スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MICHELE/MAGIC LOVE(1977)

2007.09.28.Fri.02:12
20070928013758.jpg

SIDE 1...EPC 5912

MAGIC LOVE
Time: 3'08
(D. Japlin - J.M. Willa Roza)
Prod. by P. Jaubert and T. Moulton for I.H.P.
"A tom moulton mix"

SIDE 2...EPC 5912

CAN'T YOU FEEL IT
Time: 2'38
(E. Donable)
Prod. by P. Jaubert and T. Moulton for I.H.P.
"A tom moulton mix"

(P)1977 Epic/CBS Inc.(France)

BILLBOARD CHART ACTION
●MAGIC LOVE
[POP # - /R&B # -/DISCO # - ]

●CAN'T YOU FEEL IT
[POP # - /R&B # -/DISCO # 3 ]


Micheleは、フランス人プロデューサーPierre JaubertTom Moultonが手がけたフランスのディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはChantal Curtis。主なヒット曲に「Can't You Feel It」「Magic Love」「Disco Dance」(1977)。

このシングルは1977年にWestendから全米発売されたアルバム「Magic Love」からのカット。プロデュースはPierre JaubertTom Moulton。演奏はLafayette Afro Rock BandMFSB。録音はフランス、フィラデルフィア。フランス・CBS盤。

●MAGIC LOVE
ヨーロッパ、日本ではシングルのA面として発売され、スマッシュ・ヒットを記録したアルバム・タイトル・チューン。非常にフランスらしい洗練された雰囲気を持ったメロディアスなディスコ・ナンバー。

CAN'T YOU FEEL IT
アメリカではシングルのA面として発売され、全米のディスコで大ヒットを記録した作品。アルバム収録曲中、最もフィリー色の強いメロウなディスコ・ナンバーで、元々はフランスで録音されたベーシック・トラックに、MFSBのメンバーによるリズム、コーラス、キーボード、ブラス・セクションを新たに追加録音して完成させたもの。

スポンサーサイト

THE NINCHUKS/BRUCE LEE'S 'RETURN OF THE DRAGON' (1974,Promo)

2007.09.27.Thu.22:07
20070927220302.jpg

SIDE A...BP-1 STEREO

BRUCE LEE'S 'RETURN OF THE DRAGON'
Time: 2:25
(Mike Nise)

SIDE A...BP-1 MONO

BRUCE LEE'S 'RETURN OF THE DRAGON'
Time: 2:25
(Mike Nise)

(P)1974 Bryan Records

BILLBOARD CHART ACTION
●BRUCE LEE'S 'RETURN OF THE DRAGON'
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

The Ninchuksは、アメリカの人気TV番組「Dancin' On Air」「Dance Party USA」のプロデューサーとして活躍していたMichael Niseが手がけたワン・ショット・プロジェクト。

●BRUCE LEE'S 'RETURN OF THE DRAGON'
1974年にBryan(大ヒットポルノ映画「Deep Throat」のサントラ盤を発売したローカル・レーベル)から発売される予定だったシングルのプロモ盤。

1971年に香港で公開されたブルース・リーの大ヒット映画「The Way Of The Dragon」(1974年全米公開時のタイトルは「Return Of The Dragon」)にインスパイアされて制作されたダンサブルなインストゥルメンタル・ナンバー。シンセサイザー、SE、ブラスセクション以外のベーシック・トラック部分をMFSBが演奏している。

※プロモ盤が配布されたのみで発売中止となったらしい。

LOGG/(YOU'VE GOT)THAT SOMETHING(1981)

2007.09.16.Sun.15:07
20070220212518.jpg

SIDE A...S7 2156 DJ STEREO

(YOU'VE GOT)THAT SOMETHING
Time: 3:59
(L. Burgess-J. Calloway-S. Davenport)
(From The Salsoul LP SA 8544 "Logg")
Produced By Greg Carmichael And Leroy Burgess
Arranged And Conducted By Leroy Burgess
Mixed By Greg Carmichael And John Morales

SIDE A...S7 2156 DJ MONO

(YOU'VE GOT)THAT SOMETHING
Time: 3:59
(L. Burgess-J. Calloway-S. Davenport)
(From The Salsoul LP SA 8544 "Logg")
Produced By Greg Carmichael And Leroy Burgess
Arranged And Conducted By Leroy Burgess
Mixed By Greg Carmichael And John Morales

(P)1981 Salsoul Record Corp

BILLBOARD CHART ACTION
●(YOU'VE GOT)THAT SOMETHING
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Loggは、Black Ivoryの元メンバーであり、コンポーザー、プロデューサーとして活躍していたLeroy Burgessと、ディスコ・プロデューサーGreg Carmichaelが手がけたディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはLeroy Burgess。グループ名のLoggとはLeroyGregを掛け合わせたもの。主な代表曲に「I Know You Will」「Dancing Into The Stars」「(You've Got)That Something」(1980)など。

(YOU'VE GOT)THAT SOMETHING
1980年にSalsoulから発売された唯一のアルバム「Logg」からのセカンド・シングル。プロデュースはGreg CarmichaelLeroy Burgess。アレンジはLeroy Burgess

Leroy Burgessによるセクシーで魅力的なボーカルやメロディー・メイカーとしての卓越したセンス、アレンジャーとしての才能が見事に結実した、非常に完成度の高いファンキー・タッチのニューヨーク・ディスコ・チューン。サビの「Keeps me goin', keeps me goin'~」の部分がとても印象的。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

BANZAII/CHINESE KUNG FU(1975)

2007.09.15.Sat.00:38
20070915000603.jpg

SIDE A...SCE-12407

CHINESE KUNG FU
Time: 3:10
(Subway)
Producer: S.A. Creations Artistiques
Mastered by: Jose Rodriguez
A Tom Moulton Mix

SIDE B...SCE-12407

CHINESE KUNG FU(DISCO VERSION)
Time: 4:59
(Subway)
Producer: S.A. Creations Artistiques
Mastered by: Jose Rodriguez
A Tom Moulton Mix

(P)1975 Scepter Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●CHINESE KUNG FU
[POP # 98 /R&B # 81 /DISCO # 7 ]

Banzaii (Banzai danse par Les Clodettes)は、フランスの国民的大スターClaude Francois専属の女性6人組バック・ダンサー・チームLes Clodettesを売り出すために仕掛けられたフランスのディスコ・プロジェクト。「Chinese Kung Fu」(1974)、「Viva America」(1975)の世界的ヒットで知られる。

●CHINESE KUNG FU
1975年にアメリカ・Scepterから全米発売されたファースト・シングル。プロデュースはGerard Louvin。元々は1974年にフランス・Disques FlecheからBanzai danse par Les Clodettes名義で発売されたもの。

カンフーを思わせる掛け声や中国風のドラのSEをアレンジに取り入れたオリエンタルなムードのファンキーなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。折からのカンフー・ブーム、ディスコ・ブームに乗り、本国フランスだけでなく、ヨーロッパ、アメリカ、日本でも大ヒットを記録している。

このアメリカ盤シングルにはTom Moultonによるリミックス・バージョンを収録。
A面はショート・バージョン。
B面はディスコ・バージョン。同年にScepterから全米発売されたディスコ・オムニバス・アルバム「Disco Gold Vol. 2」収録。

※余談ではあるがフランス盤7インチ・シングル・ジャケットには、なぜか空手道着を着たLes Clodettesのメンバーと、サムライの写真が載っている。日本と中国を勘違いしているところが時代を感じさせる。

AMANT/IF THERE'S LOVE(1979)

2007.09.10.Mon.20:53
20070811174926.jpg

SIDE A...3332

IF THERE'S LOVE
Time: 3:56
(J.R. Martinez)
Produced by Ray Martinez
Horns & Strings arranged by: Ray Martinez/Carlos Hernandez
Engeneered & edited by Ray Martinez
"A Jim Burgess Mix"
From the album AMANT(Marlin 2227)

SIDE B...3332

IF YOU JUST KNOW
(How Much I Cared For You)

Time: 3:49
(J.R. Martinez)
Produced by Ray Martinez
Horns & Strings arranged by: Ray Martinez/Carlos Hernandez
Engeneered & edited by Ray Martinez
"A Jim Burgess Mix"
Excerpt from"Hazy Shades of Love"
From the album AMANT(Marlin 2227)

(P)1979 Marlin/T.K. Productions,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●IF THERE'S LOVE
[POP # - /R&B # - /DISCO # 5 ]

Amantは、マイアミを拠点に活動していたディスコ・プロデューサーRay Martinezが手がけたディスコ・プロジェクト。「If There's Love」(1978)のディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1978年にMarlinレーベルから発売されたアルバム「Amant」からのカット。プロデュースはRay Martinez。アレンジはRay MartinezCarlos Hernandez

●IF THERE'S LOVE
Alec R. CostandinosBoris Midneyの作風をそのまま取り入れたようなヨーロピアン調のオーケストラル・ディスコ・チューン。アルバムではA面すべてを使った組曲形式の特大ロング・バージョンとなっている。

このシングル・バージョンは、12インチ・バージョンをエディットしたもの。

●IF YOU JUST KNOW(How Much I Cared For You)
アルバムB面収録の組曲「Hazy Shades of Love」をシングル用にエディットして改題したもの。Love & Kissesのディスコ・ヒット「I Found Love(Now That I Found You)」(1977)を彷彿させるディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンは、12インチ・バージョンをエディットしたもの。

SKIP MAHOANEY & THE CASUALS/AND IT'S LOVE(1976)

2007.09.08.Sat.16:45
20070811175004.jpg

SIDE A...ABET 9465

WHERE EVER YOU GO
Time: 3:47
(Skip Mahoaney & James Purdie)
Produced By James Purdie
For Dancer Productions

SIDE B...ABET 9465

AND IT'S LOVE
Time: 3:15
(Skip Mahoaney & James Purdie)
Produced By James Purdie
For Dancer Productions

(P)1976 abet/Nashboro Record Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●WHERE EVER YOU GO
[POP # - /R&B # 60 /DISCO # - ]

Skip Mahoaney & The Casualsは、ワシントンDCを拠点に活動していた黒人男性ボーカリストSkip Mahoaneyを中心に結成された黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはSkip MahoaneyTracy ReidJulius RogersElwood Morgen。1974年発売のファースト・アルバム「Your Funny Moods」が熱心なソウル・ファンの間で高く評価されている。

このシングルは1976年にNashboro傘下abetから発売されたセカンド・アルバム「Land of Love」からの先行シングル。プロデュース、アレンジはJames Purdie。ワシントンDCでレコーディング、フィラデルフィア・シグマ・サウンド・スタジオでミックス・ダウンが行われている。

●WHERE EVER YOU GO
彼らの作品の中でもソウル・ファンの間で高い評価を受けているスウィートなムードのスロー・バラード。Stylisticsを思わせる曲調だが、Skip Mahoaneyによる個性的なファルセット唱法によって、全く違った異なる個性を感じさせる、素晴らしい仕上がりとなっている。

●AND IT'S LOVE
フィリー・ソウルの影響を強く受けた音作りがなされたアップ・テンポのソウル/ディスコ・チューン。ソウル・ファンの間では評価がわかれるところだが、ストレートなダンス・ミュージックとしては充分に楽しめる内容となっている。

このシングル・バージョンは12インチ・シングルに収録されたリミックス・バージョンをエディットしたもの。アルバム・バージョンとはイントロのミックス・ダウンが異なる。

SOLAR FLARE/BOOGIE FUND(1978)

2007.09.07.Fri.20:33
20070811175009.jpg

SIDE A...PB-11334

BOOGIE FUND
Time: 3:17
(Allan Felder-T.G. Conway-Leroy Green)
Produced by T.G. Conway & Allen Felder
Arranged by Ron Kersey

SIDE B...PB-11334

DON'T PLAY WITH FIRE
Time: 4:21
(Allan Felder-T.G. Conway)
Produced by T.G. Conway & Allen Felder
Arranged by Ron Kersey

(P)1978 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION
●BOOGIE FUND
[POP # - /R&B # - /DISCO # 22 ]

Solar Flareは、フィラデルフィアのプロデューサーAllan FelderT.G. Conwayが手がけた謎の男性ソウル・ボーカル・グループ。1978年にRCAから「Boogie Fund」の7インチ・シングルと12インチ・シングルを一枚発表した以外に目立った活動は見られず、メンバーについての詳細も一切不明。

●BOOGIE FUND
ディスコ全盛の当時としてはかなりクラシックな雰囲気のフィリー・ディスコ・チューン。従来のような派手さはなく地味な印象を受けるが、どこかクセになるメロディーとグルーヴ感を持った、なかなかの作品。

●DON'T PLAY WITH FIRE
とても作りこまれたメロディー・ラインとゴージャスなアレンジが印象的なスウィートかつグルーヴィーなスロー・バラード。正直なところ、こちらをA面にしたほうがシングル・ヒットを狙えた可能性は高い。

SOUL TRAIN GANG/OOH CHA(1976)

2007.09.06.Thu.14:32
20070811175016.jpg

SIDE A...SB-10792

OOH CHA
Time: 3:58
(J. Aikens-J. Bellmon-V. Drayton-B. Turner)
(from "The Soul Train Gang"album,BVL1-1844)
Arranged by Norman Harris
Produced by "The Harris Machine" Norman Harris
Exective Producers: Don Cornelius & Dick Griffey

SIDE B...SB-10792

COUNTRY GIRL
Time: 3:20
(G. Brown-T. Brown)
(from "The Soul Train Gang"album,BVL1-1844)
Arranged by T.G. Conway
Produced by "The Harris Machine" Norman Harris
Exective Producers: Don Cornelius & Dick Griffey

(P)1976 Soul Train Recording Co./
RCA Records and Cornelius-Griffey Entertainment Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●OOH CHA
[POP # 107 /R&B # 62 /DISCO # - ]

Soul Train Gangは、アメリカの人気TV番組「Soul Train」の司会者Don CorneliusDick Griffeyが立ち上げたレーベルSoul Train(後のSolar)からデビューした黒人男女5人組ソウル・ボーカル・グループ。1976年当時のメンバーはGerald BrownTerry BrownJudy JonesDenise SmithHollis Pippin。主なヒット曲に「Soul Train '75」(1975)、「Ooh Cha」(1976)、「My Cherie Amour」(1977)など。

このシングルは1976年にSoul Trainから発売されたセカンド・アルバム「The Soul Train Gang」からのカット。プロデュースはNorman Harris。演奏はMFSB。フィリー録音。

●OOH CHA
彼らの発表した作品の中でもとりわけ高い人気を誇るミディアム・テンポのメロウ・ディスコ・チューン。フィリー録音ではあるがフィリー色はそれ程強くなく、むしろ後のSolarレーベルの作品群につながるような、爽やかなサウンドが展開される異色の作品となっている。アレンジはNorman Harris

●COUNTRY GIRL
サルソウル直系のポップでダンサブルなアレンジがなされたアップテンポのフィリー・ディスコ・チューン。Philly DevotionsDouble Exposureあたりが好きな人にはオススメな作品。アレンジはT.G. Conway

CHANTAL CURTIS/HIT MAN(1979)

2007.09.04.Tue.13:54
20061010134333.jpg


SIDE A...7P 5010

HIT MAN
Time: 3:03
(J.M. Willa Roza, D. Japlin, C. Maclinen, J. Swanie)
(From The Disco Duplex "GET ANOTHER LOVE",DISC 02)
Produced By Pierre Jaubert
Arranged By Phillippe Briche A Trema Records Production

SIDE B......7P 5010

I GOTTA KNOW
Time: 5:05
(Ph. Briche, E. Reese)
(From The Disco Duplex "GET ANOTHER LOVE",DISC 02)
Produced By Pierre Jaubert
Arranged By Phillippe Briche A Trema Records Production

(P)1979 Trema Records(France)/Pye Records International(UK)

BILLBOARD CHART ACTION
●HIT MAN
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Chantal Curtisは、フランスを拠点にセッション・シンガーとして活動していたチュニジア出身の女性ボーカリスト。1977年にWestendレーベルから全米デビューしたディスコ・プロジェクトMicheleのボーカルだったことでも知られる。主なヒット曲に「Get It Together」(1978)、「Get Another Love」(1979)。

このシングルは1979年にアメリカ・Keyから全米発売されたアルバム「Get Another Love」からのカット。プロデュースはPierre Jaubert。アレンジはPhillippe Briche。録音はフランスとフィラデルフィア。イギリス・Pye盤。

HIT MAN
シンセサイザーやハーモニカのサウンド、サビのメロディー・ラインが非常に印象的なミディアム・テンポのディスコ・ナンバー。「House Legend」に掲載されたり、Tom Moultonによるリエディット・12インチ・シングルが発売されるなど、カルト的な人気を誇る作品。

I GOTTA KNOW
アルバムのラストに収められている、ややファンキー・タッチのディスコ・ナンバー。フィラデルフィアで録音されており、恐らくMicheleのアルバム用に制作されたアウトテイクではないかと思われる。

CHANTAL CURTIS/GET ANOTHER LOVE(1979)

2007.09.03.Mon.13:34
20061101185648.jpg


SIDE A...K-7200-A

GET ANOTHER LOVE
Time: 5:24
(Ernest Donable)
Prod.by Pierre Jaubert
Arr.by Phillippe Briche
(A Glen Black Mix)

SIDE B...K-7200-B

HEY TAXI DRIVER
Time: 4:40
(Briche-Sitruk-Reese)
Prod.by Pierre Jaubert
Arr.by Phillippe Briche
(A Glen Black Mix)

(P)1979 KEY RECORDS

BILLBOARD CHART ACTION
●GET ANOTHER LOVE
[POP # - /R&B #86 /DISCO #57]


Chantal Curtisは、フランスを拠点にセッション・シンガーとして活動していたチュニジア出身の女性ボーカリスト。1977年にWestendレーベルから全米デビューしたディスコ・プロジェクトMicheleのボーカルだったことでも知られる。主なヒット曲に「Get It Together」(1978)、「Get Another Love」(1979)。

このシングルは1979年にアメリカ・Keyから全米発売されたアルバム「Get Another Love」からのカット。プロデュースはPierre Jaubert。アレンジはPhillippe Briche。録音はフランスとフィラデルフィア。

GET ANOTHER LOVE
ツイン・ベース・スタイルの独特なベース・ラインやハーモニカのリフレインが非常に印象的なミディアム・テンポのパーカッシブなディスコ・ナンバー。Muro & Dimitri From ParisによるミックスCD「Super Disco Friends」や、Joey Negro監修のコンピCD「Disco Spectrum 2」などで取り上げられるなど、ディスコ/ガラージ・クラシックとして人気のある作品。

HEY TAXI DRIVER
とてもキャッチーなメロディー・ラインを持った軽いリズムのポップ・ディスコ・チューン。

MICHELE/CAN'T YOU FEEL IT(1977)

2007.09.02.Sun.11:43
20060923222255.jpg


SIDE A...WES 1208

CAN'T YOU FEEL IT
Time: 2:40
(E. Donable)
Produced By Pierre Jaubert and Tom Moulton
"A TOM MOULTON MIX"
From West End LP "Magic Love" WE 103

SIDE B...WES 1208

FEEL IT(INSTRUMENTAL)
Time: 3:05
(E. Donable)
Produced By Pierre Jaubert and Tom Moulton
"A TOM MOULTON MIX"
From West End LP "Magic Love" WE 103

(P)1977 West End

BILLBOARD CHART ACTION
●CAN'T YOU FEEL IT
[POP # - /R&B # -/DISCO # 3 ]

Micheleは、フランス人プロデューサーPierre JaubertTom Moultonが手がけたフランスのディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはChantal Curtis。主なヒット曲に「Can't You Feel It」「Magic Love」「Disco Dance」(1977)。

CAN'T YOU FEEL IT
1977年にWestendから全米発売されたアルバム「Magic Love」からの先行シングル。プロデュースはPierre JaubertTom Moulton。演奏はLafayette Afro Rock BandMFSB。録音はフランス、フィラデルフィア。

アルバム収録曲中、最もフィリー色の強いメロウなディスコ・ナンバーで、元々はフランスで録音されたベーシック・トラックに、MFSBのメンバーによるリズム、コーラス、キーボード、ブラス・セクションを新たに追加録音して完成させたもの。

このシングル・バージョンは、アルバム・テイクとは異なる別ミックスをエディットしたもの。

FEEL IT(INSTRUMENTAL)
Can't You Feel It」のインストゥルメンタル・バージョン。

SHALAMAR/UPTOWN FESTIVAL(1977)

2007.09.01.Sat.16:17
20070811174954.jpg

SIDE A...SB-10885

UPTOWN FESTIVAL(Part 1)
A. Going to a Go-Go
B. I Can't Help Myself (Sugar Pie, Honey Bunch)
C. Uptight (Everyhing's Allright)
D. Stop! In the Name of Love
E. It's the Same Old Song

Time: 3:59
(Holland-Dozier-Holland)
Arranged and Produced by Simon Soussan
A Soul Fox Productions

SIDE B...SB-10885

UPTOWN FESTIVAL(Part 2)
A. The Tears of a Clown
B. Love is Like an Itching in My Heart
C. This Ol Heart of Mine (Is Weak for You)
D. Baby Love
E. He Was Really Saying Somethin'

Time: 4:53
(Holland-Dozier-Holland)
Arranged and Produced by Simon Soussan
A Soul Fox Productions

(P)1977 Soul Train Recording Co./
RCA Records and Cornelius-Griffey Entertainment Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●UPTOWN FESTIVAL(Part 1)
[POP # 25 /R&B # 10 /DISCO # 2 ]

Shalamarは、アメリカの人気TV番組「Soul Train」のダンサーとして活躍していたメンバーで結成された黒人男女3人組ボーカル・グループ。1978年当時のメンバーはJody WatleyJeffrey DanielsGerald Brown(元Soul Train Gang)。当初は実体のないディスコ・プロジェクトだったが、ダンサーだった彼らをボーカルで起用した事で一気にブレイク。数多くの大ヒット曲で一世を風靡した。主な大ヒット曲に「Uptown Festival」(1977)、「The Second Time Around」(1979)、「Make That Move」(1981)、「A Night To Remember」(1982)など多数。

●UPTOWN FESTIVAL
1977年にSoul Trainから発売されたデビュー・アルバム「Uptown Festival」からのカット。プロデュース、アレンジはSimon Soussan

モータウン専属のヒット・メイカーとして活躍したHolland-Dozier-Hollandが手がけた、モータウンでの大ヒット曲をメドレーにしてディスコ・バージョンにしたもの。この時点では全く実体のないディスコ・プロジェクトだったため、ボーカルはすべてスタジオ・ミュージシャンによるもので、この曲の大ヒットを受けて、テレビ・パフォーマンス用に急遽集められたメンバーがJody WatleyJeffrey DanielsGerald Brownだった。

A面はロング・バージョンの前半部分。
B面はロング・バージョンの後半部分。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。