スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHALAMAR/TAKE THAT TO THE BANK(1978)

2007.08.30.Thu.20:58
20070811174946.jpg

SIDE A...YB-11379

TAKE THAT TO THE BANK
Time: 3:25
(L. Sylvers-K. Spencer)
(from the "Disco Gardens"album,BXL1-2895)
Produced by Dick Griffey and Leon Sylvers
Rhythm arranged by Gene Page, Leon Sylvers and Dick Griffey
Horns & Strings arranged by The Wizard

SIDE B...YB-11379

SHALAMAR DISCO GARDENS
Time: 3:44
(J. Daniels)
(from the "Disco Gardens"album,BXL1-2895)
Produced by Dick Griffey and Leon Sylvers
Rhythm arranged by Gene Page, Leon Sylvers and Dick Griffey
Horns & Strings arranged by The Wizard

(P)1978 Solar Records/Dick Griffey Productions

BILLBOARD CHART ACTION
●TAKE THAT TO THE BANK
[POP # 79 /R&B # 11 /DISCO # - ]

Shalamarは、アメリカの人気TV番組「Soul Train」のダンサーとして活躍していたメンバーで結成された黒人男女3人組ボーカル・グループ。1978年当時のメンバーはJody WatleyJeffrey DanielsGerald Brown(元Soul Train Gang)。当初は実体のないディスコ・プロジェクトだったが、ダンサーだった彼らをボーカルとして起用した事で一気にブレイク。数多くの大ヒット曲で一世を風靡した。主な大ヒット曲に「Uptown Festival」(1977)、「The Second Time Around」(1979)、「Make That Move」(1981)、「A Night To Remember」(1982)など多数。

このシングルは1978年にSolarから発売されたセカンド・アルバム「Disco Gardens」から。プロデュースはDick GriffeyLeon Sylvers。アレンジはGene PageLeon SylversDick Griffey

●TAKE THAT TO THE BANK
彼らがリード・ボーカルとして起用された最初の作品であり、ボーカル・グループとしての実質的な出世作。Jody WatleyGerald Brownの個性的なツイン・リード・ボーカルで聴かせる、とても煌びやかでキャッチーなメロディーを持つアップテンポのポップなディスコ・ナンバーで、この曲のヒットにより、The Sylversのメンバーとして活動していたLeon Sylversがプロデューサー、アレンジャーとして業界内で大きくクローズ・アップされるきっかけとなった。

●SHALAMAR DISCO GARDENS
アルバムのタイトル・チューンとして制作されたNorman Whitfield風のグルーヴィーなファンク・ディスコ・チューン。意外な事にダンス担当のメンバーJeffrey Danielsが書き上げた作品。

スポンサーサイト

INSTANT FUNK/I GOT MY MIND MADE UP(You Can Get It Girl)(1978)

2007.08.21.Tue.17:00
20070811174936.jpg

SIDE A...S7 2078

I GOT MY MIND MADE UP(You Can Get It Girl)
Time: 3:20
(K. Miller-S. Miller-R. Earl)
Produced by Bunny Sigler For Bundino Productions
Exective Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

SIDE B......S7 2078

WIDE WORLD OF SPORTS
Time: 3:25
(K. Miller-S. Miller-R. Earl-B. Sigler)
Produced by Bunny Sigler For Bundino Productions
Exective Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

(P)1978 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●I GOT MY MIND MADE UP(You Can Get It Girl)
[POP # 20 /R&B # 1 /DISCO # 1]

Instant Funkは、フィリーソウルの立役者・Bunny Siglerの強力なバック・アップを受け、MFSBと並ぶ売れっ子スタジオ・ミュージシャンとして活躍し、自らも数多くのヒット曲を放ったフィラデルフィアのセルフコンテインド・ファンク・バンド。前身はTNJs。時期によってメンバーが異なるが、主要メンバーはKim MillerScotty MillerRaymond Earlの3人。「I Got My Mind Made Up (You Can Get It Girl)」(1978)の大ヒットで知られる。

このシングルは1978年にSalsoulから発売されたセカンドアルバム「Instant Funk」からのファースト・シングル。プロデュースはBunny Sigler

●I GOT MY MIND MADE UP(You Can Get It Girl)
彼らにとって最もポピュラーな大ヒット曲であり、彼らが所属していたSalsoulレーベルにとっても最高の売り上げを記録したディスコ・ファンク・チューン。当時、売り出し中だったディスコDJ・Larry Levanがリミックスを手がけた12インチ・シングルも発売され、ディスコで爆発的な大ヒットとなった。ディスコ・クラシック、ガラージ・クラシックの定番。

このシングル・バージョンはアルバム1stプレス盤収録のオリジナル・ミックスをエディットしたもの。(アルバム2ndプレス盤にはLarry Levan Mixをエディットしたバージョンが収録されている)

●WIDE WORLD OF SPORTS
ジャズ・フュージョン風のクールなインストゥルメンタル・ナンバー。

CROWN HEIGHTS AFFAIR/DREAMING A DREAM(1975)

2007.08.16.Thu.22:04
20070811174932.jpg

SIDE 1...DEP-1570

DREAMING A DREAM
Time: 3:30
(Freda Nerangis/Brit Britton)
Produced by Nerangis-Britton for Cadrini Prod. Inc.

SIDE 2...DEP-1570

DREAMING A DREAM DISCO VERSION
Time: 3:45
(Freda Nerangis/Brit Britton)
Produced by Nerangis-Britton for Cadrini Prod. Inc.

(P)1975 Delite Recorded Sound

BILLBOARD CHART ACTION
●DREAMING A DREAM
[POP # 43 /R&B # 5 /DISCO # 1 ]


Crown Heights Affairは、ニューヨークを拠点に活動していた黒人男性8人組セルフコンテインド・ディスコ/ファンク・バンド。1974年にRCAからデビュー。翌1975年にDe-liteへ移籍後はコンスタントにヒットを出し続けた。主なヒット曲に「Dreaming A Dream」(1975)、「Dancin'」(1976)、「You Gave Me Love」(1980)など。

このシングルは1975年にDe-liteから発売されたセカンド・アルバム「Dreaming A Dream」からのカット。プロデュースはFreda NerangisBrit Britton

●DREAMING A DREAM
ボーカルとコーラスがメインのオリジナル・バージョン。当時のソウル・ボーカル・グループあたりがやりそうなポップでソウルフルなディスコ・ナンバー。アルバムB面トップに収録。

●DREAMING A DREAM DISCO VERSION
オリジナル・バージョンの中盤以降の長いインスト部分をリミックスして引き伸ばしたディスコ・バージョン。ガラージ・クラシックとして知られるのはこちらのバージョン。アルバムA面トップに収録。

DONNA McGHEE/DO AS I DO(1978)

2007.08.16.Thu.14:50
20060913025911.jpg


SIDE A...ANC.1061A(ADVANCE PROMOTION COPY)

DO AS I DO
(G. Carmichael)
Produced By G. Carmichael
Taken from the Album 'Make It Last Forever'-ANCL 2027

SIDE B...ANC.1061B(ADVANCE PROMOTION COPY)

MR.BLINDMAN
(G. Carmichael)
Produced By G. Carmichael
Taken from the Album 'Make It Last Forever'-ANCL 2027

(P)1978 Anchor Records Ltd.(U.K.)

BILLBOARD CHART ACTION
●DO AS I DO
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Donna McGheeは、ニューヨークを拠点にセッション・シンガーとして活動していた黒人女性ボーカリスト。Fatback BandUniversal Robot BandPhreekなどのディスコ・グループのバック・ボーカルを務めていた。主な代表曲に「Make It Last forever」「It Ain't No Big Thing」(1978)、「You Should Have Told Me」(19??)など。

このシングルは1978年にRed Gregから発売されたアルバム「Make It Last Forever」からのカット。プロデュースはGreg Carmichael。イギリス・Anchor盤。

DO AS I DO
彼女のセクシーな吐息が全編に散りばめられたエロティックなディスコ・チューン。Donna Summerの「Love To Love You Baby」(1975)を意識したものだろうか。

アルバムでは10分に及ぶ大作となっているが、このシングルバージョンは前半部分をエディットしたもの。

MR.BLINDMAN
Bumblebee Unlimitedによる別テイク「I Got A Big Bee」(1979)も人気のメロウ・ディスコ・チューン。日本ではふかわりょうの「小心者克服講座」のBGMに使われた事でも知られる。

SISTER SLEDGE/HE'S THE GREATEST DANCER(1978)

2007.08.14.Tue.01:25
20070811174959.jpg

SIDE A...44245

HE'S THE GREATEST DANCER
Time: 3:31
(Nile Rodgers & Bernard Edwards)
From Cotillion LP 5209"WE ARE FAMILY"
Produced by Bernard Edwards & Nile Rodgers
for The CHIC Organization Ltd.
Arranged and Conducted by Nile Rodgers
and Bernard Edwards

SIDE B...44245

SOMEBODY LOVES ME
Time: 4:48
(Nile Rodgers & Bernard Edwards)
From Cotillion LP 5209"WE ARE FAMILY"
Produced by Bernard Edwards & Nile Rodgers
for The CHIC Organization Ltd.
Arranged and Conducted by Nile Rodgers
and Bernard Edwards

(P)1978 Cotillion

BILLBOARD CHART ACTION
●HE'S THE GREATEST DANCER
[POP # 9 /R&B # 1 /DISCO # 1]

Sister Sledgeは、Chicプロデュースによる「He's The Greatest Dancer」(1978)や「We Are Family」(1979)などの世界的大ヒット曲で一世を風靡したフィラデルフィア出身の黒人姉妹4人組ボーカル・グループ。メンバーはDebra SledgeJoni SledgeKim SledgeKathy Sledge

このシングルは1979年にCotillionから発売されたサード・アルバム「We Are Family」からの先行シングル。プロデュース、アレンジはBernard EdwardsNile Rodgers。演奏はChic。 

●HE'S THE GREATEST DANCER
これまで大きなヒット曲に恵まれていなかった彼女たちを一気にブレイクさせた大ヒット曲であり、ディスコ・クラシックの定番としてあまりにも有名な作品。Chicによるハイセンスで革新的なサウンドと、彼女達のソリッドなボーカルとの相性は抜群で、今なお色褪せる事のない魅力に包まれた最高のディスコ・ミュージックに仕上がっている。まさに奇跡の一曲。

このシングル・バージョンは、オリジナル・バージョンよりも少しピッチを上げてテンポ・アップさせた12インチ・バージョンをエディットしたもの。

●SOMEBODY LOVES ME
Kathy Sledgeのフレッシュなハスキー・ボイスが映えるスロー・バラード。

SPACE/CARRY ON, TURN ME ON(1977)

2007.08.12.Sun.21:00
20070811175021.jpg

SIDE AA...UA-XW1023

CARRY ON, TURN ME ON
Time: 3:45
(Ecama)
From the United Artists LP"Magic Fly"UA-LA780-G
Produced by Jean-Phillipe Iliesco
An original C.G.O. Record
A King-Carbaza Production For Chalice Production

SIDE AA...UA-XW1023

TANGO IN SPACE
Time: 4:24
(Ecama)
From the United Artists LP"Magic Fly"UA-LA780-G
Produced by Jean-Phillipe Iliesco
An original C.G.O. Record
A King-Carbaza Production For Chalice Production

(P)1977 United Artists Music and Records Group,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●CARRY ON, TURN ME ON
[POP # - /R&B # -/DISCO # 5]

●TANGO IN SPACE
[POP # - /R&B # -/DISCO # 5]

Spaceは、モナコ出身のシンガー・ソングライター・Didier Marouaniを中心に結成されたフランスのテクノ・ディスコ・バンド。「Magic Fly」(1977)の世界的大ヒットで一躍スターダムに伸し上がり、その後も数多くのヒットを連発した。その他のヒット曲に「Carry On, Turn Me On」(1977)、「Just Blue」(1978)、 「My Love Is Music」(1979)など。

このシングルは1977年にUnited Artistsから全米発売されたファースト・アルバム「Magic Fly」からのセカンド・シングル。プロデュースはJean-Phillipe Iliesco

●CARRY ON, TURN ME ON
彼らの全米ディスコ・チャートにおける最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。Madeline Bellのボーカルをフューチャーし、よりアメリカンナイズされたファンキーな音作りがなされたスペイシーなテクノ・ディスコ・チューン。

●TANGO IN SPACE
一世を風靡したアナログ・シンセARP2600によるアルペジオのサウンドが印象的なコズミック・ディスコ・チューン。

KEBEKELEKTRIK/MAGIC FLY(1977)

2007.08.11.Sat.18:54
KEBEKELEKTRIK.jpg


SIDE A...5037

MAGIC FLY
Time: 3:45
(Ecama)
Produced By: Tony Green for Generation Direction Records,Inc.

SIDE B...5037

MAGIC FLY
Time: 4:07
(Ecama)
Produced By: Tony Green for Generation Direction Records,Inc.

(P)1977 Disques Direction Records,Inc./Dash Records

BILLBOARD CHART ACTION
●MAGIC FLY
[POP # - /R&B # -/DISCO #9 ]

Kebekelektrikは、カナダ・ケベックを拠点に活動していたプロデューサーPat Deserioを中心とするテクノ・ディスコ・プロジェクト。プロジェクト名はQuebecElectricを掛け合わせたもの。主な代表曲に「Magic Fly (Journey Into Love)」「War Dance」(1977)など。

●MAGIC FLY
1977年にカナダ・Disques Direction、アメリカ・Dashから発売されたファースト・シングル。プロデュースはTony Green。アレンジはRobert Goldfarb

フランスのテクノ・ディスコ・バンドSpaceが1977年に世界的に大ヒットさせた作品のカバー。アレンジはオリジナルに忠実なものとなっているが、メロディー・ラインがやや改変されている。当初は「Journey Into Love」のタイトルでKebekelektrikのオリジナルとして発売され、Space側とトラブルになっている。

A面はオリジナル・シングル・ミックス。
B面はシンセサイザーのリード・メロディーを抜いたロング・バージョン。


KEBEKELEKTRIK/WAR DANCE(1978)

2007.08.11.Sat.18:29
20070811174941.jpg


SIDE A...S7 2073

WAR DANCE
Time: 2:24
(Soccio-Deserio)
(From The Salsoul L.P. SA 8502"KEBEKELEKTRIK")
Produced by Pat Deserio
"A TOM MOULTON MIX"

SIDE B...S7 2073

MAGIC FLY
Time: 3:50
(Ecama)
(From The Salsoul L.P. SA 8502"KEBEKELEKTRIK")
Produced by Pat Deserio
"A TOM MOULTON MIX"

(P)1977,78 Les Disques Direction Records,Inc./Salsoul Records

BILLBOARD CHART ACTION
●WAR DANCE
[POP # - /R&B # -/DISCO # 9]

●MAGIC FLY
[POP # - /R&B # -/DISCO # 9]

Kebekelektrikは、カナダ・ケベックを拠点に活動していたディスコ・プロデューサーPat Deserioを中心とするテクノ・ディスコ・プロジェクト。プロジェクト名はQuebecElectricを掛け合わせたもの。主な代表曲に「Magic Fly (Journey Into Love)」「War Dance」(1977)など。

このシングルは1978年にSalsoulから全米発売されたアルバム「Kebekelektrik」からのカット。プロデュースはPat Desalio。元々は1977年にカナダ・Disques Directionから発売された同名アルバムをTom Moultonがリミックス。ドラムス、パーカッションを追加録音したもの。

WAR DANCE
元々はシンセサイザーとリズム・ボックスのみで演奏されたチープなテクノ・ディスコ・チューンだったが、これをTom Moultonがリミックスする際に、Keith Bensonのドラムスと、Larry Washingtonのコンガを追加録音し、よりディスコ向けのサウンドに変貌させたものがこのバージョン。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンとは異なるシングル用のリミックス・バージョン。

●MAGIC FLY
フランスのテクノ・ディスコ・バンドSpaceが1977年に世界的に大ヒットさせた作品のカバー。アレンジはオリジナルに忠実なものとなっているが、メロディー・ラインがやや改変されている。当初は「Journey Into Love」のタイトルでKebekelektrikのオリジナルとして発売され、Space側とトラブルになっている。

このシングルにはTom Moultonによってリミックスされたシングル・バージョンを収録。他のバージョンとは全く異なるミックスとなっている。

CRYSTAL GRASS/YOU CAN BE WHAT YOU DREAM(1976)

2007.08.07.Tue.21:32
20070721202719.jpg

SIDE 1...6042 181

YOU CAN BE WHAT YOU DREAM
Time: 3'26
(Papadiamondis/Steve Leach)
Arranger: R.DONNEZ
"Ext. du LP n゜9101 032"

SIDE 2...6042 181

DANCE UP A STORM
Time: 3'41
(Steve Leach)
Arranger: R.DONNEZ
"Ext. du LP n゜9101 032"

(P)1976 Philips(France)

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU CAN BE WHAT YOU DREAM
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Crystal Grassは、フランス人プロデューサーLee Hallydayが手がけたフランスのディスコ・グループ。「Crystal World」(1974)「Lemmme See Ya Gitcher Thing Off, Baby」(1975)などのディスコ・ナンバーが、本国フランスだけでなく全米のディスコでも大ヒットした事で有名になり、メンバーだったRaymond Donnez(Don Ray)Leroy Gomezが世界的に活躍するきっかけを作ったグループとして知られる。

このシングルは1976年にフランス・Philipsから発売されたセカンド・アルバム「Dance Up A Storm」からのカット。アレンジは、Raymond Donnez(Don Ray)

●YOU CAN BE WHAT YOU DREAM
Bob Crewe風のスキャットとエレピのメロディーが印象的なラテン・タッチのディスコ・ナンバー。肩の力が抜けたような軽い雰囲気のサウンドがとても心地よい気分にさせてくれる作品だ。

DANCE UP A STORM
彼らのデビュー曲「Crystal World」(1974)路線のややファンキーなリズムを持ったヘビーなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。Leroy Gomezによるファンキーなサックスプレイを聴くことが出来る。

CAROL DOUGLAS/MIDNIGHT LOVE AFFAIR(1976)

2007.08.06.Mon.20:47
20070721202714.jpg

SIDE A...MB-10753

MIDNIGHT LOVE AFFAIR
Time: 3:55
(from the "Midnight Love Affair"Album BKL1-1798)
(E. Levitt-P. Groscolas-M. Jourdan)
Arranged and Conducted by John Davis
Produced by Ed O'Loughlin for Midland Int'l Records

SIDE B...MB-10753

MIDNIGHT LOVE AFFAIR(Long Version)
Time: 6:20
(from the "Midnight Love Affair"Album BKL1-1798)
(E. Levitt-P. Groscolas-M. Jourdan)
Arranged and Conducted by John Davis
Produced by Ed O'Loughlin for Midland Int'l Records

(P)1976 Midland International Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●MIDNIGHT LOVE AFFAIR
[POP # 102/R&B # -/DISCO # 1

Carol Douglasは、「Doctor's Orders」(1974)、「Midnight Love Affair」(1976)などの大ヒット曲で知られる、初期のディスコ・シーンを代表する黒人女性ボーカリスト。"黒い妖精"と呼ばれるほどの美貌と、溌剌としたキュートな歌声で一世を風靡した。

●MIDNIGHT LOVE AFFAIR
1976年にMidland Internationalから発売されたセカンド・アルバム「Midnight Love Affair」からのカット。プロデュースはEd O'Loughlin。アレンジはJohn Davis。ニューヨーク録音。

フランス人男性シンガーソングライターPierre Groscolasのヒット曲「Ma jeunesse au fond de l'eau」(1974)に英語詞をつけてディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。とても美しく切ないメロディーを持つ作品で、曲のイメージに合わせて、彼女の歌い方も本来のシャウト・スタイルからセクシーなウィスパー・ボイスに変えている。尚、アルバムではA面すべてを使った組曲となっている。

A面はサビの一部を差し替えてエディットしたショート・バージョン。
B面はアルバムA面に収録されている組曲の前半部分をエディットしたロング・バージョン。

CAMOUFLAGE/YOU'VE GOT THE POWER-PART l(1976)

2007.08.04.Sat.18:11
20070721202707.jpg

SIDE A...R-7197

YOU'VE GOT THE POWER-PART l
Time: 3:22
(Joachim Helder-Christian Heilburg)
Produced by: Meco Monaldo, Tony Bongiovi, Jay Ellis
for DCA Records
Arranged by: Brad Baker
"A Tom Moulton Mix"

SIDE B...R-7197

YOU'VE GOT THE POWER-PART ll
Time: 3:22
(Joachim Helder-Christian Heilburg)
Produced by: Meco Monaldo, Tony Bongiovi, Jay Ellis
for DCA Records
Arranged by: Brad Baker
"A Tom Moulton Mix"
INSTRUMENTAL

(P)1976 Roulette Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU'VE GOT THE POWER
[POP # - /R&B # -/DISCO # 26]

Camouflageは、ディスコ・プロデューサーMeco MonaldoTony BongioviJay Ellisの3人が手がけたディスコ・プロジェクト。「You've Got The Power」(1976)のディスコ・ヒットで知られる。

●YOU'VE GOT THE POWER
1976年にRouletteから発売された彼らのデビュー・シングル。プロデュースはMeco MonaldoTony BongioviJay Ellis。アレンジはBrad Baker。リミックスはTom Moulton

ドイツの女性ボーカリストSu Cramerが同年初めに世界的に大ヒットさせたディスコ・ナンバーのカバー・バージョン。オリジナルはドイツ録音でありながら、フィリー・ソウルを強烈に意識した派手な作品だったが、ここではさらに本場のフィリー・ソウル風の味付けをし、ソウルフルでパンチのある黒人女性ボーカルを起用する事で、甲乙つけがたい仕上がりとなっている。

このシングル・バージョンは12インチ・シングルとは異なるシングル・ミックス。
A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

MARTA ACUNA/DANCE, DANCE, DANCE(1977)

2007.08.03.Fri.17:31
20060914205923.jpg


SIDE A... P&P 7-555 A

DANCE, DANCE, DANCE
Time: 2:59
(P. Adams, L. Johnson)
Prod. By : Patrick Adams
By Arr. With Hot Damn Prod.,Inc.
D.J. Version Louis Aigers/Phillip Williams

SIDE A... P&P 7-555 A

DANCE, DANCE, DANCE
Time: 2:59
(P. Adams, L. Johnson)
Prod. By : Patrick Adams
By Arr. With Hot Damn Prod.,Inc.
D.J. Version Louis Aigers/Phillip Williams

(P)1977 P&P Records/Scorpgemi Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DANCE, DANCE, DANCE
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]
 
Marta Acunaは、Patrick Adamsが手がけた女性ボーカリスト。アルゼンチン系ではないかと思われるが、詳細は一切不明。1977年にP&Pから発売された「Dance, Dance, Dance」が唯一のシングル。

●DANCE, DANCE, DANCE
1977年にP&Pから発売された彼女唯一のシングル。プロデュースはPatrick Adams

1977年にフランスで発売されたUniversal Robot Bandのアルバム「Dance and Shake Your Tambourine」に収録されていたインストゥルメンタル・ナンバー「Thyme」に歌詞をつけて、ボーカルを重ねたもの。作詞、作曲はLonnie Johnson

近年は、Patrick Adams関連の再発掘、再評価の流れで人気となり、この7インチ・シングル、12インチ・シングル共に高値で取引されている。

EVELYN "CHAMPAGNE" KING/SHAME(1977)

2007.08.03.Fri.15:52
20070721202735.jpg

SIDE A...PB-11122

SHAME
Time: 2:55
(from the "Smooth Talk" album,APL1-2466)
(J.H. Fitch-R. Cross)
Horns arranged by Sam Peaks
Produced and arranged by T. Life for Sunbar Productions, Inc.
Executive Producer:Warren Schatz/
Disco Mix by David Todd and Al Garrison

SIDE B...PB-11122

DANCIN',DANCIN',DANCIN'
Time: 2:51
(from the "Smooth Talk" album,APL1-2466)
(T. Life-Teddy Pendergrass)
Horns arranged by Morris Bailey
Produced and arranged by T. Life for Sunbar Productions, Inc.
Executive Producer:Warren Schatz

(P)1977 RCA RECORDS

BILLBOARD CHART ACTION
●SHAME
[POP # 9/R&B # 7/DISCO # 8]

Evelyn "Champagne"Kingは、70年代後半から80年代にかけて活躍した実力派黒人女性ボーカリスト。「Shame」「I Don't Know If It's Right」(1977)、「I'm In Love」(1981)、「Love Come Down」(1982)といった大ヒット曲で一世を風靡した。

このシングルは1977年にRCAから発売されたファースト・アルバム「Smooth Talk」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはTheodore Life。演奏はInstant FunkMFSBのメンバー。コーラスにBunny Siglerが参加。フィリー録音。

●SHAME
全米ポップ・チャートで最高9位をマークした彼女最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。非常に個性的で斬新なディスコ・サウンドに、彼女の独特なボーカルが絶妙にマッチングした、アップテンポのディスコ・ナンバー。この曲のヒットにより、演奏を担当したInstant Funkが一躍脚光を浴びるようになった。

尚、アルバム・バージョンは1stプレス盤と2ndプレス盤とではミックスが異なっており、このシングル・バージョンは2ndプレス盤収録のリミックス・バージョンをエディットしたもの。

●DANCIN',DANCIN',DANCIN'
1977年にRCAから発売された彼女のデビュー・シングルの再録。

ややフィリー色が強めのアップテンポのストレートなディスコ・ナンバーで、驚くべき事にTeddy Pendergrassが彼女のために書き上げた作品。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。