スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE DESTINATIONS / I'VE GOT TO DANCE TO KEEP FROM CRYIN' (1976)

2008.01.30.Wed.00:01
the destinations-ive got to dance to keep from cryin

SIDE A...3503(1707)

I'VE GOT TO DANCE TO KEEP FROM CRYIN'
Time: 3:25
(Clarence Lawton)
Produced By: Clarence Lawton
Arranged By: Burt Keyes

SIDE B...3503(1708)

THE HUSTLE & THE BUS STOP
Time: 3:28
(Clarence Lawton)
Produced By: Clarence Lawton
Arranged By: Burt Keyes

(P)1976 Master Five / Law-Ton Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●I'VE GOT TO DANCE TO KEEP FROM CRYIN'
[POP # - /R&B # 87 /DISCO # 21]

The Destinationsは、ニュージャージーのインディー・レーベルMaster Fiveの社長であり、プロデューサーとして活動していたClarence Lawtonが手がけたワン・ショット・ディスコ・プロジェクト。「I've Got To Dance To Keep From Cryin'」(1976)が唯一のヒット曲。

このシングルは1976年にMaster Fiveから発売された唯一のシングル。プロデュースはClarence Lawton。アレンジはBurt Keyes。1977年にAVIから全米発売されている。

●I'VE GOT TO DANCE TO KEEP FROM CRYIN'
フィリー・ソウル風のシンプルなサウンドに60年代ポップス風のキャッチーなメロディーを乗せた軽快なディスコ・ナンバー。バック・コーラスがFour Seasons風なのが面白い。

THE HUSTLE & THE BUS STOP
A面「I've Got To Dance To Keep From Cryin'」のインストゥルメンタル・バージョン。

スポンサーサイト

THE GLASS FAMILY / SMOKE YOUR TROUBLES AWAY [VAR l] (1976)

2008.01.24.Thu.01:39
the glass family-smoke your troubles away

SIDE A...1776-A

SMOKE YOUR TROUBLES AWAY [VAR l]
DISCO MIX

Time: 5:04
[Callon, Zeman, Boom, Edwards]
Produced by Jim Callon
Engineered by: Tommy Wallace
Mastered by: Allen Zentz
Edits for Disco by Lou Lacoste

SIDE B...1776-B

SMOKE YOUR TROUBLES AWAY [VAR ll]
Time: 4:10
[Callon, Zeman, Boom, Edwards]
Produced by Jim Callon
Engineered by: Tommy Wallace
Mastered by: Allen Zentz

(P)1976 Earhole Records

BILLBOARD CHART ACTION
●SMOKE YOUR TROUBLES AWAY [VAR l]
[POP # - /R&B # - /DISCO # -]

The Glass Familyは、ニューヨークのディスコ・レーベル JDCレーベルオーナーJim Callon (Ralph Parrett)を中心に結成されたディスコ・グループ。元々はサイケデリック・ロック・バンドとして1969年にアルバム「Electric Band」でデビューするが、1975年に大幅なメンバー・チェンジを行いディスコ・グループに転身。 Taka Boom((Undisputed Truthの元メンバー。Chaka Khanの妹) をフューチャーした「Mr. Dj You Know How To Make Me Dance」(1978)のディスコ・ヒットで知られる。

●SMOKE YOUR TROUBLES AWAY
1976年にカリフォルニアのローカル・レーベルEarholeから発売された彼らのデビュー・シングル。プロデュースはJim Callon。ボーカルはTaka Boom(元Undisputed TruthChaka Khanの妹)と、Elaine "Spanky" McFarlane(元Spanky and Our Gang)。Fred Wesleyが参加しているという情報もある。

1975年にシカゴのローカル・レーベルValberstから発売されていた作品で、これはディスコ・プレイ用にリミックスして発売し直したもの。曲自体はそれ程のインパクトはないが、カントリーとディスコを融合させたという点ではかなり珍しい作品といえる。.

A面はディスコ・ミックスのロング・バージョン。
B面はディスコ・ミックスのショート・バージョン。

GOODY GOODY / # 1 DEE JAY (1978)

2008.01.22.Tue.21:57
goody goody-number 1 dee jay

SIDE A...3504 ST-A-35586 SP Vocal

# 1 DEE JAY
Time: 3:27
(V. Montana Jr., Bud Ross, Len Rocco)
Produced and Arranged by Vincent Montana Jr.
"A MONTANA MIX"
From Atlantic LP 19197

SIDE B...3504 ST-A-35480 SP Instrumental

YOU KNOW HOW GOOD IT IS
Time: 3:04
(Vincent Montana Jr.)
Produced and Arranged by Vincent Montana Jr.
"A MONTANA MIX"
From Atlantic LP 19197

(P)1978 Atlantic

BILLBOARD CHART ACTION
●# 1 DEE JAY
[POP # 82 /R&B # 97 /DISCO # 16 ]

Goody Goodyは、The Salsoul Orchestraのリーダーとして活躍したプロデューサー、アレンジャー、コンポーザーのVincent Montana,Jr.が手がけたディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはDenise Montana(Vincent Montana,Jr.の娘)。「#1 Dee Jay」(1978)のディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1978年にAtlanticから発売されたアルバム「Goody Goody」からのファースト・シングル。プロデュース、アレンジはVincent Montana,Jr.

●# 1 DEE JAY
1940年代のスタンダード・ナンバー風のポップでキャッチーなメロディー・ラインを持つシンプルなアレンジのディスコ・ナンバー。Denise Montanaのポップなボーカルがしっかりと活かされた作品に仕上がっている。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンの構成を入れ替えるなどしてエディットしたもの。

●YOU KNOW HOW GOOD IT IS
Montana名義でのアルバム「I Love Music」(1978)に収録されていたインストゥルメンタル・ディスコ/ジャズ・ナンバーのリメイク。アレンジ、構成は特に変更されておらず、単にレコーディングがやり直されたもの。

DISCO 45 /Disco '77 T-Groove Mix

2008.01.21.Mon.21:34
jakki-sunsunsun.jpg
20061223000843.jpg20070428142126.jpg


1977年のアンダーグラウンドなプライベート・ディスコでの
プレイをイメージして制作したノンストップミックスです。
全曲7インチ・シングルを使って構成してあります。

01 It Ain't Reggae(But It's Funky) / Instant Funk (1976)
02 Spandisco / Love Childs Afro Cuban Blues Band (1977)
03 Ain't It Time / Queen Yahna (1976)
04 Disco Boogie Woman Pt. 1 / Rozaa & Wine (1975)
05 Soul Train '75 / Soul Train Gang (1975)
06 Gotham City Boogie / Ultra Funk (1976)
07 Let Yourself Go / The Supremes (1976)
08 The Lolipop Man (Kojak Theme '77) / Sylvia (1977)
09 Here We Go Again / People's Choice (1976)
10 Sho Jo Ji / The Pacific Coast Highway (1976)
11 Dis-Gorilla / Rick Dees & His Cast Of Idiots (1976)
12 You've Got The Power Pt. 1 / Camouflage (1976)
13 Hurt So Bad / Philly Devortions (1976)
14 Ja-kki / Sun...Sun...Sun... Pt. 1 (1976)

FIRST CHOICE/BREAKAWAY(1980)

2008.01.21.Mon.01:19
first choice-breakaway

SIDE A...G7 4023

BREAKAWAY
Time: 3:30
(Norman Harris-Ron Tyson)
(From The Gold Mind L.P. GA 9505 "Breakaway")
Produced And Arranged By Norman Harris
Mix By Tee Scott
Executive Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

SIDE B...G7 4023

HOUSE FOR SALE
Time: 3:36
(M. Steals-M. Steals-M. Jackson-R. Ledbetter)
(From The Gold Mind L.P. GA 9505 "Breakaway")
Produced By Norman Harris
Arranged By Leon Mitchell
Executive Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

(P)1980 Gold Mind Records

BILLBOARD CHART ACTION
●BREAKAWAY
[POP # - /R&B # - /DISCO # 80 ]

First Choiceは、フィリーソウルの重鎮Norman HarrisStan Watsonに見出された実力派黒人女性3人組ソウル・ボーカル・グループ。1980年当時のメンバーはRochelle FlemingAnnette GuestDebbie Martin。「Armed & Extremely Dangerous」(1973)、「The Player(Part. 1)」(1974)、「Doctor Love」(1977)などのヒット曲で知られる。

このシングルは1980年にGold Mindから発売されたラスト・アルバム「Breakaway」からのカット。プロデュースはNorman Harris

●BREAKAWAY
"Disco Sucks"(1979年暮れに起こった全米ディスコ撲滅運動)の直後であり、彼女たちもディスコ路線に傾倒しすぎた反省からか、彼女たちの原点であるダンサブルなフィリー・ソウル路線に戻し、歌詞とメロディー・ラインに重点を置いて制作された意欲作。意図的かどうかはわからないが、彼女たちの作品には「浮気男に遊ばれて泣かされる」といった歌詞が多いが、この曲では「それでも愛しているから離れられない」と回答している。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもので、Larry Washingtonによるコンガを強調したスタイリッシュなリミックスはTee Scottの手によるもの。

●HOUSE FOR SALE
The Jones GirlsHigh Inergyあたりを思わせるコーラスに思わずドキッとさせられるミディアム・スロー・ナンバー。とても美しいメロディーとフィリー・ソウルらしいゴージャスなアレンジが素晴らしい作品。

JIMMY "BO" HORNE/SPANK(1978)

2008.01.17.Thu.21:00
jimmy bo horne-spank

SIDE A...SSE 1007 A

SPANK
Time: 3:24
(Ronald L. Smith)
Produced by: R SMITH, H.W. CASEY & R. FINCH
for SUNSHINE SOUND ENTERPRISES, INC

SIDE B...SSE 1007 B

I WANNA GO HOME WITH YOU
Time: 3:55
(H.W. Casey R. Fitch)
Produced by CASEY/FITCH
for SUNSHINE SOUND ENTERPRISES, INC

(P)1978 Sunshine Sound Records

BILLBOARD CHART ACTION
●SPANK
[POP # - /R&B # 55 /DISCO # 48 ]

Jimmy "Bo" Horneは、「Gimme Some(Pt. 1)」(1975)や「Dance Across The Floor」(1978)のロング・ヒットで知られるフロリダ出身の黒人男性ボーカリスト。1968年のデビューから80年代前半まで一貫してT.K.Productionに在籍しており、発表した作品の大半がHarry Wayne CaseyRichard Finchのプロデュースによるもの。

このシングルは1979年にSunshine Sound Recordsから発売されたアルバム「Goin' Home For Love」からの先行シングル。プロデュースはK.C. & The Sunshine BandのメンバーRonald L. SmithHarry Wayne CaseyRichard Finch

●SPANK
1980年に発売されたリミックス・バージョンが「Super Disco Breaks Vol.6」に収録されるなど、ブレイクビーツのネタとしても人気のディスコ・クラシック。Chicの大ヒット曲「Dance, Dance, Dance」(1977)のベース・ラインを取り入れるなど、いかにも王道なディスコ・アレンジがなされているが、よくよく聴くとホーン・セクションやリズム・セクションはややジャズ・ファンク風で、ソウルフルなリード・ボーカルと相まって、かなり黒っぽいディスコ・ナンバーに仕上がっている。

なお、ミックス違いの12インチ・シングルが3種類存在するが、このシングル・バージョンは1978年に発売された一番最初の12インチ・シングル(SSD-205)をエディットしたもの。

I WANNA GO HOME WITH YOU
1978年にSunshine Sound Recordsから発売されたアルバム「Goin' Home For Love」からのカット。K.C. & The Sunshine Bandがバックを務める典型的マイアミ・サウンド。

RIPPLE/THE BEAT GOES ON AND ON(1977)

2008.01.17.Thu.00:53
ripple-the beat goes on and on

SIDE A...S7 2057

THE BEAT GOES ON AND ON
Time: 3:30
(F. Smith/K. Carter/W. Carter/B. Sherrer/
V. Burks/B. Lee)
Mixed and Edited by Jim Burgess
Produced by Floyd Smith
Excective Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

SIDE B...S7 2057

FACTS OF LIFE
Time: 4:16
(Victor Burks)
(From the Salsoul L.P. SZS 5514 "Sons Of The God's")
Mixed and Edited by Jim Burgess
Produced by Floyd Smith
Excective Producers: Joe Cayre/Stan Cayre/Ken Cayre

(P)1977 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●THE BEAT GOES ON AND ON
[POP # - /R&B # 91 /DISCO # 13 ]

Rippleは、「I Don't Know What It Is, But It Sure Is Funky」(1973)や「The Beat Goes On And On」(1977)などのヒットで知られるミシガン出身の男性7人組プログレッシブ・ソウル/ファンク・グループ。メンバーはBrian SherrerCurtis ReynoldsDave FergusonKeith SamuelsSimon Kenneth CarterWalter CarterWilliam Hull

このシングルは1977年にSalsoulから発売されたアルバム「Sons Of The God's」からのファースト・シングル。プロデュースはFloyd Smith。リミックスはJim Burgess

THE BEAT GOES ON AND ON
Double Exposureのヒット曲「Ten Percent」(1976)などに代表される、フィリー・ソウルの影響がまだ色濃い頃のサルソウル・レーベルのサウンドを取り入れたアップテンポのゴージャスなディスコ・ナンバー。ディスコ・クラシック、サルソウル・クラシックの定番として高い人気を誇る作品。

このシングル・バージョンは12インチ・バージョンをエディットしたもの。

●FACTS OF LIFE
フィリー・ソウル風ではあるがソウル色はそれほど強くなく、むしろChicあたりがやりそうな雰囲気の洗練されたスロー・バラード。

RETTA YOUNG/MY MAN IS ON HIS WAY(1978)

2008.01.14.Mon.16:02
retta young-my man is on this way

SIDE A...AP 2375 A(AP-302-GM)

MY MAN IS ON HIS WAY
Time: 3:20
(A. Goodman/W. Morris/H. Ray)
Produced by: A. Goodman/W. Morris/H. Ray/S. Lowe
From the LP AP-3017 "Young And Restless"
Thanks to John Monaco, Larry Levan and Nicki Siano

SIDE B...AP 2375 B(AP-303-NO)

REALLY, REALLY
Time: 3:28
(J. Lowe/C. Holmes)
Produced by: A. Goodman/W. Morris/H. Ray/S. Lowe
From the LP AP-3017 "Young And Restless"

(P)1978 All Platinum/Platinum Record Co., Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●MY MAN IS ON HIS WAY
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Retta Youngは、MomentsのメンバーAl Goodmanの奥様であり、「(Sending out an) S.O.S.」(1975)のスマッシュ・ヒットで知られる黒人女性ボーカリスト。それ程歌唱力があるとは言えないが、あまり黒っぽくなく、ポップな歌い方をするのが特徴。

このシングルは1978年にAll Platinumから発売された唯一のアルバム「Young And Restless」からのカット。プロデュースはMomentsAl GoodmanHarry RayRimshotsWalter Morris、ベテラン・アレンジャーSammy Loweの4人。

●MY MAN IS ON HIS WAY
Momentsのディスコ・ヒット「Nine Times」(1976)と双璧ともいえるアップテンポのポップ・ディスコ・チューン。当時、ニューヨークに存在した伝説的なディスコ「The Gallery」のレジデントDJだったNicky SianoLarry Levanというビッグ・ネームがクレジットされているが、何らかの形で作品に関わっていたようだ。

●REALLY, REALLY
スウィートでセクシーなボーカルでせまる、とてもメロウでグルービーなミディアム・スロー・ナンバー。

B. B. KING/PHILADELPHIA(1974)

2008.01.11.Fri.20:54
b. b. king-philadelphia

SIDE A...ABC-12029

PHILADELPHIA
Time: 3:22
(From the LP "Friends")
(Dave Crawford)
PRODUCED BY DAVE CRAWFORD
Arranged by Wade Marcus
Engineered by Joe Tarsia
Recorded at Sigma Sound, Philadelphia

SIDE B...ABC-12029

UP AT 5 AM
Time: 3:15
(From the LP "Friends")
(Dave Crawford)
PRODUCED BY DAVE CRAWFORD
Arranged by Wade Marcus
Engineered by Joe Tarsia
Recorded at Sigma Sound, Philadelphia

(P)1974 ABC Records, Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●PHILADELPHIA
[POP # 46 /R&B # 19 /DISCO # 6]

B. B. Kingは、50年代から活躍する黒人男性ブルース・シンガー、ギタリスト。ブルース界において最も著名なアーティストであり、Eric Craptonをはじめとする、数多くの有名ロック・ミュージシャンから「ブルース・ギターの神様」としてリスペクトされている。

このシングルは1974年にABCから発売されたアルバム「Friends」からのカット。プロデュースはDave Crawford。アレンジはWade Marcus。演奏はMFSB。フィリー録音。

PHILADELPHIA
このズバリなタイトルからもわかるように、当時黄金期を迎えていたフィリー・ソウルをテーマにしたファンキーなインストゥルメンタル・ナンバー。MFSBの主要メンバーによる快適なサウンドとコーラスをバックに、ひたすらアドリブでギターを弾き続ける。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもので、アルバムでは6分弱のロング・バージョンとなっている。

●UP AT 5 AM
ややブルージーなミディアム・スロー・ナンバー。ここでは彼のボーカルがフューチャーされている。

HAROLD MELVIN & THE BLUE NOTES/TELL THE WORLD HOW I FEEL ABOUT 'CHA BABY(1975)

2008.01.09.Wed.20:50
harold melvin-tell the world how i feel about cha baby

SIDE AA-AF...ZS8 3588

TELL THE WORLD HOW I FEEL ABOUT 'CHA BABY
Time: 3:35
-J. Whitehead-G. McFadden-V. Casterphen-
Taken From The PIR Lp: "WAKE UP EVERYBODY" PZ 33808
Produced by Kenneth Gamble and Leon Huff
Arranged by Bobby Martin
Recorded at Sigma Sound Studios,Philadelphia, Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs,Philadelphia, Pa
TSOP"The Sound of Philadelphia"TM

SIDE AA-AF...ZS8 3588

YOU KNOW HOW TO MAKE ME FEEL SO GOOD
Time: 3:10
-K. Gamble-L. Huff-
Taken From The PIR Lp: "WAKE UP EVERYBODY" PZ 33808
Produced by Kenneth Gamble and Leon Huff
Arranged by Bobby Martin
Recorded at Sigma Sound Studios,Philadelphia, Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs,Philadelphia, Pa
TSOP"The Sound of Philadelphia"TM

(P)1975 Philadelphia International Records/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●TELL THE WORLD HOW I FEEL ABOUT 'CHA BABY
[POP #94 /R&B # 7 /DISCO # 6]

Harold Melvin & The Blue Notesは、60年代から80年代にかけて数多くのヒット曲で一世を風靡した黒人男性5人組ソウル・ボーカル・グループ。70年代のフィリー・ソウル黄金期に最も活躍したグループであり、Teddy Pendergrassがリード・ボーカルとして在籍していた事でも知られる。主な大ヒット曲に「I Miss You」、「If You Don't Know Me by Now」、「The Love I Lost」(1973)、「Bad Luck」、「Wake Up Everybody」(1975)など。

このシングルは1975年にPhiladelphia Internationalから発売されたアルバム「Wake Up Everybody」からのセカンド・シングル。プロデュースはKenneth GambleLeon Huff。アレンジはBobby Martin

TELL THE WORLD HOW I FEEL ABOUT 'CHA BABY
「僕が君の事をどんな風に感じているのか、世界中のみんなに教えてあげよう」という、とても幸福感に満ちた壮大なラブ・ソング。Barry Whiteからの影響を伺わせる豪華なアレンジがなされたアップテンポの軽快なフィリー・ダンサーに仕上がっている。

YOU KNOW HOW TO MAKE ME FEEL SO GOOD
グループのもう一人のメンバーと云われ、後に正式なメンバーとして加入した黒人女性ボーカリストSharon Paigeをフューチャーしたメロウなミディアム・ナンバー。当時から非常に人気のある作品で、数多くのアーティストによってカバーされている名曲中の名曲。

ご挨拶

2008.01.04.Fri.20:51
love.jpg
karen_yo.jpgkimiko.jpg


世界中のディスコ・ファン、ソウル・ファンの皆様、今年も明けましておめでとうございます。

このページを開設してから2度目の新年を迎えましたが、日本だけでなく世界各国の方々にも楽しんで頂けている様で大変嬉しく思います。まだまだディスコも捨てたものではありませんね!

今後も70年代から80年代にかけて世界各国で発売されたソウル/ディスコ・ミュージックの7インチ・シングルを、王道、レアモノ、キワモノまで分け隔たりなく、隅々までご紹介していきますので、今後も宜しくお願いします!

オススメのレコードやリクエスト、知りたい事、アドバイスなどございましたら、気軽にメールして下さい。

t-groove@hotmail.co.jp

※新しいブログ「Disco 33・・・ディスコ・ミュージック発掘の旅」を始動予定。アルバムから、7インチ・シングルとしてカットされていない作品を紹介します。お楽しみに。

SOMETHING SPECIAL/GOT TO GET READY(1978)

2008.01.03.Thu.19:51
something special-got to get ready

SIDE A...VIP-2613

GOT TO GET READY
Time: 4:18
(B.R. Taylor)
Produced by Satoshi "Hustle" Honda

SIDE B...VIP-2613

KEEP MY LOVE
Time: 4:02
(L.A. King-T. Suse)
Produced by Satoshi "Hustle" Honda

(P)1978 Victor(Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●GOT TO GET READY
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Something Specialは、Soul Train Dancersの初代メンバーであり、数多くのアーティストのバック・ダンサーとして活躍したPatricia DavisJimmy 'scooby do' Fosterを中心に結成された黒人男女5人組ダンサー・チーム。日本で発売された「Got To Get Ready」(1978)が唯一のシングル。

このシングルは1978年に日本・Victorから発売された彼ら唯一のシングル。プロデュースはSatoshi "Hustle" Honda。アレンジは佐藤準。日本録音。

●GOT TO GET READY
カナダ人ソング・ライターBrian R. Taylorのペンによる、ミディアム・アップ・テンポのファンキッシュなディスコ・ナンバー。リード・ボーカルはPatricia Davis。1979年に日本で大ヒットした西城秀樹のシングル「Young Man(Y.M.C.A.)」のB面に収録された「Hideki Disco Special」で、この曲のアレンジが流用されている。

長尺のリミックス・バージョンが存在し、イギリス・Miracleから発売された12インチ・シングル「Nippon To The Dance Floor」に収録されている。

●KEEP MY LOVE
1977年に発売されたFunky Bureauのアルバム「The Boogie Train」に収録されていたディスコ・ナンバーのリメイク。ここでは男性メンバーがリード・ボーカルを取っているが、オリジナルと比べると不完全燃焼な感じで、パンチが欠けるのが残念。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。