FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年10月
ARCHIVE ≫ 2008年10月

GLORIA JONES / BRING ON THE LOVE (Why Can't We Be Friends Again) (1977)

gloria jones-bring on the love

SIDE A...4563

BRING ON THE LOVE
(Why Can't We Be Friends Again)

Time: 3:55
(G. R. & A. Jones-DePasse)
Produced by Richard Jones
Arranged by Paul Riser and Richard Jones
Recorded In England

SIDE B...4563

CRY BABY
Time: 3:05
(G. Jones-M. Bolan)
Produced by Marc Bolan
Arranged by Jimmy Haskell
Recorded In England

(P)1976/1977 Captol Records/EMI Records Limited

BILLBOARD CHART ACTION
●BRING ON THE LOVE (Why Can't We Be Friends Again)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Gloria Jones (LaVerne Ware)は、60年代から80年代にかけて数多くのアーティストのヒット曲を手がけた実績を持つ黒人女性シンガー・ソングライター、プロデューサー。イギリスのロック・バンドT-Rexのリード・ボーカルとして活躍したMarc Bolanの内縁の妻だった事でも知られる。

このシングルは1977年にアメリカ・Capitol移籍後に発売された1枚目のシングル。

●BRING ON THE LOVE (Why Can't We Be Friends Again)
1978年にCaptolから発売されたアルバム「Windstorm」からのカット。プロデュースはRichard Jones。アレンジはPaul RiserRichard Jones。ロサンゼルス録音。

哀愁感漂うポップで美しいメロディー・ラインと歌詞、彼女の情感のこもった歌唱が素晴らしいラブ・ソング。非常に良く出来た曲。

●CRY BABY
1976年にイギリス・EMIから発売されたアルバム「Vixen」からのカット。プロデュースはMarc Bolan。アレンジはJimmy Haskell。イギリス録音。

UKロック色が色濃いミディアム・テンポのリズミカルなポップ・ソウル・ナンバー。

THE WING AND A PRAYER FIFE AND DRUM CORPS. / BABY FACE (1975)

wing  a prayer-baby face

SIDE AA...HS-103

BABY FACE
Time: 6:38
(B. Davis & H. Akst)
A Record by Stephen Y. Scheaffer And Harold Wheeler
Recorded at Soundtek Studios, N.Y.
SPECIAL LONG VERSION

SIDE AA...HS-103

BABY FACE
Time: 3:34
(B. Davis & H. Akst)
A Record by Stephen Y. Scheaffer And Harold Wheeler
Recorded at Soundtek Studios, N.Y.

(P)1975 Wing And A Prayer

BILLBOARD CHART ACTION
●BABY FACE
[POP # 14 /R&B # 32 /DISCO # 1 ]

The Wing And A Prayer Fife And Drum Corps.は、ブロードウェイ・ミュージカルなどのアレンジャーとして活躍したHarold WheelerStephen Y. Scheafferが手がけたディスコ・プロジェクト。「Ease On Down The Road」(1975)のディスコ・ヒットを放ったConsumer Rapportの変名であり、構成は全く同じ。「Baby Face」(1975)の大ヒットを持つ。

●BABY FACE
1975年にAtlantic傘下Wing And A Prayerから発売されたファースト・シングル。プロデュースはHarold WheelerStephen Y. Scheaffer。ボーカルはVivian CherryLinda NovemberArlene MartellHelen Miles。1976年発売のアルバム「Baby Face」収録。

1926年にHarry AkstBenny Davisが書き、Jan Garber & His Orchestraで大ヒットしたスタンダード・ナンバーをフィラデルフィア・ソウル風のディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。ジャズ風のソリッドな女性コーラスと中盤以降のファンキーなディスコ・ブレイクが良い。

A面はロング・バージョン。アルバム・バージョンと同テイク。
B面はショート・バージョン。
Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム