スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIDNIGHT RHYTHM/WORKIN' & SLAVIN' (I NEED LOVE)(1978)

2007.12.25.Tue.22:29
midnight rhythm-workin  Slavin

SIDE A...3530 Promotiom Copy STEREO

WORKIN' & SLAVIN' (I NEED LOVE)
Time: 3:31
(G. Levine)
From Atlantic LP 19214 "MIDNIGHT RHYTHM"
Produced by: Joe Long, Robby Adcock & Bob Small
A ROLLING COASTER PRODUCTION
Arranged by : Joe Long, Robby Adcock & Steven Hines
"MIDNIGHT MIX" by Richie Rivera

SIDE A...3530 Promotiom Copy MONO

WORKIN' & SLAVIN' (I NEED LOVE)
Time: 3:31
(G. Levine)
From Atlantic LP 19214 "MIDNIGHT RHYTHM"
Produced by: Joe Long, Robby Adcock & Bob Small
A ROLLING COASTER PRODUCTION
Arranged by : Joe Long, Robby Adcock & Steven Hines
"MIDNIGHT MIX" by Richie Rivera

(P)1978 Atrantic

BILLBOARD CHART ACTION
●WORKIN' & SLAVIN' (I NEED LOVE)
[POP # - /R&B # - /DISCO # 8 ]

Midnight Rhythmは、ディスコ・プロデューサーJoe LongRobby Adcockが手がけたディスコ・プロジェクト。「Workin' & Slavin (I Need Love)」「Climb」(1978)のディスコ・ヒットで知られる。

●WORKIN' & SLAVIN' (I NEED LOVE)
1978年にAtlanticから発売されたアルバム「Midnight Rhythm」からのカット。プロデュースはJoe LongRobby AdcockBob Small。アレンジはJoe LongRobby AdcockSteven Hines。リミックスはRichie Rivera

Richie Riveraによる計算され尽くしたリミックスが冴える、とにかくド派手でハイテンション、ロック・タッチのアッパーなディスコ・ナンバー。シングル・バージョンではカットされているが、中盤以降のアルペジオ・シンセを中心とする長いインストゥルメンタル部分が素晴らしい。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

※2001年にギリシャで発売されたコンピレーションCD「Disco Vaults 2」で初めてCD化された。
スポンサーサイト

SOUTH SHORE COMMISSION/WE'RE ON THE RIGHT TRACK(1975)

2007.12.24.Mon.16:22
south shore commission-we<br />e on the right track

SIDE A...WND-11291

WE'RE ON THE RIGHT TRACK
Time: 2:59
(Norman Harris-Allan Felder)
Prod. by Stan Watson & Norman Harris
for Dick Griffey Productions
Mastered by Jose Rodriguez
A Tom Moulton Mix

SIDE B...WND-11291

I'D RATHER SWITCH THAN FIGHT
Time: 3:47
(Carrie)
Arranged by Dick Griffey and South Shore Commission
Prod. by Dick Griffey

(P)1975 Wand/Scepter Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●WE'RE ON THE RIGHT TRACK
[POP # 94 /R&B # 30 /DISCO # - ]

South Shore Commissionは、ワシントンDCを拠点に活動していた黒人男女6人組セルフコンテインド・ファンク・バンド。メンバーはFrank McCurrySheryl HenrySidney LennearDavid HendersonWarren HaygoodEugene Rogers。主なヒット曲に「Free Man」、「We're on The Right Track」、「Train Called Freedom」(1975)など。

このシングルは1975年にWandから発売されたアルバム「South Shore Commission」からのカット。バックはInstant FunkMFSB。フィリー録音。

●WE'RE ON THE RIGHT TRACK
1973年にWandからUltra High Frequencyのボーカルで発売され、ディスコを中心にヒットした作品の焼き直し。当時のバック・トラックをそのまま使い、ボーカルを差し替えてリミックスしたバージョン。前作「Free Man」の大ヒットの影響を受け、スマッシュ・ヒットを記録した。

I'D RATHER SWITCH THAN FIGHT
I Gotta Keep Dancin'」(1977)のスマッシュ・ヒットで知られるCarrie Lucasが提供した作品。この曲にはNorman Harrisは一切関知しておらず、フィリー色がかなり薄めとなっている。プロデュースはDick Griffey

MASAYOSHI TAKANAKA/SWEET AGNES(1976)

2007.12.23.Sun.01:43
takanaka-sweet agnes

SIDE D...DKQ 1004

東映映画「太陽の恋人 アグネス・ラム」主題曲
スイート・アグネス
SWEET AGNES
Time: 4'38"
(TAN TAN 作詞/高中正義 作編曲)
Director: 安室克也
Mixer: 大野 進

SIDE S...DKQ 1004

東映映画「太陽の恋人 アグネス・ラム」挿入曲
トーキョー・レギー
TOKYO LEGGY
(高橋ユキヒロ 作詞/高中正義 作編曲)
Director: 安室克也
Mixer: 大野 進

(P)1976 Kitty Records(Japan)


高中正義(Takanaka)は、Sadistic Mika BandSadisticsのメンバーとして活躍し、ソロとしても数多くのヒット・アルバムで一世を風靡した、日本を代表するギタリスト、コンポーザー、レコード・プロデューサー。主な代表曲には「Ready To Fly」(1977)、「Blue Lagoon」(1979)、「Finger Dancin'」(1980)など多数。アメリカ、フランスなど、世界各国でレコードが発売されている。

このシングルは1976年8月に日本・Kitty Recordsから発売されたソロ・デビュー・シングル。同年夏に公開され大ヒットしたアグネス・ラム主演映画「太陽の恋人 アグネス・ラム」のサウンド・トラックとして制作されたもの。安室克也プロデュース作品。

●スイート・アグネス
当時、人気モデルとして活躍していたアグネス・ラムのイメージをそのまま表現した、ハワイアン風味の爽やかなポップ・ディスコ・チューン。サビのパワフルで個性的な女性ボーカルはTAN TAN(森野多恵子)。彼のトレード・マークでもある独特のギター・サウンドを強調せず、あくまでバックのサウンドに溶け込んでおり、彼自身が発表した楽曲の中でも異色の作品となっている。翌1977年に発売されたセカンド・アルバム「Takanaka」に収録された。

●トーキョー・レギー
1976年に発売されたソロ・デビュー・アルバム「Seychelles」からカットされたアップ・テンポの軽快なボーカル・ナンバー。リード・ボーカルは高中正義。バック・コーラスは井上陽水Tan Tan

FOXY/GET OFF YOUR AAHH! AND DANCE(Part 1)(1976)

2007.12.21.Fri.21:38
foxy-get off your ahh and dance

SIDE A...5022

GET OFF YOUR AAHH! AND DANCE(Part 1)
Time: 4:03
(Martinez-Ledesma-Paseiro-Alaimo)
Produced by Ray Martinez
Horns & Strings arr. by:
Martinez-Ledesma-Hernandez
Recorded on MCI equipment

SIDE B...5022

GET OFF YOUR AAHH! AND DANCE(Part 2)
Time: 2:02
(Martinez-Ledesma-Paseiro-Alaimo)
Produced by Ray Martinez
Horns & Strings arr. by:
Martinez-Ledesma-Hernandez
Recorded on MCI equipment

(P)1976 Dash Records

BILLBOARD CHART ACTION
●GET OFF YOUR AAHH! AND DANCE
[POP # - /R&B # 39 /DISCO # 16 ]

Foxyは、マイアミを拠点に活動していた亡命キューバ人ミュージシャンを中心に結成された男性6人組ラテン・ディスコ/ロック・バンド。ソロで活躍したIsh Ledesmaの他、Tito Puenteの息子Richie Puenteが在籍していた。主なヒット曲に「Get Off」(1978)、「Hot Number」、「RRRRRRock」(1979)など。

●GET OFF YOUR AAHH! AND DANCE
1976年にT.K.傘下Dashから発売されたファースト・アルバム「Foxy」からのカット。プロデュースはAmantPassionなどのディスコ・プロジェクトの成功で知られるRay Martinez

当時、全盛期を迎えていたT.K.レーベルのサウンド・カラー/マイアミ・サウンドをしっかりと取り入れた、ラテン・タッチの爽やかなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。印象的なフルート・ソロはMike Lewisによるもの。

A面はアルバム・バージョンの前半部分。
B面はアルバム・バージョンの後半部分。

TONY VALOR SOUNDS ORCHESTRA/MA-MO-AH(1976)

2007.12.21.Fri.00:41
tony valor-ma mo ah

SIDE A...B 55527(7-863)

MA-MO-AH
Time: 3:10
(Tony Valor-Steve Martin)
Produced & Arranged by Tony Valor
Produced for T. And T. Productions
"A TOM MOULTON MIX"
Special Thanks Joe E. Rome, Satin Soul & Touch
Engineers: Joel Soyfer & Bob Clearmountain

SIDE B...B 55527(7-864)

MA-MO-AH(Disco Version)
Time: 4:45
(Tony Valor-Steve Martin)
Produced & Arranged by Tony Valor
Produced for T. And T. Productions
"A TOM MOULTON MIX"
Special Thanks Joe E. Rome, Satin Soul & Touch
Engineers: Joel Soyfer & Bob Clearmountain

(P)1976 Brunswick

BILLBOARD CHART ACTION
●MA-MO-AH
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Tony Valor Sounds Orchestraは、Maryann Farra & Satin SoulFantasyなどを手がけたディスコ・プロデューサーTony Valor自身のディスコ・プロジェクト。主な代表曲に「Gotta Get It」、「Ma-Mo-Ah」(1976)、「Love Has Come My Way」(1978)。

●MA-MO-AH
1976年にBrunswickから発売されたファースト・アルバム「Gotta Get It」からのカット。プロデュース、アレンジはTony Valor

サンバのリズムを取り入れたラテン・テイスト溢れるシンプルなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。タイトルの「Ma-Mo-Ah」はBarry Whiteの母親の呼び方をパロディーにしたもの。Tony Valor自身も作品中でBarryの物まねをしている。

A面はショート・バージョン。シングル・ミックス。
B面はディスコ・バージョン。アルバム・バージョンと同テイク。

ENCHANTMENT/COME ON AND RIDE(1976)

2007.12.17.Mon.17:36
enchantment-come on and ride

SIDE A...DMS-6403-N

COME ON AND RIDE
Time: 3:29
(Michael Stokes-Emanuel Johnson)
From LP "Enchantment"
Arranged by Johnny Allen
Prod. by Michael Stokes

SIDE B...DMS-6403-N

HOLD ON
Time: 2:35
(Michael Stokes-Emanuel Johnson)
From LP "Enchantment"
Arranged by Johnny Allen
Prod. by Michael Stokes

(P)1976 Desert Moon Records

BILLBOARD CHART ACTION
●COME ON AND RIDE
[POP # - /R&B # 67 /DISCO # 37 ]

Enchantmentは、70年代後半から80年代前半にかけて活躍したデトロイト出身の黒人男性5人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはEd ClantonBobby GreenDavis BanksEmanuel JohnsonJoe Thomas。主なヒット曲に「Gloria」(1976)、「Sunshine」(1977)、「It's You That I Need」(1978)など。

このシングルは1976年にBuddah傘下Desert Moonから発売されたシングル。プロデュースはMichael Stokes。同年にUnited Artists/Road Showから発売されたファースト・アルバム「Enchantment」収録。

●COME ON AND RIDE
彼らの出世作であり、プロデューサーのMichael Stokesがクローズ・アップされるきっかけを作った作品。South Shore Committionあたりを思わせるアップテンポのディスコ・ソウル・ナンバーで、機関車の走り出す音で始まるイントロや、出だしの歌詞「Disco Express, Come On And Ride~」のコーラスが印象的。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンとは異なるシングル・ミックス。

●HOLD ON
この時期のソウル・ボーカル・グループの王道とも言える、アップテンポのメロディアスなディスコ・ソウル・ナンバー。疾走感あふれる洗練されたアレンジ、特にサビのメロディー・ラインが非常に良く出来ている。アルバムでは6分に及ぶロング・バージョンとなっている。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンとは異なるシングル・ミックス。

ECSTASY/LIVING IN ECSTASY(1977)

2007.12.16.Sun.21:23
ecstasy-living in ecstasy

SIDE A...10245(32277SH-A) INSTR.

LIVING IN ECSTASY
Time: 3:13
(Martin, Acevedo, Romano)
A Valorous Production

SIDE B...10245(32277SH-B) VOCAL

CAN'T HELP MY SELF
Time: 3:02
Special Effects: Frank Lemboa Valorous Production

(P)1977 Disco Record Co, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LIVING IN ECSTASY
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Ecstasyは、Cornelius Brothers & Sister Roseを手がけたプロデューサー・Bob Archibaldが手がけたディスコ・プロジェクト。「Living In Ecstasy」(1975)が唯一のシングル。

このシングルは1975年にニュージャージーのディスコ・レーベル・Disco Record Co, Inc.から発売されたシングル。プロデュースはBob Archibald。1977年発売の再発盤。

●LIVING IN ECSTASY
ファンキーなクラビネットで始まるキャッチーなイントロや、Eddie Drennon風のチープなエレクトリック・バイオリンのメロディーが印象的なイージー・リスニング風のディスコ・ナンバー。

CAN'T HELP MY SELF
Four Topsの大ヒット曲「I Can't Help My Self(Sugar Pie, Honey Bunch)」をモチーフにしたアップ・テンポのソウル・ナンバー。ファースト・プレスではタイトルが「Medley: Can't Help Myself/Ecstacy's Theme」となっているが全く同じ内容である。

※3種類のシングルが存在する。(Disco Record盤(1975、1977)、Brunswick盤(1976))

FUNKY PEOPLE/EVERYBODY HUSTLE(Part l)(1975)

2007.12.15.Sat.21:18
funky people-everybody hustle


SIDE A...RDJ-7168

EVERYBODY HUSTLE(Part l)
SHORT VERSION

Time: 3:29
(Jeff Lane-Bobby Smalls)
Produced by: Jeff Lane-Randy Muller
for: Raw-Mill Productions Inc.

SIDE B...RDJ-7168

EVERYBODY HUSTLE(Part ll)
LONG VERSION

Time: 4:11
(Jeff Lane-Bobby Smalls)
Produced by: Jeff Lane-Randy Muller
for: Raw-Mill Productions Inc.

(P)1975 Roulette Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●EVERYBODY HUSTLE(Part l)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Funky Peopleは、B.T.ExpressBrass Constructionの成功で知られるプロデューサーJeff LaneRandy Mullerが手がけたディスコ・ファンク・バンド。メンバーなどの詳細は一切不明。

●EVERYBODY HUSTLE
1975年にRouletteから発売された彼ら唯一のシングル。プロデュースはJeff LaneRandy Muller

B.T. Expressを思わせる荒削りなサウンドが展開されるアップ・テンポのファンク・ディスコ・チューン。

A面はショート・バージョン。
B面はロング・バージョン。

BUNNY SIGLER/LET ME PARTY WITH YOU(PARTY, PARTY, PARTY)(1977)

2007.12.14.Fri.20:01
bunny sigler-let me party with you

SIDE A...GM-4008

LET ME PARTY WITH YOU(PART 1)
(PARTY, PARTY, PARTY)

Time: 3:35
(B. Sigler/K. Miller/R. Earl/S. Miller)
Arranged by Gregory Herbert, Bunny Sigler, Instant Funk
Produced By Bunny Sigler
Exec. Producers: Joe Cayre, Stan Cayre, Ken Cayre

SIDE B...GM-4008

LET ME PARTY WITH YOU(PART 2)
(PARTY, PARTY, PARTY)

Time: 3:51
(B. Sigler/K. Miller/R. Earl/S. Miller)
Arranged by Gregory Herbert, Bunny Sigler, Instant Funk
Produced By Bunny Sigler
Exec. Producers: Joe Cayre, Stan Cayre, Ken Cayre

(P)1977 Salsoul/Gold Mind Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LET ME PARTY WITH YOU(PARTY, PARTY, PARTY)
[POP # 43 /R&B # 8 /DISCO # 27 ]

Bunny Siglerは、60年代から80年代にかけて活躍したフィラデルフィア出身の黒人男性ソウル・シンガー、コンポーザー、プロデューサー。コンポーザー、プロデューサーとして数多くのアーティストのヒット曲を手がけた実績でも知られ、フィリー・ソウルの立役者、大御所の一人として君臨した。主なヒット曲に「Let The Good Times Roll & Feel So Good」(1967)、「Let Me Party With You(Party, Party, Party)」(1977)、「Only You」(1978)(With Loleatta Holloway)など多数。

●LET ME PARTY WITH YOU (PARTY, PARTY, PARTY)
1977年にGold Mindから発売されたアルバム「Let Me Party With You」からの先行シングル。プロデュースはBunny Sigler。演奏はInstant Funk

Instant Funkによるライブ感覚溢れるファンキーな演奏と、Bunny Siglerの控えめなファルセット・ヴォイスの組み合わせが独特のグルーヴを生むパーティー・ディスコ・チューン。彼にとって最大のヒット曲であり、唯一のトップ10ヒット。

このシングル・バージョンは、オリジナル・ミックスのフル・バージョンをA面とB面で分割したもの。アルバム・バージョンは雷などのサウンド・エフェクトを追加録音し、Tom Moultonによってリミックスされたフル・バージョンが収録されている。



JAMES WELLS/MY CLAIM TO FAME(1978)

2007.12.13.Thu.22:27
james wells-my claim to fame

SIDE A...AVI 217 S(058-217-A)

MY CLAIM TO FAME
Time: 3:54
(From LP 'MY CLAIM TO FAME' AVI 6045)
(I. Levine-F. Trench)
Produced by: Ian Levine &
Mixed by Rick Gianatos for Voltafine Productions
Arranger: Fiachra Trench

SIDE B...AVI 217 S(058-217-B)

I GUESS THAT'S LIFE
Time: 3:14
(From LP 'MY CLAIM TO FAME' AVI 6045)
(I. Levine)
Produced by: Ian Levine &
Mixed by Rick Gianatos for Voltafine Productions
Arranger: Fiachra Trench

(P)1978 AVI Records

BILLBOARD CHART ACTION
●MY CLAIM TO FAME
[POP # - /R&B # - /DISCO # 4 ]

James Wellsは、イギリス人プロデューサーIan Levineに見出され、イギリスを拠点に活動していたシカゴ出身の黒人男性ボーカリスト。「My Claim To Fame」「True Love Is My Destiny」(1978)のディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1978年にAVIから全米発売されたファースト・アルバム「My Clame To Fame」からのカット。プロデュースはIan Levine。アレンジはFiachra Trench。ロンドン録音。

MY CLAIM TO FAME
映画音楽家として地位を確固たるものにしているFiachra Trenchのアレンジによる豪華なオーケストレーションを効果的に導入したメロディアスなディスコ・ナンバー。アルバムではA面すべてを使った16分にも及ぶロング・バージョンになっているが、このシングル・バージョンは構成を入れ替えるなどしてエディットしたショート・バージョンとなっている。

I GUESS THAT'S LIFE
アルバム収録曲中唯一のツー・ステップ・ソウル・ナンバー。とてもメロウな良いメロディーを持った作品。

THE MIKE THEODORE ORCHESTRA/THE BULL(1977)

2007.12.12.Wed.21:06
mike theodore orch-the bull

SIDE A...WT 55407(ST-WT-34292-SP)

THE BULL
Time: 3:24
(Mike Theodore)
Arranged and Produced by Mike Theodore
"A TOM MOULTON MIX"
From Westbound LP WB 305

SIDE B...WT 55407(ST-WT-34293-SP)

I LOVE THE WAY YOU MOVE
Time: 3:20
(Mike Theodore and Dennis Coffey)
Arranged and Produced by Mike Theodore
"A TOM MOULTON MIX"
From Westbound LP WB 305

(P)1977 Westbound

BILLBOARD CHART ACTION
●THE BULL
[POP # - /R&B # - /DISCO # 2 ]

The Mike Theodore Orchestraは、C.J. & Co.Fantastic Fourなどを手がけたプロデューサーMike Theodore自身のディスコ・プロジェクト。Westboundレーベルから2枚のアルバムを発表している。主なヒット曲に「The Bull」(1977)、「High On Mad Mountain」(1979)など。

このシングルは1977年にWestboundから発売されたファースト・アルバム「Cosmic Wind」からのカット。プロデュース、アレンジはMike Theodore。バック・ボーカルでC.J. & Co.が特別参加している。

●THE BULL
スペインの国技として有名な"The Bull/闘牛"をテーマにした作品。スパニッシュ・ギターとカスタネットを前面に押し出し、さらにスペイン語の掛け声をフューチャーするなど、スパニッシュ・テイスト溢れる情熱的なディスコ・ナンバーに仕上がっている。

I LOVE THE WAY YOU MOVE
アルバムのラストに収録されていた、シリアスなイントロとは対象的にポップで明るいメロディー・ラインが印象的なミディアム・テンポのディスコ・ナンバー。


JUDY CHEEKS/MELLOW LOVIN'(1978)

2007.12.11.Tue.23:10
judy cheeks-mellow lovin

SIDE A...S7 2063

MELLOW LOVIN'
Time: 3:29
(T. Monn-J. Cheeks-R. Williams)
Produced by Anthony Monn
Arranged and Conducted by Charly Ricanek
"A Tom Moulton Mix"

SIDE B...S7 2063

DARLING, THAT'S ME
Time: 4:37
(T. Monn-J. Cheeks-R. Williams)
Produced by Anthony Monn
Arranged and Conducted by Charly Ricanek

(P)1978 Salsoul Records/Ariola-Eurodisc GmbH

BILLBOARD CHART ACTION
●MELLOW LOVIN'
[POP # 65 /R&B # 53 /DISCO # 10 ]

Judy Cheeksは、「Respect」「As Long As You're Good To Me」(1995)などの世界的大ヒットで知られる、マイアミ出身の黒人女性シンガーソングライター。かつてはモータウンでバック・ボーカル、コンポーザーとして活動していたが、1975年にドイツへ移住。同地でレコーディングした「Mellow Lovin'」(1978)が世界的に大ヒット。人気歌手の仲間入りを果たした。

このシングルは1978年にSalsoulから全米発売されたアルバム「Mellow Lovin'」(ドイツ盤タイトルは「Please Give Me This Night」)からのカット。プロデュースはAmanda LearO.R.S.などを手がけたAnthony Monn。アレンジはCharly Ricanek。リミックスはTom Moulton。ドイツ録音。

MELLOW LOVIN'
世界的大ヒットを記録した彼女の出世作であり、代表曲のひとつ。当時はSanta EsmeraldaBaccaraのような、フラメンコ風のアレンジを取り入れたディスコ・ナンバーが流行していたが、この曲も同路線のマイナー調のメロディアスなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはTom Moultonによってリミックスされたもので、アルバム、12インチ・シングルとも異なるシングル・ミックスとなっている。

●DARLING, THAT'S ME
サザン・ソウル風のオーソドックスなメロディーを持つミディアム・スロー・テンポのバラード。1979年にTom Moultonが手がけたディスコ・グループLoose Changeによってカバーされた。

SANTA ESMERALDA Starring Leroy Gomez/DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD(1977)

2007.12.06.Thu.21:01
santa esmeralda-don t let me be misunderstood

SIDE A...NB 902

DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD
Time: 3:48
(B. Benjamin-S. Marcus-G. Caldwell)
From the Casablanca Album NBLP 7080
"DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD"
Produced by Nicolas Skorsky & Jean Manuel de Scarano
A Fauves-Puma Production

SIDE B...NB 902

YOU'RE MY EVERYTHING
Time: 3:48
(J.M. de Scarano-N. Skorsky-L. Gomez)
From the Casablanca Album NBLP 7080
"DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD"
Produced by Nicolas Skorsky & Jean Manuel de Scarano
A Fauves-Puma Production

(P)1977 Casablanca Record and FilmWorks, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD
[POP # 15 /R&B # - /DISCO # 4 ]

Santa Esmeraldaは、フランス人プロデューサーNicolas SkorskyJean Manuel de Scaranoが手がけたフランスのディスコ・グループ。ディスコ・ミュージックにスパニッシュ・ロック、フラメンコのテイストを融合させるという音作りが非常にユニークだった。 主なヒットに「Don't Let Me Be Misunderstood」(1977)、「The House Of Rising Sun」(1978)、「Another Cha Cha」(1979)など。

このシングルは1977年にCasablancaから発売されたファースト・アルバム「Don't Let Me Be Misunderstood」からのカット。プロデュースはNicolas SkorskyJean Manuel de Scarano。アレンジはDon Ray。リード・ボーカルはLeroy Gomez

DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD
イギリスのロック・バンドThe Animalsが1965年に大ヒットさせた名曲を、スパニッシュ・タッチのディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。フラメンコ・ギターを前面に押し出した、エキゾチックでパワフルなディスコ・サウンドと、ソウルフルで哀愁感が漂うLeroy Gomezのリード・ボーカルによって、オリジナルとはまた違った魅力とパワーを持った作品に生まれ変わっている。結果的に日本を含む世界32カ国で大ヒット。全世界で400万枚以上の売り上げを記録した。

このシングル・バージョンはアメリカ盤独自のシングル・エディット。

YOU'RE MY EVERYTHING
Leroy Gomez自身のペンによる哀愁感漂うスロー・バラード。彼らが発表した数少ないバラードの中でもひと際完成度の高い作品。因みにフランス盤とアメリカ盤ではバージョンが全く異なる。

CHI-LITES/HIGHER(1979)

2007.12.05.Wed.01:03
chi-lites-higher.jpg

SIDE A...INPX-7205

HIGHER
Time: 3:33
(Lu Janis - Dennis Belfield)
Produced by Pardo Jones for A Little Bear Production
A Randy Sills Concept Mix

SIDE B...INPX-7205

STAY A LITTLE LONGER
Time: 3:38
(Rick Rydell - Janis Lee Gwin)
Produced by Pardo Jones for A Little Bear Production

(P)1979 Inphasion Records

BILLBOARD CHART ACTION
●HIGHER
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

The Chi-Litesは、70年代のシカゴ・ソウル・ムーブメントを代表するグループとして一世を風靡した黒人男性ソウル・ボーカル・グループ。Eugene Recordが在籍していた事でも知られる。主な大ヒット曲に「Have You Seen Her」(1971)、「Oh Girl」(1972)、「Stoned Out Of My Mind」(1973)など多数。

このシングルは1979年にT.K.傘下Inphasion移籍第1弾シングル。プロデュースはMary LoveDaddy Dewdropなどを手がけていたディスコ・プロデューサーPardo Jones。モノラル録音。

●HIGHER
それまでの彼らのイメージとは大きくかけ離れたVillage People風のアッパーなディスコ・ナンバー。純粋なダンス・ミュージックとしては素晴らしいが、彼らの本来の魅力を削ぎ落としてしまったのは残念。

8分にも及ぶロング・バージョンが収録された12インチ・シングルが存在する。

STAY A LITTLE LONGER
彼らの本来のボーカル・スタイルを活かしたスウィートなソウル・バラード。イギリスではこちらをA面にしたシングルが発売された。

THE THREE DEGREES/GIVING UP, GIVING IN(1978)

2007.12.04.Tue.18:34
the three degrees-giving up giving in

SIDE A...7721

GIVING UP, GIVING IN
Time: 3:52 (132 BPM)
(G. Moroder, P. Bellotte)
PRODUCED BY GIORGIO MORODER

SIDE B...7721

WOMAN IN LOVE
Time: 4:00 (132 BPM)
(D. Bugatti, F. Musker)
PRODUCED BY GIORGIO MORODER

(P)1978 Ariola America Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●GIVING UP, GIVING IN
[POP # - /R&B # 39 /DISCO # 12 ]

●WOMAN IN LOVE
[POP # - /R&B # 27 /DISCO # - ]

The Three Degreesは、60年代から90年代にかけて世界のミュージック・シーンで一世を風靡したフィラデルフィア出身の黒人女性3人組ボーカル・グループ。70年代前半はGamble & Huffのバック・アップを受け、フィリー・ソウルの看板グループとして活躍し、70年代後半はGiorgio Moroderのバック・アップを受け、ミュンヘン・ディスコ路線で活躍。常に最先端の音楽ムーブメントとリンクし、スタイルを変える事で息の長い人気を得る事に成功した。主な大ヒットに「T.S.O.P(The Sound Of Philadelphia)」(1973)、「When Will I See You Again」(1974)、「Woman In Love」(1978)、「My Simple Heart」(1979)など多数。

このシングルは1978年にドイツ・Ariola移籍第一弾として発売されたアルバム「New Dimensions」からのシングル・カット。プロデュースはGiorgio Moroder。アレンジはGreg Mathieson。1978年当時のメンバーはSheila FergusonValerie HolidayHelen Scott

GIVING UP, GIVING IN
当時のGiorgio Moroderのスタイルをそのままに、ゴージャスなオーケストレーションとシンセ・サウンドを乗せた派手でパワフルなディスコ・ナンバー。それまでの彼女たちのイメージを根底から覆す衝撃的な作品で、結果的に彼女たちが第2の黄金期を迎えるターニング・ポイントとなった。

このシングル・バージョンはアメリカ盤独自のエディットとなっており、2コーラス目のエディットがヨーロッパ盤とは異なっている。

●WOMAN IN LOVE
イギリスで3週連続3位をマークする大ヒットを記録した彼女たちの代表曲。彼女たちの美しいボーカルとハーモニーを生かしたラブ・バラード。

USA-EUROPEAN CONNECTION/COME INTO MY HEART/GOOD LOVING(1978)

2007.12.03.Mon.20:29
usa-enoropean connection-come into my heart

SIDE A...3320

COME INTO MY HEART/GOOD LOVING
Time: 3:38
(Boris Midney)
Produced by: B. Midney
Arranged by: B. Midney
From the LP "USA-European Connection" Marlin 2212

SIDE B...3320

LOVE'S COMING/BABY LOVE
Time: 3:07
(Boris Midney)
Produced by: B. Midney
Arranged by: B. Midney
From the LP "USA-European Connection" Marlin 2212

(P)1978 Marlin/T. K. Productions, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●COME INTO MY HEART/GOOD LOVING
[POP # - /R&B # -/DISCO # 1(LP all cuts) ]

●LOVE'S COMING/BABY LOVE
[POP # - /R&B # -/DISCO # 1(LP all cuts) ]

USA-European Connectionは、ロシア(旧ソ連)・モスクワ出身のコンポーザー、アレンジャー、プロデューサー、マルチ・プレイヤー、レコーディング・エンジニアBoris Midneyが手がけたディスコ・プロジェクト。クラシック音楽を基調とした高い音楽性と創造性、斬新なサウンド・エフェクト、ミックス・ダウン、レコーディング技術が高く評価され、各方面で絶賛された。代表作は「USA-European Connection」(1978)。

このシングルは1978年にMarlinから発売されたファースト・アルバム「USA-European Connection」からのカット。プロデュース、アレンジはBoris Midney。フィラデルフィアで録音が行われ、Larry Washingtonがパーカッションで参加している。

●COME INTO MY HEART/GOOD LOVING
全米ディスコ・チャートで2週連続ナンバー・ワンに輝いた彼にとって最大のヒット曲。とてもキャッチーなメロディを持ったポップで明るいディスコ・ナンバーで、アルバムではA面すべてを使った14分にも及ぶ組曲となっている。

このシングル・バージョンはシングル用に制作された別ミックス。

●LOVE'S COMING/BABY LOVE
当時、開発されたばかりの「ピッチ・チェンジャー」を使用したボーカルがとても印象的なアップテンポのポップなディスコ・ナンバー。アルバムではB面すべてを使った12分にも及ぶ組曲となっている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。