FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年10月
ARCHIVE ≫ 2008年10月
      

≪ 前月 |  2008年10月  | 翌月 ≫

T. T. SOTTO / CHORUS LINE (1975)

t.t. sotto-cholus line

SIDE A...ASG-1003 SD (ASG-1001-SD-S)

CHORUS LINE
Time: 3:22
Arranged & Produced by Joe Beck
Written by T. T. Sotto
Recorded at Sound Ideas, N.Y., N.Y.
T. T. SOTTO

SIDE B...ASG-1003 SD (ASG-1002-SD-S)

LA BAMBA
Time: 3:37
Arranged & Produced by Joe Beck
Recorded at Sound Ideas, N.Y., N.Y.
T. T. SOTTO and FIESTA

(P)1975 Stirling Gold Record / Tellurian Music

BILLBOARD CHART ACTION

●CHORUS LINE
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

T.T. Sotto(Titti Sotto)は、主にラテン・ミュージック畑で活動していたキューバ人男性ミュージシャン、コンポーザー、プロデューサー。日本でもディスコ・ヒットした「Chorus Line」(1975)や、Salsoulのディスコ・プロジェクトCellophaneを手がけた実績を持つ。

このシングルは1975年にStirling GoldからT.T. Sotto名義で発売されたシングル。プロデュース、アレンジはJoe Beck

●CHORUS LINE

1975年に大ヒットしたブロードウェイ・ミュージカル「A Chorus Line」にインスパイアされて制作されたものと思われるミュージカル仕立てのアッパーなファンク・ディスコ・チューン。ミュンヘン・サウンド風のストリングスやジャズ・タッチのファンキーなドラムスのサウンドが印象的な作品で、アメリカだけでなく日本のディスコでもヒットとなった。

浅野ゆう子によるファンキーなカバー・バージョンもある。

●LA BAMBA
メキシコの伝統的な民謡であり、1958年にRitchie Valensによって歌われ世界的に大ヒットした名曲をディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。

JEANNE NAPOLI / LET'S MAKE LOVE (1977)

jeanne napoli-lets make love

SIDE A...Vl-1735-A PROMO

LET'S MAKE LOVE
Time: 3:24
(B. Allen/L. Lopresti/B. Lanzaroni)
Produced & Arranged by Bhen Lanzaroni
for Mr. Vee Productions
From the Album 'JEANNE' (Vl-7003)

SIDE A...Vl-1735-A PROMO

LET'S MAKE LOVE
Time: 3:24
(B. Allen/L. Lopresti/B. Lanzaroni)
Produced & Arranged by Bhen Lanzaroni
for Mr. Vee Productions
From the Album 'JEANNE' (Vl-7003)

(P)1977 Vigor Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LET'S MAKE LOVE
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Jeanne Napoliは、「Forget That Girl」(1976)や「Let's Make Love」(1977)などのディスコ・ヒットで知られる白人女性シンガー・ソングライター、音楽家。主に映画やブロードウェイ・ミュージカルを手がける音楽家として活躍し、Air Supplyに提供した「I'll Never Get Enough Of You」(1982)は日本で大ヒットしている。また、ニューヨーク五大マフィアの一つ・ジェノベーゼ一家の幹部・James Napoliの妻だった事でも有名。

●LET'S MAKE LOVE
1977年にVigorから発売されたアルバム「Jeanne」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはVicki Sue RobinsonThe Brothersなどのアレンジを手がけたBhen Lanzaroni

1976年に発売されたThe Brothersのセカンド・アルバム「Don't Stop Now」に収録されていたインストゥルメンタル・ナンバー「Make Love」に新たな歌詞をつけてリメイクしたもの。 ヨーロッパ風の流麗なオーケストレーションに美しいメロディー・ラインが乗ったミディアム・アップ・テンポのディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンと同テイク。リミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルが存在する。

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム