FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年10月
ARCHIVE ≫ 2008年10月
      

≪ 前月 |  2008年10月  | 翌月 ≫

SKIP MAHOANEY & THE CASUALS / RUNNING AWAY FROM LOVE (1976)

skip mahoaney  the casuals-running away from love

SIDE A...Abet 9468

RUNNING AWAY FROM LOVE
Time: 3:32
Intro :32
(Skip Mahoaney & James Purdie)
Produced By James Purdie for Dancer Prod.
From their Abet LP #410 LAND OF LOVE

SIDE B...Abet 9468

THIS IS MY LAST TIME
Time: 4:57
Intro :47
(Skip Mahoaney & James Purdie)
Produced By James Purdie for Dancer Prod.
From their Abet LP #410 LAND OF LOVE

(P)1976 abet/Nashboro Record Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●RUNNING AWAY FROM LOVE
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Skip Mahoaney & The Casualsは、ワシントンDCを拠点に活動していた黒人男性ボーカリストSkip Mahoaneyを中心に結成された黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはSkip MahoaneyTracy ReidJulius RogersElwood Morgen。1974年に発売されたファースト・アルバム「Your Funny Moods」が熱心なソウル・ファンの間で高く評価されている。

このシングルは1976年にNashboro傘下abetから発売されたセカンド・アルバム「Land of Love」からのサード・シングル。プロデュース、アレンジはJames Purdie。ワシントンDCでレコーディング、フィラデルフィア・シグマ・サウンド・スタジオでミックス・ダウンが行われている。

●RUNNING AWAY FROM LOVE
フィリー・ソウルの影響を強く受けたアレンジがなされたミディアム・アップ・テンポのメロディアスなディスコ/ソウル・ナンバー。イントロが岩崎宏美の「シンデレラ・ハネムーン」(1978)に似ている。

このシングル・バージョンは12インチ・シングルに収録されたリミックス・バージョンをエディットしたもので、アルバム・バージョンにはなかったサックス・ソロがある。

●THIS IS MY LAST TIME
全体的にジャズ・タッチのオシャレなアレンジがなされたスイートなスロー・バラード。Skip Mahoaneyの突き抜けるように伸びるファルセット・ヴォイスが素晴らしい。良い曲。


HOT BLOOD / BABY FRANKIE STEIN (1977)

hot blood-baby frankie stein

SIDE 1...49.256

BABY FRANKIE STEIN
Time: 4:54
(L. Melwing-M. Ambruster-P. Duc)
HOT BLOOD Prod.

SIDE 2...49.256

TERROR ON THE DANCE FLOOR
Time: 5:44
(L. Melwing-M. Ambruster-P. Duc)
HOT BLOOD Prod.

(P)1977 Carrere/Hot Blood (France)

BILLBOARD CHART ACTION
● BABY FRANKIE STEIN
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Hot Bloodは、DalidaMadleen Kaneなどを手掛けたフランスのヒットメイカー・Michaele, Lana & Paul Sebastianの3人を中心とするフランスのディスコ・プロジェクト。レコーディングはドイツで行われ、Silver Conventionとほぼ同じレコーディング・メンバーで構成されている。「Soul Dracula」(1975)の世界的ヒットで知られる。

このシングルはフランス・Carrereから発売されたアルバム「Dracula And Co.」(アメリカ盤タイトル「Disco Dracula」)からのカット。アレンジはBoney M.などのアレンジを手がけたStefan Klinkhammer

●BABY FRANKIE STEIN
Boney M.の初期のヒット曲と共通する音作りがなされたミディアム・アップ・テンポの典型的ミュンヘン・ディスコ・チューン。

このシングル・バージョンはフランス盤7インチ・シングル用にリミックスされたもの。イントロや一部のボーカル・パートがアルバム・バージョンとは異なっている。
※タイム表記が誤っており、実際のタイムは4分12秒。

TERROR ON THE DANCE FLOOR
アメリカ、日本ではシングルのA面として発売された作品で、アルバム収録曲に登場するフレーズ(「Dracula」「Frankenstein」「Blackmail」など)を盛り込んだ、お遊び的要素が強めのディスコ・ナンバー。典型的ミュンヘン・サウンド。
Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム