スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANDREA TRUE CONNECTION / N. Y., YOU GOT ME DANCING (1977)

2008.09.30.Tue.04:01
andrea true connection-ny you got me dancing

SIDE A...BDA 564

N. Y., YOU GOT ME DANCING
Time: 3:40
(Gregg Diamond)
Produced by Gregg Diamond
for Diamond Touch Productions

SIDE B...BDA 564

KEEP IT UP LONGER
Time: 4:36
(Gregg Diamond)
Produced by Gregg Diamond
for Diamond Touch Productions

(P)1977 Buddah Records

BILLBOARD CHART ACTION

●N. Y., YOU GOT ME DANCING
[POP # 27 /R&B # - /DISCO # 4 ]

Andrea True Connectionは、70年代から80年代にかけてハード・コア・ポルノ映画を中心に活躍した白人ポルノ女優Andrea Trueを中心とするディスコ・プロジェクト。ポルノ女優がシンガーとして成功した珍しい例であり、一発屋で終わらなかった事はあまり知られていない。主な大ヒット曲に「More, More, More (Pt. 1)」(1976)、「N.Y., You Got Me Dancing」「What's Your Name, What's Your Number」(1977)など。

このシングルは1977年にBuddahから発売された通算3枚目のシングル。プロデュースはGregg Diamond

●N. Y., YOU GOT ME DANCING
1977年に発売されたセカンド・アルバム「White Witch」からのカット。「More, More, More」と並ぶセールスを記録した大ヒット曲であり、彼女の代表曲の一つ。Gregg Diamondのライティング・センスが光る、ポップで煌びやかな曲調のダンサブルなディスコ・ナンバー。

●KEEP IT UP LONGER
1976年に発売されたファースト・アルバム「More, More, More」からのカット。こちらもA面同様にポップで煌びやかな曲調のダンサブルなディスコ・ナンバーで、歌詞が少なめのインストゥルメンタル要素の強い作品。中盤以降の長いインストゥルメンタルとブレイク部分が効果的。リミックスはTom Moulton

スポンサーサイト

THE ARMADA ORCHESTRA / TELL ME WHAT YOU WANT (Disco Version) (1975)

2008.09.26.Fri.02:00
the armada orchestra-tell me what you want

SIDE A...SCE-12415

TELL ME WHAT YOU WANT (Disco Version)
Time: 3:34
(Ruffin)
From the album SPS-5123 'THE ARMADA ORCHESTRA'
Produced Within the Contempo Family
Mastered by: Jose Rodriguez
A Tom Moulton Mix

SIDE B...SCE-12415

THE DRIFTER
Time: 2:59
(Shury)
From the album SPS-5123 'THE ARMADA ORCHESTRA'
Produced Within the Contempo Family
Mastered by: Jose Rodriguez
A Tom Moulton Mix

(P)1975 Scepter Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●TELL ME WHAT YOU WANT (Disco Version)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

The Armada Orchestraは、数多くの人気アーティストを手がけたイギリス人プロデューサーGerry Shuryが、ロンドン周辺で活躍するスタジオ・ミュージシャンを集めて結成した総勢37名からなるイギリスのディスコ・オーケストラ。リズム・セクションはUltra Funk。イギリスのR&B専門レーベルContempoのハウス・オーケストラとして活躍し、イギリス版MFSBと呼ばれた。 主な代表曲に「Band Of Gold」「Tell Me What You Want」(1975)、「For The Love Of Money」(1976)など。

このシングルは1975年にイギリス・Contempo、アメリカ・Scepterから発売されたファースト・アルバム「The Armada Orchestra」(英盤タイトルは「Disco Armada」)からのカット。プロデュースはThe Contempo Family。アレンジはGerry Shury。ロンドンでレコーディング、フィラデルフィアでTom Moultonによってリミックスが行われた。

●TELL ME WHAT YOU WANT (Disco Version)
Jimmy Ruffinが1974年にヒットさせたフィリー・ダンサーをアップ・テンポのディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。オリジナル以上に都会的で洗練されたダンサブルなバージョンに仕上がっている。本国イギリスだけでなくアメリカのディスコでもヒット。さらに日本でも「ニューヨーク・バス・ストップ」の邦題で発売されスマッシュ・ヒットとなった。

●THE DRIFTER
Gerry Shuryのペンによる彼らの数少ないオリジナル・ナンバーの一つ。当時のイギリス産ソウル/ディスコ・ナンバーで多用された4つ打ちのスネア・ドラムが使われたジャジーな雰囲気のインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。

THE DUPREES / DELICIOUS (1975)

2008.09.22.Mon.11:11
the duprees-delicious

SIDE A...PB-10407

DELICIOUS
Time: 3:21
(D.A. Weiner)
Arranged by Bobby Martin
Produced by Good Music Productions in
Ass'n with Jerry Ross Productions

SIDE B...PB-10407

THE SKY'S THE LIMIT
Time: 3:33
(Marchand-Green)
Arranged by Joe Renzetti
Produced by Good Music Productions in
Ass'n with Jerry Ross Productions

(P)1975 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DELICIOUS
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

The Dupreesは、「You Belong To Me」(1962)などの大ヒット曲で一世を風靡したイタリア系アメリカ人男性5人組ドゥー・ワップ/コーラス・グループ。

このシングルは1975年にRCAから発売された彼らの実質的なラスト・シングル。プロデュースはJerry Ross。両面共にアルバム未収録。

●DELICIOUS
フィラデルフィアのプロデューサー、アレンジャーBobby Martinがアレンジを手がけたフィリー・ソウル風のポップでキャッチーなディスコ・ナンバー。演奏は恐らくMFSBではないかと思われる。当時はディスコを中心に大ヒットし、近年はノーザン/モダン・ソウル再評価の流れで隠れた人気作品となっている。

ディスコ・プロモーション用のロング・バージョンを収録した12インチ・シングルがDisco International Recordsで制作され、全米のディスコに配布された。

THE SKY'S THE LIMIT
1969年にItalian Asphalt & Paving Co.名義で発売したフィリー録音シングル「Check Your Self」のB面、また、1970年にThe Duprees名義で発売されたシングル「My Love, My Love」のB面に収録されていた作品をそのまま再録したもの。初期のフィリー録音。

JOY FLEMING / ARE YOU READY FOR LOVE (1976)

2008.09.18.Thu.02:22
joy fleming-are you ready for love

SIDE A...PS 45,067

ARE YOU READY FOR LOVE
Time: 3:53
(Jerry Rix-Pete Bellotte)
Arranged by: Ralf Nowy
Produced by Peter Kirsten
A GMG Recording

SIDE B...PS 45,067

ALABAMA STAND-BY
Time: 4:25
(Thor Baldursson-Mike Redway)
Arranged by: Ralf Nowy
Produced by Peter Kirsten
A GMG Recording

(P)1976 Private Stock Records, Ltd.

BILLBOARD CHART ACTION
●ARE YOU READY FOR LOVE
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Joy Flemingは、ドイツのロック・バンドJoy Unlimitedのリード・ボーカルとして活躍し、1975年度ユーロヴィジョン・コンテストで披露された「Ein Lied kann eine Br醇・ke sein」のヒットで知られるドイツ人女性ボーカリスト。1960年代のデビュー以来コンスタントに作品を発表し、現在も第一線で活動中。一時期はStaxにも在籍していた。

このシングルは1976年にPrivate Stockから全米発売されたシングル。プロデュースはPeter Kirsten。アレンジはGiorgio MoroderNina Hargen Bandを手がけたRalf Nowy。ドイツ録音。

●ARE YOU READY FOR LOVE
ミュンヘン・サウンドを代表するプロデューサー、コンポーザーPete BellotteJerry Rixのコンビが手がけたディスコ・タッチのダンサブルなポップス・ナンバー。カナダを代表する白人女性ボーカリストPatsy Gallantによるカバー・バージョンでもお馴染み。1979年にAtlanticから発売されたアルバム「The Final Thing」収録。

●ALABAMA STAND-BY
ミュンヘン・サウンドを代表するプロデューサー、アレンジャーThor Baldurssonが手がけた作品で、彼女のルーツであるR&B色が強めのサザン・ソウル・タッチのミディアム。

SAMONA COOKE / ONE NIGHT AFFAIR (1978)

2008.09.16.Tue.16:02
samona cooke-one night affair

SIDE A...74002

ONE NIGHT AFFAIR
Time: 3:28
(K. Gamble-L. Huff)
Produced by Carl Maduri for
Belkin Maduri Productions

SIDE B ...74002

YOU TO ME ARE EVERYTHING
Time: 3:45
(K. Gold-M. Danne)
Produced by Carl Maduri for
Belkin Maduri Productions

(P)1978 Mercury / Midwest / Phonogram, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●ONE NIGHT AFFAIR
[POP # - /R&B # 91 /DISCO # - ]

Samona Cookeは、60年代初頭に一世を風靡した伝説のソウル・シンガーSam Cookeの娘として知られる黒人女性ボーカリスト。EpicMercuryといったメジャー・レーベルに数枚のシングルを残しているが、1978年発売のシングル「One Night Affair」が唯一のチャート・ヒットとなっている。

このシングルは1978年にMercury/Midwestから発売されたシングル。プロデュースはWild CherryLa Flavourを手がけたCarl Maduri。シングル・オンリー。

●ONE NIGHT AFFAIR
1969年にKenny GambleLeon Huffが書き、The O'Jaysでヒットした曲のカバー。Esther PhillipsAsha Puthliによる独特な雰囲気のカバー・バージョンも人気のある作品だが、ここではミディアム・テンポのタイトなビートが効いたストレートなディスコ・ナンバーに仕上がっている。

YOU TO ME ARE EVERYTHING
イギリスのソウル・ボーカル・グループThe Real Thingが1976年に大ヒットさせた名曲のカバー。

VAN McCOY / THAT'S THE JOINT (1976)

2008.09.13.Sat.02:01
van mccoy-thats the joint

SIDE A...HL-4677

THE SHUFFLE

Time: 3:04
(Van McCoy)
From the album RHYTHMS OF THE WORLD
Prod., Arr. & Cond. by Van McCoy
Executive Producers: Hugo & Luigi

SIDE B...HL-4677

THAT'S THE JOINT
Time: 3:20  
(V. McCoy-R. Harris)
From the album RHYTHMS OF THE WORLD
Prod., Arr. & Cond. by Van McCoy
Executive Producers: Hugo & Luigi

(P)1976 H & L Records Corporation

BILLBOARD CHART ACTION
●THE SHUFFLE
[POP # 105 /R&B # 79 /DISCO # - ]

●THAT'S THE JOINT
[POP # - /R&B # - /DISCO # 14 ]

Van McCoyは、世界的なディスコ・ブームを巻き起こした「The Hustle」(1975)の世界的大ヒットで知られる黒人男性音楽プロデューサー、アレンジャー、コンポーザー、シンガー。プロデューサーとしてのキャリアはとても長く、Gladys Knight & The PipsThe StylisticsFaith, Hope & CharityDavid RuffinMelba Mooreなど数多くのアーティストのヒット作を手がけている。主な代表曲に「African Symphony」(1974)、「The Hustle」「Change With The Times」(1975)など多数。

このシングルは1976年にH&Lから発売されたアルバム「Rhythms Of The World」からのカット。プロデュース、アレンジはVan McCoy。演奏はジャズ/フュージョンを代表するバンド・Stuffのメンバー。コーラスにZulemaが参加。

●THE SHUFFLE
タイトル通りの軽快なシャッフル・ビートが展開される「The Hustle」風のキャッチーなメロディーを持つインストゥルメンタル・ナンバー。イギリスでTop5にランクする大ヒットとなっている。

●THAT'S THE JOINT
Steve Gaddによるジャズ/フュージョン・タッチの繊細なドラミングが特に印象的なアップテンポのクロスオーバー・ディスコ・チューン。あまりVan McCoyらしくない作品だが、「That's The Joint!」と繰り返されるサビの部分がクールでカッコイイ。この曲は現在も未CD化。

DOOLEY SILVERSPOON / LET ME BE THE # 1 (1975)

2008.09.11.Thu.21:21
dooley silverspoon-let me be the #1

SIDE A...C6363・DS・S

LET ME BE THE # 1 Part 1
Time: 2:40
(S. Casella)
arranged, produced and conducted
under the influence of S.O.N.N.Y.
(Sound Of New New York)

SIDE B...C6363・DS・S

LET ME BE THE # 1 Part 2
Time: 5:14
(S. Casella)
arranged, produced and conducted
under the influence of S.O.N.N.Y.
(Sound Of New New York)

(P)1975 Cotton Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LET ME BE THE # 1
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Dooley Silverspoonは、ニューヨークを拠点に活動していたサウス・キャロライナ出身の黒人男性ボーカリスト。Little Dooley名義で発表したシングル「(It's Got To Be) Now Or Never」(1972)や「Bump Me Baby (Part.1)」「Let Me Be The # 1 (Part. 1) 」(1975)のスマッシュ・ヒットを持つ。

●LET ME BE THE # 1
1975年にニューヨークのインディー・ディスコ・レーベルCottonから発売されたアルバム「Dooley Silverspoon Under The Influence Of S.O.N.N.Y. (Sound of New New York)」からのセカンド・シングル。プロデュースはSonny Casella。バック・ボーカルは後にC-Bankのリード・ボーカルとして活躍するJenny Burton

前作「Bump Me Baby (Part.1)」と同様、とてもポップで親しみやすいキャッチーなメロディーとDooley Silverspoonのあまり癖のないボーカルがマッチした、ミディアム・アップ・テンポの軽快なディスコ・ナンバー。ノーザン・ソウルの人気が根強いイギリスでヒットを記録した。

A面はアルバム・バージョンの前半部分。
B面はアルバム・バージョンの後半部分。

MELBA MOORE / PICK ME UP, I'LL DANCE (1978)

2008.09.10.Wed.00:38
melba moore-pick me up i

SIDE A...8-50663

PICK ME UP, I'LL DANCE
Time: 3:45
-G. McFadden-J. Whitehead-R. Rose-
Taken From The Epic Lp:"MELBA"JE 35507
Produced by Gene Mcfadden and John Whitehead

SIDE B...8-50663

WHERE DID YOU EVER GO
Time: 4:02
-D. Wansel-
Taken From The Epic Lp:"MELBA"JE 35507
Produced by Gene Mcfadden and John Whitehead

(P)1978 Epic/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●PICK ME UP, I'LL DANCE
[POP # 103 /R&B # 85 /DISCO # 22 ]

Melba Mooreは、60年代から80年代にかけてシンガー、ミュージカル女優として活躍したニューヨーク出身の黒人女性ボーカリスト、女優。ブロードウェイ・ミュージカル「Hair」(1968)のメイン・キャストに抜擢され、トニー賞を獲得した事でも知られる。主なヒット曲に「This Is It」(1976)、「You Stepped Into My Life」(1978)、「Love's Comin' At Ya」(1982)、「A Little Bit More」「Falling」(1986)など多数。

このシングルは1978年にEpic移籍第1弾として発売されたアルバム「Melba」からのセカンド・シングル。プロデュースはMcfadden & Whitehead。演奏はMFSB

●PICK ME UP, I'LL DANCE
彼女の伸びやかなボーカルとMFSBによる繊細かつグルーヴィーな演奏、メロディアスでドラマティックな展開がフロアーを盛り上げるポップなディスコ・ナンバー。 Larry LevanのミックスCD「Live At The Paradise Garage」(1999)にも収録され、ディスコ/ガラージ・クラシックとして知られる作品。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンのイントロと12インチ・リミックス・バージョンを組み合わせてエディットしたもの。

WHERE DID YOU EVER GO
1976年にDexter Wanselが書き、Jean Carnによって歌われたバラードのカバー。オリジナルと同様に美しいバラードに仕上がっている。

GIORGIO / FROM HERE TO ETERNITY (1977)

2008.09.08.Mon.00:45
giorgio-from here to eternity

SIDE A...NB 897

FROM HERE TO ETERNITY
Time: 3:34
(Giorgio Moroder-Pete Bellotte)
Produced by Giorgio Moroder

SIDE B...NB 897

UTOPIA - ME GIORGIO
Time: 3:25
(Giorgio Moroder-Pete Bellotte)
Produced by Giorgio Moroder

(P)1977 Casablanca Record and Filmworks, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●FROM HERE TO ETERNITY
[POP # -/R&B # - /DISCO # 2 ]


Giorgio Moroderは、Donna Summer等のプロデューサーとして知られ、ディスコ/テクノ/ポップス/映画音楽史に多大なる功績を残した、"The Father of Disco"の異名を持つイタリア人音楽プロデューサー、アレンジャー、コンポーザー、シンガー、シンセサイザー・プレイヤー。元々はドイツを拠点にシンガー・ソングライターとして活躍し、70年代後半からはディスコ・プロデューサーとしてDonna SummerBlondieThe Three DegreesSparksといった数多くのアーティストを成功に導いたほか、「Midnight Express」(1978)、「Flashdance」(1983)、「The Never Ending Story」(1984)、「Top Gun」 (1986)といった大ヒット映画のサウンド・トラックを手がけるなど、世界を代表するプロデューサーとして君臨した。 主なヒット曲に「Looky, Looky」(1969)、「Son Of My Father」(1972)、「Chase」(1978)、「Together in Electric Dreams」(1986)(with Philip Oakey)

このシングルは1977年にCasablancaから発売されたアルバム「From Here To Eternity」からのカット。プロデュースはGiorgio Moroder。ドイツ・ミュンヘン録音。

●FROM HERE TO ETERNITY
Donna Summerのヒット曲「I Feel Love」(1977)に続いて全編シンセサイザーのみでレコーディングされた作品。ガッチリとしたリズムと太いシンセ・ベースを核に、変幻自在のカラフルなシンセ・サウンドが高揚感を生む、テクノ・ディスコ・ミュージックの完成形とも言えるハイクオリティな仕上がりとなっている。

このシングル・バージョンは、アルバムA面にノンストップで収録されていた「From Here To Eternity」と「Utopia-Me Giorgio」をミックスした、アルバム・バージョンとは全く異なるシングル用のリミックス・バージョン。

●UTOPIA - ME GIORGIO
アルバムでは「From Here To Eternity」からノンストップで収録されていたプログレッシブ・ハウスの要素が強めのテクノ・ディスコ・チューン。このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをロング・エディットしたもの。


LOLEATTA HOLLOWAY / CATCH ME ON THE REBOUND (1978)

2008.09.06.Sat.17:50
loleatta holloway-catch me on the rebound

SIDE A...G7 4016

CATCH ME ON THE REBOUND
Time: 3:36
(N. Harris-R. Tyson)
(from the Gold Mind L.P. GA 9501
"Queen of the Night")
Produced by Norman Harris for The Harris Machine
Executive Producers: Joe Cayer/Stan Cayer/Ken Cayer

SIDE B...G7 4016

MAMA DON'T, PAPA WON'T

Time: 3:26
(M. Farrow-R. Strother-F. Austin, Jr.)
(from the Gold Mind L.P. GA 9501
"Queen of the Night")
Produced by Norman Harris for The Harris Machine
Executive Producers: Joe Cayer/Stan Cayer/Ken Cayer

(P)1978 Gold Mind Records

BILLBOARD CHART ACTION
●CATCH ME ON THE REBOUND
[POP # -/R&B # 92 /DISCO # 9 (LP all cuts)]

●MAMA DON'T, PAPA WON'T
[POP # -/R&B # -/DISCO # 9(LP all cuts)]

Loleatta Hollowayは、Jocelyn BrownMartha Washらと共に、「世界最高のクラブ・ディーバ」として君臨する黒人女性ボーカリスト。1960年代はゴスペル・グループThe Caravansのメンバーとして活躍し、ソロへ転向後しばらくはサザンソウルテイスト溢れるバラードを数多く発表していたが、1976年にディスコ路線へ転向。現在に至るまでに数多くのディスコ・ヒット、クラブ・ヒットを放っている。 主な大ヒット曲に「Cry To Me」(1975)、「Dreamin'」(1976)、「Love Sensation」(1980)、「Good Vibrations」(1991)など多数。

このシングルは1978年にSalsoul傘下Gold Mindから発売されたアルバム「Queen of the Night」からのカット。プロデュースはNorman Harris

●CATCH ME ON THE REBOUND
Walter Gibbonsによる革新的なリミックス・バージョンが高い人気を誇るディスコ/ガラージ・クラシックの名曲であり、彼女の代表曲の一つ。プロデュース、アレンジを手がけたNorman Harrisらしい音作りがなされたアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム用に編集する前のオリジナル・バージョンをエディットしたもの。アルバム・バージョンではカットされたボーカル・パート、バースがある。
※近年発売されているCD収録の”7inch Version"はアルバム・バージョンをエディットしただけの偽物。

●MAMA DON'T, PAPA WON'T
Instant FunkG.B. Experienceなどを手がけていたプロデューサー、アレンジャーGeorge Busseyがアレンジを手がけたミディアム・アップ・テンポのストレートなディスコ・ナンバー。

MARILYN McLEOD / (I DON'T WANNA DANCE TONIGHT) I GOT LOVE ON MY MIND (1979)

2008.09.06.Sat.15:03
marilyn mcleod-i got love on my mind

SIDE A...Fantasy 866

(I DON'T WANNA DANCE TONIGHT)
I GOT LOVE ON MY MIND

Time: 3:56
(Pam Sawyer-Marilyn McLeod)
Produced by Pam Sawyer, Marilyn McLeod
and Mel Bolton for P.M. Productions
Rhythm Arrangement: Mel Bolton
String Arrangement: Al Hall, Jr.

SIDE B...Fantasy 866

THE ONLY WAY
Time: 3:37
(Pam Sawyer-Marilyn McLeod)
Produced by Pam Sawyer, Marilyn McLeod
and Mel Bolton for P.M. Productions
Rhythm Arrangement: Mel Bolton
String Arrangement: Al Hall, Jr.

(P)1979 Fantasy Records

BILLBOARD CHART ACTION
●(I DON'T WANNA DANCE TONIGHT)
I GOT LOVE ON MY MIND
[POP # -/R&B # - /DISCO # - ]

Marilyn McLeodは、Pam SawyerとのコンビでDiana Rossの「Love Hangover」(1976)やDiana Ross, Marvin Gaye, Smokey Robinson & Stevie Wonderの「Pops, We Love You」(1978)などの大ヒット曲を提供した実績を持つ黒人女性シンガー・ソングライター、プロデューサー。シンガーとしては「(I Don't Wanna Dance Tonight) I Got Love On My Mind」(1979)のシングルを残している。

このシングルは1979年にFantasyから発売された彼女唯一のシングル。プロデュースはPam SawyerMel Boltonと彼女自身。

●(I DON'T WANNA DANCE TONIGHT)
  I GOT LOVE ON MY MIND

「今夜は踊りたくないわ。スイートな音楽を聴きながらロマンティックなムードに浸りたいの。どうしてわかってくれないの?」という歌詞に反して、とにかく踊りだしたくなるようなかなりアップテンポのディスコ・サウンドとの対比がとてもユニークな作品。この歌詞のせいか、ディスコ・プレイはあまりされなかったようだ。

12インチ・シングルのB面にはイントゥルメンタル・バージョンが収録されており、そちらはかなりオススメ。

●THE ONLY WAY
ロマンティックなムードの美しいミディアム・スロー・ナンバー。

RHONDA HEATH / IT HURTS SO GOOD (1979)

2008.09.05.Fri.14:39
rhonda heath-it hurts so good

SIDE A...2023 109

IT HURTS SO GOOD
Time: 4:46
Music and Lyrics: Michael Kunze
Arranged by Ralf Nowy
Produced by Michael Kunze For Butterfly Music

SIDE B...2023 109

SHOT DOWN IN FLAMES
Time: 4:22
Music and Lylics: Gerry Shury/Phillip Swern
Arranged by John Davis
Produced by Michael Kunze For Butterfly Music

(P)1979 Karma/Polydor International GMBH (Germany)

BILLBOARD CHART ACTION

●IT HURTS SO GOOD
[POP # -/R&B # - /DISCO # - ]

Rhonda Heathは、Silver Conventionのボーカル・メンバーとしてドイツを拠点に活躍したアメリカ出身の黒人女性ボーカリスト。「It Hurts So Good」(1979)のディスコ・ヒットを持つ。

このシングルは1979年にドイツ・Karmaから発売されたソロ・デビュー・シングル。プロデュースはSilver Conventionを手がけたMichael Kunze。同時期にアルバムが制作されたが未発表のままお蔵入りしている。

●IT HURTS SO GOOD
Nina Hagen BandGiorgio Moroderなどを手がけたRalf Nowyがアレンジを手がけたミディアム・テンポのファンキーなディスコ・ナンバー。タイトなブラス・セクションとパーカッシブなリズム・セクションに彼女のセクシーなウィスパー・ボイスが映えるなかなかグルーヴィーな作品。

この曲は全米発売はされず、1979年頃にDisconet Program Serviceで制作されたオムニバス形式の12インチ・シングル「Volume 2 Program 7」に、Bobby "DJ" Guttadaroによるリミックス・バージョンが収録され、全米のディスコに配布されたのみとなっている。

●SHOT DOWN IN FLAME
イギリス人女性ポップ・シンガーPolly Brownが1975年に発表したアルバム「Special Delivery」に収録されていた作品をアップテンポのディスコ・アレンジでカバーしたもの。アレンジはJohn DavisSilver Conventionのフィラデルフィア/ミュンヘン録音盤「Love In A Sleeper」(1978)と同時期に録音された作品らしく、イントロが「Mission To Venus」にそっくり。

CARESS / FILL ME UP (HEART TO HEART) (1976)

2008.09.03.Wed.23:44
caress-fill me up
SIDE A...RDJ 7201

FILL ME UP (HEART TO HEART)
Time: 3:35
(Gregg Diamond)
Produced & Arr. by: Meco Monardo,
Tony Bongiovi & Jay Ellis

SIDE A...RDJ 7201

FILL ME UP (HEART TO HEART)

Time: 3:35
(Gregg Diamond)
Produced & Arr. by: Meco Monardo,
Tony Bongiovi & Jay Ellis

(P)1976 Roulette Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●FILL ME UP (HEART TO HEART)
[POP # -/R&B # - /DISCO # - ]

Caressは、Gloria Gaynorなどを手がけたディスコ・プロデューサー・チームJay EllisMeco MonardoTony Bongioviが手がけたワン・ショット・ディスコ・プロジェクト。「Fill Me Up (Heart To Heart)」(1976)が唯一のシングル。Patrick AdamsBoris Midneyが手がけた同名グループがそれぞれ存在するが全く関連性はない。

●FILL ME UP (HEART TO HEART)
1976年にRouletteから発売された唯一のシングル。プロデュース、アレンジはJay EllisMeco MonardoTony Bongiovi

1976年に発売されたAndrea True Connectionのアルバム「More, More, More」からアルバム・カットでディスコ・ヒットした作品のカバー。オリジナルにほぼ忠実なアレンジとなっており、それ程の違いはない。リード・ボーカルは当時、セッション・シンガーとして活躍していたSharon Reddではないかと思われる。

SIREN / OPEN UP FOR LOVE (1979)

2008.09.02.Tue.02:27
siren-open up yor love

SIDE ONE...MI-1006-A

MORNING MUSIC
Time: 3:36
(J. English/B. Bremers)
Produced and Arranged by John Davis
for Monster Productions, Inc.

SIDE TWO...Mi-1006-B

OPEN UP FOR LOVE
Time: 3:08
(John Davis)
Produced and Arranged by John Davis
for Monster Productions, Inc.

(P)1979 Midsong International Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●MORNING MUSIC
[POP # -/R&B # - /DISCO # - ]

●OPEN UP FOR LOVE
[POP # -/R&B # 79 /DISCO # 20 ]

Sirenは、フィリー・ソウルの立役者の一人であり、ディスコ・プロデューサーとしても活躍したJohn Davisが手がけたワン・ショット・ディスコ・プロジェクト。ボーカルはRufus Thomasの娘・Vaneese ThomasCarolyn Mitchell。「Open Up For Love」(1979)のスマッシュ・ヒットを持つ。

このシングルは1979年にMidsong Internationalから発売された唯一のシングル。プロデュース、アレンジはJohn Davis。元々はJohn Davis & The Monster Orchestraの作品として録音、ストックされていたものではないかと思われる。

●MORNING MUSIC
John Davis & The Monster Orchestraのヒット曲「Love Magic」(1979)の別バージョンと言ってもおかしくない程、殆ど同じ展開、アレンジがなされたメロディアスなディスコ・ナンバー。「Love Magic」と比べると、サビのメロディーが少々インパクトに欠ける。

●OPEN UP FOR LOVE
当時のディスコ・ヒットの王道を行く、メロディアスでスリリングな展開のアッパーなディスコ・ナンバー。
特にサビのメロディーが強力で、一度聴けば耳から離れなくなる程キャッチー。やはりこの曲の方がインパクトがあり、B面でありながらスマッシュ・ヒットを記録している。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。