スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MANU DIBANGO/SUN EXPLOSION(1979)

2007.06.29.Fri.17:23
20070621224552.jpg

SIDE A...CM-222

SUN EXPLOSION
Time: 3:52
(Manu Dibango)
Licenced by Sofrason,FRANCE

SIDE B...CM-222

BESOKA ON SALSA
Time: 4:48
(Manu Dibango)
Licenced by Sofrason,FRANCE

(P)1979 Fiesta/King Record(Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●SUN EXPLOSION
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Manu Dibangoは、フランスを拠点に活動し、「Soul Makossa」(1972)の世界的大ヒットで一世を風靡したアフリカ・カメルーン出身の男性ジャズ・サクソフォニスト。ジャズ/ファンク/レゲエ/ラテン/ディスコまでこなす、非常に柔軟な音楽性を持つジャズ・アーティストとして知られる。

このシングルは1978年にフランス・Fiestaから発売され、日本ではKingから"キング・アフロ・ディスコ・シリーズ"の第三弾として発売されたもの。プロデュース、アレンジはManu Dibango

SUN EXPLOSION
1978年にFiestaから発売されたアルバム「Manu Dibango」からのカット。

アフロ・ラテン・タッチのエネルギッシュなディスコ・ナンバーで、セクシーで呪文を囁くようなボーカルと女性コーラス、パワフルなサックスとマリンバのサウンドが独特な高揚感を生む魅惑的な作品。アフリカンな中にもフランス流の気品を感じさせるところが彼らしい。

BESOKA ON SALSA
1976年に発売されたアルバム「Manu 76」からのカット。

サルサのリズムを取り入れたジャズ・タッチのスローなインストゥルメンタル・ナンバー。

スポンサーサイト

KAY GEES/BURN ME UP(1979)

2007.06.27.Wed.02:04
20070621224538.jpg

SIDE A...DE-913

BURN ME UP
Time: 4:06
(Greg Rodford/Ken Morris/Wendell Morrison & The Kay Gees)
From De-Lite's album DSR-9510"Burn Me Up"
Produced by: Patrick Adams/Stan Lucas and Ken Morris
for The P.A. System Inc.
Horn and String arrangement: Patrick Adams
Disco edit by John Jellybean Benitez
Engineers: Tim Benedict and Robin Martinez

SIDE B...DE-913

HEAVENLY DREAM
Time: 5:19
(Huey Harris/Peachena Euro & The Kay Gees)
From De-Lite's album DSR-9510"Burn Me Up"
Produced by: Patrick Adams/Stan Lucas and Ken Morris
for The P.A. System Inc.
Horn and String arrangement: Patrick Adams

(P)1979 De-Lite Recorded Sounds

BILLBOARD CHART ACTION
●BURN ME UP
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

The Kay-Geesは、Kool & The Gangの弟分としてデビューした黒人男性8人組ファンク・ディスコ・バンド。「You Got To Keep On Bumpin'」(1974)、「Get Down」、「Hustle Wit Every Muscle」(1975)などのスマッシュ・ヒットで知られる。

このシングルは1979年にDe-Liteから発売されたアルバム「Burn Me Up」からのカット。プロデュースはPatrick AdamsStan LucasKen Morris。アレンジはPatrick Adams

●BURN ME UP
Patrick Adamsのサウンド・カラーを色濃く反映させたラテン・タッチのファッショナブルなディスコ・ナンバー。彼のトレード・マークである独特のシンセ・リードを全編に配置しているため、一聴するだけではKay-Geesとは思えない仕上りとなっている。

このシングル・バージョンはJohn Jellybean Benitezによってリミックスが施された12インチ・シングル・バージョンをエディットしたもの。

●HEAVENLY DREAM
Earth,Wind & Fireを強く意識した爽やかなサウンドとメロディーが印象的なスロー・バラード。ボーカルとコーラスを前面に押し出すなど、これまでの彼らにはなかったアプローチがなされている。


DIANA ROSS,MARVIN GAYE,SMOKEY ROBINSON & STEVIE WONDER/POPS, WE LOVE YOU(A TRIBUTE TO FATHER)(1978)

2007.06.23.Sat.18:43
20070621224520.jpg

SIDE 1...M 1455F

POPS, WE LOVE YOU(Vocal)
Time: 3:59
(Pam Sawyer-Marilyn McLeod)
"A TRIBUTE TO FATHER"
Produced by Pam Sawyer & Marilyn McLeod
For Stone Diamond Productions
Rhythm Arrangement by Mel Bolton
String Arrangement by Gil Askey

SIDE 2...M 1455F

POPS, WE LOVE YOU(Instrumental)
Time: 3:30
(Pam Sawyer-Marilyn McLeod)
"A TRIBUTE TO FATHER"
Produced by Pam Sawyer & Marilyn McLeod
For Stone Diamond Productions
Rhythm Arrangement by Mel Bolton
String Arrangement by Gil Askey

(P)1978 Motown Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●POPS, WE LOVE YOU(A TRIBUTE TO FATHER)
[POP # 59/R&B # 26/DISCO # -]

1978年に89歳で亡くなったMotown社長Berry Gordy,Jr.の父 Berry Gordy,Sr.のために、Motownの大スターを結集して制作した追悼アルバム「Pops, We Love You」からのシングル。プロデュースはPam SawyerMarilyn McLeod

●POPS, WE LOVE YOU(A TRIBUTE TO FATHER)
Diana RossMarvin GayeSmokey RobinsonStevie Wonderという、通常では不可能な組み合わせで制作された、メロディアスでハート・ウォーミングなディスコ・ナンバー。メンバー全員が仲良くしっかりと歌い上げており、そのテンションの高さから、彼らの思い入れは相当なものだった事が伺える。

A面はボーカル・バージョン。アルバム、12インチ・シングル、ハート型の特別盤収録のバージョンとも異なるシングル・ミックス。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。7インチ・シングルのみ収録。

YOKO ONO/WALKING ON THIN ICE -FOR JOHN(1981)

2007.06.22.Fri.15:06
20070621224559.jpg

SIDE A...GEF49683

WALKING ON THIN ICE
Time: 5:58
(Words & Music by Yoko Ono)
PRODUCED BY JOHN LENNON,
YOKO ONO & JACK DOUGLAS

SIDE B...GEF49683

IT HAPPENED
Time: 5:06
(Words & Music by Yoko Ono)
PRODUCED BY JOHN LENNON & YOKO ONO ('73)
EDITED & REMIXED BY JOHN LENNON,
YOKO ONO & JACK DOUGLAS ('80)

(P)1981 The David Geffen Company/GEFFEN Records/Lenono Music

BILLBOARD CHART ACTION
●WALKING ON THIN ICE
[POP # 58/R&B #- /DISCO # 13]

Yoko Ono(小野洋子)は、アメリカを拠点に活躍する前衛芸術家、音楽家であり、John Lennonの妻としても知られる、世界で最も有名な日本人女性。主なヒット曲に「Walking On Thin Ice」(1981)、「Hell In Paradise」(1986)など。

このシングルはJohn Lennonが亡くなった直後の1981年にGeffenから発売されたYoko Ono名義でのソロ・シングル。プロデュースはJohn LennonJack DouglasYoko Ono

●WALKING ON THIN ICE
John Lennonが手がけた生涯最後の作品としても知られる、マッドでサイケデリックなディスコ・ロック・チューン。Earl SlickJohn Lennonによるマッドでダビーなギター・サウンド、彼女の凍えているかのようなウィスパー・ボイスとスクリーミングなど、John LennonYoko Onoの才能が見事に結実した最高傑作と言える作品。

発売当時はディスコを中心に大ヒットとなり、Larry Levanがヘビー・プレイした事からガラージ・クラシックとしても知られ、2003年にはリミックス・バージョンが全米クラブ・チャートでNo.1を記録している。

●IT HAPPENED
彼女自身のペンによるとても美しいメロディーを持つバラード。1973年にレコーディングされお蔵入りしていたものにJohnYokoのダイアログを加え、リミックスしたもの。

GARÇONS/FRENCH BOY part 1 & 2(1979)

2007.06.21.Thu.22:59
20070621224532.jpg

Side 1...0030.182

FRENCH BOY(Part 1)
Time: 5:06
(P. Vidal/P. Vidal-E. Fitoussi-J.P. Charriau)
Prod.by M. Esteban & M. Zilkha. Ze Records
Licensed by Phonogram Paris.

Side 2...0030.182

FRENCH BOY(Part 2)
Time: 3:24
(P. Vidal/P. Vidal-E. Fitoussi-J.P. Charriau)
Prod.by M. Esteban & M. Zilkha. Ze Records
Licensed by Phonogram Paris.

(P)1979 Phonogram S.A./Metronome Muzik GmbH(Germany)

BILLBOARD CHART ACTION
●FRENCH BOY
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Garconsは、フランスを拠点に活動していたパンク・ロック・バンドMarie et Les Garconsを前身とするフランスの男性3人組ニューウェイブ/テクノ・ポップ・バンド。メンバーはPatrick VidalEric FitoussiJean-pierre Charriau

●FRENCH BOY
1979年にフランス・Phonogramから発売されたファースト・アルバム「Divorce」からのシングル・カット。アメリカのインディー・レーベルZEのオーナーMichael ZilkhasMichel Estebanによるプロデュース作品。ニューヨーク録音。ドイツ・Metronome盤。

Patrick Vidalによる、当時のニューウェイヴ系にありがちなかなり間の抜けたボーカルやコーラスを全編にフューチャーしたアップリフティングかつハイテンションなテクノ・ディスコ・チューン。中盤以降の疾走感のあるアッパーなインストゥルメンタル部分がとても良い。

A面はボーカル・バージョンをエディットしたもの。
B面はアルバムのラストに収録されているインストゥルメンタル・バージョン「French Boy(Reprise)」をエディットしたもの。

THEO VANESS/NO ROMANCE KEEP ON DANCIN'(1979)

2007.06.19.Tue.21:31
20070610002647.jpg

SIDE A...PRL 71117

NO ROMANCE/KEEP ON DANCIN'
Time: 4:08
(Michael-Lana,Paul Sebastian)
Arranged and Produced by: Michael-Lana & Paul Sebastian
for Boona Music Productions
Exective Producer: Stephanie Sand
Edit by Francois K.
From The LP- "BAD BAD BOY" PRL 12165

SIDE B...PRL 71117

SENTIMENTALLY IT'S YOU
Time: 4:03
(Michael-Lana,Paul Sebastian)
Arranged and Produced by: Michael-Lana & Paul Sebastian
for Boona Music Productions
Exective Producer: Stephanie Sand
Edit by Francois K.
From The LP- "BAD BAD BOY" PRL 12165

(P)1979 Prelude Records

BILLBOARD CHART ACTION
●NO ROMANCE/KEEP ON DANCIN'
[POP # -/R&B # -/DISCO # 3(LP All Cuts)]

●SENTIMENTALLY IT'S YOU
[POP # -/R&B # -/DISCO # 3(LP All Cuts)]

Theo Vaness(Theo van Es)は、オランダのロック・バンドThe Shoesのリード・ボーカルとして活躍し、ソロ転向後もディスコ路線で世界的に活躍したオランダ人男性ボーカリスト。主なヒット曲に「As Long As It's Love」「Bad Bad Boy」「I Can't Dance Without You」(1979)など多数。

このシングルはPreludeから全米発売されたセカンド・アルバム「Bad Bad Boy」(1979)からのカット。プロデュース、アレンジはフランスのプロデューサー・チームMichael-Lana & Paul Sebastian。リミックスはFrancois Kevorkian

●NO ROMANCE/KEEP ON DANCIN'
イントロのパーカッシブなブレイク部分が印象的なアップテンポのストレートなディスコ・ナンバー。ガラージ・クラシック。

●SENTIMENTALLY IT'S YOU
ガラージ・クラシック/ゲイ・アンセムとして知られ、ディスコ/ハウス系DJに人気のアップリフティングなテクノ・ディスコ・チューン。Sylvesterを強く意識したシャウトや、彼の大ヒット「You Make Me Feel (Mighty Real)」(1978)のフレーズを盛り込むなど、楽しい作品。

JAY AND THE TECHNIQUES/NUMBER ONEDERFUL(1975)

2007.06.17.Sun.00:58
20070610002629.jpg

SIDE A...EV 228 PROMOTIONAL COPY

NUMBER ONEDERFUL
Intro Time :40, Total Time 3:54
(I. Levine-L. Brown)
Arranged by Joe Renzetti
A SILVER BLUE PRODUCTION
A Jerry Ross Production

SIDE B...EV 228 PROMOTIONAL COPY

NUMBER ONEDERFUL DISCO VERSION
Time 5:38
(I. Levine-L. Brown)
Arranged by Joe Renzetti
A SILVER BLUE PRODUCTION
A Jerry Ross Production

(P)1975 Event Records Inc./Polydor Incorporated

BILLBOARD CHART ACTION
●NUMBER ONEDERFUL
[POP # -/R&B # 94/DISCO # -]

Jay and The Techniquesは、フィラデルフィアの音楽プロデューサー・Jerry Rossによって見出された黒人リード・シンガーJay Proctorを中心に、黒人ボーカル2人と白人バック・バンド5人からなる7人組ポップ・ボーカル・グループ。「Apples, Peaches, Pumpkin Pie」「Keep The Ball Rollin'」「Strawberry Shortcake」(1967)などの大ヒット曲で一世を風靡した。

NUMBER ONEDERFUL
1975年にEventから発売されたシングル。プロデュースは、Bobby EliJoel Diamond主催のSilver Blue Production。アレンジはJoe Renzetti。演奏はMFSB

高揚感のあるポップなメロディーを持つアップテンポのフィリー・ダンサー。Jay Proctorによる味のある独特な歌唱とMFSBによる軽快なディスコ・サウンドとの相性も良く、ソウル・ファンの間でも意外と人気があるのには納得。

A面はオリジナル・バージョン。
B面はプロモ・オンリーのディスコ・バージョン。一般発売盤には「Don't Ask Me To Forget」が収録されている。

T.C.JAMES & THE FIST `O' FUNK ORCHESTRA/GET UP ON YOUR FEET(KEEP ON DANCING)(1978)

2007.06.14.Thu.15:54
20070610002621.jpg

SIDE A...EMI 2779

GET UP ON YOUR FEET(KEEP ON DANCING)
(Joseph Davis)
Arranged by T.C.James
Produced by Kevin And Ulla Misevis

SIDE B...EMI 2779

DANCE ALL OVER THE WORLD
(T.C.James)
Arranged by T.C.James
Produced by Kevin And Ulla Misevis

(P)1978 Fist `O' Funk Ltd./EMI(U.K.)

BILLBOARD CHART ACTION
●GET UP ON YOUR FEET(KEEP ON DANCING)
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Fist-O-Funk Orchestraは、ニューエイジ/ヒーリング・ミュージック界で活躍するクラシック・ピアニストKevin MisevisTom C.Jamesが手がけたディスコ・プロジェクト。「New York Strut」(1976)のカルト・ヒットで知られる。

このシングルは1978年にイギリス・EMIから発売されたアルバム「Get Up On Your Feet (Keep On Dancin') 」からのカット。プロデュースはKevin MisevisUlla Misevis。アレンジはTom C.James

●GET UP ON YOUR FEET(KEEP ON DANCING)
それまでの40年代風ビッグ・バンド路線とは異なり、より現代的なアプローチがなされたメロディアスなディスコ・チューン。彼らの最高傑作としてディスコ・マニアの間で高く評価されており、特にWalter Gibbonsによる11分にも及ぶリミックス・バージョンが収録された12インチ・シングルは激レア・アイテムとなっている。

2007年に発売されたコンピレーションCD「The Soul Of Disco Volume Two/Joey Negro and Sean P」に12インチ・バージョンが収録され、ようやく陽の目を見る事となった。

●DANCE ALL OVER THE WORLD
アメリカでは1977年にシングルのA面で発売された作品で、デビュー曲「New York Strut」(1976)と同様、1940年代風のレトロなムードを持ったお洒落なディスコ・ナンバー。Kevin Misevisによるジャジーなピアノを前面に押し出し、ビッグ・バンド風のサウンドにまとめ上げられている。

RARE PLEASURE/LET ME DOWN EASY(1976)

2007.06.11.Mon.22:05
20070610002634.jpg

SIDE A...C-505 A

LET ME DOWN EASY
Time: 2:55
Written by D. Jordan/A. Smith
Produced by David Jordan

SIDE B...C-505 B

LET ME DOWN EASY(Long Version)
Time: 4:41
Written by D. Jordan/A. Smith
Produced by David Jordan

(P)1976 CHERI RECORDS

BILLBOARD CHART ACTION
●LET ME DOWN EASY
[POP # - /R&B #- /DISCO # -]

Rare Pleasureは、ニュージャージーを拠点に活動していた音楽プロデューサーDavid Jordanが手がけたディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルは「Make the World Go Round」(1996)のクラブ・ヒットで知られる黒人女性ヴォーカリスト・Sandy B.(Sandy Barber)。「Let Me Down Easy」(1976)のカルト・ヒットで知られる。

●LET ME DOWN EASY
1976年にニュージャージーのローカル・レーベルCheriから発売された唯一のシングル。プロデュースはDavid Jordan

60年代モータウン風のポップなメロディーラインが印象的なアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。イントロのピアノ・リフが数多くのハウス系アーティストによってサンプリング・ネタとして取り上げられた事で有名。First Choiceによるカバー・バージョン(LP「Hold Your Horses」(1979)収録)も人気がある。

A面はショート・バージョン。
B面はロング・バージョン。12インチ・バージョンと同テイク。

CLOUD ONE/HAPPY MUSIC(1979?)

2007.06.10.Sun.00:35
20070610002613.jpg

Side A...#45-5

HAPPY MUSIC
(P. Adams)
Prod. & Arr. by Patricia Adams※
for Patricia Adams Prod. Inc.
Exec. Prod. Peter Brown 
Vocals: Marcia Wilson, Joan Wiley, Larry Norman

Side B...#45-5

HAPPY MUSIC
(P. Adams)
Prod. & Arr. by Patricia Adams※
for Patricia Adams Prod. Inc.
Exec. Prod. Peter Brown
Vocals:Marcia Wilson, Joan Wiley, Larry Norman

(P)1979? Queen Constance Records

BILLBOARD CHART ACTION
●HAPPY MUSIC
[POP # - /R&B #- /DISCO # -]

Cloud Oneは、ニューヨークを拠点に活動していたディスコ・プロデューサーPatrick Adamsと、P&Pレーベル・オーナーPeter Brownが手がけたディスコ・プロジェクト。ニューヨークのローカル・レーベルP&PQueen Constanceからアルバム2枚、数枚のシングルを発表している。主な代表曲に「Atmosphere Strutt」「Disco Juice」(1976)など。

●HAPPY MUSIC
1979年頃、P&P系列のディスコ・レーベルQueen Costanceから発売されたシングル。プロデュース、アレンジはPatrick Adams。同時期発売のセカンド・アルバム「Funky Disco Tracks Of Cloud One」収録。

Rainbow Brownによるカバー・バージョンが高い人気を誇るアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。アルバムには途中でフェード・アウトされた短いバージョンが収録されているが、このシングルのA面とB面にはそれぞれ別ミックスのフル・バージョンが収録されている。

※プロデューサー、アレンジャーとしてPatricia Adamsがクレジットされているが、これはPatrick Adamsとエクゼクティブ・プロデューサー・Patricia Brownを誤植したもの。

SPINACH POWER/オリーブとブルートの競走曲(1978)

2007.06.09.Sat.18:03
20070602191644.jpg

SIDE A...GK-248

POPEYE THE SAILORMAN
Time: 4:09
Words & Music by Sammy Lener
Arrangement by Danny Long

SIDE B...GK-248

オリーブとブルートの競走曲

OLIVE TO BLUTO NO KYOUSOUKYOKU
Time: 4:50
Words, Music & Arrangement by Danny Long

(P)1978 King Record Co.,Ltd Japan

Spinach Powerは80年代~90年代のJ-popシーンを牽引した音楽プロデューサー・長戸大幸が手がけたプロジェクト。ボーカルに氷室京介(寺西修一名義)、織田哲郎村田有美が在籍していたことでも知られる。ディスコ・バンドとして登場したが、すぐに歌謡ロック路線に転向。主なヒット曲に「Popeye The Sailorman」(1978)、「Funky Disco Princess」(1979)など。

このシングルは1978年にKingから発売されたデビュー・シングル。ライナーには「アメリカの超一流ミュージシャンを使って」録音されたとの記載があるが、完全なでっちあげである。因みにアレンジャーのDanny Long長戸大幸の変名。翌年にスペインでもシングルが発売されている。

●POPEYE THE SAILORMAN
Boney M「Daddy Cool」(1976)など、日本でヒットしていたディスコ・ナンバーをお手本にして(パクって)ディスコ・バージョンに仕立て上げたもの。

●オリーブとブルートの競走曲
ブルートがオリーブを追い掛け回すという、タイトル通りのコミカルな作品。村田有美(オリーブ役)によるパワフルでセクシーなスキャット、西浜鉄雄(ブルート役)による、意外とソウルフルなセリフ、ジャジーでファッショナブルなディスコ・サウンドの組み合わせは絶妙。彼らが発表した作品中、最も良く出来た作品。

SUPER-WOLF/SUPER-WOLF CAN DO IT(1980)

2007.06.08.Fri.15:55
20070602191704.jpg

SIDE 1...6.12829

SUPER-WOLF CAN DO IT
Time: 3:56
(Wolf-Lasalle-Brown)
Prod. By Denise Lasalle

SIDE 2...6.12829

ANYBODY CAN DO IT
Time: 3:54
(Wolf-Lasalle-Brown)
Prod. By Denise Lasalle

(P)1980 Sugar Hill

BILLBOARD CHART ACTION
●SUPER-WOLF CAN DO IT
[POP # - /R&B #- /DISCO # -]

Super-Wolfは、Denise Lasalleの夫であり、DJとして活躍していたJames "Super" Wolfe,Jr.の変名。地元のインディー・レーベルから数枚のラップ・レコードを発売している。代表曲は「Super-Wolf Can Do It」(1980)

このシングルは1980年にSugar Hillから発売されたシングル。プロデュースはDenise Lasalle。ドイツ盤。

●SUPER-WOLF CAN DO IT
彼の妻であるDenise Lasalleのヒット曲「I'm So Hot」(1980)の別テイクにラップを乗せたもの。オールド・スクール・クラシックの定番として知られる作品。

●ANYBODY CAN DO IT
Denise Lasalleがボーカルを務める別ミックス・バージョン。クラブではやはり「I'm So Hot」との2枚がけプレイは定番。

SUGARHILL GANG/THE LOVER IN YOU(1982)

2007.06.07.Thu.23:35
20070602191659.jpg

SIDE 1...6.13 585

THE LOVER IN YOU(Vocal)
Time: 3:55
(Wingfield-Robinson)
Produced By Pete Wingfield & Sylvia Inc.
Engeneered By Steve Jerome
Rec. At Sweet Mountain Studios

SIDE 2...6.13 585

THE LOVER IN YOU(Instrumental)
Time: 3:30
(Wingfield-Robinson)
Produced By Pete Wingfield & Sylvia Inc.
Engeneered By Steve Jerome
Rec. At Sweet Mountain Studios

(P)1982 Sugar Hill Rec./Teldec-Telefunken-Decca(Germany)

BILLBOARD CHART ACTION
●THE LOVER IN YOU
[POP # - /R&B #55 /DISCO # -]

Sugarhill Gangは、世界で初めてラップ・レコードをヒット・チャートに送り込み、オールド・スクール、ヒップ・ホップの草分けとして知られる黒人男性3人組ラップ/ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはMaster GWonder MikeBig Bank Hank。主なヒット曲に「Rapper's Delight」(1979)、「8th Wonder」(1980)、「Apache」(1982)など多数。

●THE LOVER IN YOU
1982年にSugarhillから発売されたシングル。Dexy's Midnight RunnersThe Pasadenasなどを手がけたイギリス人プロデューサーPete WingfieldSylvia Robinsonによるプロデュース作品。

彼らが発表した作品の中で最もメロディアスな作品で、Pete Wingfieldが手がけたMel Brooksのヒット曲「It's Good To Be The King」(1982)を踏襲したものとなっている。数多くのアーティストによってカバーされ続ける代表曲の一つ。

A面はラップ入りのボーカル・バージョン。
B面はラップ抜き、サビのボーカルのみを残したインストゥルメンタル・バージョン。

SUGARHILL GANG/HOT HOT SUMMER DAY(1980)

2007.06.06.Wed.20:54
20070602191650.jpg

SIDE 1...6.12 888

HOT HOT SUMMER DAY(Vocal)
Time: 4'05''
(The Gang-Wimbish-Alexander-Robinson-Mitchell)

SIDE 2...6.12 888

HOT HOT SUMMER DAY(instrumental)
Time: 2'55''
(The Gang-Wimbish-Alexander-Robinson-Mitchell)

(P)1980 Sugar Hill Records,Ltd.(Germany)

BILLBOARD CHART ACTION
●HOT HOT SUMMER DAY
[POP # - /R&B #- /DISCO # -]

Sugarhill Gangは、世界で初めてラップ・レコードをヒット・チャートに送り込み、オールド・スクール、ヒップ・ホップの草分けとして知られる黒人男性3人組ラップ/ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはMaster GWonder MikeBig Bank Hank。主なヒット曲に「Rapper's Delight」(1979)、「8th Wonder」(1980)、「Apache」(1982)など多数。

●HOT HOT SUMMER DAY
1980年にSugarhillから発売された通算2枚目のシングル。プロデュースはSugar Hill Recordsのオーナーであり、「Pillow Talk」(1973)の大ヒットで知られるSylvia Robinson。1981年発売のセカンド・アルバム「8th Wonder」収録。

デビュー曲「Rapper's Delight」(1979)とは打って変わり、メロディーラインやコード進行、曲の展開を重視したオリジナル・トラックに、彼らのボーカル、コーラス、ラップを組み込んだオールド・スクール/メロウ・ディスコ・チューン。

A面はラップ入りのボーカル・バージョン。
B面はラップ抜き、サビのボーカルのみを残したインストゥルメンタル・バージョン。

AMANDA LEAR/BLOOD AND HONEY(1976)

2007.06.04.Mon.20:55
20070602191628.jpg

SIDE A...17 470 AT

BLOOD AND HONEY
Time: 4:45
(A. Monn/A. Lear)
Produced by Anthony Monn
Recorded in Munich

SIDE B...17 420 AT

SHE'S GOT THE DEVIL IN HER EYES
Time: 3:05
(A. Monn/A. Lear)
Produced by Anthony Monn
Recorded in Munich

(P)1976 Ariola-Eurodisc GmbH(Germany)

BILLBOARD CHART ACTION
●BLOOD AND HONEY
[POP # - /R&B #- /DISCO # -]

Amanda Learは、1950年代からヨーロッパを拠点に活躍する、香港(ベトナム説もある)出身のファッション・モデル、タレント、シンガーソングライター、小説家、画家。モデルとして、Roxy Musicの大ヒット・アルバム「For Your Pleasure」(1973)のジャケットを飾り、シンガーとして「Queen Of China-town」(1977)、「Follow Me」(1978)などの大ヒット曲を放ち、画家、小説家としても高い評価を受けるなど、多方面で成功を収めている。また、性転換疑惑、経歴詐称疑惑などのゴシップも大きな話題となった。

このシングルは1976年にドイツ・Ariolaから発売されたセカンド・シングル。プロデュースはAnthony Monn。ミュンヘン録音。翌1977年発売のアルバム「I Am Photogragh」収録。

●BLOOD AND HONEY
彼女がディスコ・シンガーとしてスターダムに伸し上がるきっかけとなった大ヒット曲。彼女自身のペンによるミステリアスな歌詞、独特な歌唱、重厚かつファンキーなミュンヘン・サウンドの組み合わせは絶妙。やはりヨーロッパを中心に大ヒットを記録している。

●SHE'S GOT THE DEVIL IN HER EYES
Blood and Honey」のインストゥルメンタル・バージョン。

REVELATION/GET READY FOR THIS(1975)

2007.06.03.Sun.20:33
20070602191640.jpg

SIDE A...SO 512

GET READY FOR THIS
Time: 4:30
(B. Lanzaroni, W. Schatz & Revelation)
Produced by Norman Harris, Jerome Gasper
And Allen Felder
Arranged by T.G. Conway

SIDE B...SO 512

WHERE IT'S WARM
Time: 3:25
(H. Miller, R.M. McCoy)
Produced by Norman Harris, Jerome Gasper
And Allen Felder
Arranged by Norman Harris

(P)1975 RSO Records

BILLBOARD CHART ACTION
●GET READY FOR THIS
[POP # - /R&B #- /DISCO # -]

Revelationは、The New York Community Choirに在籍していたメンバーで結成された実力派黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはArnold McCullerArthur FreemanBenny DiggsPhillip Ballou。主なヒット曲に「You To Me Are Everything」(1976)、「Feel It」(1981)など。

このシングルは1975年にRSOから発売されたファースト・アルバム「Revelation」からのカット。プロデュースはNorman HarrisJerome GasperAllen Felder。演奏はMFSB。フィリー録音。

●GET READY FOR THIS
Warran Schatzが手がけたディスコ・グループThe Brothersのインストゥルメンタル・ナンバー「Are You Ready For This」(1975)に独自の歌詞をつけてカバーしたもの。アレンジはT.G. ConwayRevelationによる絶妙なコーラス・ワークを活かした、エネルギッシュでスピード感あふれるフィリーダンサーに仕上がっている。

●WHERE IT'S WARM
2002年にExpansionから発売されたコンピレーションCD「The Spirit Of Philadelphia」にも収録されたフィリー・ソウルの王道ミディアム・スロー・ナンバー。アレンジはNorman Harris

PINK CHAMPAGNE/HE'S BACK GONNA DO IT AGAIN(19??)

2007.06.02.Sat.19:30
20070602191634.jpg

SIDE A...R-5674

HE'S BACK GONNA DO IT AGAIN
Time: 3:28
(Troy Davis-John Centinaro)
Produced by Troy Davis-John Centinaro-Jim Black
Exec.Producer:Robert Madden
Associate Producer:Gene Walker
Engineer:Jim Black
Recorded at Capquarius Sound Recorders

SIDE B...R-5674

HE'S BACK GONNA DO IT AGAIN INSTRUMENTAL
Time: 3:00
(Troy Davis-John Centinaro)
Produced by Troy Davis-John Centinaro-
William Harrellson-Jim Black
Exec.Producer:Robert Madden
Associate Producer:Gene Walker
Engineer:Jim Black
Recorded at Capquarius Sound Recorders

(P)19?? Capquarius

BILLBOARD CHART ACTION
●HE'S BACK GONNA DO IT AGAIN
[POP # - /R&B #- /DISCO # -]

Pink Champagneに関する詳細は一切不明。「He's Back Gonna Do It Again」(19??)が唯一のシングル。

●HE'S BACK GONNA DO IT AGAIN
フロリダのローカル・レーベルCapquariusから発売された唯一のシングル。プロデュースはTroy DavisJohn CentinaroWilliam HarrellsonJim Black。発売年不明。

シカゴのアンダーグラウンド・ハウスDJ・Sadar Baharによって発掘され、マニアの間で注目されているカルト・ディスコ。ポルノ映画の主題歌として制作されたものではないかと思われるが良くわからない。

A面は変な男によるいかがわしい語りがメインのバージョン。
B面はインストゥルメンタル。
実際にクラブ・プレイされているのはこちらのバージョン。どこかアンニュイな女性ボーカルが良い。

JUGGY MURRAY JONES/INSIDE AMERICA(1976)

2007.06.01.Fri.19:18
20070422215529.jpg

SIDE A...JUP-902

INSIDE AMERICA -Pt.l
Time: 3:14
(J. Murray-K. Williams)
Arr. by K. Williams & N. McGraw
Produced by Juggy Murray

SIDE B...JUP-902

INSIDE AMERICA -Pt.ll
Time: 3:14
(J. Murray-K. Williams)
Arr. by K. Williams & N. McGraw
Produced by Juggy Murray

(P)1976 JUPITER RECORDS

BILLBOARD CHART ACTION
●INSIDE AMERICA
[POP # - /R&B #- /DISCO # 9]

Juggy Murray Jones (Henry 'Juggy' Murray Jr.)は、カリフォルニアを拠点に活動していた黒人男性レコード・プロデューサー、実業家。黒人所有のレコード会社として初めて成功したSue Recordsの創業者の一人としても知られる。ソロでのヒット曲に「Inside America (Pt.1)」(1975)がある。

●INSIDE AMERICA
1975年にカリフォルニアのインディー・レーベルJupiterから発売されたシングル。プロデュースはJuggy Murray Jones。アレンジはKen WaymonNorman McGraw。翌1976年発売のアルバム「Inside America」収録。

彼にとって初めてのディスコ路線の作品で、ラテン・タッチのリズミカルなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。シングルのA面とB面ではタイトルこそ同じだが、曲調やテンポ、メロディーが大幅に異なっており、これらをうまく繋ぎ合わせた12インチ・バージョンはかなりのレア・アイテムとなっている。

※発売年、タイム表記が誤っており、実際は1975年発売。両面共に3:30である。

THE HEART AND SOUL ORCHESTRA/LOVE IN 'C' MINOR(1977)

2007.06.01.Fri.15:19
20070422215523.jpg

SIDE A...NB 876

LOVE IN 'C' MINOR
Time: 3:43
(Cerrone)
Produced by F. Crocker and M. Simon
Arranged by Art Wright

SIDE B...NB 876

POINCIANA
Time: 2:57
(Bernier/Simon)
From the Casablanca LP,
"Frankie Crocker's Heart and Soul Orchestra Presents
The Disco Suite Symphony No.1 in Rhythm and Excellence",
NBLP 7031
Produced by F. Crocker

(P)1977 Casablanca Record and Filmworks,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE IN 'C' MINOR
[POP # 46 /R&B # 85 /DISCO # 4]

The Heart And Soul Orchestraは、ニューヨークのラジオ・ステーションWBLS-FMのプロデューサー、DJとして活躍したFrankie Crockerが手がけたディスコ・プロジェクト。レコーディング・メンバーにはモータウンの一流セッション・ミュージシャンの他、David T. WalkerBobby Womackがギターリストとして参加するなど、かなり豪華な顔ぶれとなっている。Cerroneの大ヒット曲「Love In 'C' Minor」(1977)のカバー・ヒットで知られる。

●LOVE IN C MINOR
1977年にCasablancaから発売されたセカンド・アルバム「Frankie Crocker The Heart and Soul Orchestra」からのカット。プロデュースはFrankie CrockerMarc Simon。アレンジはArt Wright

Cerroneが1976年に放った大ヒット曲のカバー。オリジナルに忠実なアレンジながら、こちらも負けず劣らずの力作となっており、Cerroneのオリジナル盤と共に、全米のディスコで大ヒットとなった。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

POINCIANA
1976年にCasablancaから発売されたファースト・アルバム「Frankie Crocker's Heart and Soul Orchestra Presents The Disco Suite Symphony No.1 in Rhythm and Excellence」からのカット。プロデュースはFrankie Crocker。アレンジはGene Page

1936年にBuddy BernierNat Simonによって制作されたスタンダード・ジャズ・ナンバーをディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。