スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE CHILDS AFRO CUBAN BLUES BAND/SPANDISCO(1977)

2007.07.25.Wed.02:50
20070721202750.jpg

SIDE A...JH-11052(MB-11052) STEREO

SPANDISCO
Time: 2:53 Intro: 25 End: Fade
(from the "Span Disco"album,BKL1-2292)
(Michael Zager-Alvin Fields)
Produced & arranged by Michael Zager/
Love/Zager Prod., Inc. for Midland Int'l. Records
Executive Producer: Jerry Love

SIDE A...JH-11052(MB-11052) MONO

SPANDISCO
Time: 2:53 Intro: 25 End: Fade
(from the "Span Disco"album,BKL1-2292)
(Michael Zager-Alvin Fields)
Produced & arranged by Michael Zager/
Love/Zager Prod., Inc. for Midland Int'l. Records
Executive Producer: Jerry Love

(P)1977 Midland International Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●SPANDISCO
[POP # -/R&B # -/DISCO # 13]

Love Childs Afro Cuban Blues Bandは、レコード・プロデューサーMichael ZagerJerry Loveが、スタジオ・ミュージシャンを集めて結成したラテン・ディスコ・バンド。バック・ボーカルでCissy HoustonPeabo Brysonが参加している。 主なヒット曲に「Life And Death In G&A」(1975)、「Spandisco」(1977)、「Rhythm Of Life」(1978)など。

●SPANDISCO
1977年にMidland Internationalから発売されたセカンド・アルバム「Span Disco」からのカット。プロデュース、アレンジはMichael Zager

どこがスパンなのかはよくわからないが、とにかくエネルギッシュでパーカッシブなラテン・タッチのディスコ・ナンバーで、シンプルなメロディー・ライン、特にタイトルの連呼部分は、一度聴けば覚えてしまう程キャッチー。やはりディスコ・チャートにおける彼らの最大のヒットとなっている。

スポンサーサイト

ULTRA HIGH FREQUENCY/GET ON THE RIGHT TRACK(1973,Promo)

2007.07.24.Tue.01:42
20070721202811.jpg

SIDE A...WDJ-11257 PROMOTION COPY STEREO

GET ON THE RIGHT TRACK
Time: 3:06
(Norman Harris-Alan Felder)
Arranger: Norman Harris
Prod. by Stan Watson & Norman Harris
Recorded at Sigma Sound Studios,
Philadelphia,Pa.

SIDE A...WDJ-11257 PROMOTION COPY MONO

GET ON THE RIGHT TRACK
Time: 3:06
(Norman Harris-Alan Felder)
Arranger: Norman Harris
Prod. by Stan Watson & Norman Harris
Recorded at Sigma Sound Studios,
Philadelphia,Pa.

(P)1973 Wand/Scepter Records

BILLBOARD CHART ACTION
●WE'RE ON THE RIGHT TRACK
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Ultra High Frequencyは、フィラデルフィアを拠点に活動していた黒人男性ソウル・ボーカル・グループ。Wandレーベルから2枚のシングルを残しているが、メンバーの詳細は不明。Major Harrisがボーカルで参加しているという説もある。代表曲は「We're On The Right Track」(1973)。

●GET ON THE RIGHT TRACK
1973年にWandレーベルから発売された彼らのデビュー・シングル。プロデュースはStan WatsonNorman Harris。アレンジはNorman Harris。演奏はMFSB

Norman HarrisAllan Falderのペンによるポップで覚え易いメロディー・ラインを持ったミディアム・アップ・テンポのダンサブルなフィリー・ダンサー。発売当時からディスコを中心に人気のあった作品で、オリジナル発売から2年後の1975年にはTom Moultonによってリミックスされたディスコ・バージョン(ディスコ・オムニバス・アルバム「Disco Gold」(1975)収録)や、South Shore CommissionBlue Magicによるカバー・バージョンが相次いで発売され、当時のディスコ・チャートを賑わせている。

※このシングルは「We're On The Right Track」の貴重なプロモ盤。タイトルが一部異なるが、同テイクが収録されている。

SOUL TRAIN GANG/MY CHERIE AMOUR(1977)

2007.07.23.Mon.00:35
20070721202755.jpg

SIDE A...SB-10995

MY CHERIE AMOUR
Time: 3:24
(S. Moy-S. Wonder-H. Cosby)
Arranged by Jerry Peters
Produced by Don Cornelius/
Production Consultant: Simon Soussan

SIDE B...SB-10995

ALL MY LOVE(I Wanna Live with You)
Time: 3:59
(from the"Soul Train Gang"album,BVL1-1844)
(M. McCurtis)
Arranged by Ronnie Baker
Produced by "The Harris Machine" Norman Harris
Exective Producers: Don Cornelius & Dick Griffey

(P)1976/1977 Soul Train Recording Co./
RCA Records and Cornelius-Griffey Entertainment Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●MY CHERIE AMOUR
[POP # 92/R&B #- /DISCO # 21]

Soul Train Gangは、アメリカの人気TV番組「Soul Train」の司会者Don CorneliusDick Griffeyが立ち上げたレーベルSoul Train(後のSolar)からデビューした黒人男女5人組ソウル・ボーカル・グループ。1976年当時のメンバーはGerald BrownTerry BrownJudy JonesDenise SmithHollis Pippin。主なヒット曲に「Soul Train '75」(1975)、「Ooh Cha」(1976)、「My Cherie Amour」(1977)など。

このシングルは1977年にSoul Trainから発売された彼らのラスト・シングル。Don Corneliusがレーベル運営から手を引き、Soul Trainとは一切関わりがなくなったため、グループは事実上解散となった。

MY CHERIE AMOUR
Stevie Wonderが1969年に大ヒットさせた名曲をディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。当時、ディスコ・プロデューサーとして名を上げたばかりのアラブ人ディスコ・プロデューサーSimon Soussanと、ベテラン・アレンジャーJerry Petersの手によって、原曲の持つ魅力を壊さず、ミュンヘン・サウンド風のやや固めのビートが効いた、爽やかでポップなディスコ・ナンバーにうまく仕上がっている。アルバム未収録作品。

ALL MY LOVE(I Wanna Live with You)
1976年にSoul Trainから発売されたセカンド・アルバム「Soul Train Gang」からのカット。プロデュースはNorman Harris。アレンジはRonnie Baker。演奏はMFSB

ドリーミーなスロー・バラードStylisticsHarold Melvin & The Blue Notesあたりを思わせるドリーミーなスロー・バラード。曲自体はとても良いものの、彼らのボーカルがうまく噛み合わず、不完全燃焼気味な印象。

TINA CHARLES/I'LL GO WHERE YOUR MUSIC TAKES ME(1977)

2007.07.22.Sun.01:15
20070721202806.jpg

SIDE A...3-10726(ZSS 164171) STEREO

I'LL GO WHERE YOUR MUSIC TAKES ME
Time: 3:48
-Biddu-
Produced by Biddu for Subiddu Music

SIDE A...3-10726(ZSS 164171) MONO

I'LL GO WHERE YOUR MUSIC TAKES ME
Time: 3:48
-Biddu-
Produced by Biddu for Subiddu Music

(P)1977 Columbia/CBS Records

BILLBOARD CHART ACTION
●I'LL GO WHERE YOUR MUSIC TAKES ME
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Tina Charlesは、70年代後半のイギリスを中心に活躍したロンドン出身の白人女性ボーカリスト。「I'm On Fire」(1975)の世界的大ヒットを放ったイギリスのディスコ・グループ5000Voltsのリード・ボーカルを務めた事で、一躍脚光を浴び、ソロ転向後も「You Set My Heart On Fire」、「I Love To Love」(1975)、「Dance Little Lady Dance」(1976)といった大ヒット曲で一世を風靡した。

●I'LL GO WHERE YOUR MUSIC TAKES ME
1977年にColumbiaから全米発売されたアルバム「Heart‘N’Soul」からの先行シングル。プロデュースはBiddu。アレンジはGarry Shury。演奏はBiddu Orchestra

1976年にJimmy James & The Vagabondsがイギリスで大ヒットさせた作品をカバーしたもので、エネルギッシュなオリジナル盤とは異なり、彼女のポップな感覚を充分に活かした、オールディーズ・タッチの軽快なポップ・ディスコ・チューンに仕上がっている。

MIMI COUTELIER/BOOGIE LADY(1979)

2007.07.20.Fri.17:06
20070720165635.jpg

SIDE A...SFL-2437

BOOGIE LADY
Time: 3:47
(J. Morali, H. Belolo, J. Yanne, B. Whitehead)
Produced by Jacques Morali for
Can't Stop Productions, Inc.
Exective Producer: Henri Belolo
Licensed by: CAN'T STOP PRODUCTIONS, INC.

SIDE B...SFL-2437

BOOGIE LADY(Instrumental)
Time: 3:55
(J. Morali, H. Belolo, J. Yanne, B. Whitehead)
Produced by Jacques Morali for
Can't Stop Productions, Inc.
Exective Producer: Henri Belolo
Licensed by: CAN'T STOP PRODUCTIONS, INC.

(P)1979 Philips(Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●BOOGIE LADY
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Mimi Coutelierは、1975年度ミス・フランスの栄冠に輝いた経歴を持つフランス人モデル、女優。フランス人映画監督、俳優として知られるJean Yanneは夫。現在は女優業を引退し、ロサンゼルスでスタイリストとして活躍しているとの事。

●BOOGIE LADY
1978年にフランスで公開された彼女主演のディスコ映画「Je Te Tiens, Tu Me Tiens, Par La barbichette」のサウンド・トラックからのシングル・カット。プロデュースはJacques Morali。演奏はGypsy Lane。バック・ボーカルはThe Ritchie Family

いかにも当時のJacques Moraliらしいキャッチーなメロディーラインにヨーロピアン感覚溢れるゴージャスなオーケストレーションが絡むアッパーなディスコ・ナンバー。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

STEFANIA ROTOLO/DISCO-TIC(1979)

2007.07.15.Sun.20:18
20070711223402.jpg

SIDE A...3C 006 - 18450

COCKTAIL D'AMORE
Time: 3'52
(M. Marcini-C. Malgioglio-C. Castellari)
Arr. e dir. Paolo Ormi
Sigla del programma TV " TILT "

SIDE B...3C 006 - 18450

DISCO-TIC
Time: 4'10
(M. Marcini-C. Malgioglio-Sandon)
Sigla del programma TV " TILT "

(P)1979 EMI Italiana S.p.A(Italy)

BILLBOARD CHART ACTION
●COCKTAIL D'AMORE
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Stefania Rotoloは、70年代後半のイタリアで一世を風靡したイタリア人女性シンガー、ダンサー、ショーガール。シンガー、ダンサーとしての実力と、明るく元気なキャラクターで人気を集め、彼女が出演したミュージカルTVショー「Piccolo Slam」(1977)、「TILT」(1979)はいずれも高視聴率を記録した。

このシングルは彼女がホストを務めたディスコTVショー「TILT」のオープニング・テーマとエンディング・テーマをカップリングしたもの。プロデュース、アレンジはHeather ParisiRaffaella Carràを手がけたヒット・メイカーPaolo Ormi

●COCKTAIL D'AMORE
TILT」のエンディング・テーマとしてオンエアされ爆発的な大ヒットを記録した彼女最大のヒット曲。アダルトで妖艶なムードが漂うカンツォーネ風のスロー・ナンバーで、現在も数多くのアーティストによってカバーされる名曲として知られる。

2002年には、Amanda Learによるリメイク・バージョンがイタリアで大ヒット。彼女がホストを務めるTV番組”Cocktail D'Amore”のオープニング・テーマとしてオンエアされ、大きな話題となった。

●DISCO-TIC
TILT」のオープニング・テーマとしてオンエアされた作品。「Tilt」と連呼するイントロ部分や、しっかりとツボを押さえたキャッチーなメロディー・ラインが印象的なアップテンポのポップなテクノ・ディスコ・チューン。

このシングルにはシングル用のリミックス・バージョンを収録。オリジナルのTVバージョンとはミックス・ダウン、展開が大幅に異なる。

LOVE CHILDS AFRO CUBAN BLUES BAND/LIFE AND DEATH IN G&A(1975)

2007.07.13.Fri.17:29
20070713171747.jpg

SIDE AA...R-7172

LIFE AND DEATH IN G&A
Time: 2:45
(S. Stewart)
Produced by: Jerry Love & Michael Zager
Arranged & Conducted by: Michael Zager
From LP SR-3016 'OUT AMONG 'EM'

SIDE AA...R-7172

BANG BANG
Time: 3:15
(Joe Cuba-J. Sabater)
Produced by: Jerry Love & Michael Zager
Arranged & Conducted by: Michael Zager
From LP SR-3016 'OUT AMONG 'EM'

(P)1975 Roulette Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LIFE AND DEATH IN G&A
[POP # 90/R&B # 48 /DISCO # -]

Love Childs Afro Cuban Blues Bandは、レコード・プロデューサーMichael ZagerJerry Loveが、スタジオ・ミュージシャンを集めて結成したラテン・ディスコ・バンド。バック・ボーカルにCissy HoustonPeabo Brysonが参加している。 主なヒット曲に「Life And Death In G&A」(1975)、「Spandisco」(1977)、「Rhythm Of Life」(1978)など。

このシングルは1975年にRouletteから発売されたファースト・アルバム「Out Among 'em」からのカット。プロデュースはJerry LoveMichael Zager。アレンジはMichael Zager

LIFE AND DEATH IN G&A
Sly & The Family Stoneの変名プロジェクトAbaco Dreamが1969年にヒットさせた作品をディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。オリジナルはミディアム・テンポのサイケデリック・ファンク・ナンバーだったが、ここではよりアップ・テンポのジャズ・ファンキッシュなディスコ・ナンバーに生まれ変わっている。

BANG BANG
ブーガルー/ラテン・ソウルの大御所Joe Cuba Sextetが1966年に大ヒットさせたラテンの名曲のカバー。

DARCUS/IT'S GOT TO BE LOVE(1977)

2007.07.11.Wed.22:41
20070711223351.jpg

SIDE A...JH-11199(PB-11199)STEREO

IT'S GOT TO BE LOVE
Time: 3:40 Intro: 22 End: Fade
(from the "Darcus"album APL1-2454)
(Phil Hurtt-Richie Rome)
Arranged and Conducted by Richie Rome
A Little Bear Production 
Produced by Richie Rome for R & R Productions

SIDE A...JH-11199(PB-11199)MONO

IT'S GOT TO BE LOVE
Time: 3:40 Intro: 22 End: Fade
(from the "Darcus"album APL1-2454)
(Phil Hurtt-Richie Rome)
Arranged and Conducted by Richie Rome
A Little Bear Production 
Produced by Richie Rome for R & R Productions

(P)1977 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION
●IT'S GOT TO BE LOVE
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Darcusは、ロサンゼルスを拠点にセッション・シンガーとして活躍する黒人女性ボーカリスト。Smokey RobinsonJohnny MathisGladys KnightFrank Sinatraといったビッグ・ネームのバックを務め、Whoopi Goldbergの大ヒット映画”Eddie"(1996)のサウンド・トラックでは、ソロ・ナンバーを披露している。

このシングルは1977年にRCAから発売されたデビュー・アルバム「Darcus」からのセカンド・シングル。プロデュース、アレンジはRichie Rome。ロサンゼルス録音。

●IT'S GOT TO BE LOVE
Richard RomePhil Hurttのペンによる作品で、Richie Romeが得意とする流麗なオーケストレーションをバックに、彼女の溌剌とした伸びやかなボーカルが活き活きと歌い上げる、とても美しいメロディ・ラインを持ったディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはプロモーション・オンリーの12インチ・シングルに収録されたリミックス・バージョンをエディットしたもの。アルバム・バージョンとは別テイク。

SWEET RAIN/MAGIC MAN(1974)

2007.07.06.Fri.16:41
20070703220149.jpg

SIDE A...PB-10015

MAGIC MAN
Time: 3:20
(John Barnes-Sharon Barnes)
Arr. and Cond. by John Banes
Produced by Harvey Fuqua and
John Barnes for Huqua lll Productions

SIDE B...PB-10015

LOVE I'M GLAD I FOUND YOU
Time: 3:40
(John Barnes-Sharon Barnes)
Arr. and Cond. by John Banes
Produced by Harvey Fuqua and
John Barnes for Huqua lll Productions

(P)1974 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION
●MAGIC MAN
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Sweet Rainは、正体不明の謎の女性ソウル・ボーカル・グループ。「Magic Man」(1974)が唯一のシングル。

このシングルは1974年にRCAから発売されたシングル。プロデュースはHarvey FuquaJohn Barnes。アレンジはJohn Barnes

●MAGIC MAN
彼女たちの瑞々しいボーカルとハーモニーが、バックのサウンドとうまく調和したミディアム・テンポのメロディアスなモダン・ソウル・ダンサー。後半へ進むにつれて徐々にビートが効き始め、ディスコ一歩手前とも言えるダンサブルな展開が素晴らしい。

●LOVE I'M GLAD I FOUND YOU
シカゴ・ソウルあたりを思わせるメロディアスなミディアム・スロー・ナンバー。

LINDA LEWIS/BABY I'M YOURS(1976)

2007.07.03.Tue.23:06
20070703220144.jpg

Side A...ARISTA 43

BABY I'M YOURS
(Van McCoy)
Produced by Tony Silvester and Bert De Coteaux
Remixed by Jim Cregan

Side B...ARISTA 43

THE OTHER SIDE
(Linda Lewis)
Produced by Jim Cregan

(P)1976 Arista Records(UK)

BILLBOARD CHART ACTION
●BABY I'M YOURS
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Linda Lewisは、5オクターブもの広い声域を持つ美声で知られる、ロンドン出身の黒人女性シンガーソングライター。Carole Kingあたりを思わせるフォーク寄りのアプローチで活躍し、特にアップル・スタジオにて録音されたセカンド・アルバム「Lark」(1972)で知られる。

このシングルは1976年にイギリス・Aristaレーベルから発売されたシングル。アルバム未収録。

BABY I'M YOURS
1965年にアメリカの女性R&BシンガーBarbara Lewisによって歌われ大ヒットしたポップ・ナンバーをアップテンポの軽快なディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。当時、Sister SledgeBen E. Kingなどを手がけていたTony Silvester(元Main Ingredient)とBert De Coteauxによるプロデュース作品。アメリカ録音。

THE OTHER SIDE
彼女本来のスタイルであるアコースティック・ギターの弾き語りで歌うバラード。彼女を長年サポートし、Rod Stewartの右腕としても有名なJim Creganによるプロデュース作品。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。