スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JOHN DAVIS & THE MONSTER ORCHESTRA / THE MAGIC IS YOU (1977)

2008.06.26.Thu.21:09
john davis-the magic is you

SIDE 1...77-5006

YOU'RE THE ONE
Time: 3:22
(John Davis)
Arranged, Produced & Conducted by John Davis
Executive Producer: Sam Weiss

SIDE 2...77-5006

THE MAGIC IS YOU
Time: 3:22
(John Davis)
Arranged, Produced & Conducted by John Davis
Executive Producer: Sam Weiss

(P)1977 Sam Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU'RE THE ONE
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

●THE MAGIC IS YOU
[POP # - /R&B # - /DISCO # 6 ]

John Davis & The Monster Orchestraは、フィラデルフィアを拠点にプロデューサー、ソングライター、アレンジャーとして活躍していたJohn Davisが、フィラデルフィア周辺のスタジオ・ミュージシャンを集めて結成したディスコ・オーケストラ。主要メンバーはMFSB。主なヒット曲に「Night & Day」(1976)、「Ain't That Enough For You」(1978)、「Love Magic」(1979)など。

このシングルは1977年にSamから発売されたセカンド・アルバム「Up Jumped The Devil」からのセカンド・シングル。プロデュース、アレンジはJohn Davis。リード・ボーカルはJohn Davis

YOU'RE THE ONE
アルバムB面に収録された14分15分にも及ぶ組曲「The Magic Is You(Medley)」の一曲に組み込まれていたアップ・テンポのポップ・ディスコ・チューン。イントロのサンバ・ブレイクが印象的。

●THE MAGIC IS YOU
組曲「The Magic Is You(Medley)」の核となっているアップ・テンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。John Davisらしい曲調の作品で、リズム・パターンやアレンジがGary Crissのディスコ・ヒット「Rio De Janeiro」(1977)(同じくJohn Davisプロデュース)に少しだけ似ている。

スポンサーサイト

CROISETTE / KEEP IT ON ICE (1979)

2008.06.25.Wed.00:44
croisette-keep it on ice

SIDE A...AVIS 106

UNDER HYPNOSIS
Intro: 0:59 Time: 3:33 BPM 136
(I. Levine, F. Trench)
Produced by Ian Levine for Voltafine Productions
Arranged and Conducted by Fiachra Trench
Mixed by Rick Gianatos for Voltafine Productions

SIDE B...AVIS 106

KEEP IT ON ICE
Intro: 0:25 Time: 3:16 BPM 136
(I. Levine, F. Trench)
Produced by Ian Levine for Voltafine Productions
Arranged and Conducted by Fiachra Trench
Mixed by Rick Gianatos for Voltafine Productions

(P)1979 AVI Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●KEEP IT ON ICE
[POP # - /R&B # - /DISCO # 76 ]

Croisetteは、イギリスのノーザン・ソウル・シーンを牽引した人気DJであり、ディスコ・プロデューサーとしても活躍したIan Levineが手がけたディスコ・プロジェクト。主なヒット曲に「Keep It On Ice」(1979)、「Landslide」(1986)。

このシングルは1979年にAVIから発売されたアルバム「Keep It On Ice」からのカット。プロデュースはIan Levine。アレンジは映画音楽家として活躍するFiachra Trench。イギリス録音。

●UNDER HYPNOSIS
クラシック風のゴージャスなオーケストラ・アレンジがなされたアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。アルバムでは10分55秒のロング・バージョンとなっている。

●KEEP IT ON ICE
アルバム・タイトル曲であり、初期のIan Levineプロデュース作品では最高傑作といっても良い程、ハイクオリティかつゴージャスな仕上がりのディスコ・ナンバー。パーカシッブなリズム・セクション、ゴージャスなオーケストラ・アレンジ、美しいメロディ・ライン、魅力的な女性ボーカル、構成、すべてが完璧な力作。アルバムでは9分43秒のロング・バージョンとなっている。


21ST CREATION / TAILGATE (1977)

2008.06.23.Mon.09:29
21st creation-tailgate

SIDE 1...G 7154F

TAILGATE

Time: 2:46
(A. Phillips-M. Davis-M. T. Jackson)
Produced by Mark Davis
Arranged by Mark Davis & Gene Page

SIDE 2...G 7154F

MR. DISCO RADIO
Time: 2:44
(H. Davis-M. Sutton-B. Sutton-R. Talmadge)
Produced by Hal Davis
Arranged by Art Wright

(P)1977 Gordy/Motown Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●TAILGATE
[POP # - /R&B # - /DISCO # 32 ]

21st Creationは、「Remember The Rain」(1974)のスマッシュ・ヒットを持つThe 21st Centuryを前身とする黒人男性5人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはAlonzo MartinAlphonso SmithFred WillamsTyrone MooresPierre Johnson。結成当時はボーイ・ソプラノを前面に押し出したJackson 5風のグループだった。「Tailgate」(1977)のディスコ・ヒットを持つ。

このシングルは1977年にMotown傘下Gordyから発売された21st Creation名義でのデビュー・シングル。

●TAILGATE
The O'Jaysの大ヒット曲「Back Stabbers」(1972)と似たスリリングな曲調のアップテンポのディスコ・ナンバー。歌詞も「Back Stabbers」同様、「おまえの女を狙っている男達に気をつけろ!」というものだが、Tailgateの意味を理解した上で歌詞を読むとなかなか面白い。大人びた歌詞にあわせてか、変声済みのメンバーをリード・ボーカルにしてイメージ・チェンジを図っている。1978年発売のアルバム「Break Thru」収録。

●MR. DISCO RADIO
従来の彼らのスタイルであるボーイ・ソプラノをメイン・ボーカルに添えた初期のSylvers風のリズミカルなポップ・ナンバー。タイトルにDiscoとあるが、ディスコ・ナンバーではない。アルバム未収録。

SOUL IBERICA BAND / FUNKY FLAMENCO (Disco Mix) (1976)

2008.06.19.Thu.00:34
soul iberica band-funky flamenco

SIDE 1...SFL-2124

FUNKY FLAMENCO
Time: 2:57
(Daniel Vangarde/Jean Kluger)
Arranged By R. Benatar
DISCO MIXED By: Early Bird
"AN EARLY BIRD MIX"

SIDE 2...SFL-2124

FUNKY FLAMENCO (DISCO VERSION)
Time: 4:21
(Daniel Vangarde/Jean Kluger)
Arranged By R. Benatar
DISCO MIXED By: Early Bird
"AN EARLY BIRD MIX"

(P)1976 Philips(Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●FUNKY FLAMENCO
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Soul Iberica Bandは、Gibson BrothersOttawanなどの成功で知られるベルギー人プロデューサーDaniel VangardeJean Klugerが手がけたベルギーのディスコ・プロジェクト。「Funky Flamenco」(1976)、「Baby Sitter」(1977)のヒットで知られる。

●FUNKY FLAMENCO
1976年にフランス・Biramから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはDaniel VangardeJean Kluger。アレンジはRalph Benatar。日本・Philips盤。

A. I. E. (A. Mwana)」(1975)の世界的ヒットで知られるフランスのアフリカン・ディスコ・バンドBlack Bloodのヒット曲「Chicano (When Philly Goes To Barcelona)」(1975)をスパニッシュ・タッチのインストゥルメンタルにしてリメイクしたもの。

このシングル・バージョンは、当時ディスコDJとして活動していた吉岡正晴(Early Bird)によってディスコ・ミックスされた日本独自のリミックス・バージョン。オリジナル・バージョンとは全く異なる、ディスコ・プレイ向きの重厚なサウンドに仕上がっている。同時にプロモ・オンリーの12インチ・シングル(5分45秒のロング・ディスコ・バージョン収録)が制作され、全国のラジオ、ディスコに配布された。

A面はショート・バージョン。
B面はディスコ・バージョン。(12インチ・バージョンよりも1分半程度短いテイク)

DOUBLE EXPOSURE / MY LOVE IS FREE (1976)

2008.06.17.Tue.21:26
double exposure-my love is free

SIDE A...SZ 2012

JUST CAN'T SAY HELLO
Time: 3:10
(Vincent Montana, Jr. - Ron Walker)
Arranged & Produced by Vincent Montana, Jr.
Executive Producers: Joe Cayre, Stan Cayre, Ken Cayre

SIDE B...SZ 2012

MY LOVE IS FREE
Time: 4:30
(Allan Felder-T. G. Conway)
Produced by BAKER-HARRIS-YOUNG Production
Arranged by Ron Kersey
Executive Producers: Joe Cayre, Stan Cayre, Ken Cayre

(P)1976 Salsoul Records

BILLBOARD CHART ACTION
●MY LOVE IS FREE
[POP # 104 /R&B # 44 /DISCO # 8 ]

Double Exposureは、1960年代からフィラデルフィアを拠点に活動している黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。1976年当時のメンバーはJimmy WilliamsJoe HarrisChuck WhittingtonLeonard Davis。主なヒット曲に「Ten Percent」、「My Love Is Free」、「Everyman」(1976)、「I Got The Hots For Ya」(1979)など。

このシングルは1976年にSalsoulから発売されたファースト・アルバム「Ten Percent」からのセカンド・シングル。演奏はSalsoul Orchestra

●JUST CAN'T SAY HELLO
Vincent Montana, Jr.と共に数多くのアーティストにヒット曲を提供していたフィラデルフィアの黒人男性シンガーソングライターRonnie Walkerが1975年に発表したシングル曲のカバー。Blue Magicあたりを彷彿させるスイートなソウル・バラード。プロデュース、アレンジはVincent Montana,Jr.

●MY LOVE IS FREE
彼らを代表するヒット曲の一つであり、ディスコ/ガラージ・クラシックの名曲として有名な作品。意外なことに当時はシングルのB面だったにも関わらず一般チャートでもヒットを記録している。プロデュースはBaker-Harris-Young。アレンジはRon Kersey

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。近年発売されたベスト盤には"Original 7" Mix"と表記されたバージョンが収録されているが、オリジナル・シングル・バージョンよりも1分短くなっている。

GOODY GOODY / IT LOOKS LIKE LOVE (1978)

2008.06.16.Mon.18:19
goody goody-it looks like love

SIDE A...3551 ST-A-36363 SP VOCAL

IT LOOKS LIKE LOVE
Time: 3:16
(Vincent Montana, Jr.)
Produced & Arranged by Vincent Montana, Jr.
A "MONTANA" MIX
From Atlantic LP 19197

SIDE B...3551 ST-A-36364 SP INTRUMENTAL

SUPER JOCK
Time: 3:16
(Vincent Montana, Jr.)
Produced & Arranged by Vincent Montana, Jr.
A "MONTANA" MIX
From Atlantic LP 19197

(P)1978 Atlantic

BILLBOARD CHART ACTION
●IT LOOKS LIKE LOVE
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

●SUPER JOCK
[POP # - /R&B # - /DISCO # 16 ]

Goody Goodyは、The Salsoul Orchestraのリーダーとして活躍したプロデューサー、アレンジャー、コンポーザーのVincent Montana,Jr.が手がけたディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはDenise Montana(Vincent Montana,Jr.の娘)。「#1 Dee Jay」(1978)のディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1978年にAtlanticから発売されたアルバム「Goody Goody」からのセカンド・シングル。プロデュース、アレンジはVincent Montana,Jr.

●IT LOOKS LIKE LOVE
Chicの大ヒット曲「Dance, Dance, Dance(Yowsah, Yowsah, Yowsah)」(1977)からの強い影響を感じさせるミディアム・テンポのディスコ・ナンバー。ミニマルなバック・トラックにDenise Montanaのセクシーなセリフとボーカルを絡めた、完全ディスコ仕様のシンプルな作品。

●SUPER JOCK
スペイシーなシンセサイザーとベースを主体に置いたシンプルなアレンジがなされたアンダーグラウンドな雰囲気満載のコズミック・ディスコ・チューン。A面同様Vincent Montana,Jr.らしくない作品。

DOUBLE EXPOSURE / TEN PERCENT(1976)

2008.06.16.Mon.17:31
double exposure-ten persent

SIDE A...SZ 2008

TEN PERCENT
Time: 3:05
(Alan Felder-T. G. Conway)
Arranged by Norman Harris

SIDE B...SZ 2008

PICK ME
Time: 3:20
(A. Felder-B. Grey-L. Holden)
Arranged by T. G. Conway

(P)1976 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●TEN PERCENT
[POP # 54 /R&B # 63 /DISCO # 2 ]

Double Exposureは、1960年代からフィラデルフィアを拠点に活動している黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。1976年当時のメンバーはJimmy WilliamsJoe HarrisChuck WhittingtonLeonard Davis。主なヒット曲に「Ten Percent」、「My Love Is Free」、「Everyman」(1976)、「I Got The Hots For Ya」(1979)など。

このシングルは1976年にSalsoulから発売されたファースト・アルバム「Ten Percent」からの先行シングル。プロデュースはNorman HarrisEarl YoungRon Baker。演奏はSalsoul Orchestra

●TEN PERCENT
"ダンス・ミュージックの歴史に燦然と輝く名曲"として、世代を越えて語り継がれる永遠のディスコ・クラシック。Salsoul Orchestraのメンバーを起用してレコーディングされ、Earl Youngが叩き出す絶妙なドラミング、ゴージャスなオーケストレーション、彼らのソウルフルなボーカルなど、どこをとっても文句なしの完璧なフィラデルフィア・ディスコ・サウンドだ。

世界で初めて一般発売された12インチ・シングルに収録された楽曲であり、当時の人気ディスコDJWalter Gibbonsによってリミックスされた9分にも及ぶロング・バージョン(当時は"Disco Blending"と呼称)はあまりにも人気が高い。

このシングル・バージョンは、アルバム、12インチ・シングルとも異なるシングル・ミックスとなっており、このテイクは未CD化。近年発売されたベスト盤には"Original 7" Mix"と表記されたバージョンが収録されているが、これは12インチ・バージョンをエディットしただけの偽物。

●PICK ME
アルバム・ラストに収録されているミディアム・スロー・ナンバー。

新ブログ開始

2008.06.10.Tue.02:35
donna_mcghee_fc.jpg

先日、アナウンスしたブログを改装し、
新たに「DISCO 33・・・ディスコ・アルバム 発掘の旅
というブログを開始致しました。
「アルバムからシングル・カットされていない、隠れたダンサブルな作品を紹介」
というコンセプトとなっています。
一部の作品は私自身がリエディットし、
全曲レコード音源よりデジタル・リマスターした上で公開致します。

ESTHER PHILLIPS / WHAT A DIFF'RENCE A DAY MAKES (1975)

2008.06.09.Mon.18:07
esther phillips-what a defference a day makes

SIDE 1...42 527 EVG 608 A

WHAT A DIFF'RENCE A DAY MAKES

Time: 3'12
(Maria Grever-Stanley Adams)
From Album KU-23 S1"Esther Phillips w/Beck
What A Diff'rence A Day Makes"
Arranged by Joe Beck
Prod. by Creed Taylor

SIDE 2...42 527 EVG 608 B

TURN AROUND, LOOK AT ME
Time: 3'57
(Jerry Capehart)
From Album KU-23 S1"Esther Phillips w/Beck
What A Diff'rence A Day Makes"
Arranged by Joe Beck
Prod. by Creed Taylor

(P)1975 Kudu/CTI Records

BILLBOARD CHART ACTION
●WHAT A DIFF'RENCE A DAY MAKES
[POP # 20 /R&B # 10 /DISCO # 2]

Esther Phillipsは、50年代から80年代にかけて数多くの大ヒット曲で一世を風靡した黒人女性ボーカリスト。彼女独特の個性的な歌唱法と、R&B、ジャズ、ポップス、カントリー、ディスコまで多彩なジャンルのヒット曲で知られる。主な大ヒット曲に「Double Crossing Blues」「Mistrustin' Blues」「Cupid Boogie」(1950)、「Release Me」(1962)、「What A Diff'rence A Day Makes」(1975)など多数。

このシングルは1975年にKuduから発売されたアルバム「Esther Phillips w/Beck What A Diff'rence A Day Makes」からのカット。プロデュースはCreed Taylor(CTIレーベル社長)。アレンジはJoe Beck

●WHAT A DIFF'RENCE A DAY MAKES
1934年にメキシコ人シンガーソングライターMar醇^a Greverによって書かれ、The Dorsey Brothers(1934)やDinah Washington(1959)などの名演で知られるスタンダード・ナンバーをアップテンポのディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。彼女のセクシーな吐息を随所に盛り込み、他のカバー・バージョンとは全く異なるイメージの作品に仕上がっている。

TURN AROUND, LOOK AT ME
1961年にGlen Campbellによって歌われ、1964年にBarry Gibb & The Bee Gees、1968年にThe Voguesで大ヒットしたカントリー・ナンバーをカバーしたもの。

THE EASTERN GANG / MAGIC EYES (1980)

2008.06.06.Fri.21:38
eastern gang-magic eyes

SIDE 1...VIH-1072

MAGIC EYES
Time: 4'25
(BPM 128)
(Mark Barkan-Reid Whitelaw-Tetsuji Hayashi)
Produced by Satoshi "Hustle" Honda
for Invitation VICTOR & Samurai Music Corp.
Composed & Arranged by Tetsu "Tycoon" Hayashi

SIDE 2...VIH-1072

GREEN & BLUE
Time: 3'56
(Mark Barkan-Tetsuji Hayashi)
(BPM 126)
Produced by Satoshi "Hustle" Honda
for Invitation VICTOR & Samurai Music Corp.
Composed & Arranged by Tetsu "Tycoon" Hayashi

(P)1980 Invitation (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●MAGIC EYES
[POP # - /R&B # -/DISCO # - ]

The Eastern Gangは、日本人ディスコ・プロデューサーSatoshi "Hustle" Hondaと、当時新進気鋭の作曲家として注目されていた林哲司の二人が手がけた日本のディスコ・プロジェクト。主なヒット曲に「Dynamic Dynosaur」「It's So Nice」(1978)(Bella & The Original Eastern Gang名義)、「Flasher」(1979)など。日本だけでなくヨーロッパ、カナダなどの世界各国でレコードが発売されている。

このシングルは1980年に日本・Invitationから発売されたセカンド・アルバム「Magic Eyes」からの先行シングル。プロデュースはSatoshi "Hustle" Honda。アレンジは林哲司。ボーカルはアメリカの黒人女性3人組ボーカル・グループThe Sophisticates

●MAGIC EYES
Elvis PresleySonny & Cherなどを手がけたMark BarkanReid Whitelawのペンによるマイナー調のメロディアスなディスコ・ナンバー。全米のディスコで大ヒットしていたUltimateの「Ritmo De Brazil」(1979)にそっくりな作品。

●GREEN & BLUE
アルバムB面すべてを使った組曲「Colors Of Love Medley」からの一曲。こちらもA面同様、マイナー調のメロディアスなディスコ・ナンバー。

D. D. SOUND / CAFE (new american version) (1979)

2008.06.02.Mon.17:57
d.d. sound-cafe america

SIDE A...BR 085

CAFE'
New American Remix

(A. & C. La Bionda-C. Ricanek-R. Palmer James)
Produced By Baby Records
Executive A. & C. La Bionda

SIDE B...BR 085

BACK STREET BABY
(A. & C. La Bionda-R. Palmer James)
Produced By Baby Records
Executive A. & C. La Bionda

(P1979 Baby Records (Italy)

BILLBOARD CHART ACTION
●CAFE
[POP # - /R&B # -/DISCO #41 ]

D. D. Soundは、イタリア人プロデューサーCarmelo La BiondaAngelo La Biondaが手がけたディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはCarmelo La Bionda。グループ名の”D. D.”は”Disco Delivery”の略称。主なヒット曲に「Burning Love」「1-2-3-4 Gimme Some More」(1977)、「Cafe」(1978)など。

このシングルは1978年にイタリア・Babyから発売されたサード・アルバム「Cafe」からのシングル・カット。ドイツ・ミュンヘン録音。バージョン違いのサード・プレス。

CAFE(New American Remix)
Cafe、Cafe、Cafe....」というタイトルの連呼部分が強いインパクトを残す、サンバのリズムを取り入れたラテン・タッチのアッパーなディスコ・ナンバー。本国イタリアでは当初「She's Not Disco Lady」のB面だったが、急遽A面に差し替えて再発売。その後、ヨーロッパ、日本、アメリカでもシングル・カットされヒットした。

このシングル・バージョンは1979年にアメリカ・Emergencyから発売されたJonathan Fearingによるリミックス・バージョンをエディットしたもの。オリジナルのボーカル・パートを殆どカットしたインストゥルメンタル・バージョンともいえる仕上がりとなっている。

BACK STREET BABY
アルバムB面トップに納められていたハッスル・タイプのゆったりしたディスコ・ナンバー。インパクトはやや薄め。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。