スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAGNETIC TOUCH/AIN'T GONNA BE A NEXT TIME(1976)

2007.02.28.Wed.02:29
20070220212527.jpg

SIDE A...P&P 7-1515

AIN'T GONNA BE A NEXT TIME
Time: 2:50
(Patrick Adams-D. Harris)
Prod. by Ed Carpenter & Patrick Adams
for Patrick Adams Prod.,Inc.
Promo Staff: Peter Brown, Patricia Gilyard, Delmar Donnell.

SIDE B...P&P 7-1515

AIN'T GONNA BE A NEXT TIME-Instrumental
Time: 2:50
(Patrick Adams-D. Harris)
Prod. by Ed Carpenter & Patrick Adams
for Patrick Adams Prod.,Inc.
Promo Staff: Peter Brown, Patricia Gilyard, Delmar Donnell.

(P)1976 P&P Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●AIN'T GONNA BE A NEXT TIME
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Magnetic Touchは、Ed CarpenterPatrick Adamsが手がけた黒人男女混声ソウル・ボーカル・グループ。70年代から80年代にかけて一枚のアルバムと数枚のシングルを残しているが詳細は不明。恐らくFour Below ZeroCaressのような、実体のないグループではないかと思われる。

AIN'T GONNA BE A NEXT TIME
1976年にP&Pから発売されたファースト・シングル。プロデュースはEd CarpenterPatrick Adams。1978年にAlmeriaから発売されたアルバム「Falling In Love With A Dream」収録。

フィリー・ソウルを強く意識したものと思われる、ディスコ一歩手前のゆるやかなビートに、スイートな男性ボーカルが絡むモダン・ソウル・ダンサー。アルバムに収録されているものとは別ミックスとなっている。

A面とB面にはそれぞれミックス違いを収録。
※B面は「Instrumental」とクレジットされているが誤り。

スポンサーサイト

THE MAJOR HARRIS BOOGIE BLUES BAND/EACH MORNING I WAKE UP(1974)

2007.02.27.Tue.04:42
20070220212535.jpg

SIDE A...45-3217

EACH MORNING I WAKE UP
Time: 2:29
(Mystro & Lyric)
Produced by W.M.O.T.Productions
and Mystro & Lyric
Arranged by Norman Harris

SIDE B...45-3217

JUST A THING I DO
Time: 4:33
(B. Eli & T. Collins)
Produced by Bobby Eli for W.M.O.TProductions
Arranged by Bobby Eli

(P)1974 Atlantic

BILLBOARD CHART ACTION
●EACH MORNING I WAKE UP
[POP # -/R&B # 98/DISCO # 14]

Major Harrisは、The Delfonicsのメンバーとして活躍し、ソロ転向後も「Love Won't Let me Wait」(1975)などの大ヒット曲で一世を風靡した黒人男性ボーカリスト。Norman Harrisの従兄弟にあたる。

このシングルは1974年にAtlanticから発売されたソロ・デビュー・シングル。The Major Harris Boogie Blues Band名義になっているが実体はない。演奏はMFSB。1975年発売のアルバム「My Way」収録。

EACH MORNING I WAKE UP
Mystro & Lyric (Melvin & Marvin Steals)がプロデュース、Norman Harrisがアレンジを手がけたアップテンポの軽快なフィリー・ダンサー。とてもダンサブルな作品で、やはりディスコを中心にヒットしている。

JUST A THING I DO
フィラデルフィアの黒人男性ソウル・シンガーTerry CollinsBobby Eliのペンによるスロー・バラード。彼のボーカルがあまりフィリーらしくなく、むしろサザン・ソウル風なのが興味深い。アルバムではタイトルの一部が改変され、「Just A Thing That I Do」となっている。

THE PHILLY SOUND/WAITIN' FOR THE RAIN-INST.(1974)

2007.02.25.Sun.21:56
20070220212542.jpg

SIDE A...PH 369

WAITIN' FOR THE RAIN-INST.
Time: 3:30
(L. Green, N. Harris)
Prod. by:R. Baker, N. Harris, Young
Arrg. by: N. Harris

SIDE B...PH 369

DON'T DEPEND ON ME-INST.
Time: 3:26
(R. Baker, A. Felder, N. Harris)
Prod. by: R. Baker, N. Harris, Young
Arrg. by: R. Baker

(P)1974 Phil-L.a.OF SOUL/Jarnie Record Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●WAITIN' FOR THE RAIN-INST.
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

このシングルは1973年にフィラデルフィアのインディー・レーベルPhil-L.a.OF SOULから発売されたFantastic Johnny Cのシングル曲のインストゥルメンタル・バージョンを収録したもの。プロデュースはRonnie BakerNorman HarrisEarl Young。演奏はMFSB。1974年発売。

WAITIN' FOR THE RAIN-INST.
疾走感のある大袈裟なイントロが印象的なミディアム・テンポのダンサブルなフィリー・ダンサー。First Choiceのヒット「Armed & Extremely Dangerous」(1973)や「The Player」(1974)あたりを思わせるシリアスな雰囲気の作品。アレンジはNorman Harris

DON'T DEPEND ON ME-INST.
The Three Degreesの「Year of Decision」(1973)と似た雰囲気のフィリー・ダンサー。アレンジはRonnie Baker

SISTER SLEDGE/CREAM OF THE CROP(1976)

2007.02.24.Sat.21:00
20070220212548.jpg

SIDE A...45-44208

CREAM OF THE CROP
Time: 3:35
(Bobby Eli & Len Barry)
Produced by Bobby Eli for Silver Blue Productions,Ltd.
Arranged by Bobby Eli

SIDE B...45-44208

LOVE AIN'T EASY
Time: 3:40
(Joni Sledge & Anthony DeCarolis)
Produced by Bert deCoteaux & Tony Silvester
Arranged & Conducted by Bert deCoteaux

(P)1976 Cotillion

BILLBOARD CHART ACTION
●CREAM OF THE CROP
[POP # -/R&B # 100/DISCO # -]

Sister Sledgeは、Chicプロデュースによる「He's The Greatest Dancer」(1978)や「We Are Family」(1979)などの世界的大ヒット曲で一世を風靡したフィラデルフィア出身の黒人姉妹4人組ボーカル・グループ。メンバーはDebra SledgeJoni SledgeKim SledgeKathy Sledge

このシングルは1976年にCotillionから発売されたシングル。アルバム未収録。

CREAM OF THE CROP
Bobby Eliがプロデュース、アレンジを担当し、MFSBをバックにフィラデルフィアで録音された作品で、ポップでキャッチーなメロディー・ラインを持ったアップテンポのフィリー・ディスコ・チューン。個性的かつフレッシュなボーカルがとても魅力的であり、後の成功を予見させる作品。

LOVE AIN'T EASY
彼女たちのファースト・アルバム「Circle Of Love」(1975)を手がけたBert de CoteauxTony Silvesterによって制作された、Jackson5あたりを思わせるファンキー・ソウル・ナンバー。ファースト・アルバムからのアウト・テイクではないかと思われる。

THE TEMPREES/I FOUND LOVE ON A DISCO FLOOR(1976)

2007.02.23.Fri.21:42
20070220212553.jpg

SIDE A...8-50192

I FOUND LOVE ON A DISCO FLOOR-SHORT VERSION
Time: 3:19
-J. Gonzalez-S. Bradford-
Produced by J. Gonzalez-S. Bradford
A Syl John Productions
Arranged and Conducted by Dave Vanderpitt
Exective Producer Jo Bridges

SIDE B...8-50192

THERE AIN'T A DREAM BEEN DREAMED
Time: 3:52
-J. Gonzalez-S. Bradford-
Produced by J. Gonzalez-S. Bradford
A Syl John Productions
Arranged and Conducted by Dave Vanderpitt
Exective Producer Jo Bridges

(P)1976 Epic/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●I FOUND LOVE ON A DISCO FLOOR
[POP # -/R&B # 78/DISCO # -]

The Tempreesは、メンフィスを拠点に活動していた黒人男性3人組ソウル・ボーカル・グループ。Stax傘下We Produceレーベルに所属しながら、フィリー・ソウル寄りのアプローチを積極的に行った事で知られ、1973年公開の映画「Wattstax」に出演した事でも知られる。

このシングルは1976年にEpicへの移籍第一弾として発売されたシングル。プロデュースはJohn GonzalezSylvester Bradford。アレンジはDavid Van DePitte。チャート上における実質的なラスト・シングル。

I FOUND LOVE ON A DISCO FLOOR
フィラデルフィア・ソウル風のアップテンポで軽快なポップ・ディスコ・チューン。曲の始まりから終わりまでとても良く出来た作品で、軽やかなリズムに乗った彼らのボーカルも聴いていて気持ちが良い。

このシングル・バージョンは、プロモーション用7インチ、12インチ・シングルに収録のロング・バージョンをエディットしたもの。

THERE AIN'T A DREAM BEEN DREAMED
ファルセットで歌い上げるスイートな雰囲気のスロー・バラード。セリフ入り。

VENUS DODSON/HE SAID, SHE SAID(1979)

2007.02.21.Wed.21:01
20070220212607.jpg

SIDE A...RCS 49092 PROMOTION STEREO

HE SAID, SHE SAID(Edit)
Time: 3:08
(P. Adams/K. Morris)
Produced by P. Adams & K. Morris
Exective Producer: Leonard J. Goldberg
For Fulcrum Enterprises Inc.
A Patrick Adams Production Inc
From the RFC Album RFC 3348 NIGHT RIDER

SIDE A...RCS 49092 PROMOTION MONO

HE SAID, SHE SAID(Edit)
Time: 3:08
(P. Adams/K. Morris)
Produced by P. Adams & K. Morris
Exective Producer: Leonard J. Goldberg
For Fulcrum Enterprises Inc.
A Patrick Adams Production Inc
From the RFC Album RFC 3348 NIGHT RIDER

(P)1979 Warner Bros. Records Inc,/RFC Records

BILLBOARD CHART ACTION
●HE SAID,SHE SAID(Edit)
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Venus Dodsonは、Patrick Adams Production Companyの一員としてコンポーザー、セッションシンガーとして活動していた黒人女性シンガー・ソングライター。コンポーザーとしてMoments & Whatnautsの大ヒット曲「Girls」(1975)を手がけた実績を持つ。主な代表曲に「Night Rider」「Shining」(1979)など。

このシングルは1979年にRFCから発売されたデビュー・アルバム「Night Rider」からのセカンド・シングル。プロデュースはPatrick AdamsKen Morris

HE SAID, SHE SAID
Patrick AdamsKen Morrisのペンによる作品で、いかにも彼ららしいサウンドが展開されるアップリフティングなディスコ・ナンバー。グングンと迫るオクターブ・ベース、キレの良いストリングス、そして彼女の生き生きとした爽やかなボーカルが気持ち良い。

VICKI SUE ROBINSON/DAYLIGHT(1976)

2007.02.20.Tue.23:53
20070220212613.jpg

SIDE A...PB-10775

DAYLIGHT
Time: 3:20
(B. Womack-H. Payne)
(from the"Vicki Sue Robinson"album,APL 1-1829)
Produced and Arranged by Warren Schatz
for Sunbar Productions,Inc.

SIDE B...PB-10775

NEVER GONNA LET YOU GO
Time: 2:59
(Warren Schatz)
(from the"Never Gonna Let You Go"album,APL 1-1256)
Produced and Arranged by Warren Schatz
for Sunbar Productions,Inc.

(P)1976 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DAYLIGHT
[POP # 91/R&B # 63/DISCO # 9]


Vicki Sue Robinsonは、「Turn The Beat Around」(1976)や「Hold Tight」(1977)などのディスコ・ヒットで知られるニューヨーク出身の女性ボーカリスト。デビュー前はミュージカルを中心に活躍し、日本のシンガーソングライター下田逸郎サディスティック・ミカ・バンドと共に日本で音楽活動をしていた。

このシングルは1976年にRCAから発売されたセカンド・アルバム「Vicki Sue Robinson」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはWarren Schatz

DAYLIGHT
Bobby Womackが1975年に放った大ヒット曲のカバー。オリジナルはライト・ディスコ調のシンプルな作品だったが、こちらは派手なオーケストレーションを導入し、さらにビートを強調したグルーヴィーなファンキー・ディスコ・チューンに仕上がっている。何より彼女の表情豊かなボーカルが素晴らしい。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・バージョンのイントロで聴かれる彼女のセリフをカットしたシングル・ミックス。

NEVER GONNA LET YOU GO
1975年にRCAから発売されたデビュー・シングルの再録。1976年発売のファースト・アルバム「Never Gonna Let You Go」収録。

一度聴いたら覚えてしまうほどキャッチなメロディー・ラインを持つ、アップテンポのポップなディスコ・ナンバー。

STICKY FINGERS/WASTIN' MY LOVE(1979)

2007.02.20.Tue.18:57
20070130164542.jpg

SIDE A...PRL 71115

WASTIN' MY LOVE
Time: 3:55
(Bruce Ley, Willi Morrison)
FROM THE LP-STICKY FINGERS PRL 12164
PRODUCED by IAN GUENTHER & WILLI MORRISON
for THREE HATS PRODUCTIONS INC.
ARRANGED, CONDUCTED & ORCHESTRATED by PETE PEDERSEN
PRODUCTION ASSOCIATE: FRANCOIS K

SIDE B...PRL 71115

PARTY SONG
Time: 4:10
(Bruce Ley, Willi Morrison)
FROM THE LP-STICKY FINGERS PRL 12164
PRODUCED by IAN GUENTHER & WILLI MORRISON
for THREE HATS PRODUCTIONS INC.
ARRANGED, CONDUCTED & ORCHESTRATED by PETE PEDERSEN
PRODUCTION ASSOCIATE: FRANCOIS K

(P)1979 Prelude Records

BILLBOARD CHART ACTION
●WASTIN' MY LOVE
[POP # -/R&B # -/DISCO # - ]

●PARTY SONG
[POP # -/R&B # -/DISCO # 24]

Sticky Fingersは、THP OrchestraGrand Tourなどのディスコ・プロジェクトを手がけたカナダ人ディスコ・プロデューサーIan GuentherWilli Morrisonが手がけたディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはDuncan Sisters。主な代表曲に「Wastin' My Love」(1978)など。

このシングルは1978年にPreludeから発売された唯一のアルバムSticky Fingers」からのカット。プロデュースはIan GuentherWilli MorrisonアレンジはPete Pedersen

WASTIN' MY LOVE
Joey Negro Featuring Taka Boomが1999年に放ったクラブ・ヒット「Must Be The Music」で使用された事でクローズ・アップされたディスコ・クラシック。少しだけロック風のキャッチーなメロディー・ラインを持ったアップテンポのディスコ・ナンバーで、モロ使いされたアッパーなイントロ部分がやはり強烈。

PARTY SONG
タイトル通りのファンキッシュなパーティー・ディスコ・チューン。ディスコ・チャートではこちらのほうがヒットを記録している。

VENUS DODSON/NIGHT RIDER(1979)

2007.02.17.Sat.23:39
20070130164547.jpg

SIDE S...RCS 8831 PROMOTION

NIGHT RIDER
Time: 3:19
(P. Adams/K. Morris)
Produced & Arranged by P. Adams & K. Morris
A JIM BURGESS MIX
From the Warner/RFC Album RFC 3348 NIGHT RIDER

SIDE S...RCS 8831 PROMOTION

NIGHT RIDER
Time: 3:19
(P. Adams/K. Morris)
Produced & Arranged by P. Adams & K. Morris
A JIM BURGESS MIX
From the Warner/RFC Album RFC 3348 NIGHT RIDER

(P)1979 Warner/RFC Records

BILLBOARD CHART ACTION
●NIGHT RIDER
[POP # -/R&B # -/DISCO # 16]

Venus Dodsonは、Patrick Adams Production Companyの一員としてコンポーザー、セッションシンガーとして活動していた黒人女性シンガー・ソングライター。コンポーザーとしてMoments & Whatnautsの大ヒット曲「Girls」(1975)を手がけた実績を持つ。主な代表曲に「Night Rider」「Shining」(1979)など。

このシングルは1979年にRFCから発売されたデビュー・アルバム「Night Rider」からのセカンド・シングル。プロデュースはPatrick AdamsKen Morris。リミックスはJim Burgess

NIGHT RIDER
チャカポコとしたパーカッシブなリズムに乗せて、派手なオーケストレーションとコーラスと共にサビに向かって豪快に盛り上がっていくアップ・テンポのディスコ・ナンバー。いかにもこの時期のPatrick Adamsらしい音作りがなされた作品。

CERRONE/SUPERNATURE(1977)

2007.02.17.Sat.01:39
20070130164457.jpg

SIDE A...44230

SUPERNATURE
Time: 3:45
(Cerrone)
From Cotillion LP 5202
A Cerrone Production
An Original Maligator Recording

SIDE B...44230

SWEET DRUMS
Time: 2:43
(Cerrone)
From Cotillion LP 5202
A Cerrone Production
An Original Maligator Recording

(P)1977 Cotillion/WEA International Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●SUPERNATURE
[POP # 70/R&B # 72/DISCO # 1]

Cerrone(Jean-Marc Cerrone)は、Giorgio Moroderと並ぶユーロ・ディスコ・サウンドのパイオニアと呼ばれ、全世界のミュージック・シーンに多大な影響を与えたフランス人男性ディスコ・プロデューサー、コンポーザー、ドラマー。主な代表曲に「Love In C Minor」(1976)、「Supernature」(1977)、「Rocket In The Pocket」(1978)、「Hooked On You」(1980)など多数。

このシングルは1977年にCottillionから全米発売され、グラミー賞5部門を獲得する快挙を成し遂げた大ヒット・アルバム「Cerrone 3 Supernature」からのカット。プロデュースはCerrone

SUPERNATURE
Donna Summerの大ヒット曲「I Feel Love」(1977)と並ぶテクノ・ディスコの最高峰として高く評価されている彼の代表曲。とてもシリアスで強いメッセージを持った作品で、それまでのCerroneに対するイメージを一気に覆し、彼自身の評価を一層高める事に成功した。

このシングル・バージョンはアメリカ独自のエディットとなっており、しっかり展開を考えてエディットされたヨーロッパ盤と比べるとかなりお粗末な出来栄え。これがアメリカでのチャート・アクションが地味になった原因と思われる。

SWEET DRUMS
アルバムのA面ラストにノン・ストップで収められているドラム・ブレイク。Cerroneによるドラム・ソロがじっくり堪能できる。

SARAH DASH/SINNER MAN(1978)

2007.02.15.Thu.21:29
20070130164532.jpg

SIDE AA-AF ZS8 4278

SINNER MAN
Time: 3:18
-R. Hegel-C. George-
Taken From The Kirshner Lp"SARAH DASH"JZ 35477
Produced by W. Gold, J. Siegel ,G. Knight, G. Allan
Exective Producer: Don Kirshner
Arranged by Leon Pendarvis
"a Tom Moulton Mix"
Mixed at Sigma Sound Studios, Phila.,Pa.

SIDE AA-AF ZS8 4278

LOOK BUT DON'T TOUCH......Time: 3:05
-G. Allan, G. Knight-
Taken From The Kirshner Lp"SARAH DASH"JZ 35477
Produced by W. Gold, J. Siegel, G. Knight, G. Allan
Exective Producer: Don Kirshner
Arranged by Leon Pendarvis

(P)1978 Kirshner/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●SINNER MAN
[POP # 71/R&B # 70/DISCO # 9]

Sarah Dashは、「Lady Marmalade」(1974)のナンバー・ワン・ヒットで知られるLabelleのメンバーとして活躍した黒人女性ボーカリスト、女優。主なヒット曲に「Sinner Man」(1978)、「Lucky Tonight」(1983)など。

このシングルは1978年にKirshnerから発売されたソロ・デビュー・アルバム「Sarah Dash」からのファースト・シングル。プロデュースはGary KnightGene AllanJay SiegelWally Gold。アレンジはLeon Pendarvis

SINNER MAN
彼女にとって最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。Labelle時代とは大きくイメージの異なるタイプの作品で、哀愁感のある切ないメロディ・ラインを持ったアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。リミックスはTom Moulton

LOOK BUT DON'T TOUCH
黒人男性ソウル・シンガーDonny Beaumontが1975年に発表したシングル曲ののカバー。オリジナルはMFSBをバックに録音された典型的なフィリー・ダンサーだが、こちらもオリジナルを踏襲したフィリー・ソウル風のポップなディスコ・ナンバーに仕上がっている。

EASTBOUND EXPRESSWAY/NEVER LET GO(1978)

2007.02.14.Wed.15:25
20070130164503.jpg

SIDE A...AVI 237 S

NEVER LET GO
Time: 3:30
(I. Levine-F. Trench)
Produced by: Ian Levine
Mixed by Rick Gianatos for Voltafine Productions
Arranger: Fiachra Trench

SIDE B...AVI 237 S

CLOUDBURST
Time: 3:18
(I. Levine-P. Wilson)
Produced by: Ian Levine & Paul David Wilson
for Voltafine Productions
Arranger: Paul David Wilson

(P)1978 AVI Records

BILLBOARD CHART ACTION
●NEVER LET GO
[POP # -/R&B # 87/DISCO # 27]

Eastbound Expresswayは、イギリスのノーザン・ソウル・シーンを牽引した人気DJであり、ディスコ・プロデューサーとしても活躍したIan Levineが手がけたディスコ・プロジェクト。初期はファンキーなオーケストラル・ディスコ路線でスタートしたが、時代の流れに合わせてハイエナジー/ユーロビート路線へシフト。さらに女性ボーカルを3人起用し、結果的に世界のディスコ・シーンにおいて大成功を収めた。主なヒット曲に「Never Let Go」(1978)、「Primitive Desire」(1983)、「Knock Me Senseless」「You're A Beat」(1986)など。

このシングルは1978年にAVIから全米発売されたファースト・アルバム「Eastbound Expressway」からのカット。

NEVER LET GO
Ian Levineがプロデュース、Fiachra Trenchがアレンジを手がけた作品で、ボコーダーを絡ませたフェイズ・ギターのフレーズがとてもグルーヴィーなファンキー・ディスコ・チューン。当時からアンダーグラウンド・ディスコ/ガラージ・クラシックとして人気のあった作品だったが、近年は数多くのDJによって取り上げられMix Tapeに収録されるなど、常にカルト的人気を誇っている作品。

未発表だが、「My Clame To Fame」(1978)のディスコ・ヒットで知られる黒人男性ボーカリストJames Wellsによるボーカル・バージョンが存在する。

CLOUDBURST
1977年にイギリス・Comtempoから発売されたデビュー曲。プロデュースはIan LevinePaul David Wilson

クラシック風のオーケストラ・アレンジがなされたマイナー調のインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。イントロの渋いベースラインとチャカポコとしたパーカッションによるファンキーなブレイク部分が印象的。

ORS/MOON-BOOTS(1977)

2007.02.13.Tue.18:39
20070130164527.jpg

SIDE A...TZ 6000 PROMOTIONAL COPY

MOON-BOOTS
Time: 2:46
(Monn-Zauner)
Produced by Tom Moulton and Anthony Monn
A TOM MOULTON MIX

SIDE B...TZ 6000 PROMOTIONAL COPY

MOON-BOOTS
Time: 3:25
(Monn-Zauner)
Produced by Tom Moulton and Anthony Monn
A TOM MOULTON MIX

(P)1977 Salsoul/Tom n' Jerry Records

BILLBOARD CHART ACTION
●MOON-BOOTS
[POP # -/R&B # -/DISCO # 6]

ORS(Orlando Riva Sound)は、Amanda Learをシンガーとして成功させた実績を持つドイツ人ディスコ・プロデューサーAnthony Monnが手がけたドイツのディスコ・グループ。当初は実体のないディスコ・プロジェクトだったが、後に3人の男性ボーカリストを起用した事で一気にブレイク。「Indian Reservation」(1978)「Fire On The Water」(1980)の大ヒットで一世を風靡した。

MOON-BOOTS
1976年にドイツ・Ariolaからリリースされ、翌1977年にTom Moultonが設立したディスコ・レーベルTom n' Jerryの第一弾シングルとして発売されたデビュー・シングル。プロデュースはAnthony MonnTom Moulton。ミュンヘンでレコーディングが行われ、フィラデルフィアでリミックスが行われたもの。1978年発売のアルバム「Body To Body Boogie」収録。

MFSBが1975年に発表したアルバム「Philadelphia Freedom」に収録されていた「Get Down With The Philly Sound」をモチーフにしたものと思われるミディアム・アップ・テンポのインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。シンセサイザーによる独特のフレーズや、ミュンヘンサウンドの名ドラマーとして知られるMartin Harrisonによる重量感のあるパワフルなスネア・ドラムのサウンドが印象的な作品。

このシングル・バージョンは12インチ・シングルのB面に収録されていたエディット・バージョンを収録したもの。
A面はショート・エディット。
B面はロング・エディット。

FIRST CHOICE/DOCTOR LOVE(1977)

2007.02.13.Tue.14:34
20070130164513.jpg

SIDE A...GM-4004

DOCTOR LOVE
Time: 3:27
(Norman Harris-Allan Felder-Ron Tyson)
Arranged, Conducted & Produced By Norman"The Harris Machine"Harris
For Baker-Harris-Young Prods.
A Tom Moulton Mix

SIDE B...GM-4004

I LOVE YOU MORE THAN BEFORE
Time: 4:15
(Ron Kersey-Cheryl Dickinson)
Arranged & Produced by Ron Kersey
For Baker-Harris-Young Prods.

(P)1977 Gold Mind/Salsoul

BILLBOARD CHART ACTION
●DOCTOR LOVE
[POP # 41/R&B # 23/DISCO # 8]

First Choiceは、フィリーソウルの重鎮Norman HarrisStan Watsonに見出された実力派黒人女性3人組ソウル・ボーカル・グループ。1977年当時のメンバーはRochelle FlemingAnnette GuestUrsula Herring。「Armed & Extremely Dangerous」(1973)、「The Player(Part. 1)」(1974)、「Doctor Love」(1977)などのヒット曲で知られる。

このシングルは1977年にGold Mindへの移籍第一弾として発売されたアルバム「Delusions」からのシングル・カット。

DOCTOR LOVE
当時のチャート・アクション以上に世界的認知度の高い彼女たちの代表曲。ポップでたたみかけるようなフィラデルフィア・ディスコ・サウンドに、Rochelle Flemingのディープなボーカルが見事に一体化した名曲。プロデュース、アレンジはNorman Harris

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・バージョンとも若干異なるシングル・ミックス。

I LOVE YOU MORE THAN BEFORE
ポップでほのぼのとした雰囲気のスロー・チューン。サビのメロディーが特に印象的で心に残る。なかなか良い曲。プロデュース、アレンジはRon Kersey

B.C.G.(B. C. GENERATION)/STREET TALK(Var.III)(1976)

2007.02.08.Thu.15:11
20070130164445.jpg

SIDE A...TC-2271

STREET TALK (Var.III)
Total Time: 3:29
(Bob Crewe/Cindy Bullens)
PRODUCED BY BOB CREWE
Arranged by Trevar Veitch & Jan Kip
Strings Arr. By Ralph Burns

SIDE B...TC-2271

STREET TALK (Var.II)
Total Time: 6:08
(Bob Crewe/Cindy Bullens)
PRODUCED BY BOB CREWE
Arranged by Trevar Veitch & Jan Kip
Strings Arr. By Ralph Burns

(P)1976 20th Century Records

BILLBOARD CHART ACTION
●STREET TALK(Var.III)
[POP # 56/R&B # -/DISCO # 8]

Bob Crewe Generationは、60年代から70年代にかけて数多くの人気アーティストを手がけたベテラン・プロデューサーBob Creweが自ら率いるインストゥルメンタル・ソフト・ロック/ディスコ・グループ。代表曲はペプシ・コーラのCMソングだった「Music To Watch Girl By」(1967)。

STREET TALK
1976年に20th Centuryから発売されたディスコ・シングル。プロデュースはBob Crewe。アレンジはTrevar VeitchJan Kip。ストリングス・アレンジはRalph Burns。同年にElektraから発売されたアルバム「Street Talk」収録。

Silvettiの大ヒット「Spring Rain」(1976)を思わせる、非常に洗練された雰囲気のゴージャスなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。隅々まで丹念に作り込まれたアレンジやメロディー・ラインなど、単なるディスコ・ミュージックには留まらない、スケールの大きな作品に仕上がっている。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンとは別テイクのシングル・ミックス。
A面はショート・バージョン。
B面は別ミックスのロング・バージョン。

BOBBY HEBB/SUNNY '76(1975)

2007.02.06.Tue.19:45
20070130164450.jpg


SIDE A...LR 3638

SUNNY '76
Time: 3:31
(Bobby Hebb)
Prod. by Marty Sheridan & Joe Renzetti
Arranged by Joe Renzetti

SIDE B...LR 3638

SUNNY(DISCO)
Time: 4:02
(Bobby Hebb)
Prod. by Marty Sheridan & Joe Renzetti
Arranged by Joe Renzetti

(P)1975 Laurie Records Inc.,New York

BILLBOARD CHART ACTION
●SUNNY '76
[POP # -/R&B # 94/DISCO # -]

Bobby Hebbは、「Sunny」(1966)の世界的大ヒットで知られる黒人男性シンガー・ソングライター。一発屋として認識されているが、「Sunny」以外にも「A Satisfied Mind」(1966)のトップ40ヒットを放っている。

SUNNY '76
1975年にLaurieから発売されたシングル。プロデュースはJoe RenzettiMarty Sheridan。アレンジはJoe Renzetti。シングル・オンリー。

折からのディスコ・ブームに乗り、彼自身の大ヒット曲を哀愁感ただようラテン・タッチのディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。原曲ぼイメージを損なう事なく、また違う魅力を持ったバージョンに仕上がっている。

残念ながらこのディスコ・バージョンは殆どヒットせず、このバージョンのアレンジをそのまま流用し、インストゥルメンタルにしてカバーしたYambu盤が全米のディスコで大ヒットした。

A面はショート・バージョン。
B面はディスコ・バージョン。A面よりも30秒程長い。

MUSIQUE/SUMMER LOVE(1978)

2007.02.05.Mon.22:17
20070130164520.jpg


SIDE A...PRL 71109

SUMMER LOVE
Time: 4:20
(P. Adams/C. Wiltshire)
From the LP-MUSIQUE-PRL 12158
Produced and Arranged by PATRICK ADAMS
for PATRICK ADAMS PRODUCTIONS,INC.

SIDE B...PRL 71109

SUMMER LOVE(Instrumental)
Time: 4:20
(P. Adams/C. Wiltshire)
From the LP-MUSIQUE-PRL 12158
Produced and Arranged by PATRICK ADAMS
for PATRICK ADAMS PRODUCTIONS,INC.

(P)1978 Prelude Records

BILLBOARD CHART ACTION
●SUMMER LOVE
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Musiqueは、ニューヨークを拠点に活躍していたディスコ・プロデューサーPatrick Adamsが手がけたディスコ・プロジェクト。主なヒット曲に「In The Bush」「Keep On Jumpin'」(1978)など。

SUMMER LOVE
1978年にPreludeから発売されたファースト・アルバム「Keep On Jumpin'」からの先行シングル。プロデュース、アレンジはPatrick Adams。ボーカルはAngela HowellChristine WiltshireGina TharpsJocelyn Shaw

ボーカルを務めるChristine WiltshirePatrick Adamsのペンによるミディアム・テンポのメロディアスなディスコ・ナンバーで、イントロのクラビネットのフレーズやウィンドチャイムのサウンドなど、爽やかでムーディーな夏の夜をイメージさせる作品に仕上がっている。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。アルバムではタイトルが「Summer Love Theme」に変更されている。

PINK LADY/MONDAY MONA LIZA CLUB(1979)

2007.02.04.Sun.00:05
20060601015951.jpg


SIDE A...SV-6631

マンデー・モナリザ・クラブ
MONDAY MONA LIZA CLUB
Time: 3:49
阿久 悠・作詩/都倉俊一・作曲/C.Merriam・編曲

SIDE B...SV-6631

アダムとイブ・スーパーラブ
ADAM TO EVE SUPER LOVE
Time: 3:45
阿久 悠・作詩/都倉俊一・作曲・編曲

(P)1979 Victor(Japan)

●CHART ACTION
マンデー・モナリザ・クラブ
[Japan (Original Confidence) # 14]


Pink Ladyは、「ペッパー警部」(1976)、「ウォンテッド(指名手配)」「UFO」(1977)などの大ヒットで一世を風靡した日本の女性2人組ボーカル・グループ。 メンバーはMie根本美鶴代)とKei(増田惠子)。海外では「Kiss In The Dark」(1979)の全米Top40ヒットやTV番組「Pink Lady & Jeff」への出演で知られる。

このシングルは1979年9月に日本・Victorから発売された通算15枚目のシングル。A面はアメリカ録音。B面は日本録音。アルバム未収録。

マンデー・モナリザ・クラブ
当時大ヒットしていたDonna Summerの「Hot Stuff」(1979)からの影響を感じさせる、非常にハイテンションかつパワフルなディスコ・ナンバー。日本語による歌詞がここまで違和感なくマッチしているのは彼女達の力量、特にリズム感によるものが大きいのだろう。とにかく世界レベルで見ても素晴らしい仕上がりとなっている。

Midnight Rhythmなどのディスコ・プロジェクトの成功で知られるRobby Adcockがプロデュース。アレンジはCharlie Merriam。演奏はMidnight Rhythmと同一のスタジオ・ミュージシャンを起用し、ロサンゼルスで録音されたもの。リミックスはAngelo Solar

※7分37秒に及ぶディスコ・プロモーション用非売品12インチ・シングルが存在する。

アダムとイブ・スーパーラブ
シンセサイザーによるアラビア風のフレーズが印象的なミュンヘン・サウンド風のアップリフティングなディスコ・ナンバー。シンガーズ・スリーによるバック・ボーカルが良いアクセントになっている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。