FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年04月
ARCHIVE ≫ 2008年04月
      

≪ 前月 |  2008年04月  | 翌月 ≫

YUKO ASANO / HUSTLE JET (1976)

yuko asano-hustle jet

Side 1...RVS-1033(JPBO-0284)

ハッスルジェット
HUSTLE JET

Time: 3:45
(橋本 淳 作詞, ジャック・ダイヤモンド作曲, 萩田光雄編曲)
担当ディレクター・岡村 右

Side 2...RVS-1033(JPBO-0284)

Love Beat 3-3-7
Time: 4:02
(橋本 淳 作詞, 萩田光雄作・編曲)
担当ディレクター・岡村 右

(P)1976 RCA Records(Japan)

●CHART ACTION
HUSTLE JET
[Japan (Original Confidence) # 25]

浅野ゆう子は、1970年代から第一線で活躍を続ける日本を代表する女優。かつてはアイドル歌手として「セクシー・バス・ストップ」「ハッスル・ジェット」(1976)「サマー・チャンピオン」(1979)といった、ディスコ・ミュージックを取り入れた作品を多数発表している。

このシングルは1976年日本・RCAから発売されたアルバム「Yuko In Disco」からの先行シングル。アレンジは当時、Funky Bureauのアレンジを手がけていた萩田光雄が担当。

●ハッスル・ジェット
筒美京平が手がけた日本のディスコ・グループDr. Dragon & The Oriental Expressの第3弾シングルとして発売されヒットしたインストゥルメンタル・ナンバー「The Hustle Jet」(1976)に日本語詞をつけてカバーしたもの。アップテンポで軽いリズムのオリジナル・バージョンとは異なり、どっしりとしたドラムスのビートとベースの低音を強調したミュンヘン・サウンド風のグルーヴィーなディスコ・ミュージックに仕上がっている。

当時、アイドル歌手として活動していたシェリー&ザ・ムーンライト・ディスコ・バンドによるファンキーなカバー・バージョン「恋のハッスル・ジェット」(1976)がある。

Love Beat 3-3-7
タイトルどおり「三・三・七拍子」のリズムをアレンジに取り入れた、ややファンキー・タッチの歌謡ディスコ・チューン。


THE ORIENTAL EXPRESS / SEXY BUS STOP (1976)

oriental express-sexy bus stop

Side 1...6.11915

SEXY BUS STOP
Time: 4'05"
(Diamond)
Arranged & Conducted By Jack Diamond

Side 2...6.11915

THE BAMBOO

Time: 3'03"
(Diamond)
Arranged & Conducted By Jack Diamond

(P)1976 Decca(Germany)

BILLBOARD CHART ACTION
●SEXY BUS STOP
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]
[Japan (Original Confidence) # 25]

Dr. Dragon & The Oriental Expressは、日本のディスコ・プロデューサーSatoshi "Hustle" Hondaが、日本を代表する作曲家・筒美京平(Jack"Dr.Dragon"Diamond)と組んで制作した日本のディスコ・プロジェクト。主なヒット曲に「Sexy Bus Stop」「The Hustle Jet」(1976)、「Super Man He's A Macho」(1978)など。ヨーロッパ、カナダでもシングルが発売された。

このシングルは1976年にドイツ・Deccaから発売されたデビュー・シングル。元々は同年初頭に日本・Victorから発売されたもの。同年発売のアルバム「The Birth Of A Dragon」収録。

●SEXY BUS STOP

主に歌謡曲や演歌で使われる音階で構成された純和風なメロディ・ラインや、琴と尺八などの和楽器を効果的に使ったアレンジが風変わりな印象を与えるインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。正直なところ、ディスコ・ナンバーとしては若干ビートが弱く、当時の海外のディスコ・ヒットとのレベルに差があるのは否めないが、日本初のディスコ・グループによる、日本初のディスコ・ヒットとして大きな意義のある作品である。

日本ではオリコン・シングル・チャートにおいて最高25位を記録するヒットとなり、さらに浅野ゆう子によるボーカル入りのカバー・バージョンも大ヒットした。

●THE BAMBOO
琴と尺八を効果的に使ったミディアム・スロー・テンポのクロスオーバー・ファンク・チューン。

※楽曲によってメンバーが違っており、伊集加代子槇みちる後藤次利鈴木茂林立夫矢野顕子高橋幸宏などが参加していたはずだが、正確なところはデータが残っていないため不明とのこと。恐らく田中清司羽田健太郎齊藤ノブも参加しているものと思われる。

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム