スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAWN Robertson/WITH ALL MY HEART(1976?)

2007.05.30.Wed.22:57
20070522002155.jpg

SIDE A...WES 1209

WITH ALL MY HEART(Short Version)
Time: 3:05
(B. Marcucci-P. DeAngelis)
Produced, Arranged & Conducted by: Peter De Angelis
for Mother Lode Productions
Recorded At Sigma Sound, Philadelphia
Engeneer: Carl Pirullo
Remixed At Opal Studios, N.Y.
Engeneer: Tony Rodriguez
Mastered At Frankford/Wayne, N.Y.
by Jose Rodriguez

SIDE B...WES 1209

WITH ALL MY HEART(Long Version)
Time: 6:17
(B.Marcucci-P.DeAngelis)
Disco Mix by: Peter De Angelis and Howard Merritt
Recorded At Sigma Sound, Philadelphia
Engeneer: Carl Pirullo
Remixed At Opal Studios, N.Y.
Engeneer: Tony Rodriguez
Mastered At Frankford/Wayne, N.Y.
by Jose Rodriguez

(P)1976? West End

BILLBOARD CHART ACTION
●WITH ALL MY HEART
[POP # - /R&B #- /DISCO # -]

DAWN Robertsonは、正体不明の謎の女性ボーカリスト。「With All My Heart」(1976?)が唯一のシングル。

WITH ALL MY HEART
1976年頃にWest Endから発売されたシングル。プロデュース、アレンジはPeter De Angelis。演奏はThe Salsoul Orchestra。フィリー録音。

1957年にフランスの国民的歌手Dalidaによって歌われ、世界的に大ヒットしたポピュラー・ソングをディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。ザ・ピーナッツを思わせるハーモニーと、イタリア語を取り入れた歌詞が印象的なフィリー・ディスコ・チューンに仕上がっている。

A面はショート・バージョン。
B面はロング・バージョン。アコースティック・ギター・ソロを挿入したインストゥルメンタルを追加録音してリミックスしたもの。
スポンサーサイト

AL GREEN/I FEEL GOOD(1978)

2007.05.28.Mon.21:48
20070522002139.jpg

A Side...H 78511

I FEEL GOOD
Time: 3:19 Intro: :16
(A. Green/F. Jordan/R. Fairfax, Jr.)
Produced By: Al Green
Arranged By: Al Green/Fred Jordan/Rouben Fairfax,Jr.
(from the HI Album HLP 6004 "BELLE")

B Side...H 78511

FEELS LIKE SUMMER
Time: 3:40
(A. Green/F. Jordan/R. Fairfax, Jr.)
Produced By: Al Green
Arranged By: Al Green/Fred Jordan/Rouben Fairfax,Jr.
(from the HI Album HLP 6004"BELLE")

(P)1978 Hi Records/Cream Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●I FEEL GOOD
[POP # 103 /R&B # 36 /DISCO # 13]

Al Greenは、「Let's Stay Together」(1971)や「Love and Happiness」(1972)などの大ヒット曲で一世を風靡した黒人男性ソウル/ゴスペル・シンガー。甘く囁きかけるような独特の歌唱法と、強いメッセージを持ったハイ・クオリティな楽曲により、一躍スターダムにのし上がった。

このシングルは1978年にHiから発売されたアルバム「Belle」からのカット。プロデュースはAl Green。アレンジはAl GreenFred JordanRouben Fairfax.Jr

I FEEL GOOD
味のあるアコースティック・ギターの刻みが印象的な、シンプルで荒削りな音作りがなされたファンキー・タッチのソウル/ディスコ・チューン。あまり知られていないが、彼にとって最大のディスコ・ヒット。

FEELS LIKE SUMMER
クワイエット・ストーム系のミディアム・ナンバー。後半へ進むにつれてファンキーでリズミカルに展開していく、なかなか良い作品。

SYLVIA/THE LOLIPOP MAN(Kojak-Theme'77)(1977)

2007.05.27.Sun.20:13
20070522002212.jpg

SIDE A...Vl-572A

THE LOLIPOP MAN(Kojak-Theme'77)
Time: 3:22
Music by: John Cacavas/Lyric by: Sylvia Robinson
Produced by: Sylvia Robinson
Extracked From The Sylvia LP
"Lay It On Me"Vl-131

SIDE B...Vl-572B

LAY IT ON ME(Instrumental)
Time: 3:52
T. Keith/M. Moore/R. Tate/S. Robinson
Produced by: T.Keith
Extracked From The Sylvia LP
"Lay It On Me"Vl-131

(P)1977 VIBRATION/PLATINUM RECORD CO,INC.

BILLBOARD CHART ACTION
●THE LOLIPOP MAN(Kojak-Theme'77)
[POP # - /R&B #- /DISCO # -]

Sylvia Robinsonは、Mickey & Sylviaのメンバーとして活躍し、ソロ転向後も「Pillow Talk」(1973)などの大ヒット曲で一世を風靡した黒人女性シンガー・ソングライター、プロデューサー。プロデューサーとしてThe MomentsThe WhatnautsSugarhill Gangなどをスターダムに伸し上げ、自らが立ち上げたレーベルAll PlatinumSugarhillを成功させるなど、多方面で実績を残す天才キャリア・ウーマンとしても知られる。

このシングルは1977年にVibrationから発売されたアルバム「Lay It On Me」からのセカンド・シングル。プロデュースはSylvia Robinson

THE LOLIPOP MAN(Kojak-Theme'77)
日本でも大ヒットしたTVドラマ「刑事コジャック/Kojak」のオープニング・テーマ(1977年版)に、彼女自身のセクシーな歌詞をつけてディスコ・バージョンにしたもの。相変わらずセクシーな吐息が満載だが、彼女が発表したディスコ・ナンバーでは一番良い出来。

LAY IT ON ME (Instrumental)
1977年発売のシングル「Lay It On Me」のB面に収録されていたものと同テイク。インストゥルメンタル。

SYLVIA/LAY IT ON ME(1977)

2007.05.24.Thu.23:08
20070522002204.jpg

SIDE A...Vl 570A

LAY IT ON ME(Vocal)
Time: 3:52
(T. Keith, M. Moore, R. Tate, S. Robinson)
Produced by: Sylvia, Donnie Kerr, T.Keith
From LP "Love Is Strange"

SIDE B...Vl 570B

LAY IT ON ME (Instrumental Version)
(Sylvia's Theme)

Time: 3:52
(T. Keith, M. Moore, R. Tate, S. Robinson)
Produced by: T.Keith

(P)1977 VIBRATION/PLATINUM RECORD CO,INC.

BILLBOARD CHART ACTION
●LAY IT ON ME
[POP # - /R&B #65 /DISCO # -]

Sylvia Robinsonは、Mickey & Sylviaのメンバーとして活躍し、ソロ転向後も「Pillow Talk」(1973)などの大ヒット曲で一世を風靡した黒人女性シンガー・ソングライター、プロデューサー。プロデューサーとしてThe MomentsThe WhatnautsSugarhill Gangなどをスターダムに伸し上げ、自らが立ち上げたレーベルAll PlatinumSugarhillを成功させるなど、多方面で実績を残す天才キャリア・ウーマンとしても知られる。

LAY IT ON ME
1977年にVibrationから発売されたアルバム「Lay It On Me」(当初は「Love Is Strange」のタイトルでリリース予定だった)からの先行シングル。プロデュースはTommy Keith(The Rimshots)。

ややディスコ・タッチのタイトなリズムに、華やかで印象的なストリングスのフレーズが絡むミディアム・テンポのメロウなナンバー。彼女のセクシーでコケティッシュなボーカルも絶妙な素晴らしい作品。

A面はボーカル・バージョン。
B面はシングル・オンリーのインストゥルメンタル・バージョン。

AQUARIAN DREAM/PHOENIX(1977)

2007.05.22.Tue.00:48
20070522002146.jpg

SIDE A...BDA 560

PHOENIX
Time: 3:30
(J. Burvick)
PRODUCED BY NORMAN CONNORS
for Norman Connors Productions Inc.
ARR: Reggie Lucas
FROM LP BDS 5672

SIDE B...BDA 560

LOOK AHEAD
Time: 3:24
(G. Jones/J. Burvick)
PRODUCED BY NORMAN CONNORS
for Norman Connors Productions Inc.
ARR: Reggie Lucas
FROM LP BDS 5672

(P)1977 BUDDAH RECORDS

BILLBOARD CHART ACTION
●PHOENIX
[POP # - /R&B #83 /DISCO # -]

Aquarian Dreamは、フィラデルフィアを拠点に活動していたセッション・ミュージシャンによって結成された黒人男女8人組ディスコ・グループ。Patricia ShannonSylvia Striplinが在籍していた事でも知られる。主な代表曲に「Phoenix」(1976)、「Fantasy」「You're A Star」(1977)など。

このシングルは1976年にBuddahから発売されたファースト・アルバム「Norman Connors Presents Aquarian Dream」からのカット。プロデュースはNorman Connors。アレンジはReggie Lucas

PHOENIX
彼ら最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。ジャズ・フュージョンの香りのするアップテンポのディスコ・ナンバーで、Joey Negroを始めとする、ハウス系DJが積極的に取り上げた事で、ディスコ・クラシックの定番として認知されるようになった作品。

このシングル・バージョンはPatricia Shannonによるリード・ボーカルを前面に押し出されたアルバム・バージョンをエディットしたもの。

●LOOK AHEAD
穏やかな雰囲気のイントロから始まり、一転してアップリフティングなディスコ・ビートへ展開していくメロディアスなディスコ・ナンバー。アルバム・バージョンと同テイク。

EROTIC DRUM BAND/LOVE DISCO STYLE(1979)

2007.05.19.Sat.17:16
20070511185419.jpg

SIDE A...PFF 302

LOVE DISCO STYLE
Time: 3:59
(P. Malorano-N. Dirado-L. Pircio-S. Buccalla)
Produced by: PETER DI MILO
Mix by: TOM SAVARESE
Mastering Eng.: DOMINICK ROMEO
from the LP "PLUG ME TO DEATH"

SIDE B...PFF 302

ACTION 78
Time: 5:09
(M. Campazoni)
Produced by: PETER DI MILO
Mastering Eng.: DOMINICK ROMEO
from the LP "PLUG ME TO DEATH"

(P)1979 Prism Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE DISCO STYLE
[POP # - /R&B # -/DISCO #17]

Erotic Drum Bandは、カナダ人ディスコ・プロデューサーPeter Di Miloが手がけたカナダのディスコ・プロジェクト。「Love Disco Style」、「Action '78」(1978)のディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1978年にPrismから全米発売されたファースト・アルバム「Plug Me To Death」からのカット。プロデュースはPeter Di Millo

LOVE DISCO STYLE
日本でも「愛のディスコ・スタイル」の邦題で発売され、シングル・ヒットを記録したディスコ・クラシック。オリジナル・カナダ盤ではモノラル・ミックスとなっていたが、全米発売時にTom Savareseによってリミックス、追加録音が行われたステレオ・ミックスとなっている。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・シングルとも異なるシングル・ミックス。

ACTION 78
ワイルドなパーカッションと唸るシンセベースが印象的なアップテンポのディスコ・ナンバー。ガラージ・クラシックとしても有名な作品。ここではアルバム・バージョンと同じテイクが収録されている。

TWO MAN SOUND/CAPITAL TROPICAL(1981)

2007.05.18.Fri.17:36
20070511185435.jpg

SIDE A...TR 100

CAPITAL TROPICAL(English Version)
Time: 3:19
(Hawks, Gomez, Ward)
Prod. by Lou for RKM

SIDE B...TR 100

CAPITAL TROPICAL(Latin Version)
Time: 3:13
(Hawks, Gomez, Ward)
Prod. by Lou for RKM

(P)1981 TSR RECORDS

BILLBOARD CHART ACTION
●CAPITAL TROPICAL
[POP # - /R&B # - /DISCO #11]

Two Man Soundは、Lou DeprijckSylvain Van HolmenPipou(Yvan Lacomblez) の3人からなる、ベルギーの男性3人組ラテン・ポップ/ディスコ・グループ。初期はコミック・バンド的な能天気なラテン・ポップス路線だったが、後にディスコ路線へ転向。世界的成功を収めた。主な大ヒット曲に「Copacabana」(1972)、「Charlie Brown」(1975)、「Disco Samba」(1978)、「Que Tal America」(1978)、「Capital Tropical」(1981)など。

CAPITAL TROPICAL
1982年にアメリカ・TSRから全米発売されたアルバム「Capital Tropical」からの先行シングル。プロデュースはバンドの中心人物でもあるLou Deprijck

1979年に放ったヒット曲「Que Tal America」を、さらに明るく能天気にしたようなアップテンポのラテン・ディスコ・ナンバー。全米ディスコ・チャートにおける最大のヒット曲。

A面は英語版。イントロのブレイクがカットされている。
B面はフランス語版。

TWO MAN SOUND/QUE TAL AMERICA(1976)

2007.05.16.Wed.23:42
20070511185442.jpg

SIDE A...11536

DISCO SAMBA:
Intro(L. Depriick, S. Vanholmen)0'18
-Taj Mahal(J. Ben)0'14
-Upa Negunha(E. Lobo)0'23
-Zazueira(J. Ben)0'24
-Brigitte Bardot(M. Gustand)0'18
-Ay Ay Caramba(J. Ben)0'17
-Pais Tropical (J. Ben)0'18
-So Fla Fla(L. Depricjk)0'18
-Brazil(A. Barroso)0'20
-Voce Abusou(A. Carlos et Jocafi)0'34
-Nega(Wando)0'16
-Tristeza(H. Lobo Nithinho)0'19
-Charlie Brown (B. di Paula)0'19

SIDE B...11536

QUE TAL AMERICA(Short Version)
Time: 3'17
(Lou DEPRIJCK)
Production: Roland Kluger
Studio: RKM-Bruxelles

(P)1976 rkm/MUSIDISC(Belgium)

BILLBOARD CHART ACTION
●QUE TAL AMERICA
[POP # - /R&B # - /DISCO #47]

Two Man Soundは、Lou DeprijckSylvain Van HolmenPipou(Yvan Lacomblez) の3人からなる、ベルギーの男性3人組ラテン・ポップ/ディスコ・グループ。初期はコミック・バンド的な能天気なラテン・ポップス路線だったが、後にディスコ路線へ転向。世界的成功を収めた。主な大ヒット曲に「Copacabana」(1972)、「Charlie Brown」(1975)、「Disco Samba」(1978)、「Que Tal America」(1978)、「Capital Tropical」(1981)など。

このシングルは1982年にアメリカ・TSRから全米発売され、本国ベルギーでも発売されたアルバム「Capital Tropical」からのカット。プロデュースはRoland Kluger。1976年制作と表記されているが誤り。

DISCO SAMBA
1977年にベルギー・rkmから発売されたアルバム「Disco Samba」に収録されていた作品。Jorge Benのヒット・ナンバーを中心に、ラテン・ナンバーのスタンダード、さらに彼らのヒット曲をメドレーにし、ディスコ・バージョンに仕立てたもの。

QUE TAL AMERICA
1977年にベルギー・rkmから発売されたアルバム「Disco Samba」に収録されていた作品。ハウス/ガラージ系のDJによって取り上げられた事で知られるようになったアンダーグラウンド・ディスコ・クラシック。ディスコ・ミュージックのお手本とも言えるベース・ラインと、独特のイントネーションを持った歌詞など、一度聴けばおぼえてしまう程キャッチーなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンは、1979年にアメリカのディスコ・レーベルJDCから発売された12インチ・シングルに収録されていた、Richie Riveraによるリミックス・バージョンをエディットしたもの。

CLAUDE FRANÇOIS/ALEXANDRIE ALEXANDRA(1977)

2007.05.15.Tue.20:48
20070511185407.jpg

SIDE 1...49.352

ALEXANDRIE ALEXANDRA
Time: 4:33
(C. François et J.P. Bourtayre/E. Roda Gil)
Introduction mus. :22"
Rythmique: Slim Pezin
Cordes et Cuivres: R.Donnez

SIDE 2...49.352

EVE
Time: 4:48
(C. François et J.P. Bourtayre/P. Delanoe)
Introduction mus. :10"
Rythmique: Slim Pezin
Cordes et Cuivres: R. Gimenez

(P)1977 Disques Fleche/Carrere(France)

BILLBOARD CHART ACTION
●ALEXANDRIE ALEXANDRA
[POP # - /R&B # - /DISCO # -]

Claude Françoisは、 "Clo-Clo"の愛称で親しまれ、戦後フランスを代表するスーパースターの一人として君臨したエジプト出身の男性シンガー・ソングライター。初期はシャンソン、ポップス路線でヒットを飛ばし、後にディスコ路線へ転向。「フレンチ・ディスコの父」と呼ばれ、一大センセーションを巻き起こした。Frank Sinatraの大ヒット「My Way」の作者としても知られる。

このシングルは1977年にフランス・Disques Flecheから発売されたアルバム「Disco」からの先行シングル。プロデュースはClaude François

ALEXANDRIE ALEXANDRA
CerroneSanta Esmeraldaなどのアレンジで知られるディスコ・プロデューサーDon Rayをアレンジャーとして起用し、イギリスで録音された作品。当時大人気だったCerroneAlec R.Costandinosと同路線のメロディアスかつアッパーなディスコ・ナンバーで、フランスのヒットチャートの首位を独占する大ヒットを記録。この曲のユニークな振り付けも大きな話題となった。

EVE
A面「Alexandrie Alexandra」と同路線のマイナー調のメロディアスなディスコ・ナンバー。アレンジはRaymond Gimenez

MOTOWN SOUNDS/BAD MOUTHIN'(1979)

2007.05.13.Sun.01:25
20070511185428.jpg

SIDE A...TMG 1143

SPACE DANCE
Time: 3:15(135 BPM)
(Michael L. Smith)
In Album"SPACE DANCE"-STML 12105
Produced by Michael L. Smith
Arranged by Michael L. Smith

SIDE B...TMG 1143

BAD MOUTHIN'
Time: 3:27(126 BPM)
(Michael L. Smith)
In Album"SPACE DANCE"-STML 12105
Produced by Michael L. Smith
Arranged by Michael L. Smith

(P)1979 Motown Record Corp.(UK)

BILLBOARD CHART ACTION
●SPACE DANCE
[POP # - /R&B # - /DISCO # -]

Motown Soundsは、The Smith Connectionのリーダーだったことでも知られるモータウンのプロデューサー、アレンジャー、ソングライターMichael Lovesmithが手がけたディスコ・プロジェクト。Jermaine Jacksonがベーシストとして参加している。

このシングルは1978年にMotownから発売されたアルバム「Space Dance」からのカット。プロデュース、アレンジはMichael Lovesmith

SPACE DANCE
フル・オーケストラによるゴージャスなイントロで幕を開けるアップテンポのディスコ・ナンバー。「Space Dance」と女性コーラスが連呼するサビの部分が耳に残る。

BAD MOUTHIN'
Jermaine Jacksonによる唸るようなベースのリフレインに、ゴージャスなオーケストレーションが折り重なるように展開する、アップリフティングなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。

ガラージ・クラシックとして知られ、1999年発売のミックスCD「Larry Levan - Live At The Paradise Garage」にも収録されている。

DOLLY DOTS/P.S.(1981)

2007.05.12.Sat.00:26
20070511185413.jpg

SIDE 1...WEA 18.829-A

P.S.
Time: 4:14
(Peter Van Asten/Richard de Bois)
Produced by:Richard de Bois, Peter Van Asten

SIDE 2...WEA 18.829-B

SO THAT'S WHY
Time: 3:01
(Peter Van Asten/Richard de Bois)
Produced by:Richard de Bois, Peter Van Asten

(P)1981 WEA Records BV(Holland)

BILLBOARD CHART ACTION
●P.S.
[POP # - /R&B # - /DISCO #49]

Dolly Dotsは、「Do wah diddy diddy」(1982)、「Love me just a little bit more (totally hooked on you)」(1983)などの大ヒット曲で知られる、オランダの女の子6人組アイドル・グループ。日本では「Radio」(1979)と「Rollerskating」(1980)がヒット。The NolansArabesqueThe Dooleysと並ぶ、キャンディ・ポップ・ブームの代表グループとして、高い人気を誇った。

このシングルは1980年にオランダ・WEA Records BVから発売されたサード・アルバム「PS..We Love You」からのカット。プロデュースはRichard de BoisPeter Van Asten

P.S.
彼女達のヒット曲の中では最もアメリカンナイズされたファンキーな音作りがなされたブラック・コンテンポラリー風のアッパーなファンク・ディスコ・チューン。本国オランダでは最高6位を記録する大ヒットを記録。その後、オランダからの輸入盤がアメリカのディスコでもプレイされるようになり、このヒットに目をつけたAtlanticが全米発売権を獲得。独自のリミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルを発売。全米ディスコ・チャートにランクされる快挙を成し遂げた。特にLarry Levanがヘビー・プレイした事から、ガラージ・クラシックとしても知られている。

SO THAT'S WHY
Abbaを彷彿させる爽やかなポップス・ナンバー。

CHIC/DANCE,DANCE,DANCE(YOWSAH,YOWSAH,YOWSAH)(1977,Buddah Press)

2007.05.11.Fri.19:10
20070511185401.jpg

SIDE A...BDA 583

DANCE,DANCE,DANCE(YOWSAH,YOWSAH,YOWSAH)
Time: 3:39
(K. Lehman, B. Edwards, N. Rodgers)
Producer:Kenny Lehmen, Bernard Edwards, Nile Rodgers
for Turtle Productions
Exec. Producer:Marc Kreiner in Association With
B. Hollins & J. Gonzales For MK Productions
MIX BY SAVARESE

SIDE B...BDA 583

SÃO PÃULO
Time: 3:12
(K. Lehman, B. Edwards, N. Rodgers)
Producer:Kenny Lehmen, Bernard Edwards, Nile Rodgers
for Turtle Productions
MIX BY SAVARESE

(P)1977 Buddah Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●DANCE,DANCE,DANCE(YOWSAH,YOWSAH,YOWSAH)
[POP # 6 /R&B # 6 /DISCO # 1 ]


Chicは、ニューヨークを拠点にセッション・ミュージシャンとして活動していたNile RodgersBernard EdwardsTony Thompsonの3人を中心に結成された実力派ディスコ/ファンク・バンド。どこを聴いてもChicとわかる個性的なサウンドとヒット曲の数々は、当時のミュージック・シーンにおいて多大な影響を与えた。主な大ヒット曲に「Dance, Dance, Dance(Yowsah, Yawsah, Yawsah)」(1977)、「Le Freak」「I Want Your Love」(1978)、「Good Times」(1979)など。

このシングルは1977年にBuddahから全米発売されたデビュー・シングル。プロデュースはKenny LehmenBernard EdwardsNile Rodgers。同年暮にAtlanticから再発売。ファースト・アルバム「Chic」にも収録された。

DANCE,DANCE,DANCE(YOWSAH,YOWSAH,YOWSAH)
全米ディスコ・チャートで8週連続ナンバー・ワン、ポップ・チャート、ソウル・チャートでも最高6位を記録した大ヒット曲であり、彼らの代表曲の一つ。彼らの才能や個性、テクニックが見事に結実したアップリフティングかつファッショナブルなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンは、後にAtlanticから発売されたシングルよりも、3秒程早くフェード・アウトされている以外は全く同一のテイク。

SÃO PÃULO
George Bensonのヒット曲「Breazin'」(1976)を思わせる、ミディアム・テンポのインストゥルメンタル・ディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンは、12インチ・バージョンをエディットしたもの。Atlantic盤よりも1分半程度短くなっている。

CERRONE/LOVE IN `C' MINOR - PT.l(1977)

2007.05.11.Fri.14:11
20070422215451.jpg

SIDE A...45-44215 STEREO

LOVE IN `C' MINOR - PT.l
Time: 3:58
(Alec/R. Costandinos & Cerrone)
"A Cerrone Production"
From Cotillion LP 9913

SIDE A...45-44215 MONO

LOVE IN `C' MINOR - PT.l
.Time: 3:58
(Alec/R. Costandinos & Cerrone)
"A Cerrone Production"
From Cotillion LP 9913

(P)1977 Cotillion

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE IN `C' MINOR - PT.l
[POP #36 /R&B #29 /DISCO # 2 ]

Cerrone(Jean-Marc Cerrone)は、Giorgio Moroderと並ぶユーロ・ディスコ・サウンドのパイオニアと呼ばれ、全世界のミュージック・シーンに多大な影響を与えたフランス人男性ディスコ・プロデューサー、コンポーザー、ドラマー。主な代表曲に「Love In C Minor」(1976)、「Supernature」(1977)、「Rocket In The Pocket」(1978)、「Hooked On You」(1980)など多数。

LOVE IN C MINOR
1976年にフランス・Malligator、翌1977年にアメリカ・Cotillionから全米発売されたファースト・アルバム「Love In C Minor」からのシングル・カット。プロデュースはCerrone。アレンジはDon Ray

彼の出世作であり最大のヒット・ナンバー、さらには現代のハウス・ミュージックの原型として有名な作品。クラシック・オーケストラとディスコ・ミュージックを融合し、16分にも及ぶ組曲形式に仕立て上げるという斬新な手法や、複数の男女による乱交がテーマという、かなりエロティックな内容も大きな話題となった。因みにタイトルを直訳すると「愛・ハ短調」となる。

このシングル・バージョンは、間奏のセクシーなプレイ・シーンをカットした健全(?)なエディット・バージョンとなっている。

SILVER CONVENTION/SPEND THE NIGHT WITH ME(1978)

2007.05.11.Fri.01:58
20070422215552.jpg

SIDE A...MCA-40896

SPEND THE NIGHT WITH ME
Time: 4:26
(M.Bjoerklund-M.Forsey)
From MIDSONG LP,MCA-3038"Love In A Sleeper"
PRODUCED BY MICHAEL KUNZE FOR BUTTERFLY PRODUCTIONS
ARRANGED BY JOHN DAVIS
AN JUPITER RECORDING
RECORDED IN GERMANY

SIDE B...MCA-40896

BREAKFAST IN BED
Time: 3:48
(J.Heider-M.Kunze)
From MIDSONG LP,MCA-3038"Love In A Sleeper"
PRODUCED BY MICHAEL KUNZE FOR BUTTERFLY PRODUCTIONS
ARRANGED BY JOHN DAVIS
AN JUPITER RECORDING
RECORDED IN GERMANY

(P)1978 MIDSONG INTERNATIONAL RECORDS,INC.

BILLBOARD CHART ACTION
●SPEND THE NIGHT WITH ME
[POP # - /R&B #80 /DISCO #10]

Silver Conventionは、ドイツを拠点に活躍していた音楽プロデューサーMichael KunzeSilvester Levayが、周辺のスタジオ・ミュージシャン、シンガーを集めて結成したドイツのディスコ・グループ。ドイツ音楽史上初のグラミー賞(ベスト・R&B・インストゥルメンタル部門)を獲得したグループとしても有名。主な大ヒット曲に「Save Me」「Fly, Robin Fly」(1975)、「Get Up And Boogie(That's Right)」(1976)など。

このシングルは1978年にMidsong Internationalから発売されたアルバム「Love In A Sleeper」からのカット。プロデュースはMichael Kunze。アレンジはJohn Davis。ボーカルはRamona WulfRhonda HeathZenda Jacks。ミュンヘンとフィラデルフィアで録音されたもの。

SPEND THE NIGHT WITH ME
Zenda Jacksがリード・ボーカルを務めるミディアム・テンポの軽快なディスコ・ナンバー。途中で聴かれる男声ボーカルはJerry Rix(「Disco Train」(1977)のディスコ・ヒットで知られる)によるもの。

BREAKFAST IN BED
キャッチーなメロディーを持った、フィリー味付けのミュンヘン・ディスコ・チューン。リード・ボーカルは同じくZenda Jacks

SYREETA & G.C. CAMERON/LET'S MAKE A DEAL(1977)

2007.05.08.Tue.23:01
20070422215558.jpg

SIDE A...M 1426F STEREO

LET'S MAKE A DEAL
Time: 3:21
(M.L .Smith)
In Album:"RICH LOVE, POOR LOVE"M6-891S1
Produced by Michael L. Smith
Arranged by Michael L. Smith & McKinley Jackson

SIDE A...M 1426F MONO

LET'S MAKE A DEAL
Time: 3:21
(M.L. Smith)
In Album:"RICH LOVE, POOR LOVE"M6-891S1
Produced by Michael L. Smith
Arranged by Michael L. Smith & McKinley Jackson

(P)1977 Motown Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●LET'S MAKE A DEAL
[POP # - /R&B #- /DISCO #40]

1977年にMotownから発売された、SyreetaG.C. Cameronのデュエット・アルバム「Rich Love,Poor Love」からのカット。プロデュースはMichael L. Smith。アレンジはMichael L. SmithMcKinley Jackson

●LET'S MAKE A DEAL
当時のMotownらしいポップさと黒さを兼ね備えたメロディックなポップ・ディスコ・チューン。Syreetaの伸びのあるハイトーン・ボイスとG.C.Cameronのソウルフルでナチュラルなボーカルとの絶妙なバランスが、さらにこの曲を魅力的なものにしている。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンとは異なるシングル・ミックス。


DOUBLE EXPOSURE/I GOT THE HOTS FOR YA(REMIX)(1979)

2007.05.07.Mon.20:57
20070422215457.jpg

SIDE A...S7 2091

I GOT THE HOTS FOR YA(REMIX)
Time: 3:40
(Ron Baker)
Produced And Arranged By Ron Baker
Exective Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

SIDE B...S7 2091

PERFECT LOVER
Time: 3:10
(J. Akines-J. Bellmon-B. Turner)
(From the Salsoul L.P.SA 8501"Fourplay")
Produced By Ron Kersey For The Harris Machine
Exective Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

(P)1979 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●I GOT THE HOTS FOR YA(REMIX)
[POP # - /R&B #33 /DISCO #37 ]

Double Exposureは、1960年代からフィラデルフィアを拠点に活動している黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。1976年当時のメンバーはJimmy WilliamsJoe HarrisChuck WhittingtonLeonard Davis。主なヒット曲に「Ten Percent」、「My Love Is Free」、「Everyman」(1976)、「I Got The Hots For Ya」(1979)など。

I GOT THE HOTS FOR YA(REMIX)
1979年にSalsoulから発売されたサード・アルバム「Locker Room」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはRon Baker

Instant Funk風のかなり黒っぽいファンク・ディスコ・チューンで、全米ソウル・チャートで最高33位をマークした彼ら最大のヒット曲。

このシングル・バージョンは、アルバム、12インチ・シングルとも全く異なるテイクが使われており、若干テープ・スピードを遅めにしたリミックス・バージョンとなっている。

PERFECT LOVER
1978年にSalsoulから発売されたセカンド・アルバム「Fourplay」からのカット。プロデュースはRon Kersey

O'JaysHarold Melvin & The Blue Notesあたりを思わせるスロー・バラード。

ROSE ROYCE/R.R.EXPRESS(1981)

2007.05.06.Sun.21:56
20070422215546.jpg

SIDE A...WHI49830(YCM 9832 VIS)

R.R.EXPRESS(Edit)
Time: 3:58
(Norman Whitfield)
From the Whitefield Album WHK 3620 JUMP STREET
PRODUCED & ARRANGED BY NORMAN WHITFIELD

SIDE A...WHI49830(YCM 9832 VI M DJ)

R.R.EXPRESS(Edit)
Time: 3:58
(Norman Whitfield)
From the Whitefield Album WHK 3620 JUMP STREET
PRODUCED & ARRANGED BY NORMAN WHITFIELD

(P)1981 Warner Bros.Records Inc./Whitfield Records

BILLBOARD CHART ACTION
●R.R.EXPRESS(Edit)
[POP # - /R&B # - /DISCO # 8]

Rose Royceは、Norman Whitfield専属のスタジオ・バンドとして長く活動し、映画「Car Wash」(1976)の主題歌「Car Wash」が全米ナンバー・ワン・ヒットになった事をきっかけに、表舞台へ飛び出した実力派ファンク・バンド。「Car Wash」(1976)の大ヒット以降も、「I Wanna Get Next To You」(1976)「Love Don't Live Here Anymore」「Wishing On a Star」(1977)といったバラードを中心にヒットを飛ばしている。

R.R.EXPRESS
1981年にWhitfieldから発売されたアルバム「Jump Street」からのカット。プロデュース、アレンジはNorman Whitfield

Norman Whitfieldが手がけたディスコ・ファンク・バンドNytroが1979年に発表したシングル「Nytro Express」の歌詞を改変、改題し、リメイクしたもの。オリジナル以上に黒光りする、ゴリゴリのファンク・チューンに仕上がっており、後半へ進むにつれて変態的なシンセ・リフが乱舞する凄まじいバージョンに変貌している。

NYTRO/NYTRO EXPRESS(1979)

2007.05.06.Sun.21:10
20070422215541.jpg

SIDE A...WHI 8780

NYTRO EXPRESS(Edit)
Time: 4:10
(Norman Whitfield)
From the Whitfield Album WHK 3275
RETURN TO NYTROPOLIS
PRODUCED BY NORMAN WHITEFIELD

SIDE B...WHI 8780

RETURN TO NYTROPOLIS
Time: 5:37
(Norman Whitfield)
From the Whitfield Album WHK 3275
RETURN TO NYTROPOLIS
PRODUCED BY NORMAN WHITEFIELD

(P)1979 Warner Bros.Records Inc./Whitfield Records

BILLBOARD CHART ACTION
●NYTRO EXPRESS(Edit)
[POP # - /R&B # - /DISCO # -]

Nytroは、Norman Whitfieldに見出されたオハイオ出身の黒人男性8人組セルフコンテインド・ファンク・グループ。1977年発売のデビュー・シングル「What It Is」が唯一のチャート・ヒット。

このシングルは1979年にWhitfieldから発表されたセカンド・アルバム「Return To Nytropolis」からのカット。プロデュース、アレンジはNorman Whitfield

NYTRO EXPRESS
当時、Norman Whitfieldが傾倒し、ファンク界に多大な影響を与えつつあったドイツのテクノ・グループKraftwerkの大ヒット曲「Trans-Europe Express」(1977)にインスパイアされたものと思われるファンク/ディスコ・チューン。ロフト・クラシックとしても知られ、12分に及ぶフル・バージョンが収録されたプロモ盤12インチ・シングルは高値で取引されるなど、高い人気を誇る作品。

RETURN TO NYTROPOLIS
アルバムでは「Nytro Express」からノンストップで接続されているテクノ/ファンク・ディスコ・チューン。多種多様なシンセ・リフの繰り返しは、明らかにkraftwerkの影響を受けており、さらにタイトルもKraftwerkのアルバム「The Man Machine」(1978)収録の「Metropolis」を文字ったものだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。