スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHANGE / A LOVER'S HOLIDAY (1980)

2008.02.26.Tue.21:28
change-a lovers holiday

SIDE A...RCS49208 (XAA9373V1S)

A LOVER'S HOLIDAY (Edit)
Time: 3:50
(D. Romani/T. Willoughby)
PRODUCED BY JACQUES FRED PETRUS
Executive Producers : Jacques Fred Petrus & Mario Malavasi
for Little Macho Music Company, Inc. (New York)
Composed by David Romani
& Arranged by Mario Malavasi
A JIM BURGESS MIX
From the Warner/RFC Album RFC 3438
THE GLOW OF LOVE

SIDE B...RCS49208 (XAA9373V1S)

THE END
Time: 3:55
(P. Gianolio)
PRODUCED BY JACQUES FRED PETRUS
Executive Producers : Jacques Fred Petrus & Mario Malavasi
for Little Macho Music Company, Inc. (New York)
Composed, Arranged & Conducted by
David Romani & Paolo Gianolio
From the Warner/RFC Album RFC 3438
THE GLOW OF LOVE

(P)1980 Warner Bros. Records Inc / RFC Records

BILLBOARD CHART ACTION
●A LOVER'S HOLIDAY
[POP # 40 /R&B # 5 /DISCO # 1 ]

Changeは、B.B. & Q. BandHigh Fashionなどの成功で知られるディスコ・プロデューサーJacques Fred PetrusMauro Malavasiが手がけたイタリアのディスコ/ファンク・グループ。当初は実体のないディスコ・プロジェクトだったが、全米ヒットを連発した事を受け、ニューヨークへ拠点を移し、正式にリード・ボーカルを迎え実体化した。主なヒット曲に「A Lover's Holiday」(1980)、「Paradise」(1981)、「Change Of Heart」(1984)など。

このシングルは1980年にWarner/RFCから全米発売されたファースト・アルバム「The Glow Of Love」からのファースト・シングル。プロデュースはJacques Fred Petrus。ボーカルはJocelyn BrownLuther Vandross。バック・トラックはイタリア、ボーカルはアメリカで録音されたもの。

●A LOVER'S HOLIDAY
全米ディスコ・チャートは勿論、R&Bチャート、ポップ・チャートでも大ヒットを記録した彼ら最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。当時流行していたブラック・コンテンポラリー路線のファッショナブルなファンク・ディスコ・チューンに仕上がっており、イタリアのミュージシャンが本場アメリカで通用するブラック・ミュージックを作り出せる事を世界に証明した重要な作品でもある。アレンジはMauro Malavasi

●THE END
フランスのテクノ・ディスコ・バンドSpaceの作品を思わせる、シリアスな曲調のテクノ・ディスコ・チューン。アレンジはDavid RomaniPaolo Gianolio

スポンサーサイト

ESTHER WILLIAMS / YOURS AND YOURS ALONE (1978)

2008.02.22.Fri.21:12
esther williams-yours and yours alone

SIDE A...F 130

YOURS AND YOURS ALONE
Time: 3:09
(Joe Wheeler)
Arranger: Eddie Drennon
Producer: Joe Bana

SIDE B...F 130

WOULD IT MATTER
Time: 3:04
(Eddie Drennon)
Arranger: Eddie Drennon
Producer: Joe Bana

(P)1978 Friends & Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●YOURS AND YOURS ALONE
[POP # -/R&B # 90 /DISCO # - ]

Esther Williamsは、「Last Night Changed It All(I Really Had A Ball)」(1976)や「I'll Be Your Pleasure」(1981)などのディスコ・クラシックで知られ、現在はジャズ・シンガーとして活動しているブルックリン出身の黒人女性ボーカリスト。「Let's Do The Latin Hustle」(1975)のヒットを持つEddie Drennon & B.B.S.Unlimitedにボーカルで参加していた事でも知られる。

このシングルは1978年にFriends & Co.から発売されたセカンド・アルバム「Bustin' Out」からのカット。プロデュースはJoe Bana。アレンジはEddie Drennon

●YOURS AND YOURS ALONE
彼女の代表曲「Last Night Changed It All(I Really Had A Ball)」と共に人気のあるミディアム・テンポのメロウなディスコ・ナンバー。フィリー・ソウル風の流麗なオーケストレーションにラテン・タッチのリズムが絡むハートウォーミングな作品。

WOULD IT MATTER
こちらはEddie Drennonのペンによるポップなメロディー・ラインを持ったミディアム・テンポのメロウなディスコ・ナンバー。

FLOWER / CLASSICAL LOVE (1979)

2008.02.18.Mon.14:36
flower-classical love

SIDE A...S45-1871 (MC8770E)

CLASSICAL LOVE
Time: 3:50
(Richie Rome-Russ Faith)
From the MCA LP, MCA-3153, "HEAT"
Produced by Richie Rome For R &R Productions
Executive Producers: David Chackler & Stuart Alan Love
For CCI Productions
Arranged And Conducted by Richie Rome

SIDE B...S45-1871 (MC8771E)

OUR NEVER ENDING LOVE
Time: 3:50
(Richie Rome-Russ Faith)
From the MCA LP, MCA-3153, "HEAT"
Produced by Richie Rome For R &R Productions
Executive Producers: David Chackler & Stuart Alan Love
For CCI Productions
Arranged And Conducted by Richie Rome

(P)1979 MCA Montage Records/MCA Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●CLASSICAL LOVE
[POP # -/R&B #- /DISCO # - ]

FlowerCheryl Saban)は、Playboyのモデルとして活躍し、「How」(1979)のディスコ・ヒットを持つ白人女性ボーカリスト、モデル。夫はアメリカを代表する実業家・Haim Saban。後に心理学者、実業家へ転身。サバン・ファミリー財団を設立し、慈善事業で成功を収めたことはあまりにも有名。

このシングルは1979年にMCA Montageから発売されたセカンド・アルバム「Heat」からのカット。プロデュース、アレンジはRichard Rome

●CLASSICAL LOVE
タイトル通り、クラシカルで華麗なオーケストラ・アレンジが非常に素晴らしい、アップテンポのレトロな雰囲気のポップ・ディスコ・チューン。ここでは彼女のボーカルはかなり抑え目となっており、バック・ボーカルのハーモニーにうまく溶け込んでいる。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

●OUR NEVER ENDING LOVE
A面同様にクラシカルで華麗なオーケストレーションを前面に押し出した、アップテンポのメロディアスなポップ・ディスコ・チューン。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

THE SWEET INSPIRATIONS FEATURING THE RICHIE ROME ORCHESTRA / BLACK SUNDAY (1977)

2008.02.16.Sat.18:49
the sweet inspirations-black sunday

SIDE AA-AF...ZS8 9022 STEREO

BLACK SUNDAY (PART 1)
Time: 3:24
-J. Williams-P. Hurtt-
Produced by Richie Rome for R&R Productions
Arranged and Conducted by Richie Rome
A Robert Evans Film Production

SIDE AA-AF...ZS8 9022 MONO

BLACK SUNDAY (PART 1)
Time: 3:24
-J. Williams-P. Hurtt-
Produced by Richie Rome for R&R Productions
Arranged and Conducted by Richie Rome
A Robert Evans Film Production

(P)1977 Caribou Records/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●BLACK SUNDAY (PART 1)
[POP # -/R&B #- /DISCO # - ]

The Sweet Inspirationsは、Elvis PresleyAretha Franklinのバック・ボーカルとして活躍し、自らも「Sweet Inspiration」(1968)のビッグ・ヒットを持つ黒人女性4人組ソウル・ボーカル・グループ。Whitney Houstonの母親であり、「Think It Over」(1978)のディスコ・ヒットで知られるCissy Houstonが在籍していた。1977年当時のメンバーはEstelle BrownSylvia ShemwellMyrna Smithの3人。

●BLACK SUNDAY (PART 1)
1977年にCBS傘下Caribouから発売されたシングル。プロデュース、アレンジはRichard Rome。演奏はThe Richie Rome Orchestraとクレジットされているが、実体はThe Ritchie Familyのレコーディング・メンバー、すなわちMFSBである。

1977年の大ヒット映画「Black Sunday」のテーマ曲に、Phil Hurttによるオリジナルの歌詞を加えたディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。ここで聞かれる彼女たちのボーカルはいかにもThe Ritchie Family風のそれで、個性が活かされているとは言いがたいが、プロデューサーRichie Romeの持ち味である、繊細かつ丁寧なオーケストレーション、特にストリングスのアレンジがとても素晴らしい。

John Williamsによる「Black Sunday」のオリジナル・サウンド・トラックはお蔵入りしており、このシングルがオフィシャルで発売された唯一のものとなっている。

INSTANT FUNK / IT AIN'T REGGAE (BUT IT'S FUNKY) (1976)

2008.02.15.Fri.18:00
instan funk-it aint reggae

SIDE AA-AF..ZS8 4785

IT AIN'T REGGAE (BUT IT'S FUNKY)
Time: 3:12
-B. Sigler-K. Miller-
Taken From The TSOP Lp:
"GET DOWN WITH THE PHILLY JUMP"PZ 34358
Arranged by Bunny Sigler and Kim Miller
Produced by Bunny Sigler
Recorded at Sigma Studios,Phila.,Pa.
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs,Phila.,Pa.
TSOP"The Sound Of Philadelphia"T.M.

SIDE AA-AF...ZS8 4785

SO GLAD I'M THE ONE
Time: 3:23
-B. Sigler-T. Life-
Taken From The TSOP Lp:
"GET DOWN WITH THE PHILLY JUMP"PZ 34358
Arranged by Dexter Wansel
Produced by Bunny Sigler
Recorded at Sigma Studios,Phila.,Pa.
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs,Phila.,Pa.
TSOP"The Sound Of Philadelphia"T.M.

(P)1976 TSOP/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●IT AIN'T REGGAE (BUT IT'S FUNKY)
[POP # -/R&B #- /DISCO # 24]

Instant Funkは、フィリーソウルの立役者・Bunny Siglerの強力なバック・アップを受け、MFSBと並ぶ売れっ子スタジオ・ミュージシャンとして活躍し、自らも数多くのヒット曲を放ったフィラデルフィアのセルフコンテインド・ファンク・バンド。前身はTNJs。時期によってメンバーが異なるが、主要メンバーはKim MillerScotty MillerRaymond Earlの3人。「I Got My Mind Made Up (You Can Get It Girl)」(1978)の大ヒットで知られる。

このシングルは1976年にTSOPから発売されたファースト・アルバム「Get Down With The Philly Jump」からのカット。プロデュースはBunny Sigler

●IT AIN'T REGGAE (BUT IT'S FUNKY)
アルバムA面トップを飾っていたポップで軽快なアップテンポのディスコ・ファンク・チューン。パーカッシブでタイトなリズムに、フィラデルフィア流の煌びやかでゴージャスなサウンドが最高。

SO GLAD I'M THE ONE
ソウル・ファンの間でも高い人気を誇る、ミディアム・テンポのメロディアスなソウル・バラード。クレジットされていないが、リード・ボーカルはBunny Siglerではないかと思われる。

ECSTASY, PASSION & PAIN FEATURING BARBARA ROY / TOUCH AND GO

2008.02.14.Thu.00:19
ecstsy passion  pain-touch and go

SIDE A...R-7182

TOUCH AND GO
Time: 5:07
(N. Harris-A. Felder-B. Sigler)
Produced, arranged & Conducted by Bobby Martin
Executive Producer: Fred Bailin

SIDE B...R-7182

I'LL DO ANYTHING FOR YOU
Time: 3:03
(Mystro & Lyric)
Produced, arranged & Conducted by Bobby Martin
Executive Producer: Fred Bailin

(P)1976 Roulette Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●TOUCH AND GO
[POP # 98 /R&B # 71 /DISCO # 4 ]

Ecstasy, Passion & Painは、Jocelyn Brownの伯母にあたる黒人女性ボーカリストBarbara Roy(Barbara Gaskins)を中心とする黒人男女6人組セルフコンテインド・ソウル・グループ。初期のレコーディングにはバンドを参加させず、MFSBがバックを務めていた事は有名。主なヒット曲に「Ask Me」(1974)、「One Beautiful Day」(1975)、「Touch And Go」(1976)など。

このシングルは1976年にRouletteから発売された通算5枚目のシングル。プロデュース、アレンジはBobby Martin。演奏はMFSB

TOUCH AND GO
Double Exposureのヒット曲「Ten Percent」(1976)と並ぶフィラデルフィア・ディスコ・クラシック/ハウス・クラシックの名曲であり、彼らの代表曲の一つ。Barbara Royのパンチの効いたソウルフルなボーカルとMFSBによる軽快な演奏(特にEarl Youngのドラムス)が絶妙にマッチしたダンサブルな作品。

このシングル・バージョンはTom Moultonによってリミックスされた12インチ・バージョンと同テイク。

I'LL DO ANYTHING FOR YOU
1974年にRouletteから発売されたアルバム「Ecstasy, Passion & Pain」からのカット。

Melvin StealsMervin Steals(Mystro & Lyric)のペンによるアップテンポの軽快なフィリー・ダンサー。Lee McDonaldによるカバー・バージョンもコアなソウル・ファンの間で人気がある。

SARAH-MARIE / MIDNIGHT BOOGIE (1979)

2008.02.06.Wed.15:59
sarah marie-midnight boogie

SIDE A...06・5P-113

MIDNIGHT BOOGIE
Time: 3:42
(R. F. Boland)
Produced by Peacey & Hopkins-Harrison

SIDE B...06・5P-113

I CAN'T DANCE
Time: 3:09
(Peacey-Hopkins-Harrison/Hopkins-Harrison)
Produced by Peacey & Hopkins-Harrison

(P)1979 CBS Schallplatten GmbH, Germany/Epic・Sony (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●MIDNIGHT BOOGIE
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Sarah-Marieは、Maria Ancher名義でReal Ax BandEmbryoといったロック・バンドのリード・ボーカルとしてドイツを拠点に活動していたギアナ出身の黒人女性ボーカリスト。ソロ名義では「Jackie Blue」(1979)「Midnight Boogie」(1979)といったシングルを残している。

このシングルは1979年にドイツ・CBS Schallplattenから発売された彼女のセカンド・シングル。ドイツを代表するハード・ロック・バンドLakeのメンバーとして活躍したGeoffrey PeaceyJames Hopkins-Harrisonによるプロデュース作品。日本・Epic盤。

●MIDNIGHT BOOGIE
シンセサイザー、ボコーダーを多用したスタイリッシュなサウンドと、彼女の溌剌とした黒っぽいボーカルが印象的なミディアム・アップ・テンポのディスコ・ナンバー。ドイツ・ミュンヘンで録音されているが、いわゆる「ミュンヘン・サウンド」とは全く異なり、非常にアメリカンナイズされたブラック・コンテンポラリー寄りのハイセンスなサウンドに仕上がっている。

なお、ドイツで発売された12インチ・シングルはプレス枚数が少ない為に入手が非常に困難となっている。

●I CAN'T DANCE
Giorgio Moroderあたりがやりそうなロック・テイストの典型的なミュンヘン・ディスコ・チューン。「I Can't Dance」の連呼が印象的。

JACKIE ROBINSON / MOVING LIKE A SUPERSTAR (1976)

2008.02.04.Mon.01:23
jackie robinson-movin like a super star

SIDE A...7618 (S45-X180080)

MOVING LIKE A SUPERSTAR
Time: 3:34 Intro. :22
(Drion & Donder)
Arranged & Produced by Fritz Muschler
Recorded in Germany

SIDE B...7618 (S45-X180081)

LET ME BE
Time: 2:59 Intro. :15
(Muschler-Birmingham)
Arranged & Produced by Fritz Muschler
Recorded in Germany

(P)1976 Ariola America Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●MOVING LIKE A SUPERSTAR
[POP # - /R&B # 61 /DISCO # 10 ]

Jackie Robinsonは、Silver Conventionのオリジナル・メンバーであり、Donna SummerAmanda Learなど、数多くのアーティストのバック・ボーカリストとして活躍したドイツ人女性ボーカリストGitta Waltherの変名。世界的にヒットした「Moving Like A Superstar」(1976)や、ブレイク・ビーツとして有名な「Pussy Footer」(1977)などの作品で知られる。

このシングルは1976年にAriola Americaから全米発売されたデビュー・シングル。プロデュース、アレンジはFritz Muschler。同年にドイツ・Ariolaから発売されたファースト・アルバム「I'm Different」収録。

●MOVING LIKE A SUPERSTAR
ベルギーのディスコ・グループChocolat'sAmadeoなどにヒット曲を提供していたベルギー人ソングライターJean-Luc DrionJack Donderのペンによるアップテンポのファンキーなディスコ・ナンバー。1977年にはAmadeoによるカバー・バージョンがフランスでヒットしている。

ロング・バージョンを収録した12インチ・シングルがプロモ盤でのみ存在する。USオンリー。

●LET ME BE
アップテンポのノーザン・ソウル風ポップ・ディスコ・チューン。

BETTY WRIGHT / WHERE IS THE LOVE (1975)

2008.02.02.Sat.20:56
betty wright-where is the love

SIDE A...3713 Vocal

WHERE IS THE LOVE (long Version)
Time: 3:55
(H.W. Casey-R. Finch-W. Clarke-B. Wright)
Produced by W. Clarke & H.W. Casey
Arranged by H.W. Casey & R. Finch
Horn Arranged by: Mike Lewis & Willie Clarke
From the LP "DANGER HIGH VOLTAGE" (Alston 4400)

SIDE B...3713 Vocal

MY BABY AIN'T MY BABY ANYMORE
Time: 3:00
(Reid-Clarke-Wright)
Arranged by: Clarence Reid
Horn & Strings Arranged by: Mike Lewis
Produced by: Willie Clarke & Clarence Reid

(P)1975 Alston Records

BILLBOARD CHART ACTION
●WHERE IS THE LOVE
[POP # 96 /R&B # 15 /DISCO # 2]

Betty Wrightは、60年代から現在まで第一線で活躍を続けるマイアミ出身の黒人女性シンガー・ソングライター、プロデューサー。主な大ヒット曲に「Clean Up Woman」(1971)、「Baby Sitter」(1972)、「Dance With Me」(1978)(with Peter Brown)など。Gwen McCraeJoss Stoneなどのプロデュースを手がけた事でも知られる。

このシングルは1974年にT.K.傘下Alstonレーベルから発売されたアルバム「Danger, High Voltage」からのカット。

●WHERE IS THE LOVE
1975年度グラミー賞ベスト・R&B・ソング部門を受賞した彼女の代表曲の一つ。プロデュースはWillie ClarkeHarry Wayne Casey

ドライブ感のあるカッティング・ギターとタイトなブラス・セクション、ファンキーな感覚を持ったパワフルなボーカルで盛り上がるアッパーなファンク・ディスコ・チューン。ラストのパワフルなコンガ・ブレイクが始まるところでフェード・アウトされ、非常にイイところで終わってしまうのがこの曲のポイント。

●MY BABY AIN'T MY BABY ANYMORE
彼女の語りで始まるメロディアスなミディアム・ソウル・バラード。かなり演歌的で渋い作品。プロデュースはWillie ClarkeClarence Reid

FOUR TOPS / THE SHOW MUST GO ON (1977)

2008.02.01.Fri.17:40
four tops-the show must go on

SIDE A...AB-12315

THE SHOW MUST GO ON
Time: 4:01
(Edited From the LP "THE SHOW MUST GO ON")
(Lawrence Payton/Fred L. Bridges/Lawrence R. Payton)
PRODUCED BY LAWRENCE PAYTON
John V. Allen, Arranger

SIDE B...AB-12315

RUNNIN' FROM YOUR LOVE
Time: 3:14
(From the LP "THE SHOW MUST GO ON")
(Lawrence Payton/Fred L. Bridges)
PRODUCED BY LAWRENCE PAYTON
Lawrence Payton, Arranger

(P)1977 ABC Records, Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●THE SHOW MUST GO ON
[POP # - /R&B # 84 /DISCO # - ]


Four Topsは、60年代から80年代にかけて数多くの大ヒット曲で一世を風靡した、初期Motownを代表する黒人男性4人組ソウル・コーラス・グループ。メンバーはAbdul "Duke" FakirRenaldo "Obie" BensonLawrence PaytonLevi Stubbs。主な大ヒット曲に「I Can't Help My Self(Sugar Pie Honey Bunch)」「It's the Same Old Song」(1965)、「Reach Out, I'll Be There」(1967)、「Ain't No Woman (Like the One I've Got)」(1973)など。

このシングルは1977年にABCから発売されたアルバム「The Show Must Go On」からのカット。プロデュースはLawrence Payton

THE SHOW MUST GO ON
前作「Cat Fish」(1976)でディスコ路線への転向に成功し、さらに前作以上にディスコ色を強めた作品がこの曲。当時のThe O'JaysThe Originalsあたりを思わせるアップテンポのストレートなディスコ・ナンバーに仕上がっている。

このシングル・バージョンはアルバムに収録されていたロング・バージョンをエディットしたもの。

●RUNNIN' FROM YOUR LOVE
K.C. & The Sunshine Bandに代表されるマイアミ・サウンド風の音作りがなされたややファンキー・タッチのミディアム・ナンバー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。