スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DANIELLE/LET'S HAVE A PARTY TONIGHT(1980)

2007.01.31.Wed.22:57
20070131221558.jpg


SIDE A...NB 2276 DJ STEREO

LET'S HAVE A PARTY TONIGHT
Time: 3:36
(Rue Caldwell)
From the Casablanca LP "DANIELLE" NBLP 7210
PRODUCER: RUE CALDWELL for La Rue Prods.

SIDE A...NB 2276 DJ MONO

LET'S HAVE A PARTY TONIGHT
Time: 3:36
(Rue Caldwell)
From the Casablanca LP "DANIELLE" NBLP 7210
PRODUCER: RUE CALDWELL for La Rue Prods.

(P)1980 Casablanca Record & Filmworks,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LET'S HAVE A PARTY TONIGHT
[POP # -/R&B # -/DISCO # 48]

Danielleは、ディスコ・プロデューサーRue Caldwellが手がけた黒人白人混成女性3人組ディスコ・グループ。「Let's Have A Party Tonight」(1980)が唯一のディスコ・ヒット。

LET'S HAVE A PARTY TONIGHT
1980年にCasablancaから発売されたアルバム「Danielle」からのシングル・カット。プロデュースはRue Caldwell

一度聴いたら耳から離れなくなる程キャッチーなメロディ・ラインを持つアップテンポのストレートなディスコ・ナンバー。いわゆるミラー・ボール系ディスコ。ドイツのインディーレーベルMilk & Sugar Recordingsから2000年に発売されたStar Cityによるリミックス・バージョンも話題になった。
スポンサーサイト

ARCHIE BELL & THE DRELLS/EVERYBODY HAVE A GOOD TIME(1976)

2007.01.30.Tue.18:54
20070130164440.jpg


SIDE AA...ZS8 3615

EVERYBODY HAVE A GOOD TIME
Time: 3:05
-B.Sigler-
Taken From The PIR Lp:
"WHERE WILL YOU GO WHEN THE PARTY'S OVER"PZ 34323
Arranged by Richard Rome
Produced by Bunny Sigler
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa
TSOP "The Sound of Philadelphia"T.M.
SIDE AA...ZS8 3615

I BET I CAN DO THAT DANCE YOU'RE DOIN'
Time: 3:17
-J. Whitehead-G. Mcfadden-V. Castarphen-
Taken From The PIR Lp:
"WHERE WILL YOU GO WHEN THE PARTY'S OVER"PZ 34323
Arranged by Jack Faith
Produced by John Whitehead, Gene McFadden
and Victor Castarphen
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa
TSOP "The Sound of Philadelphia"T.M.

(P)1976 Philadelphia International Records

BILLBOARD CHART ACTION
●EVERYBODY HAVE A GOOD TIME
[POP # -/R&B # 68/DISCO # -]

Archie Bell & The Drellsは、「Tighten Up」(1967)の全米ナンバー・ワン・ヒットで一世を風靡したテキサス出身の黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。1975年当時のメンバーはArchie BellLee BellJames WiseWillie Pernell

このシングルは1976年にPhiladelphia Internationalから発売されたアルバム「Where Will You Go When The Party's Over」からのカット。

EVERYBODY HAVE A GOOD TIME
彼らがPhiladelphia International時代に発表した作品の中では最もアップテンポのストレートなディスコ・ナンバー。同時期にディスコ・グループThe Ritchie Familyの成功で一躍有名になったRichard Romeがアレンジ、フィリー・ソウルの重鎮Bunny Siglerがプロデュースを担当。

あまりにもディスコ・テイストが強いためにR&Bファンの間で否定されがちな作品だが、そもそもダンス・グループとしてデビューした彼らの持ち味を活かした作品ではないだろうかと思うのだがどうだろう。

I BET I CAN DO THAT DANCE YOU'RE DOIN'
McFadden & WhiteheadVictor Castarphenによって制作されたフィラデルフィア流のファンク・ナンバー。フェイザー処理が施されたドラムスのサウンドが良い味を出している。

FLOYD SMITH and the SALSOUL ORCHESTRA/I JUST CAN'T GIVE YOU UP(1975)

2007.01.29.Mon.16:51
20070120210038.jpg


SIDE A...SZ-2001

I JUST CAN'T GIVE YOU UP
Time: 3:12
(F .Smith)
Produced by Floyd Smith
Exective Producer-Joe Cayer

SIDE B...SZ-2001

I JUST CAN'T GIVE YOU UP(Instrumental Version)
Time: 3:23
(F. Smith)
Produced by Floyd Smith
Exective Producer-Joe Cayer

(P)1975 Salsoul Records

BILLBOARD CHART ACTION
●I JUST CAN'T GIVE YOU UP
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Floyd Smithは、シカゴを拠点に活動していた黒人男性ソウル・シンガー、コンポーザー、プロデューサー。妻はLoleatta Holloway

I JUST CAN'T GIVE YOU UP
1975年にSalsoulから発売されたシングル。プロデュースはFloyd Smith。演奏はThe Salsoul Orchestra

流麗なフィラデルフィア・サウンドに、彼の南部臭漂うワイルドなボーカルが絡むゴージャスなソウル・ディスコ・チューン。良く聴くとBarry WhiteがプロデュースしたThe Love Unlimited Orchestraのヒット曲「Satin Soul」(1974)にそっくり。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。1978年にSalsoul傘下のFree Spiritから発売されたアルバム「The Anvil Band」(サルソウル・レコードの未発表音源集)に収録。

Ken Cayreによるディスコ・バージョンを収録したプロモーション用12インチ・シングルが存在する。

SIMON SAID/SMILE(1975)

2007.01.28.Sun.00:00
20070120210026.jpg


SIDE A...45-7041

SMILE
Time: 3:23
(Charles Chaplin,John Turner & G. Parsons)
Produced by Meco Monardo, Tony Bongiovi
& Jay Ellis for DCA Prods.
Arranged by Matthew Allen & Lance
A Tom Moulton Mix

SIDE AA...45-7041

TELL ME
Time: 2:49
(A.Alexander & E.Coles)
Produced by Meco Monardo, Tony Bongiovi
& Jay Ellis for DCA Prods.
Arranged by Brad Baker & Lance

(P)1975 Atco/Atlantic

BILLBOARD CHART ACTION
●SMILE
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Simon Saidは、Gloria Gaynorなどのバック・ボーカルとして活動していた黒人姉妹3人組ボーカル・グループ。メンバーはSondra SimonCynthia SimonTera Simon。 「Love Song」「Smile」(1975)のディスコ・ヒットを持つ

このシングルは1975年にAtcoから発売されたシングル。プロデュースはMeco MonardoTony BongioviJay Ellisの3人。

SMILE
1936年に公開され大ヒットしたCharles Chaplin主演映画「Modern Times」のラスト・シーンで効果的に使われ、様々なアーティストにカバーされ続けている名曲をディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。イントロのカッティング・ギターやSondra Simonによるキュートなボーカルはヤング・ソウル/フリー・ソウル好きには堪らないのでは?

TELL ME
A面「SMILE」同様ヤング・ソウル/フリー・ソウル系のポップ・ディスコ・チューン。やはりこの曲もイントロのギターの刻みやリズムがポイント。

SONDRA SIMON AND SIMON SAID/MAMA,CAN YOU MEET THE 6:15(1976)

2007.01.27.Sat.01:00
20070120210017.jpg


SIDE A...45-7053

MAMA,CAN YOU MEET THE 6:15
Time: 3:15
(Jimmy Roach)
Produced by Meco Monardo, Tony Bongiovi & Jay Ellis
Arranged by Charlie Callelo

SIDE B...45-7053

MAMA,CAN YOU MEET THE 6:15
Time: 6:29
(Jimmy Roach)
Produced by Meco Monardo,Tony Bongiovi & Jay Ellis
Arranged by Charlie Callelo
SPECIAL LONG VERSION

(P)1976 Atco/Atlantic

BILLBOARD CHART ACTION
●MAMA,CAN YOU MEET THE 6:15
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Simon Saidは、Gloria Gaynorなどのバック・ボーカルとして活動していた黒人姉妹3人組ボーカル・グループ。メンバーはSondra SimonCynthia SimonTera Simon。 「Love Song」「Smile」(1975)のディスコ・ヒットを持つ

MAMA, CAN YOU MEET THE 6:15
1976年にAtcoから発売されたシングル。プロデュースはMeco MonardoTony BongioviJay Ellisの3人。アレンジはCharlie Callelo

Jimmy Roachのペンによる切なくも希望に満ちた前向きな歌詞とメロディー・ラインを持ったポップ・ディスコ・チューン。、Charlie Calleloによる繊細なアレンジが光る隠れた名曲。

A面はショート・バージョン。
B面はディスコ・プレイ用のスペシャル・ロング・バージョン。

LOVE COMMITTEE/ONE DAY OF PEACE(1974)

2007.01.25.Thu.23:42
20070120205932.jpg


SIDE AA-AF...ZS8 3256 STEREO

ONE DAY OF PEACE
Time: 2:50
-A. Felder-R. Tyson-T. Conway-
Arranged by Bobby Martin
Produced by Allan Felder
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa.
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa.
"The Sound of Philadelphia"

SIDE AA-AF...ZS8 3256 MONO

ONE DAY OF PEACE
Time: 2:50
-A. Felder-R. Tyson-T. Conway-
Arranged by Bobby Martin
Produced by Allan Felder
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa.
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa.
"The Sound of Philadelphia"

(P)1974 Golden Fleece/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●ONE DAY OF PEACE
[POP # -/R&B # -/DISCO # 14]

Love Committeeは、フィラデルフィアを拠点に活動していたThe Ethicsを前身とする黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。リード・ボーカルはコンポーザーとして活躍し、現在はThe Temptationsのリード・ボーカルを務めるRon Tyson。主なヒット曲に「Heaven Only Knows」(1976)、「Law & Order」(1978)など。

このシングルは1974年にGolden Fleece移籍後、Love Committee名義で発表した1枚目のシングル。プロデュースはAllan Felder。アレンジはBobby Martin。演奏はMFSB

ONE DAY OF PEACE
MFSBのリーダーBobby Martinがアレンジを手がけたアップテンポの軽快なフィリー・ダンサー。フィリー・ソウルとディスコ・サウンドのミックスとも言える、この時期の典型的なフィリー・ダンサーに仕上がっている。

LOVE COMMITTEE/WHERE WILL IT END(1977)

2007.01.24.Wed.21:31
20070120205957.jpg


SIDE A...GM-4003

CHEATERS NEVER WIN
Time: 3:57
(R. Tyson-A. Felder-T.G. Conway)
Produced by Baker-Harris-Young Prods.
Arranged by Jack Faith
Executive Producers: Joe Cayre, Stan Cayre, Ken Cayre

SIDE B...GM-4003

WHERE WILL IT END
Time: 5:00
(R. Tyson-N. Harris-A. Felder)
Produced by Baker‐Harris‐Young Prods.
Arranged by Norman Harris
Executive Producers: Joe Cayre, Stan Cayre, Ken Cayre

(P)1977 Salsoul/Gold Mind Records

BILLBOARD CHART ACTION
●CHEATERS NEVER WIN
[POP # -/R&B # 57/DISCO # -]

Love Committeeは、フィラデルフィアを拠点に活動していたThe Ethicsを前身とする黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。リード・ボーカルはコンポーザーとして活躍し、現在はThe Temptationsのリード・ボーカルを務めるRon Tyson。主なヒット曲に「Heaven Only Knows」(1976)、「Law & Order」(1978)など。

このシングルは1977年にGold Mind移籍後に発売された第一弾シングル。プロデュースはBaker-Harris-Young

CHEATERS NEVER WIN
スキップをしているかのように弾むシャッフル・ビートが軽快なポップ・ソウル・ナンバー。彼らの絶妙なハーモニーが存分に活かされた、聴けば聴く程味の出る作品。アレンジはJack Faith。1978年発売のアルバム「Law And Order」収録。

WHERE WILL IT END
彼らの隠れた名曲として高い人気を誇るミディアム・アップ・テンポの哀愁系フィリー・ダンサー。アレンジはNorman Harris。シングル・オンリー。

Walter Gibbonsによる12インチ・ミックス・バージョンと、1978年発売のシングル「Law And Order」のB面バージョンを含め、別バージョンが3テイク存在する。

BRENDA AND THE TABULATIONS / (I'M A) SUPERSTAR(1977)

2007.01.23.Tue.20:31
20070120210008.jpg


SIDE A...CC 009

(I'M A) SUPERSTAR
Time: 3:37
(John Davis)
Produced by Gilda Woods & John Davis for Jilmor Prods.
Arranged by John Davis

SIDE B...CC 009

TAKE IT OR LEAVE IT
Time: 3:40
(Evie Sands-B. Weisman-R. Germinaro)
Produced by Gilda Woods & John Davis for Jilmor Prods.
Arranged by John Davis

(P)1977 Chocolate City Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●(I'M A) SUPERSTAR
[POP # -/R&B # 31 /DISCO # 18]

Brenda & The Tabulationsは、リード・ボーカルを務めるBrenda Paytonを中心とするフィラデルフィアの黒人男女混成ソウル・ボーカル・グループ。Brenda以外のメンバーは流動的であり、グループ名を残しただけの殆どソロ状態での活動時期がある。主なヒット曲に「Dry Your Eyes」(1967)、「Right On The Tip Of My Tongue」(1971)など多数。

このシングルは1977年にCasablanca傘下Chocolate Cityから発売されたラスト・アルバム「I Keep Coming Back For More」からのセカンド・シングル。プロデュースはGilda WoodsJohn Davis。アレンジはJohn Davis

(I'M A) SUPERSTAR
アルバムのオープニングを飾る、タイトル通りのゴージャスかつファンキーなフィラデルフィア・ディスコ・チューン。ここで聴かれる彼女のハイテンションで元気一杯のボーカルからは「完全復活」に対する強い意気込みが伝わってくる。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンとは若干異なるシングル・ミックス。

TAKE IT OR LEAVE IT
しっとりとしたムードのスロー・バラード。スピナーズあたりを思わせる曲調に、彼女の少し鼻にかかったような巧みなボーカルがこの曲をさらに素晴らしいものにしている。

T.S.MONK/CANDIDATE FOR LOVE(1980)

2007.01.23.Tue.15:10
20070120210050.jpg


SIDE AR...WTG 3812 STEREO PROMOTION COPY

CANDIDATE FOR LOVE
Time: 3:25
(Sandy Linzer, Boo Boo Monk & Yvonne Fletcher)
Produced by Sandy Linzer
Arranged by Thelonious Monk Jr.
From Mirage LP WTG 19291-
"HOUSE OF MUSIC"

SIDE AR...WTG 3812 MONO PROMOTION COPY

CANDIDATE FOR LOVE
Time: 3:25
(Sandy Linzer, Boo Boo Monk & Yvonne Fletcher)
Produced by Sandy Linzer
Arranged by Thelonious Monk Jr.
From Mirage LP WTG 19291-
"HOUSE OF MUSIC"

(P)1980 Mirage Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●CANDIDATE FOR LOVE
[POP # -/R&B # 69 /DISCO # 13]

T.S.Monk(Thelonious Sphere Monk)は、ジャズ界最大の異端児と呼ばれたジャズ・ピアニストの巨匠Thelonious Monkの息子であり、現代のジャズ・シーンにおける重要なポジションを占めるジャズ・ドラマー、コンポーザー、アレンジャーの一人。デビュー当時は現在ほどジャズ色は強くなく、むしろディスコ・ファンク路線の作品を多く発表していた。主なヒット曲に「Bon Bon Vie(Gimme The Good Life)」(1980)、「Too Much Too Soon」(1981)など。

CANDIDATE FOR LOVE
このシングルは1980年にMirageから発表されたデビュー・アルバム「House Of Music」からのセカンド・シングル。Dr. Buzzard's Original Savannah Band Odysseyを成功に導いたベテラン・プロデューサーSandy Linzerがプロデュース。アレンジはT.S.Monk

彼らの作品の中でも最もポップかつファッショナブルなアップテンポのディスコ・ナンバー。当時はそれほどのヒットにはならなかったが、2001年に発売されたKenny Carpenter監修のMix CD「Studio 54」)で取り上げられた事でディスコ・クラシツクとして認知されるようになった作品。フィルター・ハウス(ディスコ・ハウス)が流行していた頃はハウス系DJたちがこぞってヘビー・プレイしていた。

THE PERSUADERS/SURE SHOT-a/k/a"GAMBLIN' ON A SURE SHOT"(1976)

2007.01.22.Mon.21:29
20070120205944.jpg


SIDE AA...ZS8-3006

I NEED LOVE
Time: 3:33
-A. Felder-N. Harris-R. Curington-
Taken From The Calla Lp:
"IT'S ALL ABOUT LOVE"PZ 34802
Arranged by T.G.Conway
Produced by Robert Curington and Norman Harris
-Potomac Productions

SIDE AA...ZS8-3006

SURE SHOT-a/k/a"GAMBLIN' ON A SURE SHOT"
Time: 3:21
-B. Poindexter-J.M. Pondexter-V. Ballard-
Taken From The Calla Lp:
"IT'S ALL ABOUT LOVE"PZ 34802
Arranged by Norman Harris
Produced by Robert Curington and Norman Harris
-Potomac Productions

(P)1976 Calla/Shakat Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●I NEED LOVE
[POP # -/R&B # 34 /DISCO # -]

The Persuadersは、「Thin Line Between Love & Hate」(1971)や「Some Guys Have All The Luck」(1973)などの大ヒット曲で知られる黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはDouglas ScottWillie HollandJames BarnesCharles Stoghill

このシングルは1976年にCallaから発売されたアルバム「It's All About Love」からのカット。プロデュースはRobert CuringtonNorman Harris。録音はフィラデルフィアとニューヨーク。

I NEED LOVE
彼らのスイートなハーモニーがじっくり堪能出来る、フィリー・ソウルの王道とも言えるスロー・チューン。実質、彼らにとって最後のヒット・ソング。アレンジはT.G. Conway

SURE SHOT-a/k/a"GAMBLIN' ON A SURE SHOT"
Norman Harrisがアレンジを手がけたミディアム・アップ・テンポのポップなフィリー・ソウル・ダンサー。Eddie Kendricksの「He's a Friend」(1975)や、First Choiceの「Doctor Love」(1977)あたりを思わせる作品。

試聴出来るようになりました!

2007.01.22.Mon.01:31
タイトル・ナンバーの試聴が出来るようになりました。
曲のタイトル(黄色のラインを引いている部分)をクリックすれば、サンプルを聴く事が出来ます。
ご利用下さい。

高橋

CATHERINE MILLER/YOU'VE BEEN HUNCHIN ALL NIGHT(And Can't Get It Right)(1977)

2007.01.20.Sat.21:37
20070120205920.jpg


SIDE A...KM 003

YOU'VE BEEN HUNCHIN ALL NIGHT
(And Can't Get It Right)

Time: 4:51
(H. Miller)
Produced by Harvey Miller
Arranged and Conducted by Patrick Adams

SIDE AA...KM-1 A-S

LIFE IS LIKE A CHECKERBOARD
Time: 3:58
(H. Miller)
Produced by Harvey Miller
Arranged and Conducted by Horace Ott

(P)1977 Tyson Records

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU'VE BEEN HUNCHIN ALL NIGHT(And Can't Get It Right)
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Catherine Millerは、ニューヨークを拠点に活動していた黒人女性ボーカリスト。彼女の夫であり、ヘアー・スタイリストのHarvey Millerが、ローカル・レーベルTysonを立ち上げた関係でレコード・デビューを果たした。代表曲に「You've Been Hunchin All Night (And Can't Get It Right)」(1977)。

このシングルは1977年にTysonから発売されたセカンド・シングル。プロデュースはHarvey Miller

YOU'VE BEEN HUNCHIN ALL NIGHT
 (And Can't Get It Right
)
Patrick Adamsがアレンジを手がけたミュンヘン風ディスコ・ナンバー。ドナ・サマーを強く意識したようなセクシーなウィスパー・ボイスでの歌唱、筒美京平風のストリングス・アレンジが何とも面白い作品。

1980年にP&P系列のディスコ・レーベルHeavenly Starから、La She Ba名義で12インチ・シングルが発売された。

LIFE IS LIKE A CHECKERBOARD
70年代初頭に録音されたものと思われるゴスペル調ソウル・ナンバー。アレンジをHorace Ottが手がけている。

YUKO ASANO/MOONLIGHT TAXI(1976)

2007.01.20.Sat.03:01
20070120021517.jpg


SIDE 1...RVS-1041

ムーンライト・タクシー
MOONLIGHT TAXI
Time: 3:33
橋本 淳作詞/筒美京平作曲/筒美京平・萩田光雄編曲

SIDE 2...RVS-1041

リンゴの心
RINGO NO KOKORO
Time: 3:13
橋本 淳作詞/筒美京平作曲/筒美京平・萩田光雄編曲

(P)1976 RCA Records(Japan)

●CHART ACTION
ムーンライト・タクシー
[Japan (Original Confidence) # 54]

浅野ゆう子は、1970年代から第一線で活躍を続ける日本を代表する女優。かつてはアイドル歌手として「セクシー・バス・ストップ」「ハッスル・ジェット」(1976)「サマー・チャンピオン」(1979)といった、ディスコ・ミュージックを取り入れた作品を多数発表している。

このシングルは1976年日本・RCAから発売されたもの。クレジットこそされていないが演奏とアレンジをSadistics(元・サディスティック・ミカ・バンド)が手がけている。

ムーンライト・タクシー
当時流行していたニューヨーク・ディスコ・サウンドをいち早く取り入れたアーバンな雰囲気のお洒落なディスコ・ナンバー。曲の始まりから終わりまで非常に良く出来ており、イントロのブレイクからの開放感はいつ聴いても素晴らしい。純和製ディスコの傑作。

L.A. Soul Drivers名義のインストゥルメンタル・バージョンが存在する。

リンゴの心
失恋を歌っているにも関わらずとても爽やかな雰囲気のお洒落なディスコ・サウンド。特にグイグイ引っ張るファンキーなベース・ラインがグルーヴィーだ。B面にしておくには勿体ない程の作品。

MADE IN U.S.A./MELODIES(1977)

2007.01.19.Fri.23:56
20070109222942.jpg


SIDE A...DE 1594

MELODIES
.Time: 3:37
(Freida Nerangis/Britt Britton)
From LP"Made in U.S.A."DE:2026
Prod. & Arr. by Freida Nerangis & Britt Britton
for Cabrini Prod. Corp.

SIDE B...DE 1594

MELODIES(INSTRUMENTAL)
Time: 4:08
(Freida Nerangis/Britt Britton)
From LP"Made in U.S.A."DE:2026
Prod. & Arr. by Freida Nerangis & Britt Britton
for Cabrini Prod. Corp.

(P)1977 De-Lite Recorded Sound

BILLBOARD CHART ACTION
●MELODIES
[POP # -/R&B # 60 /DISCO # 15]

Made In U.S.A.(Unity, Strength, Ambitionの略)は、ニューヨークを拠点に活動していた黒人男女6人組ディスコ/ファンク・グループ。1981年に「Body Music」「Inch By Inch」の大ヒットを飛ばすファンク・バンドThe Strikersの前身。当初はレーベル・メイトのCrown Heights Affairと共通した音楽性を持つ弟分的なディスコ・バンドだった。

MELODIES
1977年にDe-Liteから発売されたデビュー・アルバム「Made in U.S.A」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはFreida NerangisBritt BrittonCrown Heights Affairのブラス・セクションが参加。

Dr.Bazzards Original Savannah Bandの影響を強く受けたものと思われるノスタルジックなディスコ・ナンバーで、、Crown Heights Affairのサポートによるゴージャスなブラス・セクションやコーラス、ジャズ・タッチのスタイリッシュなプレイは勿論素晴らしいが、何よりバンドの紅一点Jann Harrisonによる抜けの良い素直なボーカルがこの曲をさらに魅力的なものにしている。しかも、曲の後半からは意表を突いた驚きの展開が待っている。本当に良く出来た作品。

A面はボーカル・バージョン。
B面はアルバム未収録のロング・インストゥルメンタル・バージョン。

TWO TONS O' FUN/I GOT THE FEELING(1980)

2007.01.18.Thu.22:46
20070109222932.jpg


SIDE A...Fantasy 888

JUST US
Time: 3:45
(Robinson-Orsborn)
Produced by Harvey Fuqua
Exective Producer: Nancy C. Pitts

SIDE B...Fantasy 888

I GOT THE FEELING
Time: 3:51
(Wirrick-Miley-Loverde)
Produced by Harvey Fuqua
Exective Producer: Nancy C. Pitts

(P)1980 Fantasy/Honey Records

BILLBOARD CHART ACTION
●JUST US
[POP # -/R&B # 29 /DISCO # 2(LP all cuts)]

●I GOT THE FEELING
[POP # -/R&B # 29 /DISCO # 2(LP all cuts)]

Two Tons O' Fun(The Weather Girls)は、Sylvesterのバック・ボーカルとして活躍していたIzora ArmsteadMartha Washの2名で結成された黒人女性デュオ・グループ。推定300Kg以上とも言われるダイナマイト・ボディと、そこから搾り出されるパワフル・ボイスで一世を風靡した。主な大ヒット曲に「I Got The Feeling」(1980)、「It's A Raining Men」(1982)、「I'm Gonna Wash That Man」(1983)など。

このシングルは1980年にFantasy/Honeyら発売されたファースト・アルバム「Two Tons O' Fun」からのカット。プロデュースはHarvey Fuqua

JUST US
ゆったりとしたテンポのハート・ウォーミングなソウル・ディスコ・チューン。彼女たちのソウルフルで暖かみのある歌声がとても素晴らしい。心がなごむ一曲。

I GOT THE FEELING
Patrick Cowleyによるプログレッシブなリミックス・バージョン「The Patrick Cowley Mega Mix」でお馴染みのディスコ・クラシック。アップリフティングなテクノ・ディスコ・サウンドに彼女達のメガトン級のパワフル・ボイスが炸裂する凄まじい作品。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

LORRAINE JOHNSON/THE MORE I GET,THE MORE I WANT(1977)

2007.01.17.Wed.23:57
20070109223012.jpg


SIDE A...PRL 71096

THE MORE I GET, THE MORE I WANT
Total Time: 4:10
(J. Whitehead, G. Mcfadden, V. Carstarphen)
From the LP-"The More You Want"-PRL 12148
Produced by Jesse Boyce and Moses Dillard
for MOSES DILLARD ENTERPRISES,INC
Arranged by Harrison Calloway,Jr.

SIDE B...PRL 71096

JUST FOR THE MOMENT
Total Time: 4:57
(Moses Dillard and Beverly Turner)
From the LP-"The More You Want"-PRL 12148
Produced by Jesse Boyce and Moses Dillard
for MOSES DILLARD ENTERPRISES,INC
Arranged by Harrison Calloway,Jr.

(P)1977 Prelude Records

BILLBOARD CHART ACTION
●THE MORE I GET, THE MORE I WANT
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Lorraine Johnsonは、1960年代から80年代にかけてサザン・ソウル/ディスコ・シーンで活動していた黒人女性ソウル・シンガー。バック・グラウンドにある、ゴスペルで鍛え上げられたパワフルな歌唱力には定評があり、サザン・ソウルの名盤が数多くある。一時期Bill Brandonとも活動していた。「Feed The Flame」(1978)が唯一のチャート・ヒット。

このシングルは1977年にPrelude移籍第一弾として発売されたアルバム「The More You Want」からのカット。プロデュースはJesse BoyceMoses Dillard。アレンジはHarrison Calloway,Jr.。

THE MORE I GET,THE MORE I WANT
Teddy Pendergrassのファースト・アルバム「Teddy Pendergrass」(1977)のラストに収められていた作品のカバー。オリジナルはガラージ・クラシックとしても知られるスムースかつファンキーなフィリー・ダンサーだが、ここではオリジナルの雰囲気を踏襲しながらもディスコ・テイストを強めに押し出したパワフルなバージョンに仕上がっている。

JUST FOR THE MOMENT
彼女のゴスペル風味のパワフルなボーカルが堪能出来る極上のソウル・バラード。やはりディスコよりもこういったソウル・バラードのほうが彼女にはよく合っている。

BONNIE OLIVER/COME INSIDE MY LOVE(1979)

2007.01.16.Tue.22:52
20070109222835.jpg


SIDE A...5N-34006

COME INSIDE MY LOVE(Vocal)
Time: 3:44
(Lonnie Johnson)
Produced by Wiley Hicks
for Locked-In Productions Inc.
A Product Of Virlie Records Inc.
Mix by Savarese

SIDE B...5N-34006

COME INSIDE MY LOVE (Instrumental)
Time: 3:44
(Lonnie Johnson)
Produced by Wiley Hicks
for Locked-In Productions Inc.
A Product Of Virlie Records Inc.
Mix by Savarese

(P)1979 LeJoint/Virlie Records Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●COME INSIDE MY LOVE
[POP # -/R&B # -/DISCO # 89]

Bonnie Oliverは、ニューヨークを拠点にセッション・シンガーとして活動していた女性ボーカリスト。1979年に発売された彼女唯一のシングル「Come Inside My Love」と、The Originalsのアルバム「Come Away With Me」(1980)にバック・ボーカリストとしてクレジットされている以外の活動は不明。

COME INSIDE MY LOVE
1979年にLondon傘下LeJointから発売された彼女唯一のシングル。プロデュースはWiley Hicks。リミックスはTom Savarese

ディスコ・プロデューサーLonnie Johnsonが手がけたディスコ・プロジェクトThe Shade Of Loveが1979年に発表したディスコ・ナンバー「Come Inside」のカバー・バージョン。基本的にはオリジナルを踏襲した作りとなっており、豪華なオーケストレーションにスペイシーなシンセサイザーが乱舞するアッパーなディスコ・ナンバーに仕上がっている。

A面はボーカル・バージョン。
B面は派手なオーケストレーションとシンセサイザーが中心のインストゥルメンタル。実際クラブ・プレイ向きなのはこちらのバージョン。

SHARON REDD/CAN YOU HANDLE IT(1980)

2007.01.15.Mon.15:12
20070109222920.jpg


SIDE A...PRL 8024-AS

CAN YOU HANDLE IT
Time: 3:45
(R. Brown & W. Lester)
Produced by Willie Lester & Rodney Brown
for Mainline Productions Inc.
A Product of Prelude Records
Arranged by Rodney Brown

SIDE B...PRL 8024-BS

YOU STAYED ON MY MIND
Time: 4:39
(R. Brown,W. Lester,A. Harld)
Produced by Willie Lester & Rodney Brown
for Mainline Productions Inc.
A Product of Prelude Records
Arranged by Al Johnson

(P)1980 Prelude Records

BILLBOARD CHART ACTION
●CAN YOU HANDLE IT
[POP # -/R&B # 57/DISCO # 5]

Sharon Reddは、数多くのアーティストのバック・ボーカリストとして活躍し、自らも「Can You Handle It」(1980)や「Beat The Street」(1982)などのディスコ・ヒットを持つ実力派黒人女性ボーカリスト。Bette Midlerのバック・ボーカル・グループ"Harlettes"のメンバーとして活躍した事でも知られる。

このシングルは1980年にPreludeから発売されたソロ・デビュー・アルバム「Sharon Redd」からのカット。プロデュースはWillie LesterRodney Brown

CAN YOU HANDLE IT
Rodney Brownがアレンジを手がけた、都会的でクールなサウンドが乗ったブラック・コンテンポラリー寄りのファンキッシュなディスコ・ナンバー。当時のプレリュード・サウンドを代表する名曲。

YOU STAYED ON MY MIND
Al Johnsonがアレンジを手がけたフィリー・ソウル風のスロー・バラード。サビのメロディーが特に良い。

PINK LADY/KISS IN THE DARK(1979)

2007.01.13.Sat.22:00
20070109222910.jpg


SIDE A...E-46040-A

KISS IN THE DARK
Time: 2:55
(Michael Lloyd)
Produced by Michael Lloyd
Arranged by John D'Andrea

SIDE B...E-46040-B

WALK AWAY RENEE
Time: 3:40
(Mike Brown/Bob Calilli/Tony Sansone)
Produced by Michael Lloyd
Arranged by Erich Bulling

(P)1979 Elektra/Curb Records

BILLBOARD CHART ACTION
●KISS IN THE DARK
[POP # 37/R&B # - /DISCO # -]
[Japan (Original Confidence) # 19]


Pink Ladyは、「ペッパー警部」(1976)、「ウォンテッド(指名手配)」「UFO」(1977)などの大ヒットで一世を風靡した日本の女性2人組ボーカル・グループ。 メンバーはMie根本美鶴代)とKei(増田惠子)。海外では「Kiss In The Dark」(1979)の全米Top40ヒットやTV番組「Pink Lady & Jeff」への出演で知られる。

このシングルは、1979年にElektraから全米発売されたアルバム「Pink Lady」からの先行シングル。プロデュースはMichael Lloyd

KISS IN THE DARK
ファッショナブルでキャッチーなミュンヘン・サウンド風のサウンドに、彼女達のセクシーでフレッシュなボーカルがのったアップリフティングなディスコ・ナンバー。アレンジはJohn D'Andrea

日本では「海外進出第一弾」という事で話題になったものの、それまでのイメージとは全く異なる作品だった為に賛否が分かれたが、逆にアメリカではラジオ・ステーションを中心に火がつき、最終的にはポップ・チャートにおいてビッグ・ヒットを記録した。

WALK AWAY RENEE
1968年にFour Topsによって大ヒットしたポップ・ナンバーのカバー。アレンジはErich Bulling。タイム表記が誤っており、実際は3:04である。

QUINCY JONES/MIDNIGHT SOUL PATROL(1976)

2007.01.12.Fri.22:09
20070109222959.jpg


SIDE A...1878-S

MIDNIGHT SOUL PATROL
Time: 3:39
(Q. Jones-L. Johnson-J. Mandel)
(From the A&M album "I Heard That!!"SP-3705)
Produced by Quincy Jones for Quincy Jones Productions

SIDE B...1878-S

BROWN SOFT SHOE
Time: 4:45
(R. Brown)
(From the A&M album "I Heard That!!"SP-3705)
Produced by Quincy Jones for Quincy Jones Productions

(P)1976 A&M Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●MIDNIGHT SOUL PATROL
[POP # 104/R&B # 47 /DISCO # -]

Quincy Jonesは、60年代から現在まで第一線で活躍し、ジャズ・フュージョン/ポピュラー音楽界に多大なる影響と功績を残す黒人男性プロデューサー、アレンジャー、コンポーザー。Michael JacksonPatti Austinをスターダムに押し上げ、USA For Africaなどのプロジェクトを成功させた事は有名。彼自身の大ヒット曲に「Ironside」(1972)、「Stuff Like That」(1978)、「Ai No Corrida」「Just Once」(1981)など多数。

このシングルは1976年にA&Mから彼の音楽業界生活20周年を記念して発売された2枚組アルバム「I Heard That!!」からのカット。プロデュースはQuincy Jones

MIDNIGHT SOUL PATROL
彼が初めてディスコ・ビートをアレンジに取り入れたファッショナブルなインストゥルメンタル・ナンバー。参加ミュージシャンたちによるタイトでスタイリッシュなプレイは言うまでもなく素晴らしいが、特に中盤のStanley ClarkLouis Johnsonによるベース・ソロ対決、Billy Cobhamによるムーグ・ドラム・プレイなど、聴き所満載となっている。

BROWN SOFT SHOE
シンセ・ストリングスとフェンダー・ローズ、ハーモニカの音色がとてもおしゃれなスロー・ナンバー。思わず部屋を暗くしてワインでも飲みながら聴きたくなる曲。

FIRST CHOICE/THE PLAYER(1974)

2007.01.11.Thu.23:56
20070109222858.jpg


SIDE A...PG 200

THE PLAYER - PART 1
Time: 2:48
(Norman Harris-Allan Felder)
Produced by Stan Watson and Norman Harris
for Nassau Productions Ltd.
Arranger: Norman Harris

SIDE B...PG 200

THE PLAYER - PART 2
Time: 4:20
(Norman Harris-Allan Felder)
Produced by Stan Watson and Norman Harris
for Nassau Productions Ltd.
Arranger: Norman Harris

(P)1974 Philly Groove Records/Bell Records

BILLBOARD CHART ACTION
●THE PLAYER - PART 1
[POP # 70/R&B # 7 /DISCO # -]

First Choiceは、フィリーソウルの重鎮Norman HarrisStan Watsonに見出された実力派黒人女性3人組ソウル・ボーカル・グループ。1974年当時のメンバーはRochelle FlemingAnnette GuestJoyce Jones。「Armed & Extremely Dangerous」(1973)、「The Player(Part. 1)」(1974)、「Doctor Love」(1977)などのヒット曲で知られる。

●THE PLAYER
1974年にPhilly Grooveから発売されたセカンド・アルバム「The Player」からの先行シングル。プロデュースはStan WatsonNorman Harris。アレンジはNorman Harris

当時流行のニュー・ソウルの流れを汲む洗練されたクールなフィリー・ダンサー。MFSBによる贅沢かつ壮大なオーケストレーション、ハイテンションかつ緊張感溢れる演奏、彼女達の迫力あるボーカルは厚巻。そして何よりも1974年初頭に発表されたとは思えない程に完成されたディスコ・ビートは衝撃的。結果的に彼女達のR&Bチャートにおける最大のヒット曲となった。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンとは別テイクのモノラル・ミックス。アルバム・バージョンでは完全にカットされているバースやボーカル・パートがある。

A面はフル・バージョンの前半部分。
B面はフル・バージョンの後半部分。

KARLA GARRISON/THIS COULD BE THE NIGHT(1978)

2007.01.10.Wed.16:33
20070109222820.jpg


SIDE A...UA-X 1253-Y

YOU TAUGHT ME HOW TO LOVE
Time: 2:50
(M. Scappiello/H. Payne/E. Pease)
Produced by Gilda C. Woods for Freestyle Productions
Arranged by Jack Faith

SIDE B...UA-X 1253-Y

THIS COULD BE THE NIGHT
Time: 3:01
(D. Daley)
Produced by Gilda C. Woods for Freestyle Productions
Arranged by Bert Willis & Jerome Ross

(P)1978 United Artists Music and Records Group,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU TAUGHT ME HOW TO LOVE
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Karla Garrisonは、フィラデルフィアを拠点にセッション・シンガーとして活動していた女性ボーカリスト。7インチ・シングルと12インチ・シングルを1枚ずつ残しているが、彼女に関する詳細は不明。

このシングルは1978年にUnited Artistsから発売された彼女唯一のシングル。Brenda & The Tabulationsをスターに育て上げた女性プロデューサーGilda Woodsがプロデュース。バックはSalsoul Orchestra (MFSB)。フィリー録音。

YOU TAUGHT ME HOW TO LOVE
Jack Faithがアレンジを手がけたミディアム・スロー・ナンバー。良い曲なのだがシングルのA面向きではなかったのでは?

THIS COULD BE THE NIGHT
Frankie Valliの大ヒット「Swearin' To God」(1975)あたりを思わせるラテン・タッチのダンサブルなフィリー・ディスコ・チューン。アレンジはBert WillisJerome Ross

この曲のリミックス・バージョンをA面に収録し、新曲「Lover's Magic」を収録した12インチ・シングルが存在する。

LOVE MACHINE/DISCO BABIES(1976)

2007.01.09.Tue.23:17
20070109222844.jpg


SIDE A...AS 0187

DISCO BABIES
Time: 3:30
(Steven Duboff & Tony Powers)
Produced by Steven Duboff & Tony Powers

SIDE AA...AS 0187

MAKE SOMEBODY HAPPEN
Time: 3:56
(Steven Duboff & Tony Powers)
Produced by Steven Duboff & Tony Powers

(P)1976 Arista Records Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●DISCO BABIES
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

The Love Machineは、日本、イタリアで人気のあったアメリカの黒人女性7人組ソウル・ボーカル・グループ。当時はビッグ・アーティストの前座を務めるなど、ステージを中心に活動していた。日本では「Desperately」(1977)のシングル・ヒットで知られる。

このシングルは1976年にAristaから全米発売されたもの。Ringo StarrMonkeesLenny Williamsといったビック・ネームを手がけたコンポーザーSteven Duboffによるプロデュース作品。

DISCO BABIES
彼女たちのエキサイティングなボーカルとコーラスがしっかりと活かされたゴージャスなディスコ・ナンバー。タイトルからのイメージとは少し異なるマイナー調の作品だが、しっかりとツボをおさえたイントロ、キャッチーなメロディーライン、アレンジはなかなかのモノ。彼女たちの最高傑作といっても過言ではないだろう。

MAKE SOMEBODY HAPPEN
A面以上にマイナー調(むしろ歌謡曲風ともいえる?)のミディアム・テンポのディスコ・チューン。ここで聴かれる彼女たちのコーラスはかなりソウルフルなフィーリングでソリッドにきまっており、やはり下積みの長い実力のあるグループだという事がわかる。

THE LOVE MACHINE/DESPERATELY(1978)

2007.01.09.Tue.23:16
20061223000830.jpg



SIDE A...BDA 595

DESPERATELY
Time: 3:27
(R. Whitelaw/N. Bergen)
Edited By Camille Sasscer

SIDE B...BDA 595

DON'T FLY AWAY
Time: 4:28
(R. Crossley/C. Nolan/G. Lee)

(P)1978 by BUDDHA RECORDS,INC

BILLBOARD CHART ACTION
●DESPERATELY
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

The Love Machineは、日本、イタリアで人気のあったアメリカの黒人女性7人組ソウル・ボーカル・グループ。当時はビッグ・アーティストの前座を務めるなど、ステージを中心に活動していた。日本では「Desperately」(1977)のシングル・ヒットで知られる。

このシングルは1978年にBuddahから発売されたアルバム「The Love Machine」からのカット。

DESPERATELY
1977年に日本・Victorから「恋のショック」という邦題で発売され、日本でヒットした作品。プロデュースはDr.Dragon & The Oriental ExpressFunky Bureauの仕掛け人として知られるSatoshi"Hustle"Honda。アレンジは船山基紀。日本録音。

曲自体はReid WhitelawNorman Bergenのペンによるもので、彼らが手がけたソウル・グループMoment of Truthのヒット「Helplessly」(1975)と良く似た展開のメロディアスなディスコ・ナンバー。

DON'T FLY AWAY
彼女たちのハーモニーをメインとしたファンキーなジャズ・フュージョン・タイプのソウル・ナンバー。High InergyBrenda Goochなどのアーティストを手がけたGerald Leeによるプロデュース作品。おそらくアメリカ録音だろう。

SUPERMAX/LOVE MACHINE Part I & II(1977)

2007.01.06.Sat.21:29
20061223000820.jpg


SIDE A...ATL 11 160

LOVE MACHINE (PART 1)
Time: 4:32
(K. Hauenstein)
Produced by Peter Hauke for Rockoko Productions
Rockoko Music

SIDE B...ATL 11 160

LOVE MACHINE (PART 2)
Time: 4:05
(K. Hauenstein)
Produced by Peter Hauke for Rockoko Productions
Rockoko Music

(P)1977 Atlantic/WEA Musik GmbH (Germany)

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE MACHINE
[POP # -/R&B #96 /DISCO # -]

Supermaxは、プログレッシブ・ロックを数多く手がけていたドイツ人プロデューサーPeter Haukeが手がけたドイツのディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはKurt Hauenstein。「Love Machine」(1977)の世界的ヒットで知られる。

LOVE MACHINE
1977年にドイツ・Atlanticから発売されたセカンド・アルバム「World Of Today」からのセカンド・シングル。プロデュースはPeter Hauke。

従来のミュンヘン・ディスコとは異なる、プログレッシブ・ロックとエレクトロの融合ともいえる独特な雰囲気のディスコ・ナンバーで、80年代前半に一大ムーブメントを迎えたニューウェイブの原型ともいえる作品。近年はエレクトロ・ディスコ再評価の流れで世界各国の有名DJ達によって取り上げられるようになり、オリジナル盤が高値で取引されるなど人気が過熱した。

A面はアルバム・バージョンの前半部分。
B面はアルバム・バージョンの後半部分。

ULTRA FUNK/GOTHAM CITY BOOGIE(1976)

2007.01.03.Wed.18:12
20061223000843.jpg


SIDE A...CS 2100

GOTHAM CITY BOOGIE
(L. Dinsdale,G. Shury)
Arranged by Gerry Shury
Produced Within The Contempo Family

SIDE B...CS 2100

INDIGO COUNTRY
(G. Shury,M. Doyle)
Arranged by Gerry Shury
Produced Within The Contempo Family

(P)1976 Contempo Records,Ltd.

BILLBOARD CHART ACTION
●GOTHAM CITY BOOGIE
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Ultrafunkは、当時、数多くの人気アーティストを手がけていたイギリス人プロデューサーGerry Shuryが手がけたイギリスのファンク・ディスコ・バンド。同じイギリスのディスコ・オーケストラThe Armada Orchestraのリズム・セクションとしても活躍した。主なヒット曲に「Kung Fu Man(Pt.1)」(1974)、「Sting Your Jaws(Pt.1)」(1975)がある。

このシングルは1977年にイギリス・Contempoから発売されたセカンド・アルバム「Meat Heat」からの先行シングル。アレンジはGerry Shury

GOTHAM CITY BOOGIE
大ヒット映画「Batman」のテーマをモチーフとした、アップ・テンポのファンキーなディスコ・ナンバー。Gotham Cityとはバットマンの活躍する架空の都市である。

アメリカではロング・バージョンを収録した12インチ・シングルがTK Recordsから全米発売され、ディスコでカルト・ヒットとなった。

INDIGO COUNTRY
イギリスを代表するクラブDJ・Bill BrewsterによるミックスCD「Faith Presents T.K. DISCO」に収められた事で注目された作品。土臭いワイルドなビートを持った作品だが、ストリングスを多用する事で、ニューソウル風のマイルドなファンク・チューンに仕上がっている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。