スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAMON HARRIS/IT'S MUSIC(1978)

2007.03.29.Thu.22:20
20070323221139.jpg

SIDE A...FANTASY/WMOT 848

IT'S MUSIC
Time: 3:41
(Ellison-Swartz-Mc Lean-Buie)
Produced and arranged by Budd Ellison
for WMOT Productions

SIDE B...FANTASY/WMOT 848

FUNDAY
Time: 4:31
(Mc Lean-Mc Daniels)
Produced by Larry James and Damon Harris
for WMOT Productions
Arranged by Butch Ingram

(P)1978 Fantasy/WMOT Records

BILLBOARD CHART ACTION
●IT'S MUSIC
[POP # -/R&B # 96 /DISCO # -]

Damon Harris(Otis Harris)は、The TamptationsImpactThe Young Vandalsのリード・ボーカルとして活躍した黒人男性ボーカリスト。ソロでのヒット曲に「It's Music」(1978)がある。

このシングルは1978年にFantasy/WMOTから発売されたファースト・アルバム「Silk」からのカット。演奏はIngram。コーラスはSweet Hearts Of Sigma(Barbara IngramCarla BensonEvette Benton)。ボーカル・アレンジはPatti Labelle

IT'S MUSIC
Patti Labelleのブレーンの一人として知られるJames "Budd" Ellisonがプロデュース、アレンジを手がけたミディアム・アップ・テンポのスムースなディスコ・ナンバー。ディスコ/ガラージ・クラシックとして人気のある作品で、1999年にWestendから発売されたLarry LevanのミックスCD「Larry Levan Live at the Paradise Garage」にも収録されている。

FUNDAY
Larry James(Fat Larry's Band)とDamon Harrisがプロデュース、Butch Ingram(Ingram)がアレンジを手がけたミディアム・スロー・ナンバー。

スポンサーサイト

PEOPLE'S CHOICE/HERE WE GO AGAIN(1976)

2007.03.27.Tue.23:18
20070323221214.jpg

SIDE AA...ZS8 4781

HERE WE GO AGAIN
Time: 3:25
-L. Huff-
Taken From The TSOP Lp:
"WE GOT THE RHYTHM"PZ 34124
Produced by Kenneth Gamble and Leon Huff
Arranged by Leon Huff
Recorded at Sigma Studios,Phila.,Pa.
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs,Phila.,Pa.
TSOP"The Sound Of Philadelphia"T.M.

SIDE AA...ZS8-4781

MICKEY D'S
Time: 3:35
-H. Coombs-L. Huff-F. Brunson-
Taken From The TSOP Lp:
"BOOGIE DOWN U.S.A."KZ 33154
Produced by Kenneth Gamble and Leon Huff
Arranged by Leon Huff and Frank Brunson
Recorded at Sigma Studios,Phila.,Pa.
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs,Phila.,Pa.
TSOP"The Sound Of Philadelphia"T.M.

(P)1975/1976 TSOP/CBS,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●HERE WE GO AGAIN
[POP # -/R&B # 52 /DISCO # 13]

People's Choiceは、70年代から80年代にかけてフィラデルフィアを拠点に活躍した黒人男性6人組ヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ。リーダーはFrankie Brunson。「I Likes To Do It」(1971)、「Do It Anyway You Wanna」(1975)の大ヒットで知られる。

HERE WE GO AGAIN
1976年にTSOPから発売されたアルバム「We Got The Rhythm」からのカット。プロデュースはKenneth GambleLeon Huff。アレンジはLeon Huff

彼らの代表曲の一つであり、ガラージ・クラシックとして人気のあるアップテンポのファンキーなディスコ・ナンバー。人気曲であるにも関わらず、未だにオフィシャルな形でのCD化が実現していない。

MICKEY D'S
1975年にTSOPから発売されたアルバム「Boogie Down U.S.A.」からのカット。プロデュースはKenneth GambleLeon Huff。アレンジはLeon HuffFrankie Brunson

Leon Huffによるファンキーなエレピとオルガンが印象的なジャジーなインストゥルメンタル・ナンバー。

QUEEN YAHNA/AIN'T IT TIME(1976)

2007.03.25.Sun.21:08
20070323221219.jpg

SIDE ONE...P&P 7-1010A

AIN'T IT TIME(Vocal)
Time: 5:00
Written and Arranged by Arthur Manning and P.J. Wyatt
Produced by Capraquarius
Promoted by Peter Brown and Patricia Gilyard

SIDE TWO...P&P 7-1010A

AIN'T IT TIME(Instrumental)
Time: 5:00
Written and Arranged by Arthur Manning and P.J.Wyatt
Produced by Capraquarius
Promoted by Peter Brown and Patricia Gilyard

(P)1976 P&P Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●AIN'T IT TIME(Vocal)
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Queen Yahnaは、ドイツのショウ・ビジネス界で活躍しているフィラデルフィア出身の黒人女性ボーカリスト。主な代表曲に「Ain't It Time」(1976)、「Hot Summer Nights」(1986)。

AIN'T IT TIME
1976年にP&P発売されたシングル。プロデュースはCapraquarius。アレンジはArthur ManningP.J. Wyatt

彼女がドイツへ移住する前にリリースされた作品で、P&Pレーベルらしいチープで黒光りするファンキーなディスコ・サウンドと、彼女の力強く唸るようなボーカルが絶妙にマッチしたクールなディスコ・ナンバー。チープすぎるバイオリンの音も逆に味があって◎。

A面はボーカル・バージョン。
B面はミックス違いのインストゥルメンタル・バージョン。
タイム表記が誤っており、実際は4:00。

UNIVERSAL ROBOT BAND/DANCE AND SHAKE YOUR TAMBOURINE(1976,Japan Press)

2007.03.23.Fri.22:25
20070323220227.jpg

SIDE 1...VIP-2512(RGRE-1002)

DANCE AND SHAKE YOUR TAMBOURINE
Time: 2:48
(Patrick Adams)
Arranged by P. Adams
Produced by P. Adams and G. Carmichael
Licensed by RED GREG RECORDS INC.,U.S.A.

SIDE 2...VIP-2512(RGRE-1002)

DANCE AND SHAKE YOUR TAMBOURINE(Long Version)
Time: 4:09
(Patrick Adams)
Arranged by P. Adams
Produced by P. Adams and G. Carmichael
Licensed by RED GREG RECORDS INC.,U.S.A.

(P)1976 Victor(Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●DANCE AND SHAKE YOUR TAMBOURINE
[POP # 93/R&B # 48/DISCO # 25]

Universal Robot Bandは、ニューヨークを拠点に活動していたディスコ・プロデューサーGreg CarmichaelPatrick Adamsが手がけたディスコ・プロジェクト。「Keep Your Body Workin'」(1979)のヒットで知られるディスコ・ファンク・バンドKleeerの前身として知られる。主なヒット曲に「Dance And Shake Your Tambourine」(1976)、「Barely Breaking Even」(1982)など。

このシングルは1976年に、ニューヨークのディスコ・レーベルRed Gregの日本発売権を獲得したVictorから、Sammy Gordon & Hip HuggersMaking Love」(1976)に続いて国内発売された第2弾シングル。

DANCE AND SHAKE YOUR TAMBOURINE
1976年にRed Gregから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはGreg CarmichaelPatrick Adams。翌1977年発売のアルバム「「Dance And Shake Your Tambourine」収録。

タイトル連呼のコーラスや大きめのタンバリンの音、そしてPatrick Adamsによる独特なシンセサイザーのサウンドは耳から離れなくなる程キャッチーなミディアム・テンポのゆるやかなディスコ・ナンバー。この国内盤シングルのライナーでは「歌いながらビートに乗れる名曲」と紹介されている。

A面はショート・バージョン
B面は12インチ・シングルのB面に収録のテイクを短くしたバージョン。

DEE D. JACKSON/AUTOMATIC LOVER(1978)

2007.03.23.Fri.00:05
20070310011932.jpg

SIDE A...AVI-211-S

AUTOMATIC LOVER
Time: 3:55
(Gary Unwin-Patty Unwin)
Producers: Patty Unwin-Gary Unwin
Arrangers: Christian Schulze-Gary Unwin

SIDE B...AVI-211-S

Didn't Think You'd Do It
Time: 3:35
(Gary Unwin-Dee Cozier)
Producers: Patty Unwin-Gary Unwin
Arrangers: Gary Unwin-Harold Faltermeier

(P)1978 AVI Records

BILLBOARD CHART ACTION
●AUTOMATIC LOVER
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Dee D. Jacksonは、70年代後半から80年代にかけてドイツを拠点にヨーロッパで活躍したイギリス人女性ボーカリスト。主なヒット曲に「Automatic Lover」「Meteor Man」(1978)、「S.O.S.(Love To The Resque)」(1980)など。

このシングルは1978年にAVIから発売された彼女のアメリカ・デビュー・シングル。プロデュースはSilver Conventionのベーシストとして活躍したGary Unwinと奥様のPatty Unwin

AUTOMATIC LOVER
1978年にドイツ・Jupiterから発売されたファースト・アルバム「Cosmic Curves」(全米未発)からのシングル・カット。彼女最大のヒット曲(イギリスで最高3位)であり、ミュンヘン・ディスコの定番としてあまりにも有名な作品。アメリカでは「Pillow Talk」(1973)のビッグ・ヒットで知られるSylviaによるセクシーなカバー・バージョンがヒットした。

Didn't Think You'd Do It
彼女の本名でもあるDee Cozier名義で書き下ろしたAOR系ポップ・チューン。Giorgio Moroderのブレーンとして活躍し、「Axel F」(1985)のビッグ・ヒットを飛ばすHarold Faltermeierがアレンジを手がけている。アルバム未収録。

DEBORAH WASHINGTON/READY OR NOT(1978)

2007.03.21.Wed.21:15
20070310011939.jpg

SIDE A...7700

READY OR NOT
Time: 3:32
(Dilena & Keller)
Produced For G.T.P. by George Tobin
in Association with Mike Piccirillo
Arranged by David Blumberg

SIDE B...7700

BACK STREET LOVE AFFAIR
Time: 2:32
(Mike Piccirillo)
Produced For G.T.P. by George Tobin
in Association with Mike Piccirillo

(P)1978 Ariola America Records

BILLBOARD CHART ACTION
●READY OR NOT
[POP # -/R&B # 38/DISCO # 16]

Deborah Washingtonは、映画プロデューサーとして有名なGary Goetzmanと敏腕音楽プロデューサーGeorge Tobinの強力なバックアップを受け、Ariola America期待の大型新人としてデビューした黒人女性ボーカリスト、女優。主なヒット曲に「Ready Or Not」「Standing In The Shadows Of Love/Love Shadow」(1978)など。

このシングルは1978年にAriola Americaから発売されたファースト・アルバム「Any Way You Want It」からの先行シングル。プロデュースはGeorge Tobin

READY OR NOT
Johnny Mathis & Denice WilliamsHelen Reddyとの競作になった作品で、こちらはDiana Rossのナンバー・ワン・ヒット「Love Hangover」(1976)のアレンジを手がけた実績を持つモータウン出身のアレンジャーDavid Blumbergによってビートを強調したミディアム・アップ・テンポのディスコ・ナンバーに仕上がっている。

BACK STREET LOVE AFFAIR
The Supremes時代のDiana Rossにそっくりな歌唱で聴かせるポップス・ナンバー。サビのメロディがThe Miraclesのヒット「Waldo Roderick Dehammersmith」(1975)を思わせる。

DENISE LaSALLE/I'M SO HOT(1980)

2007.03.20.Tue.17:44
20070320171205.jpg

SIDE A...MCA-41222

I'M SO HOT
Time: 3:50
(Denise LaSalle)
From the LP"I'm So Hot"MCA-3239
Produced By Denise LaSalle
And Ordena Production for MCA Records

SIDE B...MCA-41222

A MIRACLE,YOU AND ME
Time: 3:30
(Denise LaSalle)
From the LP"Unwrapped"MCA-3098
Produced By Denise LaSalle
Arranged By David Van De Pitte

(P)1980 MCA Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●I'M SO HOT
[POP # -/R&B # 82/DISCO # 33]

Denise LaSalleは、70年代前半から90年代にかけて数多くのヒット曲で一世を風靡した実力派黒人女性ボーカリスト。シカゴ、メンフィスなどを拠点に活動し、サザン・ソウル、ディープ・ソウル、ディスコまで幅広いレパートリーをこなし、各方面で人気を集めた。主なヒット曲に「Trapped By A Thing Called Love」(1971)、「Now Run And Tell That」(1972)、「Love Me Right」(1977)など多数。

I'M SO HOT
1980年にMCAから発売されたセルフ・プロデュース・アルバム「I'm So Hot」からのシングル・カット。

80年代初頭を代表するディスコ・クラシックの名曲であり、彼女の代表曲のひとつ。グルーヴィーな単弦弾きのギターとシンセサイザーのリフレイン、ドッシリとしたファンキーなビートは踊らずにはいられなくなるほど。パンチのある彼女のボーカルも素晴らしい。

彼女の夫であり、DJとして活動していたSuper-Wolfによるラップ・バージョン「Super-Wolf Can Do It」(1980)もある。

A MIRACLE,YOU AND ME
1979年にMCAから発売されたセルフ・プロデュース・アルバム「Unwrapped」からのシングル・カット。

軽いビートの効いたサザン・ソウル風のスロー・ナンバー。

DELEGATION/HEARTACHE NO.9(1980)

2007.03.19.Mon.22:19
20070310011945.jpg

SIDE A...76056

WELCOME TO MY WORLD
Time: 3:42
(Ricky Bailey/Ray Patterson/Bruce Dunbar)
From Mercury's album SRM 1-3821
"DELEGATION"
Produced by Ken Gold for Kego Productions Ltd.
Strings and Horns arranged and conducted by Lynton Naiff

SIDE B...76056

HEARTACHE NO.9
Time: 5:16
(Ken Gold/Micky Denne)
From Mercury's album SRM 1-3821
"DELEGATION"
Produced by Ken Gold for Kego Productions Ltd.
Strings and Horns arranged and conducted by Lynton Naiff

(P)1980 Mercury/Phonogram,Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●WELCOME TO MY WORLD
[POP # -/R&B #50 /DISCO # -]

●HEARTACHE NO.9
[POP # -/R&B #66 /DISCO # 57]

Delegationは、'70年代のUKソウル・シーンを代表するイギリスの黒人男性3人組ソウル・ボーカル・グループ。1980年当時のメンバーはRicky BalleyRay PattersonBruce Dunbar。主なヒット曲に「Where Is The Love」(1977)、「Put A Little Love On Me」 「Heartache No.9」「You And I」(1979)など多数。

このシングルは1979年にMercuryから全米発売されたアルバム「Delegation」(イギリス盤タイトルは「Eau De Vie」)からのカット。プロデュースはThe Real ThingBilly Oceanらをスターダムに押し上げたイギリス人プロデューサーKen Gold

WELCOME TO MY WORLD
Chi-Litesあたりを思わせるシカゴ・ソウル風のスロー・バラード。ファルセットを駆使した彼らの絶妙なコーラスが堪能できる素晴らしい作品。

HEARTACHE NO.9
当時、大人気だったChicFive Specialあたりからの強い影響を感じさせるグルーヴィーなディスコ・ナンバー。当時のアメリカとイギリスのソウル・ミュージックの最も美味しい部分をミックスしたかのような黒っぽいサウンドと、彼らの抜群のソウル・フィーリングが絶妙にマッチした作品。

DONNA SUMMER/COULD IT BE MAGIC(1976)

2007.03.18.Sun.21:57
20070310011959.jpg

SIDE A...OC 405

COULD IT BE MAGIC
Time: 3:15
(B. Manilow-A. Anderson)
Complete Version on the LP,
OCLP 5004,"Love Trilogy"
Produced by Giorgio Moroder & Pete Bellotte
for Say Yes Productions.

SIDE B...OC 405

WHISPERING WAVES
Time: 4:50
(P. Bellotte, G. Moroder)
From the Oasis LP,OCLP 5003,
"Love to Love You Baby"
Produced by Giorgio Moroder & Pete Bellotte
for Say Yes Productions.

(P)1976 Oasis/Casablanca Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●COULD IT BE MAGIC
[POP # 52/R&B #21 /DISCO # 3]

Donna Summerは、"The Queen Of Disco"と呼ばれ、数多くの大ヒット曲で一世を風靡した黒人女性ボーカリスト。Giorgio Moroderの強力なバックアップを受け、ディスコだけでなく、ポップス、ロック、バラードまで幅広いレパートリーで大ヒット曲を連発し、数多くの賞を獲得。名実共に世界を代表するトップ・ボーカリストにまで登りつめた。アメリカ人でありながら、ドイツを拠点に世界的な成功を収めた事でも話題になった。主な大ヒット曲に「Love To Love You Baby」(1975)、「I Feel Love」(1977)、「MacArthur Park」(1978)、「Hot Stuff」「Bad Girls」「No More Tears(Enough Is Enough)」(1979)など多数。

COULD IT BE MAGIC
1976年にOasisから全米発売されたアルバム「Love Trilogy」からのカット。プロデュースはGiorgio MoroderPete Bellotte。アレンジはThor Baldursson

Barry Manilowが1975年に大ヒットさせた壮大なバラードのカバー。こちらは華やかで上品なアップテンポのヨーロピアン・ディスコ・サウンドに仕上がっており、ヨーロッパを中心に大ヒットとなった。間奏部分にドナのセクシーな喘ぎ声がサービスされている。

WHISPERING WAVES
1975年にOasisから全米発売された大ヒット・アルバム「Love To Love You Baby」からのカット。プロデュースはGiorgio MoroderPete Bellotte。アレンジはGiorgio Moroder

リズム隊の全く入らない、気だるいムードを持ったヨーロピアン・バラード。

TOM C. JAMES & FIST-O-FUNK ORCHESTRA/DANCE ALL OVER THE WORLD(1977)

2007.03.17.Sat.21:27
20070310012009.jpg

SIDE A...Hit-1-Re

DANCE ALL OVER THE WORLD
Prod. by Kevin & Ulla Misevis
Arr. by: Tom C. James
Written by: Tom C. & Michele James

SIDE B...Hit-2-Re

TONIGHT
(BERNSTEIN-SONDHEIM)
Prod. by Kevin & Ulla Misevis
Arr. by: Tom C. James

(P)1977 Fist-O-Funk Ltd.

BILLBOARD CHART ACTION
●DANCE ALL OVER THE WORLD
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Fist-O-Funk Orchestraは、ニューエイジ/ヒーリング・ミュージック界で活躍するクラシック・ピアニストKevin MisevisTom C.Jamesが手がけたディスコ・プロジェクト。「New York Strut」(1976)のカルト・ヒットで知られる。

このシングルは1977年にFist-O-Funk Ltd.から発売された通算2枚目のシングル。プロデュースはKevin MisevisUlla Misevis。アレンジはTom C. James。クレジットされていないが、リミックスはTom Savarese。1978年発売のアルバム「Get Up On Your Feet」収録。

DANCE ALL OVER THE WORLD
デビュー曲「New York Strut」(1976)と同様、1940年代風のレトロなムードを持ったお洒落なディスコ・ナンバー。Kevin Misevisによるジャジーなピアノを前面に押し出し、ビッグ・バンド風のサウンドにまとめ上げられている。

TONIGHT
大ヒットミュージカル「West Side Story」の劇中歌をディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。

FIST-O-FUNK ORCHESTRA/NEW YORK STRUT(1977)

2007.03.17.Sat.00:10
20070310012016.jpg

SIDE A...FFDJ-007

NEW YORK STRUT
Time: 4:48
(Misevis-James)
Prod: K. Misevis
Arr: T.C. James
A.Prod. J. Misevis

SIDE B...FFDJ-008

THE FEELING
Time: 3:50
(Misevis)
Prod: K. Misevis
Arr: T.C. James
A. Prod. U. Misevis

(P)1977 Fist-O-Funk Ltd.

BILLBOARD CHART ACTION
●NEW YORK STRUT
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Fist-O-Funk Orchestraは、ニューエイジ/ヒーリング・ミュージック界で活躍するクラシック・ピアニストKevin MisevisTom C.Jamesが手がけたディスコ・プロジェクト。「New York Strut」(1976)のカルト・ヒットで知られる。

このシングルは1976年に彼らが設立した音楽出版社Fist-O-Funk Ltd.から発売されたファースト・シングル。プロデュースはKevin MisevisUlla Misevis。アレンジはTom. C. James。プロモーション段階ではClassy Dance Orchestra名義だったが、一般発売時に改められた。

NEW YORK STRUT
1940年代風のレトロでノスタルジックなニューヨークを感じさせる、ムーディでファッショナブルなオーケストラル・ディスコ・チューン。サルサのリズムを取り入れた、ラテン・タッチのアレンジが施されているにも関わらず、Salsoul Orchestraの亜流にならないところはさすが。彼らのセンスの高さと個性による部分が大きいのだろう。

DJ.MiloのミックスCD「Live at the cat club 1979」で取り上げられ、中盤のブレイク部分が効果的にミックスされている。

THE FEELING
Silvettiの作品を思わせるイージーリスニング風のディスコ・チューン。


INSTANT FUNK/PHILLY JUMP(1976)

2007.03.16.Fri.00:02
20070310012031.jpg

SIDE AA-AF...ZS8 4783 STEREO

PHILLY JUMP
Time: 3:25
-B. Sigler-T. Life-
Taken From The TSOP Lp:
"GET DOWN WITH THE PHILLY JUMP"PZ 34358
Produced by Bunny Sigler
Arranged by Ron Kersey
Recorded at Sigma Studios,Phila.,Pa.
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs,Phila.,Pa.
TSOP"The Sound Of Philadelphia"T.M.

SIDE AA-AF...ZS8 4783 MONO

PHILLY JUMP
Time: 3:25
-B. Sigler-T. Life-
Taken From The TSOP Lp:
"GET DOWN WITH THE PHILLY JUMP"PZ 34358
Produced by Bunny Sigler
Arranged by Ron Kersey
Recorded at Sigma Studios,Phila.,Pa.
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs,Phila.,Pa.
TSOP"The Sound Of Philadelphia"T.M.

(P)1976 TSOP/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●PHILLY JUMP
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Instant Funkは、フィリーソウルの立役者・Bunny Siglerの強力なバック・アップを受け、MFSBと並ぶ売れっ子スタジオ・ミュージシャンとして活躍し、自らも数多くのヒット曲を放ったフィラデルフィアのセルフコンテインド・ファンク・バンド。前身はTNJs。時期によってメンバーが異なるが、主要メンバーはKim MillerScotty MillerRaymond Earlの3人。「I Got My Mind Made Up (You Can Get It Girl)」(1978)の大ヒットで知られる。

PHILLY JUMP
1976年にTSOPから発売されたファースト・アルバム「Get Down With The Philly Jump」からのカット。プロデュースはBunny Sigler。アレンジはRon Kersey

彼らの恩師であるBunny Siglerと、Evelyn"Champagne" Kingをスターダムに伸し上げる事になるTheodore Lifeのペンによる、スムースなファンク・ディスコ・チューン。フェイザー処理が施された独特なオープニングがクラブ・プレイやミックスCDでの使用頻度が高い。

JA-KKI/SUN...SUN...SUN...Pt.l(1976)

2007.03.14.Wed.22:16
jakki-sunsunsun.jpg

SIDE A...P-8004 A

SUN...SUN...SUN...Pt.l
Time: 3:29
(Johnnymelfi)
A Johnnymelfi Production
Engineer: Edison Youngblood

SIDE B...P-8004 B

SUN...SUN...SUN...Pt.ll
(Instrumental)

Time: 4:30
(Johnnymelfi)
A Johnnymelfi Production
Engineer: Edison Youngblood

(P)1976 Pyramid Recording Co. Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●SUN...SUN...SUN...Pt.l
[POP # 96/R&B # -/DISCO # 5]

Jakkiは、プロデューサー、コンポーザーとして活動していたJohnny Melfiによって結成されたディスコ・グループ。グループ名はリード・ボーカル担当の女性メンバーJacquelineを縮めたものらしいが詳細は不明。「Sun...Sun...Sun...」(1976)のディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1976年にPyramidから発売された彼らのデビュー・シングル。プロデュースはJohnny Melfi。翌1977年発売のアルバム「Johnnymelfi's Sun...Sun...Sun...Album」(Johnnymelfi名義)収録。

SUN...SUN...SUN...
ミュージカル仕立ての起伏に富んだ展開とゴスペル風の強いメッセージを持ったアップテンポのメロディアスなソウル・ディスコ・チューン。元々はプロデューサーのJohnny Melfiが1970年に制作した作品(オリジナル・タイトルは不明。未発表?)をディスコ・バージョンに仕立て上げたもの。

A面はボーカル・バージョン。
B面はガラージ・クラシックとして有名なロング・ブレイクから始まるインストゥルメンタル・バージョン。
このシングルのA面とB面をミックスしたロング・バージョンを収録した12インチ・シングルが発売され、ディスコで大ヒットとなった。(ミックスはWalter Gibbons)

LABELLE/WHAT CAN I DO FOR YOU?(1974)

2007.03.14.Wed.21:21
20070310012043.jpg

SIDE A...8-50097

WHAT CAN I DO FOR YOU?
Time: 3:05
-J. Ellison-E. Batts-
Taken From The Lp:"NIGHTBIRDS"KE 33075
Produced and Arranged by Allen Toussaint
Remix Engineer: Don Pulise
Exective Producer: Vicki Wickharn

SIDE B...8-50097

NIGHTBIRD
Time: 3:10
-Nona Hendryx-
Taken From The Lp:"NIGHTBIRDS"KE 33075
Produced and Arranged by Allen Toussaint
Remix Engineer: Don Pulise
Exective Producer: Vicki Wickharn

(P)1974 Epic/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●WHAT CAN I DO FOR YOU?
[POP # 48/R&B # 8/DISCO # 7]

Labelleは、「Lady Marmalade」(1974)のナンバー・ワン・ヒットで一世を風靡した黒人女性3人組ソウル・ボーカル・グループ。前身はThe Supremesと並ぶガール・グループとして知られたThe Blue BellesPatti LabelleNona HendryxSarah Dashの3人による、攻撃的でファンキーなボーカルとド派手なコスチューム、独特なリズムを持ったヒット曲の数々は、当時のミュージック・シーンに多大な影響を与えた。

このシングルは1974年にEpicから発売された大ヒットアルバム「Nightbirds」からのセカンド・シングル。プロデュース、アレンジはAllen Toussaint
。両面共に7インチ・シングル用のリミックス・バージョンとなっている。

WHAT CAN I DO FOR YOU?
淫らな欲望を絶叫した「Lady Marmalade」とは打って変わり、世界平和、人種差別、政治に対する痛烈なメッセージを持った作品。非常にビートの効いたダンサブルな作品で、ガラージ・クラシックとして知られる。

「知りたいのは真実だけ。偽りではない誠実さが欲しい。私たちが求めるのは平和。早く闘いをやめて、誰もが兄弟姉妹になれる事を証明しなくては。そのために私は何が出来る?あなたは何が出来る?」

NIGHTBIRD
Nona Hendryxのペンによるゴスペル・タッチのスロー・ナンバー。The Blue Belles時代を思わせるコーラス・ワークが新鮮。

LINDA CLIFFORD/RUNAWAY LOVE(1978)

2007.03.13.Tue.21:41
20070310012053.jpg

SIDE A...CMS 0138

RUNAWAY LOVE(Edit)
Time: 3:28
(G. Askey)
From the Curtom Album CUK 5021
IF MY FRIENDS COULD SEE ME NOW
Produced and Arranged by Gil Askey

SIDE B...CMS 0138

BROADWAY GYPSY LADY
Time: 3:41
(Curtis Mayfield)
From the Curtom Album CUK 5021
IF MY FRIENDS COULD SEE ME NOW
Produced and Arranged by Gil Askey

(P)1978 Curtom/Warner Bros. Records

BILLBOARD CHART ACTION
●RUNAWAY LOVE(Edit)
[POP # 76/R&B # 3/DISCO # 1]

Linda Cliffordは、"Miss New York State"に選ばれる程の美貌と、Curtis Mayfieldに認められる程の歌唱力を持つ実力派黒人女性ボーカリスト。「If My Friends Could See Me Now」「Runaway Love」(1978)のヒットで知られる。

このシングルは1978年にCurtomから発売されたアルバム「If My Friends Could See Me Now」からの先行シングル。プロデュース、アレンジはGil Askey

RUNAWAY LOVE
彼女の存在を知らしめた最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。ミディアム・テンポのメロウな雰囲気をもった黒っぽいディスコ・ナンバーで、今でも世界中のDJにプレイされ続けているディスコ/ガラージ・クラシックの名曲として人気のある作品。

このシングル・バージョンはアルバムの1stプレスに収録されているバージョンをエディットしたもの。

BROADWAY GYPSY LADY
Curtis Mayfieldのペンによる作品で、Santa Esmeraldaからの影響を強く受けたフラメンコ・タッチのディスコ・ナンバー。中原理恵のヒット曲「ディスコレディー」(1978)の元ネタという事は知る人ぞ知る話。

LOLEATTA HOLLOWAY/LOVE SENSATION(1980)

2007.03.12.Mon.22:32
20070310012106.jpg

SIDE A...G7 4024 DJ STEREO

LOVE SENSATION
Time: 3:44
(Dan Hartman)
(From The Gold Mind L.P. GA 9506"Love Sensation")
Produced By Dan Hartman
Arranged By Norman Harris
"A Tom Moulton Mix"

SIDE A...G7 4024 DJ MONO

LOVE SENSATION
Time: 3:44
(Dan Hartman)
(From The Gold Mind L.P. GA 9506"Love Sensation")
Produced By Dan Hartman
Arranged By Norman Harris
"A Tom Moulton Mix"

(P)1980 Gold Mind Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE SENSATION
[POP # -/R&B # -/DISCO # 1]

Loleatta Hollowayは、Jocelyn BrownMartha Washらと共に、「世界最高のクラブ・ディーバ」として君臨する黒人女性ボーカリスト。1960年代はゴスペル・グループThe Caravansのメンバーとして活躍し、ソロへ転向後しばらくはサザンソウルテイスト溢れるバラードを数多く発表していたが、1976年にディスコ路線へ転向。現在に至るまでに数多くのディスコ・ヒット、クラブ・ヒットを放っている。 主な大ヒット曲に「Cry To Me」(1975)、「Dreamin'」(1976)、「Love Sensation」(1980)、「Good Vibrations」(1991)など多数。

LOVE SENSATION
1980年にGold Mindから発売されたアルバム「Love Sensation」からのカット。プロデュースはDan Hartman。アレンジはNorman Harris。リミックスはTom Moulton

彼女を代表する大ヒット曲の一つであり、ディスコ・クラシックの名曲として高い人気を誇る作品。元々は、Dan Hartmanの「Relight My Fire」(1979)にゲスト・ボーカルで参加した事のお礼として、Dan Hartmanの全面バック・アップ体制で制作されたもの。「彼女のパワフルなボーカルを極限まで引き出した上で、何度も録り直しが行われた」というエピソードが物語る通り、この曲には彼女のボーカリストとしての魅力がすべて凝縮されており、それが結果として、彼女のボーカルをサンプリングしたBlack BoxRide On Time」(1989)、Marky Mark and the Funky Bunch featuring Loleatta HollowayGood Vibrations」(1991)の世界的大ヒットに結びつき、彼女を世界を代表するクラブ・ディーバとしての地位を確立させる事になった。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・シングルとも若干異なるシングル・ミックス。
※ベスト盤やコンピCDに収録されている「Original Tom Moulton Mix Edit」は、2000年に東芝EMIが独自に編集したもので、シングル・ミックスではない。

REVELATION/HIGH HORSE (Part 1)(1976)

2007.03.11.Sun.22:13
20070310012113.jpg

SIDE A...RS 862

HIGH HORSE (Part 1)
Time: 2:53
Theme Song From BROTHERHOOD OF DEATH
(Susan Minsky-Mark Schimmel)
Produced by Paul Griffin
in Association with Revelation for APB MUSIC LTD.
Arranged and Conducted by Patrick Adams

SIDE B...RS 862

HIGH HORSE (Part 2)
Time: 2:58
Theme Song From BROTHERHOOD OF DEATH
(Susan Minsky-Mark Schimmel)
Produced by Paul Griffin
in Association with Revelation for APB MUSIC LTD.
Arranged and Conducted by Patrick Adams

(P)1976 RSO RECORDS,INC.

BILLBOARD CHART ACTION
●HIGH HORSE(Part 1)
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Revelationは、The New York Community Choirに在籍していたメンバーで結成された実力派黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはArnold McCullerArthur FreemanBenny DiggsPhillip Ballou。主なヒット曲に「You To Me Are Everything」(1976)、「Feel It」(1981)など。

HIGH HORSE
1976年にRSOから発売されたシングル。プロデュースはPaul Griffin。アレンジはPatrick Adams。シングル・オンリー。

同年に公開された映画「Brotherhood Of Death」の主題歌として制作された、フィリー・ソウル風のメロディアスなディスコ/ソウル・ナンバー。さりげなく馬のひずめの音を組み込んだアレンジが面白い。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

TAANA GARDNER/HEARTBEAT(1981)

2007.03.10.Sat.20:40
20070310012125.jpg

SIDE A...WES 1232

HEARTBEAT
Time: 4:24
(Kenton Nix)
Produced by: Kenton Nix in Assoc. With
Henry Batts for Kenix Productions
Exective Producers: Kenton Nix, Henry Batts
and Milton A. Simpson
Recording Engineer: Frank Filipetti
Arranged by: Kenton Nix and Dennis Weeden
Mixed by: Larry Levan

SIDE B...WES 1232

HEARTBEAT
Time: 6:30
(Kenton Nix)
Produced by: Kenton Nix in Assoc. With
Henry Batts for Kenix Productions
Exective Producers: Kenton Nix, Henry Batts
and Milton A. Simpson
Recording Engineer: Frank Filipetti
Arranged by: Kenton Nix and Dennis Weeden
Mixed by: Larry Levan

(P)1981 West End

BILLBOARD CHART ACTION
●HEARTBEAT
[POP # -/R&B # 10/DISCO # 6]

Taana Gardnerは、ディスコ・プロデューサーKenton Nixによって見出され、Larry Levanが殆どの作品でリミックスを手がけた事でも知られる黒人女性ボーカリスト。一時期はシーンから姿を消したものの、1990年代以降はハウス・ミュージックを中心にクラブ・ヒットを出すなど、現役で活躍している。主なヒット曲に「Work That Body」(1979)、「Heartbeat」(1981)、「I'm Comin'」(1998)など。

HEARTBEAT
1981年にWestendから発売されたシングル。プロデュースはKenton Nix。アレンジはKenton NixDennis Weeden。リミックスはLarry Levan。シングル・オンリー。

彼女にとって最大のヒット曲であり、Larry Levanがリミックスを手がけた作品の中で最も高い人気を誇るガラージ・クラシックの名曲。心拍音をベースにしたドラッギーなロービートとヒップな女性ボーカルの絡みは現代のヒップホップ/R&Bに繋がるものとなっている。

バック・トラックを大胆にサンプリングしたThe Treacherous Threeの「Feel The Heartbeat」(1981)はオールド・スクール・クラシックとして有名。

A面は7インチ・シングル用の別テイク。
B面は12インチ・シングル収録の「Club Version」をエディットしたもの。

BAMBU/I DON'T WANNA LOSE IT(1979)

2007.03.09.Fri.01:52
20070220212447.jpg

SIDE A...Z-2000

I DON'T WANNA LOSE IT
SPECIAL DISCO SHORT VERSION

Time: 4:23
(J. Barreiro,R. Weeks,S. Walker)
Produced by Jorge Barreiro & Morty Craft
Arr. by J. Barreiro & W. Cooper

SIDE B...Z-2000

STAIRWAY TO THE SKY
SPECIAL DISCO SHORT VERSION

Time: 3:54
(J. Barreiro & R. Weeks)
Produced by Jorge Barreiro & Morty Craft
Arr. by J. Barreiro & W. Cooper

(P)1979 Zebra Records

BILLBOARD CHART ACTION
●I DON'T WANNA LOSE IT
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Bambuは、ディスコ・プロデューサーとして活動していたJorge Barreiroが手がけたディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはファンク・バンドCameoのメンバーだったWayne CooperWeeks & Co.の前身。代表曲に「I Don't Wanna Lose It」(1979)。

このシングルは1979年にZebraから発売されたファースト・シングル。プロデュースはJorge BarreiroMorty Craft。アレンジはJorge BarreiroWayne Cooper

I DON'T WANNA LOSE IT
彼らの1枚目の12インチ・シングルからのカット。Dimitri From ParisによってコンパイルされたコンピレーションCD「Disco Forever」(2000)に収録された事で知られるようになった作品で、アップリフティングなイントロ部分の繰り返しが印象的なアッパーなディスコ・ナンバー。

STAIRWAY TO THE SKY
彼らの2枚目の12インチ・シングルからのシングル・カット。浮遊感のあるお洒落なコード進行に乗ったシンセサイザーのリフレインやメロディー、パーカッシブなアレンジが絶妙なディスコ・ナンバー。A面よりも良く出来ている作品だが、エディットが乱雑なのが難点。

BARBRA STREISAND/SHAKE ME, WAKE ME (WHEN IT'S OVER) (1975)

2007.03.07.Wed.19:27
20070220212453.jpg

SIDE A...3-10272

SHAKE ME, WAKE ME (WHEN IT'S OVER)
Time: 2:52
-B. Holland-L. Dozier-E. Holland-
Taken From The Columbia Lp:
"LAZY AFTERNOON"PC 33815
Produced by Jeffrey Lesser and Rupert Holmes
for Widescreen Productions,Inc.
Arranged & Conducted by Rupert Holmes

SIDE B...3-10272

WIDESCREEN
Time: 3:59
-R. Holmes-
Taken From The Columbia Lp:
"LAZY AFTERNOON"PC 33815
Produced by Jeffrey Lesser and Rupert Holmes
for Widescreen Productions,Inc.
Arranged & Conducted by Rupert Holmes

(P)1975 Columbia/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●SHAKE ME,WAKE ME(WHEN IT'S OVER)
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Barbra Streisandは、60年代から現在まで第一線で活躍を続ける、世界を代表するエンターテイナー、歌手、女優、映画監督。「The Way We Were」(1974)、「Evergreen (Love Theme from A Star Is Born)」(1976)、「Woman In Love」(1980)といったバラードの他、「The Main Event/Fight」「No More Tears(Enough Is Enough)」(1979)(with Donna Summer)などのディスコ曲も大ヒットさせている。

このシングルは1975年にColumbiaから発売されたアルバム「Lazy Afternoon」からのシングル・カット。プロデュースはJeffrey LessersRupert Holmes。アレンジはRupert Holmes

SHAKE ME, WAKE ME (WHEN IT'S OVER)
Four Topsが1966年にヒットさせた作品をフィラデルフィア・ソウル風のディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。イントロの女性コーラスがThree Degreesの大ヒット・ナンバー「When Will I See You Again」(1974)とそっくりなのが面白い。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンとは別に制作されたディスコ・プロモーション用12インチ・シングル・バージョンをエディットしたもの。リズム、特にパーカッションを強調した別ミックスとなっている。

WIDESCREEN
プロデュースを手がけたRupert Holmes自身が1974年に発表したデビュー・アルバムのタイトル・ナンバーのカバー。Diana RossTouch Me In The Morning」(1973)を思わせる壮大なバラードに仕上がっている。

BARRY MANILOW/COPACABANA(AT THE COPA)(1978)

2007.03.03.Sat.22:41
20070220212457.jpg

SIDE AS...AS 0339

COPACABANA(AT THE COPA)-SHORT VERSION
Time 3:48
(B. Manilow-B. Sussman-J. Feldman)
Produced By Ron Dante & Barry Manilow

SIDE AS...AS 0339

COPACABANA(AT THE COPA)-LONG VERSION
Time 5:46
(B. Manilow-B. Sussman-J. Feldman)
Produced By Ron Dante & Barry Manilow

(P)1978 Arista Records,Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●COPACABANA(AT THE COPA)
[POP # 8/R&B # -/DISCO # 15]

Barry Manilowは、70年代から現在まで活躍を続ける、アメリカ・ポピュラー音楽界を代表する白人男性ボーカリスト、エンターテイナー。「Mandy」「I Write The Songs」(1975)、「Looks Like We Made It」(1977)などのバラードを中心とした大ヒット曲で知られる。

COPACABANA(AT THE COPA)
1978年にAristaから発売されたアルバム「Even Now」からのセカンド・シングル。プロデュースはRon DanteBarry Manilow

当時、バラードを中心にヒットを飛ばしていた彼自身が手がけた異色のラテン・タッチのメロディアスなディスコ・ナンバーで、近年はサルソウル系を中心とするラテン・ディスコ再評価の流れでディスコ・クラシックとして認識されるようになった作品。特にこの曲のスペイン語バージョン「En El Copa」を収録した12インチ・シングルの人気が高い。

A面はショート・バージョン。アルバム・バージョンと同テイク。
B面はロング・バージョン。12インチ・シングル収録のロング・ディスコ・バージョン。

HAROLD MELVIN & THE BLUE NOTES/PRAYIN'(1979)

2007.03.02.Fri.23:04
20070220212508.jpg

SIDE A...SOR-41156

PRAYIN'
Time: 4:08
(J. Whitehead-G. Mcfadden)
Produced By Harold Melvin For Million Dollar Records
Exective Producer: Logan H. Westbrooks
From the Source LP, SOR-3197 "1980"

SIDE B...SOR-41156

PRAYIN'(Instrumental)
Time: 3:30
(J. Whitehead-G. Mcfadden)
Produced By Harold Melvin For Million Dollar Records
Exective Producer: Logan H. Westbrooks
From the Source LP, SOR-3197 "1980"

(P)1979 Source Records,Inc

BILLBOARD CHART ACTION ●PRAYIN'
[POP # -/R&B # 18/DISCO # -]

Harold Melvin & The Blue Notesは、60年代から80年代にかけて数多くのヒット曲で一世を風靡したフィラデルフィア出身の黒人男性5人組ソウル・ボーカル・グループ。70年代のフィリー・ソウル黄金期に最も活躍したグループであり、Teddy Pendergrassがリード・ボーカルとして在籍していた事でも知られる。主な大ヒット曲に「I Miss You」、「If You Don't Know Me by Now」、「The Love I Lost」(1973)、「Bad Luck」、「Wake Up Everybody」(1975)など。

●PRAYIN'1979年にMCA傘下Sourceから発売されたアルバム「1980」からの先行シングル。プロデュースはHarold Melvin。録音はフィラデルフィアとメンフィス。

当時「Ain't No Stoppin' Us Now」(1979)の大ヒットを飛ばしていたMcfadden & Whiteheadのペンによる、力強いメッセージを持ったゴスペル・ディスコ・チューン。スローで幕を開けるバージョンは7インチ・シングルのみで、12インチ・シングル、アルバムではスロー部分がカットされている。またB面のインストゥルメンタル・バージョンも7インチ・シングルのみの収録。

このシングル・バージョンは、アルバム、12インチ・シングルとも全く異なるテイクをエディットしたもの。
A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。