulton
Arranged by S. Robbins & T. Valor
"A JIM BURGESS MIX"
Mastering Jose Rodriguez
Special Thanks To Carol Williams
From Paula LPS 2235

SIDE B...PAULA 432/SL 2864

OPUS 22(Instrumental)
Time: 3:37
(Tony Valor)
Produced by Tony Valor
Produced for T.N.T. Productions T. Valor and T. Moulton
Arranged by S. Robbins & T. Valor
"A JIM BURGESS MIX"
Mastering Jose Rodriguez
From Paula LPS 2235

(P)1978 Paula Record Corp

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE HAS COME MY WAY
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Tony Valor Sounds Orchestraは、Maryann Farra & Satin SoulFantasyなどを手がけたディスコ・プロデューサーTony Valor自身のディスコ・プロジェクト。主な代表曲に「Gotta Get It」、「Ma-Mo-Ah」(1976)、「Love Has Come My Way」(1978)。

このシングルは1978年にPaulaから発売されたセカンド・アルバム「Love Has Come My Way」からのカット。プロデュースはTony Valor

LOVE HAS COME MY WAY
Love Is You」(1976)のディスコ・ヒットで知られるCarol Williamsのボーカルをフィーチャーしたアップテンポのディスコ・ナンバー。フィリー・ソウル直系のゴージャスなオーケストレーションに、Tony ValorによるBarry White風の渋いボーカルと、Carol Williamsによるセクシーなボーカルが絡む、ドリーミーでスウィートなディスコ・ミュージック。

OPUS 22(Instrumental)
チョッパー気味のベースが印象的なミディアム・テンポのインストゥルメンタル・ナンバー。

スポンサーサイト

TRUSSEL/LOVE INJECTION(1979)

2006.11.30.Thu.01:04
20061127214609.jpg


SIDE A...E-46560-A

LOVE INJECTION
Time: 3:50
(Hannon Lane/Ronald Smith)
Produced by Allen Richardson and Fred Wesley
For Philadelphia Music Company, Inc.

SIDE B...E-46560-B

GONE FOR THE WEEKEND
Time: 4:23
(Robert Gray/Hannon Lane)
Produced by Fred Wesley For Philadelphia Music Company, Inc.
Exective Producer: Allen Richardson

(P)1979 Elektra Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE INJECTION
[POP # - /R&B #23 /DISCO #11]

Trusselは、ヴァージニア州立大学の学生仲間で結成された男性8人組ディスコ・ファンク・グループ。メンバーはRonald SmithMichael GrayLarry TynesBill McGeeHannon B. LaneH. Lorenzo MaclinLenwood JonesMichael Spratley。「Love Injection」(1979)のディスコ・ヒットで知られる。

LOVE INJECTION
彼らのデビュー曲であり最大のヒット・ナンバー。Larry Levanがヘビー・プレイしたガラージ・クラシックとしても有名な作品で、同時期にヒットを飛ばしていたChicG.Q.あたりを思わせる、都会的で洗練されたファンク感覚を持ったディスコ・ナンバー。「愛の浣腸」という卑猥なタイトル通り、ゲイのセックスを仄めかす過激な内容となっている。特に後半のソリッドな男声コーラスと共に次々と転調を繰り返していく部分は圧巻。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンとは若干異なるシングル・ミックス。

GONE FOR THE WEEKEND
ミュンヘン・サウンド風の哀愁感漂うディスコ・ナンバー。サビのメロディーがとてもキャッチー。

STEVE BENDER/THE FINAL THING(1977)

2006.11.28.Tue.01:54
20061127214554.jpg


SIDE A...SN-1070

THE FINAL THING (Vocal Version)
Time: 4:28
(Bellotte, Forsey)
Produced by Pete Bellote

SIDE B...SN-1070

THE FINAL THING (Instrumental Version)
Time: 4:51
(Bellotte, Forsey)
Produced by Pete Bellote

(P)1977 London Records,Inc./Teldec Schallplatten GmbH

BILLBOARD CHART ACTION
●THE FINAL THING
[POP # - /R&B # -/DISCO #21 ]

Steve Benderは、「Dschinghis Khan」(1979)や「Moskau」(1979)などの大ヒット曲で一世を風靡したドイツのディスコ・グループDschinghis Khanのメンバーとして活躍したドイツ人男性ボーカリスト。トレード・マークはスキン・ヘッド。「The Final Thing」(1977)のディスコ・ヒットを持つ。

THE FINAL THING
Dschinghis Khan加入前の1977年にLondonから発売されたシングル。プロデュースはPete Bellotte。1978年にドイツ・Telefunkenから発売されたアルバム「We've Gotta Get Out Of This Place」収録。

Donna Summerなどを手がけたプロデューサーPete BellotteKeith Forseyのペンによるミディアム・スロー・テンポのファンキーなプログレッシブ・ディスコ・チューン。本国ドイツだけでなく全米のディスコでもスマッシュ・ヒットを記録した。

Joy Flemingによるカバー・バージョンが存在する。(プロデュースは同じくPete Bellotte)

A面はボーカル・バージョン。
B面はプログレッシブで変態的なムーグ・シンセ・ソロが印象的なインストゥルメンタル・バージョン。

ARABESQUE/FRIDAY NIGHT(1978)

2006.11.27.Mon.23:02
20061127214525.jpg


Seite 1...1 C 006-45 059 A

FRIDAY NIGHT
Time: 4:14
(M:Jean Frankfurter/T:John Moring/Arr:Jean Frankfurter)

Seite 2...1 C 006-45 059 A

SOMEONE IS WAITING FOR YOU
Time: 4:04
(M:Jean Frankfurter/T:John Moring/Arr:Jean Frankfurter)

(P)1978 EMI ELECTROLA GmbH,Koin.(Germany)

BILLBOARD CHART ACTION
●FRIDAY NIGHT
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Arabesqueは、70年代後半から80年代前半にかけて日本で一世を風靡したドイツの女性3人組ディスコ/ボーカル・グループ。結成当初はディスコ・プロジェクト的な色合いが強く、メンバー・チェンジの多いグループだったが、アイドル歌手として活動していたSandraの加入以降はメンバーが固定された。主なヒット曲に「Hello, Mr. Monkey」「Friday Night」(1978)、「Marigot Bay」(1980)、「In For A Penny」(1980)など多数。

このシングルは1978年にドイツ・EMI Electrolaから発売されたファースト・アルバム「Friday Night」からのカット。プロデュースはWolfgang Mewes。アレンジはJean Frankfurter。1978年当時のメンバーはMichaela RoseKaren AnnHeike Rimbeau

FRIDAY NIGHT
Bee Geesの大ヒット曲「Stayin' Alive」(1977)を思わせるミディアム・テンポの典型的なミュンヘン・ディスコ・チューン。なかなか手の込んだ重厚な音作りがなされており、世界的なヒットを狙っていた事がわかる。しかしながら、本国ドイツでは全くヒットせず、日本でビッグ・ヒットとなった。

SOMEONE IS WAITING FOR YOU
一度聴いたら耳から離れなくなる程の強烈なイントロとヨーロピアン・ポップス調のキャッチーなメロディーが乗ったディスコ・ナンバー。

TOUCH OF CLASS/I'M IN HEAVEN-Part 1(1975)

2006.11.27.Mon.17:00
20061108215528.jpg


SIDE A...MB-10393

I'M IN HEAVEN-Part 1
Time: 3:00
(M. Steals-M. Steals)
Produced and Arranged by John Davis
for Midland International Records, Inc

SIDE B...MB-10393

I'M IN HEAVEN-Part 2
Time: 3:15
(M. Steals-M. Steals)
Produced and Arranged by John Davis
for Midland International Records, Inc

(P)1975 Midland International Records,Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●I'M IN HEAVEN-Part 1
[POP # - /R&B #65 /DISCO # -]

Touch Of Classは、フィラデルフィアを拠点に活動していた黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはPete JacksonGerald JacksonHerbert BrevardMichael Hailstock。メンバーのPete JacksonGerald Jacksonはソングライターとしても活躍しており、Vicki Sue Robinsonへ提供した「Turn The Beat Around」(1976)が大ヒットしている。

I'M IN HEAVEN
1975年にMidland Internationalから発売されたデビュー・シングル。プロデュース、アレンジはJohn Davis。演奏はMFSB。1976年発売のアルバム「I'm In Heaven」収録。

Melvin StealsMervin Steals(Mystro & Lyric)のコンビのペンによる素晴らしいメロディー・ラインを持ったスイートなムードのフィリー・ダンサー。彼らのスウィートなボーカルとコーラスを堪能させてくれる極上の作品で、後半へ進むにつれてダンサブルに展開していく。

A面はアルバム・バージョンの前半部分。
B面はアルバム・バージョンの後半部分。ダンサブルなブレイクから始まるDJユースなバージョン。

BILL BRANDON/WE FELL IN LOVE WHILE DANCING(1977)

2006.11.24.Fri.22:22
20061108215540.jpg


SIDE A...BON 71098 BONUS RECORD

CAN'T WE JUST SIT DOWN AND TALK IT OVER
Time: 3:48
(Tony McCaulay)
From the LP-"Bill Brandon"-PRL 12149
Produced by Moses Dillard and Jesse Boyce
for Dillard & Boyce Productions, Inc.

SIDE B...BON 71098 BONUS RECORD

WE FELL IN LOVE WHILE DANCING
Time: 7:36
(Jesse Boyce, Moses Dillard)
From the LP-"Bill Brandon"-PRL 12149
Produced by Moses Dillard and Jesse Boyce
for Dillard & Boyce Productions, Inc.

(P)1977 Prelude Records

BILLBOARD CHART ACTION
●CAN'T WE JUST SIT DOWN AND TALK IT OVER
[POP # - /R&B # - /DISCO # -]

●WE FELL IN LOVE WHILE DANCING
[POP # 80 /R&B # 30 /DISCO # -]

Bill Brandonは、「Stop This Merry-Go-Round」(1972)や「We Fell In Love While Dancing」(1977)のスマッシュ・ヒットで知られるアラバマ出身の黒人男性ソウル・シンガー。60年代後半から70年代中頃まではサザン・ソウルのシングルをメインに数多く発表しており、当時からソウル・マニアの間では名の知れた存在だった。

このシングルは1977年にPreludeから発表されたアルバム「Bill Brandon」のプロモーション用に制作された非売品シングル。プロデュースはMoses DillardJesse Boyce

CAN'T WE JUST SIT DOWN AND TALK IT OVER
1977年にDonna Summerによって歌われスマッシュ・ヒットを記録したスロー・バラードを、Harold Melvin & The Blue Notesあたりを思わせる、スケールの大きなソウル・バラードにしてカバーしたもの。彼のダイナミックな歌唱力と表現力が存分に発揮されている。アルバムからのファースト・シングルとしてカットされた。

WE FELL IN LOVE WHILE DANCING
アルバムからのセカンド・シングルとしてカットされ、ディスコだけでなくR&B、さらにポップ・チャートでもヒットを記録した、彼にとって最大のヒット曲。彼を知らずにこの曲を聴くと、まるで白人ロック・シンガーがディスコ・サウンドに挑戦した作品のように感じるのではないだろうか。それ位、彼らしさを感じない作品である。

尚、このボーナス・レコードにはプロモ・オンリーの12インチ・バージョンがそのまま収録されている。

CLOUD ONE/ATMOSPHERE STRUTT(1976)

2006.11.23.Thu.22:11
20061108215446.jpg


SIDE 1...P 111

ATMOSPHERE STRUTT-PART 1
Time: 4:00
(Patrick Adams)
Produced by Patrick Adams
Supervisor-Peter Brown

SIDE 2...P 111

ATMOSPHERE STRUTT-PART 2
Time: 4:00
(Patrick Adams)
Produced by Patrick Adams
Supervisor-Peter Brown

(P)1976 P&P Records

BILLBOARD CHART ACTION
●ATMOSPHERE STRUT
[POP # - /R&B # - /DISCO # -]

Cloud Oneは、ニューヨークを拠点に活動していたディスコ・プロデューサーPatrick Adamsと、P&Pレーベル・オーナーPeter Brownが手がけたディスコ・プロジェクト。ニューヨークのローカル・レーベルP&PQueen Constanceからアルバム2枚、数枚のシングルを発表している。主な代表曲に「Atmosphere Strutt」「Disco Juice」(1976)など。

ATMOSPHERE STRUTT
1976年にP&Pから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはPatrick AdamsJohnny Copeland (Cloud One) Orchestra名義のシングルも存在する。

あまりにも独特なコード進行を持った実験的要素が強めのマニアックなディスコ・ナンバー。一度聴いただけでは良さを感じないが、聴きこむうちに麻薬的なグルーブ感に取り憑かれる不思議な曲。

このシングル・バージョンは、12インチ・バージョンを7インチ用にエディットしたもの。
A面は12インチ・バージョンの前半部分。
B面は12インチ・バージョンの後半部分。

LOLEATTA HOLLOWAY/WE'RE GETTING STRONGER(The Longer We Stay Together)(1977)

2006.11.22.Wed.21:38
20061108215421.jpg


SIDE A...GM-4007

WE'RE GETTING STRONGER
(The Longer We Stay Together)

Time: 4:11
(Allan Felder-Norman Harris-Ron Tyson)
(From The Gold Mind L.P.,GZS-7500"LOLEATTA")
Prod.By Norman Harris
For Baker-Harris-Young Prods.
Arr. By Bruce Hawes
Exec. Prod. Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

SIDE B...GM-4007

THAT'S HOW HEARTACHES ARE MADE
Time: 3:00
(Ben Raleigh-B.Halley)
(From The Gold Mind L.P.,GZS-7500"LOLEATTA")
Prod.By Norman Harris
For Baker-Harris-Young Prods.
Arr. By Ron Baker
Exec. Prod. Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

(P)1977 Gold Mind Records

BILLBOARD CHART ACTION
●WE'RE GETTING STRONGER(The Longer We Stay Together)
[POP # - /R&B # - /DISCO # -]

Loleatta Hollowayは、Jocelyn BrownMartha Washらと共に、世界最高のクラブ・ディーバとして君臨する黒人女性ボーカリスト。60年代はゴスペル・グループThe Caravansのメンバーとして活躍し、ソロ転向後しばらくはサザン・ソウル・テイスト溢れるバラードを数多く発表していたが、70年代後半にディスコ路線へ転向。現在に至るまでに数多くのディスコ・ヒット、クラブ・ヒットを放っている。 主な大ヒット曲に「Cry To Me」(1975)、「Dreamin'」(1976)、「Love Sensation」(1980)、「Good Vibrations」(1991)など多数。

このシングルは1976年にGold Mindから発売されたアルバム「Loleatta」からのサード・シングル。プロデュースはNorman Harris

WE'RE GETTING STRONGER
(The Longer We Stay Together)

彼女のヒット曲「Dreamin'」(1976)路線の美しいメロディーが乗ったアップテンポのポップ・ディスコ・チューン。イントロの「ララララー・・・」という、ポップな歌唱に衝撃を受けたソウル・ファンはどれだけいただろう。彼女のボーカリストとしての幅の広さを感じさせる一曲。

このシングル・バージョンではLarry Washingtonのコンガが追加録音され、アルバム、12インチ・シングルとも異なるミックスとなっている。

THAT'S HOW HEARTACHES ARE MADE
フィリー・ソウルの王道とも言うべきミディアム・テンポのバラード。サビのメロディーが印象的で耳に残る。良い曲。

SERGIO MENDES AND THE NEW BRASIL '77/THE REAL THING(1977)

2006.11.20.Mon.18:24
20061108215435.jpg


SIDE A...E-45416-A

THE REAL THING
Time: 3:55
(Stevie Wonder)
Produced by Sergio Mendes

SIDE B...E-45416-B

PENINSULA
Time: 2:11
(Sergio Mendes & Oscar Castro Neves)
Produced by Sergio Mendes

(P)1977 Elektra Records

BILLBOARD CHART ACTION
●THE REAL THING
[POP # - /R&B #51 /DISCO # -]

Sergio Mendesは、ブラジルが世界に誇るアーティストであり、ボサノバを世界的に大流行させた事で知られるブラジル人男性プロデューサー、アレンジャー、コンポーザー。偉人の一人。ジャンルにとらわれない幅広い音楽性(ジャズ、ロック、ソウルなど)を駆使した作品群は、世界中のアーティスト達に多大な影響を与えている。主な大ヒット曲に「Mas Que Nada」(1966)、「The Look Of Love」(1968)、「Never Gonna Let You Go」(1983)」など多数。

このシングルは1977年にElektraから発売されたアルバム「Sergio Mendes and The New Brasil '77」からのカット。プロデュースはSergio Mendes。このアルバムからメンバーを一新し、ディスコ、ソウル色を強めた作品を多く発表する事となる。

THE REAL THING
長年親交のあったStevie Wonderのペンによるメロウなディスコ・ナンバー。当時はそれ程のヒットには至らなかったが、90年代以降のレア・グルーブ、フリー・ソウル・ムーブメントやディスコ、ガラージ・クラシックの再評価の流れで注目されるようになり、現在ではクラブ・クラシックの定番となっている。

PENINSULA
ペニンシュラ半島の風景と青い海が目の前に浮かぶようなラテン・フュージョン風のインストゥルメンタル・ナンバー。

TAMIKO JONES/LET IT FLOW(1976)

2006.11.19.Sun.21:27
20061108215320.jpg


SIDE A...716-AD

LET IT FLOW
Time: 4:26
(T.W. Stewart, B.R. Wright,& M. McNichols)
Produced by : Tamiko Jones

SIDE B...716-BC

CLOUDY
Time: 3:24
(H. Stuart, A. Gorris)
Produced by : T. Jones & J. Sayedra

(P)1976 Atlantis II Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LET IT FLOW
[POP # - /R&B #76 /DISCO #39 ]

●CLOUDY
[POP # - /R&B #92 /DISCO # -]

Tamiko Jonesは、アトランタ、ロンドンを拠点に活動していたアメリカ人と日本人のハーフの女性ジャズ/ソウル・シンガー、プロデューサー。夫はJohn Abbey(英Blues & Soul誌の元編集長、Contempo Records社長)。「A Man And A Woman」(1966)(Harbie Mannとの競演)、「Touch Me Baby」(1975)、「Can't Live Without Your Love」(1979)などのヒット曲で知られる。

このシングルは1976年に彼女所有のインディ・レーベルAtrantis llから発売されたアルバム「Cloudy」からのカット。セルフ・プロデュース作品。

LET IT FLOW
Bump & Hustle Music」(1975)のヒットで知られるアトランタの白人男性プロデューサーTommy Stewartがソングライト、アレンジを手掛けたミディアム・テンポのスムースなディスコ・ナンバー。フィラデルフィアのシグマ・サウンド・スタジオでTom Moutonによってリミックスされている。

ほぼ同時期にT.K/Contempoレーベルからシングルが全米発売され、ディスコを中心にスマッシュ・ヒットとなった。

CLOUDY
イギリスのファンク・バンドAverage White Bandが1976年に大ヒットさせた曲のカバー。ここではオリジナルをすっかり超越したスイートなムードが魅力的なスロー・バラードに仕上がっている。後にA面に差し替えて再発売されヒットした。

KRAFTWERK/NUMBERS(1981)

2006.11.18.Sat.23:35
kraftwerk-numbers.jpg


SIDE A...WBS 49795

NUMBERS
Time: 2:55
(MUSIC BY RALF HUTTER, KARL BARTOS & FLORIAN SCHNEIDER)
FROM THE WARNER BROS. ALBUM HS 3549
COMPUTER・WORLD

SIDE AA...WBS 49795

COMPUTER LOVE
Time 3:45
(MUSIC BY RALF HUTTER/KARL BARTOS)
(LYRICS BY RALF HUTTER/EMIL SCHULT)
FROM THE WARNER BROS. ALBUM HS 3549
COMPUTER・WORLD

(P)1981 Warner Bros. Records Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●NUMBERS
[POP #103 /R&B #22 /DISCO #13 ]

●COMPUTER LOVE
[POP # - /R&B # - /DISCO #13 ]

Kraftwerkは、「エレクトロ・ポップの元祖」「テクノ界のゴッド」「ヒップホップ/エレクトロ・ファンクの先駆け」と呼ばれ、電子音楽史上、最も大きな影響を与えたドイツのシンセサイザー・ユニット。1981年当時のメンバーはRalf HutterFlorian SchneiderWolfgang FlurKarl Bartos。主な大ヒット曲に「Autobahn」(1974)、「Trans-Europe Express」(1977)、「The Robots」(1978)、「Tour De France」(1983)など多数。

このシングルは1981年にWarner Bros.から全米発売された大ヒット・アルバム「Computer World」からのカット。両A面シングル。

NUMBERS
ヒップホップやデトロイト・テクノなど、80年代以降のブラック・ミュージックに多大な影響を与えたエレクトロ・ファンク・チューン。リズムマシーンとヴォコーダーを駆使したファンキーな音作りは、Afrika Bambaataaを始めとするブラック系DJ達の間で大きな反響を呼び、「Kraftwerkはファンキーだ!」と言わしめた事で有名。勿論R&Bチャート、ディスコ・チャートでヒットを記録している。

ライブではこの曲がオープニングになっている事が多く、日本語による印象的なフレーズ「イチ、ニー、サン、シー」でフロアーはヒートアップする。

COMPUTER WORLD
当時の彼らの作品中最もディスコティックなサウンドが展開される作品。ポップで叙情的なメロディーと、どこか無気力なボーカルの組み合わせが独特な世界感を醸し出している。


DIANA ROSS/LOVE HANGOVER(1976)

2006.11.16.Thu.23:26
20061108215259.jpg


SIDE A...M 1392F

LOVE HANGOVER
Time: 3:40
(Pam Sawyer-M. McLead)
ARRANGED BY Dave Blumberg & Clay Drayton
PRODUCED BY Hal Davis
EXEC. PROD. Berry Gordy
In Album:"Diana Ross"M6-861S1

SIDE B......M 1392F

KISS ME NOW
Time: 2:42
(G.G. Fuqua-K. Lupper)
ARRANGED BY Don Costa
PRODUCED BY Berry Gordy-Don Costa
EXEC. PROD. Berry Gordy
In Album:"Diana Ross"M6-861S1

(P)1976 Motown Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE HANGOVER
[POP # 1 /R&B # 1 /DISCO # 1 ]

Diana Rossは、The Supremesの元メンバーであり、60年代から90年代にかけて世界で最も成功した黒人女性シンガー、エンターテイナー。The Supremes時代に12曲、ソロとして6曲、計18曲の全米ナンバー・ワン・ヒットを持つ。主な大ヒット曲に「Touch Me In The Morning」(1973)、「Theme from Mahogany (Do You Know Where You're Going To)」(1975)、「Love Hangover」(1976)、「Upside Down」(1980)など多数。

このシングルは1976年にMotownから発売された大ヒット・アルバム「Diana Ross」からのカット。

●LOVE HANGOVER
1976年初頭にThe 5th Dimensionの新曲としてシングル発売されたディスコ・ナンバーのカバー。プロデュースはHal Davis。アレンジはDave BlumbergClay Drayton

スローから始まり、途中でディスコ・ビートにテンポ・アップする展開が斬新なディスコ・ナンバーで、当初は彼女のアルバムの中の一曲として発表されたが、全米のディスコ、ラジオ・ステーションからLPカットとして人気に火がつき、周囲の強い要望により急遽シングル・カット。「Diana Ross初のディスコ・ナンバー」という話題性も手伝い、ポップ、R&B、ディスコ、すべてのチャートにおいてナンバー・ワン・ヒットとなった。

※プロデューサーHal Davisが、この曲を聴いてすっかり気に入り、彼女のボーカルでカバー・バージョンを制作する事を提案。彼女自身は乗り気ではなかったものの、レコーディングが進むに連れてテンションも上がり、結果的に最高の作品が完成。急遽アルバムに収録されたという経緯がある。

KISS ME NOW
'50年代スタンダード風のポップ・ナンバー。

GREGG DIAMOND BIONIC BOOGIE/HOT BUTTERFLY(1978)

2006.11.15.Wed.22:08
20061108215240.jpg


SIDE A...PD 2195

HOT BUTTERFLY
Time: 3:59
(Gregg Diamond)
From Album PD-1-6162 "HOT BUTTERFLY"
Produced by Gregg Diamond & Godfrey Diamond
for Diamond Touch Productions,Ltd.
Engineered & Mixed by Godfrey Diamond

SIDE B...PD 2195

CHAINS
Time :3:52
(Gregg Diamond)
From Album PD-1-6162 "HOT BUTTERFLY"
Produced by Gregg Diamond & Godfrey Diamond
for Diamond Touch Productions,Ltd.
Engineered & Mixed by Godfrey Diamond

(P)1978 Polydor/Polygram Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●HOT BUTTERFLY
[POP # - /R&B # -/DISCO # 8 (LP all cuts)]

●CHAINS
[POP # - /R&B # -/DISCO # 8 (LP all cuts)]

Gregg Diamond Bionic Boogieは、Andrea True Connectionの成功で知られるディスコ・プロデューサーGregg Diamondが手がけたディスコ・プロジェクト。ゲスト・ボーカリストとしてLuther VandrossCissy HoustonDavid LasleyZachary Sandersといった実力派シンガーが起用されている。主なヒット曲に「Risky Changes」(1977)、「Hot Butterfly」(1978)など。

このシングルは1978年にPolydorから発売されたセカンド・アルバム「Hot Butterfly」からのカット。プロデュースはGregg DiamondGodfrey Diamond

HOT BUTTERFLY
Luther Vandrossによる涙モノの名唱で知られ、Chaka Khanを始めとする、数多くのアーティストによってカバーされ続けるディスコ・クラシックの名曲。

発売当時はディスコを中心に大ヒットとなったものの、一般チャートでは全く振るわず、後年イギリスで起こったレアグルーブ・ムーブメントの中で再評価され、コンピレーション・アルバム「Urban Classics」に収録された事でレア・グルーブ/クラブ・クラシックの定番となった。

CHAINS
アルバムからのセカンド・シングルとしてカットされた作品で、ブリブリとしたベースラインがグルービーなシリアスな曲調のディスコ・ナンバー。ここでのリード・ボーカルはZachary Sanders

※このシングルは1980年発売の再発盤。Chaka Khanによるカバー・バージョン「Papillion (A/K/A Hot Butterfly)」のヒットを受けて発売されたもの。

DORIS DUKE/WOMAN OF THE GHETTO(1975)

2006.11.13.Mon.23:46
20061108215410.jpg


SIDE A...75-5001

WOMAN OF THE GHETTO
Time: 3:37
(Miller-Shaw-Evans)
Produced by John E Abbey, Contempo

SIDE B...75-5001

WOMAN OF THE GHETTO
Time: 3:20
(Miller-Shaw-Evans)
Produced by John E Abbey, Contempo

(P)1975 Sam Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●WOMAN OF THE GHETTO
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Doris Dukeは、「To The Other Woman(I'm The Other Woman)」(1969)や「Feet Start Walking」(1970)などのヒット曲で知られるジョージア州の黒人女性ソウル/ゴスペル・シンガー。

WOMAN OF THE GHETTO
1975年にイギリス・Contempo、アメリカ・Scepterから発売されたアルバム「Woman」からのシングル・カット。プロデュースはContempoレーベル社長・John E Abbey。演奏はArmarda OrchestraUltra Funk。イギリス録音。

Marlena Shawが1969年にヒットさせた名曲をカバーしたもので、オリジナル以上に都会的で洗練されたニュー・ソウル風のアレンジが施され、さらに彼女のディープな魅力を最大限に活かした素晴らしい仕上がりとなっている。当時の日本のソウルファンの間でも高く評価された。

このシングル・バージョンはアルバムとは全く異なるリミックス・バージョン。
A面は前半部分。
B面は後半部分。ファンキーなブラスセクションが炸裂する、クラブ・プレイ向きのバージョンとなっている。

FUNKADELIC/ONE NATION UNDER A GROOVE(1978)

2006.11.11.Sat.21:11
20061108215549.jpg


SIDE A...WBS 8618

ONE NATION UNDER A GROOVE-PART I
Time: 4:12
(G. Clinton/G. Shider/W. Morriaon)
Produced By George Clinton For Thang, Inc.

SIDE B...WBC 8618

ONE NATION UNDER A GROOVE-PART II
Time: 5:24
(G. Clinton/G. Shider/W. Morriaon)
Produced By George Clinton For Thang, Inc.

(P)1978 Warner Bros. Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●ONE NATION UNDER A GROOVE-PART I
[POP #28 /R&B # 1 /DISCO #31]

Funkadelic/Parliamentは、70年代後半のミュージック・シーンに多大な影響を与えたGeorge Clinton率いるP-Funkユニット。JB'sの元メンバーを中心とする凄腕ミュージシャンで構成されており、ド派手で奇天烈なコスチュームも大きな話題となった。Funkadelic名義での大ヒット曲に「One Nation Under The Groove」(1978)、「(not just)Knee Deep」(1979)がある。

●ONE NATION UNDER A GROOVE
1978年にWarner Bros.から発売されたアルバム「One Nation Under A Groove」からのシングル・カット。プロデュースはGeorge Clinton

Parliament名義での大ヒット曲「Flash Light」(1978)のイメージに近い雰囲気のファンク・ディスコ・チューンで、彼らの従来のスタイルと比べると、かなりポップで聴きやすい作品となっている。(そこで賛否が分かれるのだが・・・)

このシングル・バージョンは12インチ・バージョンをエディットしたもの。
A面は12インチ・バージョンの前半部分。
B面は12インチ・バージョンの後半部分。

COOKIE MONSTER AND THE GIRLS/C IS FOR COOKIE(1978)

2006.11.08.Wed.23:40
20061108230719.jpg


SIDE A...CTW 99072 A

C IS FOR COOKIE
Time: 3:10
(Raposo)
COOKIE MONSTER AND THE GIRLS

SIDE B...CTW 99072 B

HAS ANYBODY SEEN MY DOG?
Time: 3:20
(Raposo)
MARTY AND GLOVER

(P)1978 Children's Telvision Workshop

BILLBOARD CHART ACTION
●C IS FOR COOKIE
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

世界的知名度を誇るアメリカの人気子供番組「Sesame Street」から登場した企画盤ディスコ・アルバム「Sesame Street Fever」(1978)からのシングル・カット。プロデュースはJoe Raposo。バック・ボーカルはThe Girls(Martha StewartUllanda McCulloughYvonne Lewis)。ゲスト・シンガーとしてRobin Gibb(Bee Gees)が参加。

C IS FOR COOKIE
Cookie Monsterの代名詞とも言える同曲をファンキー・タッチのダンサブルなディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。ガラージ・クラシックとして人気のある作品で、Larry Levanが初めて12インチ・シングル用にリミックスを手がけた作品としても知られる。

HAS ANYBODY SEEN MY DOG?
アルバムのラストを飾るアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。「マーティーの犬がいなくなってしまった。きっとディスコでブギーしてるはず。さあディスコへ探しに行こう」という微笑ましい内容の曲。

ARCHIE BELL & THE DRELLS/LET'S GROOVE(PART 1)(1975)

2006.11.06.Mon.18:01
20061105222124.jpg


SIDE AA...ZS8 4775

LET'S GROOVE(PART 1)
Time: 3:05
-L. Huff-J. Whitehead-G. Mcfadden-V. Castarphen-
Taken From The TSOP Lp
"DANCE YOUR TROUBLES AWAY"PZ 33844
Produced by John Whitehead, Gene McFadden, Victor Casterphen
for Kenneth Gamble & Leon Huff
Arranged by John Whitehead, Gene McFadden, Victor Casterphen
Recorded at Sigma Sound Studios,Philadelphia, Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs,Philadelphia, Pa
TSOP"The Sound of Philadelphia"TM

SIDE AA...ZS8 4775

LET'S GROOVE(PART 2)
Time: 2:59
-L. Huff-J. Whitehead-G. Mcfadden-V. Castarphen-
Taken From The TSOP Lp
"DANCE YOUR TROUBLES AWAY"PZ 33844
Produced by John Whitehead, Gene McFadden, Victor Casterphen
for Kenneth Gamble & Leon Huff
Arranged by John Whitehead, Gene McFadden, Victor Casterphen
Recorded at Sigma Sound Studios,Philadelphia, Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs,Philadelphia, Pa
TSOP"The Sound of Philadelphia"TM

(P)1975 TSOP/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LET'S GROOVE(PART 1)
[POP # - /R&B #7/DISCO #3]

Archie Bell & The Drellsは、「Tighten Up」(1967)の全米ナンバー・ワン・ヒットで一世を風靡したテキサス出身の黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。1975年当時のメンバーはArchie BellLee BellJames WiseWillie Pernell

●LET'S GROOVE
1975年にTSOPから発売されたアルバム「Dance Your Troubles Away」からのセカンド・シングル。プロデュースはMacfadden & Whitehead、Victor Casterphen。演奏はInstant FunkMFSB

当時のフィリー録音作品の中でもかなり洗練されたファンキー・タッチのファッショナブルなディスコ・ナンバーで、Instant Funkによるグルーヴィーかつタイトなプレイと、Archie Bellによるボーカルのかっこよさは鳥肌モノ。かすかに聴こえてくるシンセサイザーのフレーズが良いアクセントとなっている。

A面はアルバム・バージョンの前半部分。
B面はアルバム・バージョンの後半部分。

MARGARET REYNOLDS/KEEP ON HOLDING ON(1979)

2006.11.05.Sun.23:12
20061105222112.jpg


SIDE A...SFX-5001

KEEP ON HOLDING ON
Time: 2:59
(M. Kent-K. Williams)
Produced by:BEVERLY CHAMPION and CASEY/FINCH
for SUNSHINE SOUND ENTERPRISES,INC

SIDE B...SFX-5001

I'M GONNA LET YOU GO
Time: 4:21
(Ken Lewis)
Produced by:BEVERLY CHAMPION and CASEY/FINCH
for SUNSHINE SOUND ENTERPRISES,INC

(P)1979 Seventy First Street Records

BILLBOARD CHART ACTION
●KEEP ON HOLDING ON
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Margaret Reynoldsは、KC & The Sunshine Bandのバックボーカル・グループFireのメンバーとして在籍していた黒人女性ボーカリスト。「Keep On Holding On」(1979)、「Take Me To The Moon」(1980)(with KC) のディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1979年にT.K傘下Seventy First Streetから発売されたシングル。プロデュースはKC & The Sunshine Bandのメンバー(Harry Wayne CaseyRichard FinchBeverly Champion)。1982年にMoby Dickから発売されたアルバム「Keep On Holdin' On」収録。

KEEP ON HOLDING ON
ソウル・ボーカル・グループAce Spectrumが1975年に放ったヒット曲「Keep Holding On」のカバー。オリジナルとは全く異なるアップリフティングなディスコ・ナンバーで、発売当時は全くヒットしなかったが、1982年にBill Motleyがリミックスした12インチ・シングルがMoby Dickから発売され、ディスコでカルト・ヒットとなった。

I'M GONNA LET YOU GO
彼女がかなりの実力を持った魅力的なソウル・シンガーである事を証明するドリーミーなソウル・バラード。B面にしておくには勿体ない作品。

THE GLASS FAMILY/MR.DJ YOU KNOW HOW TO MAKE ME DANCE(1978)

2006.11.02.Thu.17:23
20061101185637.jpg


SIDE 1...JDC 428-1

MR.DJ YOU KNOW HOW TO MAKE ME DANCE
Time: 3:42
(CALLON-ARNING)

SIDE 2...JDC 428-2

NO ONE CAN FIND LOVE
Time: 3:29
(CALLON-LAMONT)

(P)1978 JDC Records

BILLBOARD CHART ACTION
●MR.DJ YOU KNOW HOW TO MAKE ME DANCE
[POP # - /R&B #88 /DISCO #11]

The Glass Familyは、ニューヨークのディスコ・レーベル JDCレーベルオーナーJim Callon (Ralph Parrett)を中心に結成されたディスコ・グループ。元々はサイケデリック・ロック・バンドとして1969年にアルバム「Electric Band」でデビューするが、1975年に大幅なメンバー・チェンジを行いディスコ・グループに転身。 Taka Boom((Undisputed Truthの元メンバー。Chaka Khanの妹) をフューチャーした「Mr. Dj You Know How To Make Me Dance」(1978)のディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1978年にJDCから発売されたアルバム「Mr.DJ You Know How To Make Me Dance」からのカット。プロデュースはJim Callon。アレンジはJim CallonDavid Edward

MR.DJ YOU KNOW HOW TO MAKE ME DANCE
彼らのディスコ・チャートにおける最大のヒット曲であり、リード・ボーカルのTaka Boomがクローズ・アップされるきっかけとなった作品。アップテンポの単純な展開のディスコ・ナンバーだが、所々にジャズ風のソロ・プレイが散りばめられるなど、彼らの高いセンスが光る作品。

NO ONE CAN FIND LOVE
ミディアムテンポのメロディアスなディスコ・チューン。これまたジャズ的なプレイを聞かせてくれるお洒落なムードの作品。Taka Boomの表情豊かな歌唱はとても好感が持てる。良い曲。

STEVIE WONDER/ANOTHER STAR(1977)

2006.11.01.Wed.19:24
20061101185606.jpg


SIDE 1...T 54286F

ANOTHER STAR
Time: 5:17
(S. Wonder)
PRODUCED & ARRANGED BY: STEVIE WONDER
In Album:"SONGS IN THE KEY OF LIFE"T13-340C2

SIDE 2...T 54286F

CREEPIN'
Time: 5:14
(S.Wonder)
PRODUCED & ARRANGED BY: STEVIE WONDER
In Album:"FULFILLINGNESS FIRST FINALE"T6-332S1

(P)1977/1974 Tamla/Motown Record Corporation

BILLBOARD CHART ACTION
●ANOTHER STAR
[POP #32 /R&B #18 /DISCO #2]

Stevie Wonderは、「ジャンル」「人種」など、ありとあらゆる壁を越えて、世界のミュージック・シーンを常にリードし続ける、現代音楽史を代表する黒人男性シンガー・ソングライター、マルチ・インストゥルメンタリスト、音楽プロデューサー。主な大ヒット曲に「Fingertips Pt.2」(1962)、「Superstitions」(1972)、「You Are The Sunshine Of My Life」(1973)、「Sir Duke」(1976)、「I Just Called to Say I Love You」(1984)、「Part-Time Lover」(1985)など多数。

ANOTHER STAR
1976年にTamla/Motownから発売された大ヒットアルバム「Songs In The Key Of Life」からのシングルカット。

当時流行していたSalsoul Orchestraの影響を色濃く反映させたラテン・ディスコ・チューンで、彼のレパートリーの中では最も異色の作品。数多くのアーティストによってカバーされ続けており、中でもSister Sledgeのメンバーの一人・Kathy Sledgeが1995年に発表したハウス・カバーが非常に良い出来であり、こちらは世界的なクラブ・ヒットとなっている。

CREEPIN'
1974年にTamla/Motownから発売された大ヒットアルバム「Fulfillingness First Finale」からのカット。

Tamiko Jonesによるカバー・バージョンでも有名なメロウな作品。とても良い曲。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。