FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年10月
ARCHIVE ≫ 2007年10月
      

≪ 前月 |  2007年10月  | 翌月 ≫

SOUNDS OF INNER CITY/MARY HARTMAN, MARY HARTMAN(1976)

20071002211833.jpg

SIDE A...WES 1202

MARY HARTMAN, MARY HARTMAN(VOCAL)
Time: 3:20
Writers(Art Vallee-Max Spickol-Peter DeAngelis)
Produced, Arranged & Conducted By Vincent Montana Jr.
For Vallee DeAngelis Productions
A TOM MOULTON MIX
Recorded At Sigma-N.Y.
Engineer: Jay Mark
Mastered At Frankford Wayne,N.Y. By Jose Rodriguez
SOUNDS OF INNER CITY Featuring Dick Lee

SIDE B...WES 1202

MARY HARTMAN, MARY HARTMAN(INSTRUMENTAL)
Time: 6:19
Writers(Art Vallee-Max Spickol-Peter DeAngelis)
Produced, Arranged & Conducted By Vincent Montana Jr.
For Vallee DeAngelis Productions
A TOM MOULTON MIX
Recorded At Sigma-N.Y.
Engineer: Jay Mark
Mastered At Frankford Wayne,N.Y. By Jose Rodriguez
SOUNDS OF INNER CITY

(P)1976 West End

BILLBOARD CHART ACTION
●MARY HARTMAN, MARY HARTMAN
[POP # - /R&B # -/DISCO # 22]

Sounds Of Inner Cityは、プロデューサー、ソングライター、アレンジャーとして活躍していたヴァイヴ奏者のVincent Montana,Jr.が手がけたワン・ショット・ディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルを務めるDick Lee(世界的に活躍するシンガポール人男性ボーカリストとは同名異人)については不明。「Mary Hartman, Mary Hartman」(1976)が唯一のディスコ・ヒット。

●MARY HARTMAN, MARY HARTMAN
1976年にWestendから発売されたシングル。プロデュース、アレンジはVincent Montana,Jr.。演奏はThe Salsoul Orchestra

当時、アメリカで大ヒットしていたコメディー・ドラマ「Mary Hartman, Mary Hartman」をモチーフにしたミディアム・テンポの軽快なフィリー・ディスコ・チューン。

A面はショート・ボーカル・バージョン。
B面はロング・インストゥルメンタル・バージョン。12インチ・シングルではこちらがA面となっている。

CAPTAIN DAX/DR BEEZAR(1975)

20061015225439.jpg


SIDE A...MRL 5566

DR. BEEZAR
Time: 2:44
(F. Abel)
Produced by Jaubert-Martin for I.H.P

SIDE B......MRL 5566

PUSH
Time: 2:55
(Young)
Produced by Jaubert-Martin for I.H.P

(P)1975 Mainstream Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DR BEEZAR
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Captain Daxは、フランスのファンク・バンドLafayette Afro Rock bandの変名ディスコ・プロジェクト。「Dr.Beezar "Soul Frankenstein"」(1975)が唯一のシングル。

このシングルは1975年にMainstreamから全米発売された彼ら唯一のシングル。プロデュースはPierre Jaubert。フランス録音

DR. BEEZAR
フランスのディスコ・プロジェクトHot Bloodの「Soul Dracula」のヨーロッパ全土での大ヒットを受け、二匹目のドジョウを狙って制作された怪奇ディスコモノ。1975年にフランスで録音され、アメリカのインディーレーベルMainstreamから全米発売されるも全くヒットせず、翌1976年に日本で「Dr.Beezar "Soul Frankenstein"」のタイトルでリミックス・バージョンが発売され、大ヒットを記録した。

このオリジナル・シングル・バージョンは、2007年10月にSalsoul/Suss'dから発売されたコンピレーションCD「Deep Disco Culture Vol.2」で初CD化された。

PUSH
同時期に並行して活動していた変名プロジェクトIce名義でのヒット・ナンバー「Funky Lovin'」と似た、ジャズ・ファンク調の作品。

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム