スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LABELLE / GET YOUR SOMEBODY NEW (1976)

2008.10.31.Fri.23:20
labelle-get your somebody new

SIDE A...8-50262

GET YOU SOMEBODY NEW
Intro: :19
Time: 3:15
-J. Crane-
Taken From The Epic Lp:"CHAMELEON"PE 34189
Arranged and Produced by David Rubinson
& Friends, Inc. Association with Vicki Wickham

SIDE B...8-50262

WHO'S WATCHING THE WATCHER?
Intro: :26
Time: 4:16
-Nona Hendryx-
Taken From The Epic Lp:"CHAMELEON"PE 34189
Arranged and Produced by David Rubinson
& Friends, Inc. Association with Vicki Wickham

(P)1976 Epic/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●GET YOU SOMEBODY NEW
[POP # 102 /R&B # 50 /DISCO # -]

Labelleは、「Lady Marmalade」(1974)のナンバー・ワン・ヒットで一世を風靡した黒人女性3人組ソウル・ボーカル・グループ。前身はThe Supremesと並ぶガール・グループとして知られたThe Blue BellesPatti LabelleNona HendryxSarah Dashの3人による、攻撃的でファンキーなボーカルとド派手なコスチューム、独特なリズムを持ったヒット曲の数々は、当時のミュージック・シーンに多大な影響を与えた。

このシングルは1976年にEpicから発売されたアルバム「Chameleon」からカット。プロデュース、アレンジはHerbie HancockSantanaThe Pointer Sistersなどの大ヒット作を手がけたDavid Rubinson

●GET YOU SOMEBODY NEW
「もうあんたにはうんざりだよ!さっさと新しい女を見つけな!」と、彼女たちのソウルフルなパワフル・ボイスでひたすら煽りたてるダンサブルかつストレートなファンク・ナンバー。

●WHO'S WATCHING THE WATCHER?
Ike & Tina Turner風のかなりアップテンポのヘビーなロック・ナンバー。ロック志向の強いNona Hendrixのペンによる作品。


スポンサーサイト

LIQUID SMOKE / DANCE, DANCE, DANCE (1975)

2008.10.31.Fri.00:58
liquid smoke-dance dance dance

SIDE A...R-7166

DANCE, DANCE, DANCE
Time: 3:09
(Rod McBrien-John Giametta)
Produced by Tony Bongiovi, Meco Monardo
& Jay Ellis for DCA Prod.
Arranged by Harold Wheeler & (Babbitt)

SIDE B...R-7166

WHERE IS OUR LOVE
Time: 3:35
(W & J Zimmerman-D. Bright-R. Spencer)
Produced by Tony Bongiovi, Meco Monardo
& Jay Ellis for DCA Prod.
Arranged by Meco Monardo

(P)1975 Roulette Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DANCE, DANCE, DANCE
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Liquid Smokeは、メンバーなどの詳細は一切不明の謎の男性ソウル・ボーカル・グループ。「Dance, Dance, Dance」(1975)が唯一のシングル。

1975年にRouletteから発売された彼ら唯一のシングル。プロデュースはTony BongioviMeco MonardoJay Ellis

●DANCE, DANCE, DANCE
黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループThe Casualeersが1966年に放ったヒット曲をアップテンポの軽快なディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。アレンジはHarold Wheelerと、Funk BrothersメンバーだったベーシストBob Babbitt

●WHERE IS OUR LOVE
A面とは打って変わり、男性ファルセット・リードとコーラスが絶妙に絡み合うスイートなムードのスロー・バラード。ソウル・ファンの間で人気のある作品。アレンジはMeco Monardo

ABBA / VOULEZ-VOUS (1979)

2008.10.28.Tue.00:50
abba-voulez-vous.jpg

SIDE A...DSP-129

VOULEZ-VOUS
Time: 5:11
(Benny Andersson & Bj醇rrn Ulvaeus)
From the album Voulez-Vous
Produced & Arranged by Benny Andersson & Bj醇rrn Ulvaeus
Engineered by Michael B. Tretow
Recorded at Polar Music Studio, Stockholm, Sweden

SIDE B...DSP-129

KISSES OF FIRE
Time: 3:16
(Benny Andersson & Bj醇rrn Ulvaeus)
From the album Voulez-Vous
Produced & Arranged by Benny Andersson & Bj醇rrn Ulvaeus
Engineered by Michael B. Tretow
Recorded at Polar Music Studio, Stockholm, Sweden

(P)1979 Polar Music International AB/Discomate (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION

●VOULEZ-VOUS
[POP # 80 /R&B # - /DISCO # - ]


ABBAは、70年代から80年代にかけて数多くの大ヒット曲で世界のミュージック・シーンで一世を風靡したスウェーデン出身の男女4人組ポップ・ボーカル・グループ。メンバーはBenny AnderssonBj醇rrn UlvaeusAnni-Frid LyngstadAgnetha F醇Bltskog。解散後の現在も、The BeatlesThe Carpentersと並ぶ伝説のスーパー・グループとして根強い人気を誇る。主な大ヒット曲に「Dancing Queen」(1976)、「Take a Chance on Me」(1977)、「Gimme!Gimme!Gimme!(A Man After Midnight)」(1979)など多数。

このシングルは1979年にスウェーデン・Polar Music International ABから世界発売されたアルバム「Voulez-Vous」からのカット。プロデュース、アレンジはBenny AnderssonBj醇rrn Ulvaeus

●VOULEZ-VOUS
当時流行していたディスコ・ミュージックをABBA流のポップな味付けで仕上げたアップテンポのメロディアスなポップ・ディスコ・チューン。殆ど知られていないが「Get Off」(1978)などの大ヒットを飛ばしたマイアミのディスコ・グループFoxyをバックに起用し、マイアミで録音されたもの。

●KISSES OF FIRE
キャッチーなメロディー・ラインを持ったアップテンポの爽やかなポップス・ナンバー。

TTF / IT'S A GROOVE (KEEP ON DANCIN') (1979)

2008.10.26.Sun.01:27
ttf-its a groove

SIDE A...RS 1010

IT'S A GROOVE (KEEP ON DANCIN')
Time: 3:47
(W. Brown Jr.-S. Wilson lll)
From the RSO Album RS-1-3063"TTF"
Produced by Fred Torchio & Angelo Jordan
for Bon El Productions
Executive Producer: Marv Stuart

SIDE B...RS 1010

GET ON DOWN (TO THE DISCO)
Time: 4:15
(A. Hudson)
From the RSO Album RS-1-3063"TTF"
Produced by Fred Torchio & Angelo Jordan
for Bon El Productions
Executive Producer: Marv Stuart

(P)1979 RSO/Curtom Record Company, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●IT'S A GROOVE (KEEP ON DANCIN')
[POP # - /R&B # 78 /DISCO # - ]

TTFは、フロリダを拠点に活動していた黒人男女7人組セルフコンテインド・ファンク・バンド。バンド名のTTFとはToday, Tommorow, Foreverの略。主なヒット曲に「(Baby) I Can't Get Over Losing You」(1980)、「Mighty Fire」(1981)など。

このシングルは1979年にRSO/Curtomから発売されたデビュー・アルバム「TTF-Today, Tommorow, Forever」からのファースト・シングル。プロデュースはAngelo JordanFred Torchio。アレンジはFred Wesley

●IT'S A GROOVE (KEEP ON DANCIN')
アルバムのトップを飾っていたミディアム・テンポのファンク・ナンバー。この時期に良くあったKool & The Gangタイプの売れ線を狙った印象の作品。

●GET ON DOWN (TO THE DISCO)
アップ・テンポのストレートなパーティー・ディスコ・チューン。アルバムには他に良い曲があるのになぜこれをシングル・カットしたのか理解に苦しむ。

KONGAS / GIMME SOME LOVIN' (AFRICANISM) (1977)

2008.10.24.Fri.21:12
kongas-africanism.jpg

SIDE A...PD 14461 (78 NP 3405)

GIMME SOME LOVIN' (AFRICANISM)
Time: 3:39
(Steve Winwood-Muff Winwood-Spencer Davis)
(Don Ray - Cerrone)
From Polydor Album PD-1-6138 "AFRICANISM"
Produced by Cerrone
A CERRONE PRODUCTION

SIDE B...PD 14461 (78 NP 3407 SP)

TATOO WOMAN
Time: 3:55
(Wisniak - Cerrone)
From Polydor Album PD-1-6138 "AFRICANISM"
Produced by Cerrone
A CERRONE PRODUCTION

(P)1977 Polydor Incorporated/Crocos Records

BILLBOARD CHART ACTION
●GIMME SOME LOVIN' (AFRICANISM)
[POP # - /R&B # -/DISCO # 3 ]

Kongasは、Cerroneが在籍していたフランスの男性6人組アフロ・ロック・バンド。メンバーはJean-Marc CerronePatrick SestiSylvian ClaudeSerge ToniniAndre AlletNorbert Journo。デビュー当時はアフリカン・テイストを取り入れたロック路線だったが、Cerroneがディスコ・プロデューサーとして成功した後は彼らもディスコ路線へ転向した。主なヒット曲に「Jungle」(1974)、「Africanism/Gimme Some Lovin'」(1977)など。

このシングルは1977年にPolydorから全米発売されたアルバム「Africanism」からのファースト・シングル。プロデュースはCerrone

●GIMME SOME LOVIN' (AFRICANISM)
イギリスのロック・バンドSpencer Davis Groupが1967年に大ヒットさせた名曲をアフリカン・テイストのエネルギッシュなディスコ・アレンジでカバーしたもの。アルバムでは「Africanism」とのセットで16分に及ぶ壮大なロング・バージョンとなっている。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンの構成を入れ替えるなどしてエディットしたもの。

●TATOO WOMAN
Santanaあたりを思わせるラテン・ロック調のワイルドなディスコ・ナンバー。

FAT LARRY'S BAND / HERE COMES THE SUN (1979)

2008.10.24.Fri.00:57
fat larrys band-here comes the sun

SIDE A...Fantasy 881

HERE COMES THE SUN
Time: 3:47
(A. Middleton-L. Taylor-L. James-A. Austin-L. Barry)
Produced by Larry James and WMOT Productions

SIDE B...Fantasy 881

EVERYTHING IS DISCO
Time: 4:38
(T. Cohen-A. Austin-L. James)
Produced by Larry James and WMOT Productions

(P)1979 Fantasy WMOT Records

BILLBOARD CHART ACTION

●HERE COMES THE SUN
[POP # - /R&B # 44 /DISCO # 39 ]

Fat Larry's Band/FLBは、フィラデルフィアを拠点にスタジオ・ミュージシャンとして活動していたドラマー、ボーカリスト"Fat" Larry Jamesを中心に、Blue Magicのバック・バンドのメンバーで結成されたフィラデルフィアのディスコ・ファンク・バンド。主なヒット曲に「Boogie Town」(1978)、「Lookin' For Love」(1979)、「Act Like You Know」(1982)、「Zoom」(1986)など。

このシングルは1979年にFantasy/WMOTから発売されたアルバム「Lookin' For Love」からのカット。プロデュースはLarry James。アレンジはPeter De Angelis。映画音楽家として有名なJohn Barryがキーボードで参加している。

●HERE COMES THE SUN
Kool & The GangG.Q.あたりを思わせる、クールで洗練された雰囲気を持つメロウなファンク・ディスコ・チューン。中盤のピアノの速弾きやバリトン・コーラスなど、さりげなく手が込んだ作品となっている。

●EVERYTHING IS DISCO
Earth, Wind & Fireばりの派手なブラス・セクションで盛り上がるミディアム・アップ・テンポのストレートなディスコ・チューン。

JOHN DAVIS AND THE MONSTER ORCHESTRA / AIN'T THAT ENOUGH FOR YOU (1978)

2008.10.22.Wed.14:01
john davis

SIDE A...78-5010 (S-112-S1)

AIN'T THAT ENOUGH FOR YOU
Time: 3:28
(John Davis)
Produced, Arranged and Conducted by John Davis
Executive Producer, Sam Weiss

SIDE B...78-5010 (S-112-S2)

DISCO FEVER
Time: 3:06
(John Davis)
Produced, Arranged and Conducted by John Davis
Executive Producer, Sam Weiss

(P)1978 Sam Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●AIN'T THAT ENOUGH FOR YOU
[POP # 89 /R&B # - /DISCO # 4 ]

John Davis & The Monster Orchestraは、フィラデルフィアを拠点にプロデューサー、ソングライター、アレンジャーとして活躍していたJohn Davisが、フィラデルフィア周辺のスタジオ・ミュージシャンを集めて結成したディスコ・オーケストラ。主要メンバーはMFSB。主なヒット曲に「Night & Day」(1976)、「Ain't That Enough For You」(1978)、「Love Magic」(1979)など。

このシングルは1978年にSamから発売されたアルバム「Ain't That Enough For You」のファースト・プレス盤からのカット。プロデュース、アレンジはJohn Davis。ボーカルはVaneese ThomasCarolyn Mitchell

●AIN'T THAT ENOUGH FOR YOU
ピエロの星占い」の邦題でもお馴染みのディスコ・クラシックの定番として根強い人気を誇るヒット曲であり、彼らの代表曲の一つ。

このシングル・バージョンはアルバムのファースト・プレス盤収録のオリジナル・バージョンをエディットしたもの。セカンド・プレス盤収録のリミックス・バージョンをエディットしたセカンド・プレス盤がある。

●DISCO FEVER
Disco Fever」というストレートなタイトル通りのファンキーなディスコ・ナンバー。

GLORIA JONES / BRING ON THE LOVE (Why Can't We Be Friends Again) (1977)

2008.10.21.Tue.22:11
gloria jones-bring on the love

SIDE A...4563

BRING ON THE LOVE
(Why Can't We Be Friends Again)

Time: 3:55
(G. R. & A. Jones-DePasse)
Produced by Richard Jones
Arranged by Paul Riser and Richard Jones
Recorded In England

SIDE B...4563

CRY BABY
Time: 3:05
(G. Jones-M. Bolan)
Produced by Marc Bolan
Arranged by Jimmy Haskell
Recorded In England

(P)1976/1977 Captol Records/EMI Records Limited

BILLBOARD CHART ACTION
●BRING ON THE LOVE (Why Can't We Be Friends Again)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Gloria Jones (LaVerne Ware)は、60年代から80年代にかけて数多くのアーティストのヒット曲を手がけた実績を持つ黒人女性シンガー・ソングライター、プロデューサー。イギリスのロック・バンドT-Rexのリード・ボーカルとして活躍したMarc Bolanの内縁の妻だった事でも知られる。

このシングルは1977年にアメリカ・Capitol移籍後に発売された1枚目のシングル。

●BRING ON THE LOVE (Why Can't We Be Friends Again)
1978年にCaptolから発売されたアルバム「Windstorm」からのカット。プロデュースはRichard Jones。アレンジはPaul RiserRichard Jones。ロサンゼルス録音。

哀愁感漂うポップで美しいメロディー・ラインと歌詞、彼女の情感のこもった歌唱が素晴らしいラブ・ソング。非常に良く出来た曲。

●CRY BABY
1976年にイギリス・EMIから発売されたアルバム「Vixen」からのカット。プロデュースはMarc Bolan。アレンジはJimmy Haskell。イギリス録音。

UKロック色が色濃いミディアム・テンポのリズミカルなポップ・ソウル・ナンバー。

THE WING AND A PRAYER FIFE AND DRUM CORPS. / BABY FACE (1975)

2008.10.21.Tue.00:51
wing  a prayer-baby face

SIDE AA...HS-103

BABY FACE
Time: 6:38
(B. Davis & H. Akst)
A Record by Stephen Y. Scheaffer And Harold Wheeler
Recorded at Soundtek Studios, N.Y.
SPECIAL LONG VERSION

SIDE AA...HS-103

BABY FACE
Time: 3:34
(B. Davis & H. Akst)
A Record by Stephen Y. Scheaffer And Harold Wheeler
Recorded at Soundtek Studios, N.Y.

(P)1975 Wing And A Prayer

BILLBOARD CHART ACTION
●BABY FACE
[POP # 14 /R&B # 32 /DISCO # 1 ]

The Wing And A Prayer Fife And Drum Corps.は、ブロードウェイ・ミュージカルなどのアレンジャーとして活躍したHarold WheelerStephen Y. Scheafferが手がけたディスコ・プロジェクト。「Ease On Down The Road」(1975)のディスコ・ヒットを放ったConsumer Rapportの変名であり、構成は全く同じ。「Baby Face」(1975)の大ヒットを持つ。

●BABY FACE
1975年にAtlantic傘下Wing And A Prayerから発売されたファースト・シングル。プロデュースはHarold WheelerStephen Y. Scheaffer。ボーカルはVivian CherryLinda NovemberArlene MartellHelen Miles。1976年発売のアルバム「Baby Face」収録。

1926年にHarry AkstBenny Davisが書き、Jan Garber & His Orchestraで大ヒットしたスタンダード・ナンバーをフィラデルフィア・ソウル風のディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。ジャズ風のソリッドな女性コーラスと中盤以降のファンキーなディスコ・ブレイクが良い。

A面はロング・バージョン。アルバム・バージョンと同テイク。
B面はショート・バージョン。

THE CHEQUERS / UNDECIDED LOVE (1975)

2008.10.19.Sun.01:32
the chequers-undisided love

SIDE A...SCE-12412

UNDECIDED LOVE
Time: 2:49
(R. & J. Mathias)
Produced by John Mathias for Creole Records, Ltd.
Engineer: Jose Rodriguez
A Tom Moulton Mix

SIDE B...SCE-12412

UNDECIDED LOVE (DISCO VERSION)

Time: 5:35
(R. & J. Mathias)
Produced by John Mathias for Creole Records, Ltd.
Engineer: Jose Rodriguez
A Tom Moulton Mix

(P)1975 Scepter Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●UNDECIDED LOVE
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

The Chequersは、60年代後半から80年代にかけてイギリスを拠点に活動していたイギリス人男性6人組レゲエ/ファンク・バンド。リーダーはJohn Mathias。「Undecided Love」(1974)、「Hey Miss Payne」(1975)のディスコ・ヒットを持つ。

●UNDECIDED LOVE
1974年にイギリス・Creoleから発売されたファースト・アルバム「Check Us Out」からのカット。プロデュースはJohn Mathias

レゲエからの影響を少なからず感じさせる、オールディーズ・タッチのポップなメロディーを持ったミディアム・テンポのディスコ・ナンバー。オリジナルはボーカル入りの作品だったが、アメリカではTom Moultonによってリミックスされ、ボーカルを抜いたインストゥルメンタル・バージョンが発売された。

このシングルは1975年にアメリカ・Scepterから全米発売されたもの。Tom Moultonによるリミックス/インストゥルメンタル・バージョンを収録。
A面はショート・バージョン。
B面はディスコ・バージョン。同年にScepterから発売されたコンピレーション・アルバム「Disco Gold Vol.2」には更に長いバージョンが収録されている。

THE MOVERS / SHE LOVES YOU (1977)

2008.10.18.Sat.04:00
the movers-she loves you

SIDE A...PB-11183

SHE LOVES YOU
Time: 2:59
(M. Kubheka-S. Chounyane-P. Mallela)
Produced by David Thekwane

SIDE B...PB-11183

MAMA LISA

Time: 3:04
(The Movers)
Produced by David Thekwane

(P)1977 RCA/Teal Record Co. Ltd.

BILLBOARD CHART ACTION
●SHE LOVES YOU
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

The Moversは、南アフリカのソウル・ミュージック・シーンを牽引した南アフリカ人プロデューサーDavid Thekwaneが手がけた南アフリカ人男性5人組ソウル・ヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ。「She Loves You」(1977)の世界的ヒットで知られる。

このシングルは1977年に南アフリカ・Tealから発売され、アメリカ・RCAから全米発売されたシングル。プロデュースはDavid Thekwane

●SHE LOVES YOU
南アフリカで100万枚を超える大ヒットとなり、ヨーロッパ、アメリカ、日本でもシングル発売された彼ら最大のヒット曲。男性ボーカルの渋い声での語りが絡むサザン・ソウル/ブルース風のスローなイントロから始まり、中盤からレゲエのリズムを取り入れたファンキーなディスコ・ビートへ切り替わる展開が面白い。なおThe Beatlesのものとは同名異曲。

●MAMA LISA
A面以上にサザン・ソウル/ブルース色が強めの作品で、スローなイントロからファンキーなディスコ・ビートへ切り替わる展開はA面と同じ。

THE JONESES / WHO LOVES YOU (1977)

2008.10.15.Wed.21:20
the joneses-who loves you

SIDE A...8-50477

WHO LOVES YOU
Time: 3:27
-B. Eli-T. Collins-
Taken From The Epic Lp:
"THE JONESES"PE 34898
Produced by Bobby Eli
for Valentine-Dorsey Productions

SIDE B...8-50477

LIES
Time: 3:05
-G. Dorsey-
Taken From The Epic Lp:
"THE JONESES"PE 34898
Produced by Bobby Eli
for Valentine-Dorsey Productions

(P)1977 Epic/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●WHO LOVES YOU
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

The Jonesesは、「Hey Babe (Is The Gettin' Still Good?) (Part.1)」(1974)や「Sugar Pie Guy (Part.1)」(1974)などのヒット曲で知られる黒人男性5人組ソウル・ボーカル・グループ。1977年当時のメンバーはGlenn DorseyHarold TaylorJimmy RichardsonStewert DavidsonGary Pinchorn。リーダーのGlenn Dorsey以外はメンバーの入れ替わりが激しく、解散と再結成を繰り返しながらコンスタントに作品を発表している。

このシングルは1977年にEpicから発売されたアルバム「The Joneses」からのカット。プロデュースはBobby Eli。演奏はMFSB。フィリー録音。

●WHO LOVES YOU
Bobby EliTerry Collinsのペンによるミディアム・アップ・テンポのメロディアスなフィリー・ダンサー。当時、円熟期を迎えていたMFSBによる流麗なフィリー・サウンドとJimmy Richaerdsonの力強いリード・ボーカル、The Jonesesのソフトかつスイートなハーモニーが絶妙にマッチした、非常に完成度の高い作品で、ソウル・マニアの間でも高く評価されている。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンと同テイク。

●LIES
リーダーのGlenn Dorseyのペンによる作品で、スキャットを駆使した彼ら独自のコーラス・スタイルを巧く盛り込んだフィリー・ダンサー。嘘つきで自意識過剰な男を皮肉った歌詞が面白い。

SKIP MAHOANEY & THE CASUALS / RUNNING AWAY FROM LOVE (1976)

2008.10.12.Sun.18:01
skip mahoaney  the casuals-running away from love

SIDE A...Abet 9468

RUNNING AWAY FROM LOVE
Time: 3:32
Intro :32
(Skip Mahoaney & James Purdie)
Produced By James Purdie for Dancer Prod.
From their Abet LP #410 LAND OF LOVE

SIDE B...Abet 9468

THIS IS MY LAST TIME
Time: 4:57
Intro :47
(Skip Mahoaney & James Purdie)
Produced By James Purdie for Dancer Prod.
From their Abet LP #410 LAND OF LOVE

(P)1976 abet/Nashboro Record Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●RUNNING AWAY FROM LOVE
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Skip Mahoaney & The Casualsは、ワシントンDCを拠点に活動していた黒人男性ボーカリストSkip Mahoaneyを中心に結成された黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはSkip MahoaneyTracy ReidJulius RogersElwood Morgen。1974年に発売されたファースト・アルバム「Your Funny Moods」が熱心なソウル・ファンの間で高く評価されている。

このシングルは1976年にNashboro傘下abetから発売されたセカンド・アルバム「Land of Love」からのサード・シングル。プロデュース、アレンジはJames Purdie。ワシントンDCでレコーディング、フィラデルフィア・シグマ・サウンド・スタジオでミックス・ダウンが行われている。

●RUNNING AWAY FROM LOVE
フィリー・ソウルの影響を強く受けたアレンジがなされたミディアム・アップ・テンポのメロディアスなディスコ/ソウル・ナンバー。イントロが岩崎宏美の「シンデレラ・ハネムーン」(1978)に似ている。

このシングル・バージョンは12インチ・シングルに収録されたリミックス・バージョンをエディットしたもので、アルバム・バージョンにはなかったサックス・ソロがある。

●THIS IS MY LAST TIME
全体的にジャズ・タッチのオシャレなアレンジがなされたスイートなスロー・バラード。Skip Mahoaneyの突き抜けるように伸びるファルセット・ヴォイスが素晴らしい。良い曲。


HOT BLOOD / BABY FRANKIE STEIN (1977)

2008.10.12.Sun.00:32
hot blood-baby frankie stein

SIDE 1...49.256

BABY FRANKIE STEIN
Time: 4:54
(L. Melwing-M. Ambruster-P. Duc)
HOT BLOOD Prod.

SIDE 2...49.256

TERROR ON THE DANCE FLOOR
Time: 5:44
(L. Melwing-M. Ambruster-P. Duc)
HOT BLOOD Prod.

(P)1977 Carrere/Hot Blood (France)

BILLBOARD CHART ACTION
● BABY FRANKIE STEIN
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Hot Bloodは、DalidaMadleen Kaneなどを手掛けたフランスのヒットメイカー・Michaele, Lana & Paul Sebastianの3人を中心とするフランスのディスコ・プロジェクト。レコーディングはドイツで行われ、Silver Conventionとほぼ同じレコーディング・メンバーで構成されている。「Soul Dracula」(1975)の世界的ヒットで知られる。

このシングルはフランス・Carrereから発売されたアルバム「Dracula And Co.」(アメリカ盤タイトル「Disco Dracula」)からのカット。アレンジはBoney M.などのアレンジを手がけたStefan Klinkhammer

●BABY FRANKIE STEIN
Boney M.の初期のヒット曲と共通する音作りがなされたミディアム・アップ・テンポの典型的ミュンヘン・ディスコ・チューン。

このシングル・バージョンはフランス盤7インチ・シングル用にリミックスされたもの。イントロや一部のボーカル・パートがアルバム・バージョンとは異なっている。
※タイム表記が誤っており、実際のタイムは4分12秒。

TERROR ON THE DANCE FLOOR
アメリカ、日本ではシングルのA面として発売された作品で、アルバム収録曲に登場するフレーズ(「Dracula」「Frankenstein」「Blackmail」など)を盛り込んだ、お遊び的要素が強めのディスコ・ナンバー。典型的ミュンヘン・サウンド。

PATRICK HERNANDEZ / BORN TO BE ALIVE (1979)

2008.10.11.Sat.17:02
patrick hernandez-born to be alive

SIDE A...3-10986 STEREO

BORN TO BE ALIVE
Time: 3:23
-P. Hernandez-
Produced by Jean Vanloo for A-Tom-Mik
Productions and Aquarius Europe

SIDE A...3-10986 MONO

BORN TO BE ALIVE
Time: 3:23
-P. Hernandez-
Produced by Jean Vanloo for A-Tom-Mik
Productions and Aquarius Europe

(P)1979 Columbia/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●BORN TO BE ALIVE
[POP # 16 /R&B # - /DISCO # 1 ]




Patrick Hernandezは、「Born To Be Alive」(1979)の世界的大ヒットで知られるフランス人男性シンガー・ソングライター。彼の世界ツアーのバック・ボーカル/ダンサーにMadonnaが在籍していた事は有名。

このシングルは1979年にフランス・Aquarius、アメリカ・Columbiaから発売されたアルバム「Born To Be Alive」からのカット。プロデュースはChocolat'sAmadeoなどを手がけたベルギー人プロデューサーJean Vanloo。ベルギー録音。

●BORN TO BE ALIVE
全米ディスコ・チャートで3週連続ナンバー・ワン、ポップ・チャートでも最高16位まで上昇する大ヒットを記録した彼最大のヒット曲。ハード・ロック風のアッパーなギター・リフで始まるイントロが印象的なアップリフティングなディスコ・ナンバーで、当時のディスコ・ヒットの絶対条件をすべて満たしたパーフェクトな作品。

このシングル・バージョンは、アメリカ盤7インチ・シングル用にリミックスされたもので、イントロのハンド・クラップが入るタイミングが他国のシングル・バージョンとは異なっている。

DENNIS PARKER / NEW YORK BY NIGHT (1979)

2008.10.09.Thu.00:03
dennis parker-new york by night

SIDE A...NB 986

NEW YORK BY NIGHT
Time: 3:29
(J. Morali-H. Belolo-S. Gaines)
From the Casablanca LP
"LIKE AN EAGLE" NBLP 7140
PRODUCED BY JACQUES MORALI
for Can't Stop Prods.
EXECUTIVE PRODUCER: HENRI BELOLO
Jacques Morali's Asst. & Engineer: Michael Hutchinson
Strings & Horns Arranged & Conducted by Horace Ott

SIDE B...NB 986

I NEED YOUR LOVE
Time: 3:28
(J. Morali-H. Belolo-P. Hurtt)
From the Casablanca LP
"LIKE AN EAGLE" NBLP 7140
PRODUCED BY JACQUES MORALI
for Can't Stop Prods.
EXECUTIVE PRODUCER: HENRI BELOLO
Jacques Morali's Asst. & Engineer: Michael Hutchinson
Strings & Horns Arranged & Conducted by Horace Ott

(P)1979 Casablanca Record & FilmWorks, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●CHORUS LINE
[POP # -/R&B # - /DISCO # 47]

Dennis ParkerWade Nichols)は、70年代後半から80年代前半にかけて活躍した白人ポルノ男優、俳優、シンガー。数多くのポルノ映画(ゲイ・ポルノも含む)に出演した後に、大ヒット・ドラマ「The Edge of Night」(1975-1985)のメイン・キャストに抜擢され、正統派俳優への転身に成功。また、一時期はシンガーとしても活動し「Like An Eagle」(1979)のディスコ・ヒットを放った。

このシングルは1979年にCasablancaから発売されたアルバム「Like An Eagle」からのセカンド・シングル。プロデュースはJacques Morali。アレンジはHorace Ott

●NEW YORK BY NIGHT
ゴージャスなオーケストレーションをバックに非常にドラマティックな展開がなされるメロディアスなディスコ・ナンバー。いかにも当時のJacques Moraliらしい曲調の作品で、サビのメロディーラインがキャッチーで耳に残る。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

●I NEED YOUR LOVE
フィラデルフィアのシンガー・ソングライターPhil Hurttとの共同で制作された、フィリー・ソウルとAORを足して2で割ったような印象の爽やかなミディアム・スロー・ナンバー。

T. T. SOTTO / CHORUS LINE (1975)

2008.10.07.Tue.21:12
t.t. sotto-cholus line

SIDE A...ASG-1003 SD (ASG-1001-SD-S)

CHORUS LINE
Time: 3:22
Arranged & Produced by Joe Beck
Written by T. T. Sotto
Recorded at Sound Ideas, N.Y., N.Y.
T. T. SOTTO

SIDE B...ASG-1003 SD (ASG-1002-SD-S)

LA BAMBA
Time: 3:37
Arranged & Produced by Joe Beck
Recorded at Sound Ideas, N.Y., N.Y.
T. T. SOTTO and FIESTA

(P)1975 Stirling Gold Record / Tellurian Music

BILLBOARD CHART ACTION

●CHORUS LINE
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

T.T. Sotto(Titti Sotto)は、主にラテン・ミュージック畑で活動していたキューバ人男性ミュージシャン、コンポーザー、プロデューサー。日本でもディスコ・ヒットした「Chorus Line」(1975)や、Salsoulのディスコ・プロジェクトCellophaneを手がけた実績を持つ。

このシングルは1975年にStirling GoldからT.T. Sotto名義で発売されたシングル。プロデュース、アレンジはJoe Beck

●CHORUS LINE

1975年に大ヒットしたブロードウェイ・ミュージカル「A Chorus Line」にインスパイアされて制作されたものと思われるミュージカル仕立てのアッパーなファンク・ディスコ・チューン。ミュンヘン・サウンド風のストリングスやジャズ・タッチのファンキーなドラムスのサウンドが印象的な作品で、アメリカだけでなく日本のディスコでもヒットとなった。

浅野ゆう子によるファンキーなカバー・バージョンもある。

●LA BAMBA
メキシコの伝統的な民謡であり、1958年にRitchie Valensによって歌われ世界的に大ヒットした名曲をディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。

JEANNE NAPOLI / LET'S MAKE LOVE (1977)

2008.10.07.Tue.00:29
jeanne napoli-lets make love

SIDE A...Vl-1735-A PROMO

LET'S MAKE LOVE
Time: 3:24
(B. Allen/L. Lopresti/B. Lanzaroni)
Produced & Arranged by Bhen Lanzaroni
for Mr. Vee Productions
From the Album 'JEANNE' (Vl-7003)

SIDE A...Vl-1735-A PROMO

LET'S MAKE LOVE
Time: 3:24
(B. Allen/L. Lopresti/B. Lanzaroni)
Produced & Arranged by Bhen Lanzaroni
for Mr. Vee Productions
From the Album 'JEANNE' (Vl-7003)

(P)1977 Vigor Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LET'S MAKE LOVE
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Jeanne Napoliは、女性ポップ・デュオ・グループ・Napoli & Glassonの元メンバーであり、「Forget That Girl」(1976)や「Let's Make Love」(1977)などのディスコ・ヒットで知られる白人女性シンガー・ソングライター、音楽家。主に映画やブロードウェイ・ミュージカルを手がける音楽家として活躍し、Air Supplyに提供した「I'll Never Get Enough Of You」(1982)は日本で大ヒットしている。意外だが、ニューヨーク五大マフィアの一つ・ジェノベーゼ一家の幹部・James Napoliの妻だった事でも知られる。

●LET'S MAKE LOVE
1977年にVigorから発売されたアルバム「Jeanne」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはVicki Sue RobinsonThe Brothersなどのアレンジを手がけたBhen Lanzaroni

1976年に発売されたThe Brothersのセカンド・アルバム「Don't Stop Now」に収録されていたインストゥルメンタル・ナンバー「Make Love」に新たな歌詞をつけてリメイクしたもの。 ヨーロッパ風の流麗なオーケストレーションに美しいメロディー・ラインが乗ったミディアム・アップ・テンポのディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンと同テイク。リミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルが存在する。

S.O.N.N.Y. (Sound Of New New York) featuring DOOLEY SILVERSPOON and JEANNE BURTON / AMERICAN MUSIC (MADE IN THE U.S.A.) (1976)

2008.10.05.Sun.17:36
s.o.n.n.y.-american music

SIDE A...C6565-1

AMERICAN MUSIC (MADE IN THE U.S.A.) (Pt.1)
Time: 3:40
(Sonny Casella)
arranged, produced and conducted
under the influence of S.O.N.N.Y

SIDE B...C6565-2

AMERICAN MUSIC (MADE IN THE U.S.A.) (Pt.2)
Time: 3:59
(Sonny Casella)
arranged, produced and conducted
under the influence of S.O.N.N.Y

(P)1976 Cotton Records

BILLBOARD CHART ACTION
●AMERICAN MUSIC (MADE IN THE U.S.A.)
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

1976年にニューヨークのディスコ・レーベルCottonのオーナーでありプロデューサーのSonny Casellaが、レーベル所属アーティストであるDooley SilverspoonJeanne Burtonをフューチャーし、S.O.N.N.Y. (Sound Of New New York) featuring Dooley Silverspoon and Jeanne Burton名義で発表した1枚目のシングル。同名義ではもう一枚「Am I Losing You?」(1976)のシングルを発表している。

●AMERICAN MUSIC (MADE IN THE U.S.A.)
Van McCoyEddie Drennonあたりを思わせるポップでキャッチーなメロディーを持ったミディアム・テンポの軽快なモダン・ソウル・ダンサー。カントリーやロックンロールのアレンジを取り入れ、バック・コーラスには少年合唱団を大きくフューチャーするなど、かなり手の込んだ作品となっている。シングル・オンリー。

A面はフル・バージョンの前半部分。
B面はフル・バージョンの後半部分。

MOMENT OF TRUTH / SO MUCH FOR LOVE (1976)

2008.10.04.Sat.21:05
moment of truth-so much for love

SIDE A...SZ-2009

SO MUCH FOR LOVE (VOCAL)
Time: 3:20
(Reid Whitelaw-Norman Bergen)
Produced by Reid Whitelaw and Norman Bergen
for Bergen-Whitelaw Prod., Ltd.
Arranged by Norman Bergen
A TOM MOULTON MIX

SIDE B...SZ-2009

SO MUCH FOR LOVE (INSTRUMENTAL)
Time: 3:20
(Reid Whitelaw-Norman Bergen)
Produced by Reid Whitelaw and Norman Bergen
for Bergen-Whitelaw Prod., Ltd.
Arranged by Norman Bergen
A TOM MOULTON MIX

(P)1976 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●SO MUCH FOR LOVE
[POP # -/R&B # - /DISCO # 14]

Moment Of Truthは、ニューヨークを拠点に活動していたセッション・シンガーを集めて結成された黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。主なヒット曲に「Helplessly」(1975)、「So Much For Love」(1976)、「Lovin' You Is Killin' Me」(1977)など。Salsoulから発売された唯一のアルバム「Moment Of Truth」(1977)がソウル/ディスコ・ファンの間で高い人気を誇っている。

●SO MUCH FOR LOVE
1976年にSalsoul移籍第1弾として発売されたシングル。プロデュースはReid WhitelawNorman Bergen。アレンジはNorman Bergen。リミックスはTom Moulton。1977年発売のアルバム「Moment Of Truth」収録。

フィラデルフィアのソウル・グループThe Intrudersあたりがやりそうな雰囲気を持ったフィラデルフィア・ソウル風のメロディアスなディスコ/ソウル・ナンバー。日本では「愛はこれっきり」の邦題で12インチ・シングルが発売されている。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。7インチ・シングルにのみ収録。

THE BOB CREWE GENERATION / MENAGE A TROIS (1976)

2008.10.03.Fri.21:15
bob crewe generation-menage a trois

SIDE A...E-45380-A (Short)

MENAGE A TROIS
Time: 3:43
Produced by Bob Crewe
From The Album "Street Talk"

SIDE B...E-45380-B

"FREE"(MEDLEY)
"I AM..."/"FREE..."/"KEEP ON WALKIN'"

Time: 4:48
Vocal by Bob Crewe
Produced by Bob Crewe
From The Album "Street Talk"

(P)1976 Elektra Records

BILLBOARD CHART ACTION
●MENAGE A TROIS
[POP # - /R&B # -/DISCO # 27]

●FREE
[POP # - /R&B # -/DISCO # 27]

Bob Crewe Generationは、60年代から70年代にかけて数多くの人気アーティストを手がけたベテラン・プロデューサーBob Creweが自ら率いるインストゥルメンタル・ソフト・ロック/ディスコ・グループ。代表曲はペプシ・コーラのCMソングだった「Music To Watch Girl By」(1967)。

このシングルは1976年にElektraから発売されたアルバム「Street Talk」からのカット。プロデュースはBob Crewe。クレジットされていないが両面共にBob CreweTrevor Veitchのペンによるもの。

●MENAGE A TROIS
ゴージャスなオーケストレーションとファンキーなリズム・セクション、フランス語を取り入れた歌詞が非常に印象的なミディアム・テンポのポップなディスコ・ナンバー。2006年にBBEから発売されたミックスCD「The Kings of Diggin'/Kon & Amir、DJ Muro」にもセレクトされている。

このシングル・バージョンはElektraレーベル初の12インチ・シングルに収録された"Special New Mix For Discos"をエディットしたもの。クレジットされていないがリミックスはTom Moulton。イントロがアルバム・バージョンとは全く異なっており、"Menage A Trois...Do it!"の掛け声からパーカッシブなドラム・ブレイクになだれ込む、ディスコ仕様のファンキーなバージョンとなっている。

●"FREE"(MEDLEY)
 "I AM..."/"FREE..."/"KEEP ON WALKIN'"

"I am..."/"Free..."/"Keep On Walkin'"のスリー・パートで構成されたメドレー形式のアップテンポのポップ・ディスコ・チューン。リード・ボーカルはBob Crewe


RAY DAHROUGE / I CAN SEE HIM MAKIN' LOVE TO YOU, BABY (1979)

2008.10.03.Fri.04:09
ray dahrouge-i can see him makin love to ypu, baby

SIDE A...PD 14543

I CAN SEE HIM MAKIN' LOVE TO YOU, BABY
SHORT VERSION

Time: 3:30
(Ray Dahrouge)
From Polydor Album PD-1-6189
"RANDEZVOUS WITH DESTINY"
Produced by Billy Terrell and Ray Dahrouge
for Cherry Hill Prod., Inc.
Arranged and Conducted by John Davis

SIDE B...PD 14543

I CAN SEE HIM MAKIN' LOVE TO YOU, BABY
LONG VERSION

Time: 5:00
(Ray Dahrouge)
From Polydor Album PD-1-6189
"RANDEZVOUS WITH DESTINY"
Produced by Billy Terrell and Ray Dahrouge
for Cherry Hill Prod., Inc.
Arranged and Conducted by John Davis

(P)1979 Polydor Incorporated

BILLBOARD CHART ACTION
●I CAN SEE HIM MAKIN' LOVE TO YOU, BABY
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Ray Dahrougeは、Street PeopleL.T.D.Charles Drainなどの作品を手がけた事で知られる白人男性シンガー、ソングライター、プロデューサー。ソウル・ボーカル・グループStreet Peopleのメンバーであり、リーダーだった事でも知られる。ソロでのヒット曲に「Lifetime Guarantee of Love」(1977)、「Steppin' Out」(1979)など。

●I CAN SEE HIM MAKIN' LOVE TO YOU, BABY
1979年にPolydorから発売されたアルバム「Rendezvous With Destiny」からのファースト・シングル。プロデュースはBilly TerrellRay Dahrouge。アレンジはJohn Davis。演奏はJohn Davis & The Monster Orchestra

とてもポップで憶えやすいメロディーを持ったアップテンポのストレートなディスコ・ナンバーで、ヒット性を兼ね備えたポップ調の作品を作る事で定評のある彼らしい作品。元々は1974年にThe Mayberry Movementに提供した作品をセルフ・リメイクしたもので、ここではJohn Davisのアレンジなだけあって、いかにもこの時期の典型的なフィリー・ディスコといった感じの作品に仕上がっている。

A面はショート・バージョン
B面はロング・バージョン。試聴は中盤のブレイクから。

※イギリスの白人男性2人組ボーカル・グループThe Anderson Brothersによるカバー「I Can See Him Loving You」(1978)が、ノーザン・ソウル/モダン・ソウルの流れで人気が高い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。