スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE RITCHIE FAMILY / ISTANBUL (Not Constantinople) (1979)

2009.01.31.Sat.00:00
the ritchie family-istanbul

SIDE 1...SFL-2465

ISTANBUL (Not Constantinople)
Time: 4:04
(J .Kennedy/N. Simon)
Produced & Arranged by Jacques Morali
and Ritchie Rome for Can't Stop Production Inc., N.Y.C.
General Supervisor: Henri Belolo
Licensed by: CAN'T STOP PRODUCTIONS, INC.

SIDE 2...SFL-2465

IN A PERSIAN MARKET
(Show Me How You Dance)

Time: 4:27
(A.W. Ketelbey)
Produced & Arranged by Jacques Morali
and Ritchie Rome for Can't Stop Production Inc., N.Y.C.
General Supervisor: Henri Belolo
Licensed by: CAN'T STOP PRODUCTIONS, INC.

(P)1976/1979 Philips (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●ISTANBUL (Not Constantinople)
[POP # - /R&B # - /DISCO # 4 (Lp all cuts)(1976)]

●IN A PERSIAN MARKET (Show Me How You Dance)
[POP # - /R&B # - /DISCO # 4 (Lp all cuts)(1976)]

The Ritchie Familyは、Village Peopleなどの成功で知られるフランス人ディスコ・プロデューサーJacques Moraliが、フィラデルフィアのプロデューサー、アレンジャーRichard Romeと組んでスタートさせた黒人女性3人組ディスコ・グループ。当初は実体のないディスコ・プロジェクトだったが、デビュー曲「Brazil」(1975)の大ヒットを受け実体化した。主なヒット曲に「The Best Disco In Town」(1976)、「Life Is Music」(1977)、「I'll Do My Best」(1982)など多数。

このシングルは1979年に日本・Philipsから発売されたリミックス・アルバム「The Ritchie Family Again」からのカット。元々は1976年に発売されたアルバム「Arabian Nights」収録曲を日本独自でリミックスしたもの。プロデュースJacques Morali。アレンジはRichard Rome。演奏はMFSB。ボーカルはCheryl JacksCassandra WootenGwen Oliver

ISTANBUL (NOT CONSTANTINOPLE)
カナダのボーカル・グループThe Four Ladsが1953年に放った大ヒット曲をフィラデルフィア流のディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。原曲の歌詞からオリジナルのフランス語を織り交ぜた独自のシンプルな歌詞に改変、さらに新たなメロディーを追加するなど、独自解釈がなされたバージョンとなっている。

元々はアルバム「Arabian Nights」のB面に収録の「Arabian Nights (Medley)」からの一曲で、このリミックス・バージョンはオリジナルよりもピッチが早くなっている。

●IN A PERSIAN MARKET (SHOW ME HOW YOU DANCE)
イギリスの作曲家Albert W. Ketélbeyが1929年に作曲したクラシックの名曲「ペルシャの市場にて」をフィラデルフィア流のディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。これもオリジナルの歌詞を加えた独自解釈がなされたバージョンとなっている。

元々はアルバム「Arabian Nights」のB面に収録の「Arabian Nights (Medley)」からの一曲。


スポンサーサイト

EBONEE WEBB / SOMETHING ABOUT YOU (1981)

2009.01.30.Fri.01:51
ebonee webb-something about you

SIDE A...A-5044

SOMETHING ABOUT YOU
Time: 3:54
(Allen Jones)
(from the LP"EBONEE WEBB"ST-12148)
Produced by Allen Jones & Anthony Taylor
for UNISOUND Productions

SIDE B...A-5044

THROW DOWN
Time: 3:50
(Winston-Taylor-Coleman)
(from the LP"EBONEE WEBB"ST-12148)
Produced by Allen Jones & Anthony Taylor
for UNISOUND Productions

(P)1981 Capitol Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●SOMETHING ABOUT YOU
[POP # -/R&B # 16 /DISCO # 54]

Ebonee WebbEbony-Web)は、70年代から80年代初頭にかけて、メンフィスを拠点に活動していたセルフ・コンテインド・ファンク・バンド。結成当時はHiレーベルから数枚のシングルを発表するもヒットせず、1978年に日本で発表したシングル「ディスコお富さん」が大ヒット。その後、Bar-Kaysを成功させたプロデューサーAllen Jonesに見出され、本国アメリカで「Anybody Wanna Dance」「Something About You」(1981)のヒットを放った。

このシングルは1981年にCapitolから発売されたアルバム「Ebonee Webb」からのセカンド・シングル。プロデュースはAllen JonesAnthony Taylor。メンフィス録音。

●SOMETHING ABOUT YOU
彼らのアメリカでの最大のヒット曲であり、代表曲のひとつ。カッティング・ギターを主体としたBar-Kays譲りのカッチリとしたファンク・サウンドが展開されるダンサブルなファンク・ナンバー。

●THROW DOWN
彼らの人気曲の一つで、1983年発売のシングル「Too Hot To Be Cool」のB面にも再収録された作品。骨太なリズム・セクションに強力なベース・ラインが絡むダンサブルなファンク・ナンバー。

BILLY NICHOLS / DIAMOND RING (1979)

2009.01.29.Thu.19:46
billy nichols-diamond ring

SIDE 1,,,WES 1226-B

MY WOMAN
Time: 3:50
(B. Nichols)
Produced By Billy Nichols for
Saunders, Nichols, Weber

SIDE 2,,,WES 1226-A

DIAMOND RING
Time: 3:48
(B. Nichols)
Produced By: Saunders, Nichols, Weber

(P)1979 West End

BILLBOARD CHART ACTION
●MY WOMAN
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Billy Nicholsは、B.T. Expressに数多くのヒット曲を提供し、自身も「Give Your Body Up To The Music」(1979)のディスコ・ヒットを持つ黒人男性シンガー・ソングライター、プロデューサー、ギタリスト。

このシングルは1979年にWest Endから発売された通算2枚目のシングル。

●MY WOMAN
ファンキーな作品を多く書く彼には珍しいサザン・ソウル風味のオーソドックスなソウル・ナンバー。West Endレーベルから、この様なタイプの作品がシングルのA面で発売されるのは非常に珍しい。プロデュースはBilly Nichols

●DIAMOND RING
The Temptationsの「Get Ready」(1966)を思わせるアップテンポのファンキーなソウル/ディスコ・チューン。彼のボーカルがBunny Sigler風なのが面白い。プロデュースはAndre SaundersBilly NicholsHarry Weber

このシングル・バージョンは、1980年に制作されたプロモーション用非売品12インチ・シングルのB面に収録されているオリジナル・バージョンをエディットしたもの。一般発売盤にはLarry Levan Mixが収録されている。

BOMBERS / (EVERYBODY) GET DANCIN' (1979)

2009.01.29.Thu.14:25
bombers-get dancin

SIDE 1...WES 1215

(EVERYBODY) GET DANCIN'
Time: 3:22
(M. Jones-M. Simon)
(From Their Second Album "Bombers Two"WE 106)
Produced by: George Lagios and Pat Desario

SIDE 2...WES 1215

DON'T STOP THE MUSIC
Time: 3:41
(Kurt Hauenstein)
(From Their First Album "Bombers"WE-104)
Produced by George Lagios
Assistant Producers Pat Desario & John Pantis

(P)1979 West End

BILLBOARD CHART ACTION
●(EVERYBODY) GET DANCIN'
[POP # -/R&B # 79 /DISCO # 3]

●DON'T STOP THE MUSIC
[POP # -/R&B # - /DISCO # 3]


Bombersは、カナダ人ディスコ・プロデューサーPat DeserioGeorge Lagiosが手がけたカナダのディスコ・プロジェクト。「The Mexican」(1978)や「(Everybody) Get Dancin'」(1979)のディスコ・ヒットで知られる。

●(EVERYBODY) GET DANCIN'
1979年にWestendから発売されたセカンド・アルバム「Bombers 2」からのカット。プロデュースはPat DeserioGeorge Lagios。アレンジはLee Gagnon

彼らにとって最大のヒットを記録したナンバーで、ポップでキャッチーなメロディを持った、当時の典型的なスタイルのディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンは、アルバム、12インチ・シングルとも異なるシングル・ミックス。

●DON'T STOP THE MUSIC
1978年にWestendから発売されたファースト・アルバム「Bombers」からのカット。プロデュースはGeorge Lagios

ドイツのプログレッシブ・ディスコ・グループ・Supermaxが1977年に発売したアルバム・タイトル曲のカバー。ラテン・パーカッションを効果的に使った実験的要素が強めのプログレッシブなインストゥルメンタル・ナンバーで、こちらもオリジナルと殆ど違いのないアレンジとなっており、特筆する点はない。

THE UNIVERSAL ROBOT BAND / FREAK WITH ME (1978)

2009.01.29.Thu.13:58
universal robot band-freak with me

SIDE 1...RG-217

FREAK WITH ME
Time: 3:12
(P. Adams-G. Carmichael)
Produced by: G. Carmichael & P. Adams
Arranged by: P. Adams

SIDE 2...RG-217

FREAK WITH ME
Time: 4:00
(P. Adams-G. Carmichael)
Produced by: G. Carmichael & P. Adams
Arranged by: P. Adams

(P)1978 Red Greg Enterprises, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●FREAK WITH ME
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Universal Robot Bandは、ニューヨークを拠点に活動していたディスコ・プロデューサーGreg CarmichaelPatrick Adamsが手がけたディスコ・プロジェクト。「Keep Your Body Workin'」(1979)のヒットで知られるディスコ・ファンク・バンドKleeerの前身として知られる。主なヒット曲に「Dance And Shake Your Tambourine」(1976)、「Barely Breaking Even」(1982)など。

FREAK WITH ME
1978年にRed Gregから発売されたセカンド・アルバム「Freak in the Light of the Moon」からのシングル・カット。プロデュースはGreg CarmichaelPatrick Adams。アレンジはPatrick Adams

Patrick Adamsのブっ飛んだシンセ・ソロやDonna McGheeによるセクシーな喘ぎ声がなんとも下世話でドラッギーな雰囲気を醸し出すアップテンポのシンプルなディスコ・ナンバー。

A面はショート・バージョン
B面は12インチ・シングルのB面に収録されている別エディットのショート・バージョン。



JUN SUGISAWA / SUNA NI KIETA NAMIDA (1979)

2009.01.28.Wed.01:54
jun sugisawa-suna ni kieta namida

SIDE A...GK 336

砂に消えた涙
SUNA NI KIETA NAMIDA

Time: 4:59
漣 健児 訳/P. Soffici-A. Testa 曲/大浜和史 編曲

SIDE B...GK 336

LOVE AND NIGHT
Time: 4:07
岡田冨美子 作詩/大浜和史 作・編曲

(P)1979 King Record Co., Ltd. Japan

杉沢 順は、ピンク・レディが所属していたプロダクションT&C Musicに在籍していた女性アイドル歌手。2枚のシングルを残しているが詳細は不明。イタリア人女性シンガーMinaのヒット曲「砂に消えた涙Un buco nella sabbia)」のディスコ・カバーで知られる。

このシングルは1979年に日本・Kingから発売されたデビュー・シングル。

●砂に消えた涙
イタリア人女性シンガーMinaが1964年に世界的に大ヒットさせた名曲「Un buco nella sabbia(邦題・砂に消えた涙)」のカバー。数多くあるカバーの中でも異彩を放つのがこのバージョンで、原曲の持つ切なさや重苦しさを完全に排除し、ラテン・タッチのビートを強調した爽やかなディスコ・バージョンに変身させている。

Jun & Toropical Kids Disco Band名義での英語バージョン「Easy Free」を収録したプロモーション用非売品12インチ・シングルが存在する。

●LOVE AND NIGHT
こちらもA面同様、軽快なライト・ディスコ・チューン。



BROADWAY / YOU TO ME ARE EVERYTHING (1976)

2009.01.27.Tue.01:28
broadway-you to me are everything

SIDE A...G 540 AS

YOU TO ME ARE EVERYTHING
Time: 3:36
(Ken Gold, Micky Denne)
Produced by Tony Sylvester
Arranged and Conducted by Pat Adams

SIDE A...G 540 AS

YOU TO ME ARE EVERYTHING
Time: 3:36
(Ken Gold, Micky Denne)
Produced by Tony Sylvester
Arranged and Conducted by Pat Adams

(P)1976 Granite Records Corp.

BILLBOARD CHART ACTION

●YOU TO ME ARE EVERYTHING
[POP # 86 /R&B # 73 /DISCO # -]

Broadwayは、正体不明の謎の男性ボーカル・グループ。同名グループが多く実体が掴めないが、恐らく白人グループではないかと思われる。「You To Me Are Everything」(1976)が唯一のシングル。

●YOU TO ME ARE EVERYTHING
1976年にGraniteから発売されたシングル。プロデュースはTony Silvester(Main Ingredient)。アレンジはPatrick Adams

イギリスのソウル・ボーカル・グループThe Real Thingが同年に放った大ヒット曲のカバー。比較的オリジナルに忠実なアレンジがなされているが、情感をこめた迫力のあるボーカルはなかなかのもの。R&Bチャートだけでなく、ポップ・チャートでもスマッシュ・ヒットとなった。

※B面に「Our Love Has Come To An End」を収録した盤が存在するが、入手困難となっている。

TOUCH OF CLASS / DON'T WANT NO OTHER LOVER (1976)

2009.01.26.Mon.00:00
touch of class-dont want no other lover

SIDE A...MB-10545

DON'T WANT NO OTHER LOVER
Time: 3:15
(M. Steals-M. Steals)
Produced and Arranged by John Davis
for Midland International Records, Inc

SIDE B...MB-10545

GOD BLESS YOU
Time:2:50
(M. Steals-M. Steals)
Produced and Arranged by John Davis
for Midland International Records, Inc

(P)1976 Midland International Records,Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●DON'T WANT NO OTHER LOVER
[POP # - /R&B # 85 /DISCO # -]

Touch Of Classは、フィラデルフィアを拠点に活動していた黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはPete JacksonGerald JacksonHerbert BrevardMichael Hailstock。メンバーのPete JacksonGerald Jacksonはソングライターとしても活躍しており、Vicki Sue Robinsonへ提供した「Turn The Beat Around」(1976)が大ヒットしている。

このシングルは1976年にMidland Internationalから発売された通算2枚目のシングル。プロデュース、アレンジはJohn Davis。シングル・オンリー。

●DON'T WANT NO OTHER LOVER
デビュー曲「I'm In Heaven」を提供したMelvin StealsMervin Steals(Mystro & Lyric)のコンビのペンによるミディアム・テンポの軽快なフィリー・ダンサー。

1976年暮に発売されたシングル「You Got To Know Better」のB面に再収録。ディスコ・バージョンを収録したプロモーション用非売品12インチ・シングルが存在する。

●GOD BLESS YOU
少しクセのあるリード・ボーカルが歌い上げる美しいメロディー・ラインを持ったスイートなスロー・バラード。

EXECUTIVE SUITE / WHEN THE FUEL RUNS OUT (1973)

2009.01.25.Sun.00:00
executive suite

SIDE A...BRC 1111

WHEN THE FUEL RUNS OUT
Time: 3:35
(Harris-Felder-Sigler)
Produced and Arranged by Harris, Baker, Young
Spiritual Advisor: Bunny Sigler

SIDE B...BRC 1111

YOU GOT IT (Part ll)
Time: 2:34
(Sigler-Hurtt)
Produced and Arranged by Bobby Martin

(P)1973 Babylon Recording Corp.

BILLBOARD CHART ACTION

●WHEN THE FUEL THE RUNS OUT
[POP # - /R&B # 48 /DISCO # - ]

Executive Suiteは、フィラデルフィアを拠点に活動していた黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはVince UntoHenry TutenWilliam TylerCharles ConyersDaryl Hallが一時的にボーカルで参加していた事でも知られる。主なヒット曲に「When The Fuel Runs Out」(1973)、「Your Love Is Paradise」(1974)など。

このシングルは1973年にBabylonから発売されたシングル。1974年にイギリス・Polydorから発売されたアルバム「Executive Suite 1」収録。

●WHEN THE FUEL RUNS OUT
ポップでキャッチーな高揚感のあるメロディー・ラインに彼らのボーカルとコーラスが絶妙に絡み合うアップテンポの軽快なフィリー・ダンサー。この曲のバック・トラックをそのまま使いボーカルを入れ替えたThe Ambitionsによるカバー・バージョンもある。プロデュース、アレンジはNorman HarrisRon BakerEarl Young

●YOU GOT IT (Part ll)
1973年にBabylonから発売されたシングル「I'm A Winner Now」(BRC-1109)のB面に収録されていた「You Got It」の続編。Norman Whitefield風のマッドでサイケデリックなファンク・ナンバー。プロデュース、アレンジはBobby Martin




BENNY TROY / STRANGER IN PARADISE (1976)

2009.01.24.Sat.14:14
benny troy-strangers in paradise

SIDE 1...DEP-1580

STRANGER IN PARADISE
Time: 2:59
(Robert Wright/George Forrest)
Produced by Billy Terrell for Music In Motion
Executive Producer: Mr. Vee Productions
Arranged & Conducted by Pete Dino
Engineers: Nils Salminen/Al Vanderbilt

SIDE 2...DEP-1580

PUT SOME MUSIC IN YOUR SOUL
Time: 2:50
(Billy Terrell)
Produced by Billy Terrell for Music In Motion
Executive Producer: Mr. Vee Productions
Arranged & Conducted by Joe Renzetti
Engineers: Nils Salminen/Al Vanderbilt

(P)1976 DeLite Recorded Sound

BILLBOARD CHART ACTION
●STRANGER IN PARADISE
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Benny Troyは、「I've Always Had You」(1975)や「I Wanna Give You Tomorrow」(1976)のスマッシュ・ヒットで知られる白人男性シンガー・ソングライター。主にコマーシャル・ソングやジングルなどの業界を中心に活動していた。

このシングルは1976年にDe-Liteから発売されたアルバム「Tearin' Me To Pieces」からのカット。プロデュースはBilly Terrell

●STRANGER IN PARADISE
1953年のブロードウェイ・ミュージカル「Kismet」で使用され、1955年にTony Bennettのボーカルで大ヒットしたスタンダード・ナンバーをディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。原曲の素晴らしさには全く及ばないものの、スタンダード・ナンバーのディスコ・アレンジとしては良い出来。アレンジPete Dino

●PUT SOME MUSIC IN YOUR SOUL
David Bowieの「Young Americans」(1974)あたりを思わせるブルー・アイド・ソウル色が強めのミディアム・ナンバー。

SOUTHROAD CONNECTION / YOU LIKE IT, WE LOVE IT (1977)

2009.01.23.Fri.23:35
south road connection-you like it we love it

SIDE A...M-1227-2A

YOU LIKE IT, WE LOVE IT (PT. l)
Time: 3:40
(L. Job-D. Gillman)
Produced by Lionel Job
Arranged by L. Job and D. Gillman
Strings Arranged by L. Job
Mixed by Rafael Charres for S.E.P. Inc.

SIDE B...M-1227-2B

YOU LIKE IT, WE LOVE IT (PT. ll)

Time: 4:35
(L. Job-D. Gillman)
Produced by Lionel Job
Arranged by L. Job and D. Gillman
Strings Arranged by L. Job
Mixed by Rafael Charres for S.E.P. Inc.

(P)1977 Mahogany Records

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU LIKE IT, WE LOVE IT
[POP # - /R&B # 88 /DISCO # 27 ]

Southroad Connectionは、Starpointなどを手がけたプロデューサーLionel Jobによって見出されたニューヨーク出身の黒人男女混成ディスコ・ファンク・バンド。時期によってメンバーが異なるが、主要メンバーはDelwin GillmanSteven FeildsEllsworth ForresterLinda WatsonEugene Faffleyの5人。主なヒット曲に「You Like It, We Love It」(1977)。

●YOU LIKE IT, WE LOVE IT
1977年にMahoganyから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはLionel Job。アレンジはLionel Job。メンバーの一人・Delwin GillmanLionel Job。1978年発売のアルバム「Sweet Ride」収録。

サルサ風のパーカッシブなブレイクからBrass Costruction張りのストリングスの効いたスムースなディスコ・ファンク・サウンドが展開されるダンサブルなインストゥルメンタル・ナンバー。全米ディスコ・チャートにおける唯一のヒット曲。

A面は12インチ・バージョンの前半部分をエディットしたもの。
B面は12インチ・バージョンの後半部分をエディットしたもの。

KOOL & THE GANG / OPEN SESAME (PART. 1) (1976)

2009.01.23.Fri.00:28
kool  the gang-open sesame

SIDE A...DEP-1586

OPEN SESAME (Part l)
Time: 3:48
(R. Bell/Kool & The Gang)
From the LP"OPEN SESAME"(DEP-2023)
Produced by: K.G. Productions
& Mr. Vee Productions
Arrangred by Kool & The Gang

SIDE B...DEP-1586

OPEN SESAME (Part ll)
(GROOVE WITH THE GENIE
)

Time: 4:28
(R. Bell/Kool & The Gang)
From the LP"OPEN SESAME"(DEP-2023)
Produced by: K.G. Productions
& Mr. Vee Productions
Arrangred by Kool & The Gang

(P)1976 DeLite Recorded Sound

BILLBOARD CHART ACTION
●OPEN SESAME (Part l)
[POP # 55 /R&B # 6 /DISCO # 13 ]


Kool & The Gangは、1969年のデビュー以来、長きに渡って世界的な活躍を続けるセルフコンテインド・ファンク・バンド。時代によって音楽スタイルを大きく変化させ、ジャズ・ファンク、R&B、ディスコ、ポップスまで、幅広いジャンルのヒット曲を放っている。主要メンバーはRobert BellRonald BellGeorge BrownRobert MickensDennis ThomasClaydes Charles SmithClifford AdamsRick Westfield。全盛期のリード・ボーカルはJames "J.T." Taylor。主な大ヒット曲に「Jungle Boogie」(1973)、「Ladies' Night」(1979)、「Celebration」(1980)、「Joanna」(1983)など多数。

このシングルは1976年にDe-Liteから発売されたアルバム「Open Sesame」からのカット。プロデュース、アレンジはKool & The Gang

●OPEN SESAME (PART. 1)
彼らが初めて本格的にディスコ・ミュージックにチャレンジし、1977年公開の大ヒット映画「Saturday Night Fever」で使用されたことで知られるアップテンポのゴージャスなディスコ・チューン。彼らのジャズ・ファンク期最後のTop 10ヒット。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンと同テイク。8分に及ぶリミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルが発売されている。

●OPEN SESAME(Part 2)(Groove With The Genie)
7インチ・シングルにのみ収録の別ミックス・バージョン。

CINDY & ROY / CAN YOU FEEL IT (1979)

2009.01.21.Wed.19:20
cindy  roy-can you feel it

SIDE A...NB 2202 AS

CAN YOU FEEL IT
Time: 3:45
(Walter Kahn)
From the Casablanca LP
"FEEL IT" NBLP 7159
Produced & Directed by WALTER KAHN
Executive Producer: Sunshine Group
Arranged by Jack Ebbert

SIDE B...NB 2202 BS

WHILE WE STILL HAVE TIME
Time: 3:59
(Ted Wortham-Cynthia Biggs)
From the Casablanca LP
"FEEL IT" NBLP 7159
Produced & Directed by WALTER KAHN
Executive Producer: Sunshine Group
Arranged by Jack Ebbert

(P)1979 Casablanca Record & FilmWorks, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●CAN YOU FEEL IT
[POP # -/R&B # - /DISCO # 55 ]

●WHILE WE STILL HAVE TIME
[POP # -/R&B # 41 /DISCO # - ]

Cindy & Royは、Van McCoyプロデュースで知られるソウル・グループ New CensationのメンバーだったCindy WallmanRoy Wallmanの夫婦で結成された白人デュオ・グループ。主なヒット曲に「While We Still Have Time」 「Can You Feel It」(1979)。

このシングルは1979年にCasablancaから発売された唯一のアルバム「Feel It」からのカット。プロデュースはKaren Youngの成功で知られるWalter Khan。アレンジはJack Ebbert

●CAN YOU FEEL IT
Walter Khanのペンによるアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。

●WHILE WE STILL HAVE TIME
Cynthia BiggsTheodore Wortham Sr.の共作によるフィリー・ソウル風のスイートなミディアム・スロー・バラード。非常に良く出来た曲で、シングルのB面であるにも関わらずスマッシュ・ヒットを記録している。

THE BOYSTOWN GANG / REMEMBER ME/AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH SUITE (1981)

2009.01.21.Wed.03:42
boystown gang-aint no mountain high enough

SIDE A...BTG-233-AA

REMEMBER ME/
AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH SUITE

Time: 4:44
Intro :16
(Ashford/Simpson)
Produced by Bill Motley
From the Album "Cruisin' The Streets"
Moby Dick Records BTG-231

SIDE B...BTG-233-B

CRUISIN' THE STREETS
Time: 3:31
Intro :32
(Bill Motley)
Produced by Bill Motley
Executive Producers: Victor Swedosh & Stan Morriss
From the Album "Cruisin' The Streets"
Moby Dick Records BTG-231

(P)1981 Moby Dick Records

BILLBOARD CHART ACTION
REMEMBER ME/AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH SUITE
[POP # /R&B # - /DISCO # 5]

●CRUISIN' THE STREETS
[POP # /R&B # - /DISCO # 5]

Boys Town Gangは、「Remember Me/Ain't No Mountain High Enough Suite」(1981)や「Can't Take My Eyes Off You」(1982)などの世界的大ヒットで一世を風靡したサンフランシスコ出身の黒人白人男女混成ディスコ/ハイ・エナジー・グループ。1981年当時のメンバーはCynthia ManleyJackson MooreRobin CharinDon WoodTom MorleyKeith Stewart。グループ名はロサンゼルスのゲイバーなどが集中する地域「Boys Town」に由来するもの。

このシングルは1981年にMoby Dickから発売されたファースト・アルバム「Cruisin' The Street」からのカット。プロデュース、アレンジはBill Motley。リード・ボーカルはCynthia Manley

●REMEMBER ME/AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH SUITE

Diana Rossが1970年に放った大ヒット曲「Remember Me」と「Ain't No Mountain High Enough」をメドレー形式のディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。81年当時としては古いタイプのディスコ・サウンドであるにも関わらず、全米のディスコを中心に大ヒットとなった。

●CRUISIN' THE STREET
Moby Dick社長のBill Motleyのペンによるファンキー・タッチのディスコ・ナンバー。彼らの作品の中では最もキワドイ内容の作品で、アルバム・バージョンではゲイ・カップル、男女入り乱れての路上でのセックス・シーンがある。ベースラインがEdwin Starrのディスコ・ヒット「Contact」(1978)と良く似ている。

THE RITCHIE FAMILY / I WANT TO DANCE WITH YOU (DANCE WITH ME) (1975)

2009.01.16.Fri.21:42
the ritchie family-i want to dance with you

SIDE A...TC-2252 (M-2252-AS)RE-1

I WANT TO DANCE WITH YOU
(DANCE WITH ME)

Intro Time: 0:09
Total Time: 3:23
(J. Morali-H. Belolo-B. Whitehead)
From the 20th Century Album
BRAZIL T-498
Recorded at Sigma Sound Studios, Philadelphia, Pa
Produced by Jacques Morali
for Can't Stop Productions
Arranged by Ritchie Rome

SIDE B...TC-2252 (M-2252-AS)RE-2

LADY CHAMPAGNE
Total Time: 2:32
(J. Morali-H. Belolo-B. Whitehead)
From the 20th Century Album
BRAZIL T-498
Recorded at Sigma Sound Studios, Philadelphia, Pa
Produced by Jacques Morali
for Can't Stop Productions
Arranged by Ritchie Rome

(P)1975 20th Century Records/Can't Stop Productions, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

I WANT TO DANCE WITH YOU(DANCE WITH ME)
[POP # 84 /R&B # 74 /DISCO # 18]

The Ritchie Familyは、Village Peopleなどの成功で知られるフランス人ディスコ・プロデューサーJacques Moraliが、フィラデルフィアのプロデューサー、アレンジャーRichard Romeと組んでスタートさせた黒人女性3人組ディスコ・グループ。当初は実体のないディスコ・プロジェクトだったが、デビュー曲「Brazil」(1975)の大ヒットを受け実体化した。主なヒット曲に「The Best Disco In Town」(1976)、「Life Is Music」(1977)、「I'll Do My Best」(1982)など多数。

このシングルは1975年に20th Centuryから発売されたファースト・アルバム「Brazil」からのセカンド・シングル。プロデュースJacques Morali。アレンジはRichard Rome。演奏はMFSB。ボーカルはHoney & The BeesSweet Hearts Of Sigma

I WANT TO DANCE WITH YOU (DANCE WITH ME)
アルバムでは「Dance With Me」のタイトルで収録されていた作品で、流麗なオーケストレーションと女性ボーカルを前面に押し出したアップテンポの軽快なフィリー・ディスコ・チューン。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンを30秒程早くフェード・アウトしたもの。6分に及ぶロング・バージョンを収録したプロモーション用12インチ・シングルが存在するが、入手困難のレア盤となっている。

●LADY CHAMPAGNE
タイトルからも判る通りLabelleのナンバー・ワン・ヒット「Lady Marmarade」(1974)を意識したようなファンキー・タッチのディスコ・ナンバー。

FREDA PAYNE / LOVE MAGNET (1977)

2009.01.13.Tue.00:34
freda payne-love magnet

SIDE A...4494

LOVE MAGNET
Time: 3:37
(Wieder-Footman-Wilson)
(from the LP "STARES AND WHISPERS" ST-11700)
Produced by Frank Wilson
for Spec-o-Lite Productions

SIDE B...4494

LOVING YOU MEANS SO MUCH TO ME

Time: 3:21
(G. Abbot-R. Cason)
(from the LP "STARES AND WHISPERS" ST-11700)
Produced by Frank Wilson
for Spec-o-Lite Productions

(P)1977 Capitol Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●LOVE MAGNET
[POP # - /R&B # 85 /DISCO # 18]

Freda Payneは、70年代前半に数多くのヒット曲で一世を風靡した、Invictusレーベルを代表する黒人女性ボーカリスト。当時のソウル・シンガーの中でもずば抜けた美貌を持つシンガーとして注目を集めた。主な大ヒット曲に「Band Of Gold」「Deeper And Deeper」(1970)、「Bring The Boys Home」(1971)など。

このシングルは1977年にCapitolから発売されたアルバム「Stares And Whispers」からのシングル・カット。プロデュースはFrank Wilson

●LOVE MAGNET
クラシック風の大袈裟なオーケストラ・アレンジが印象的なアップテンポのメロディアスなポップ・ディスコ・チューン。メロディー・ラインに詰めの甘い箇所が見られるが、ダンス・ナンバーとしては充分楽しめる内容。

LOVING YOU MEANS SO MUCH TO ME
当時、彼女の夫だったGregory Abbottのペンによる、とても美しいメロディー・ラインを持ったメロウなスロー・バラード。

NORMA JEAN WRIGHT / SATURDAY (1978)

2009.01.11.Sun.23:43
norma jean-saturday

SIDE A...BSS 0326

SATURDAY (Edit)
Time: 3:24
(Bernard Edwards/Nile Rodgers/Bobby Carter)
From the Bearsville Album BRK 6983
NORMA JEAN WRIGHT
Produced by Nile Rodgers and Bernard Edwards
Executive Producers: Marc Kreiner and Tom Cossie
for MK Productions

SIDE B...BSS 0326

THIS IS THE LOVE
Time: 3:03
(Norma Jean Wright/Denzil Miller)
From the Bearsville Album BRK 6983
NORMA JEAN WRIGHT
Produced by Nile Rodgers and Bernard Edwards
Executive Producers: Marc Kreiner and Tom Cossie
for MK Productions

(P)1978 Bearsville Records

BILLBOARD CHART ACTION

●SATURDAY
[POP # 103 /R&B # 15 /DISCO # 10]

Norma Jean Wrightは、Chicの初代リード・ボーカルであり、MadonnaC + C Music FactoryGTSなど、数多くのアーティストのバック・ボーカリストとして活躍した黒人女性ボーカリスト。主なヒット曲に「Saturday」(1978)、「High Society」(1979)、サンプリング・ネタとして知られる「I Like Love」(1978)など。

このシングルは1978年にBearsvilleから発売されたソロ・デビュー・アルバム「Norma Jean」からのカット。プロデュース、アレンジはBernard EdwardsNile Rodgers。演奏はChic

●SATURDAY
ファッショナブルかつダンサブルなChicサウンドに、哀愁感のあるメロディー・ラインが絡む、アップリフティングなディスコ・ナンバー。彼女最大のヒット曲であり、代表曲のひとつ。

2000年にJoey Negro Feat. Taka Boomによるカバー・バージョンが世界的なクラブ・ヒットとなっている。

●THIS IS THE LOVE
彼女自身のペンによる美しいメロディー・ラインを持ったポップ・バラード。


RAMONA WOLF / SAVE THE LAST DANCE FOR ME (1976)

2009.01.10.Sat.23:24
ramona-save the last dance for me

SIDE A...MB-10832

SAVE THE LAST DANCE FOR ME
Time: 3:15
(Pomus-Shuman)
A Butterfly Production by
Michael Kunze & Silvester Levay

SIDE B...MB-10832

BABY IT'S THE RAIN
Time: 4:18
(Silvester Levay-Michael Kunze)
A Butterfly Production by
Michael Kunze & Silvester Levay
Arranged by Silvester Levay

(P)1976 Midland International Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●SAVE THE LAST DANCE FOR ME
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Ramona Wulfは、ドイツのディスコ・グループSilver Conventionのボーカル・メンバーとして活躍したアメリカ人とドイツ人のハーフの女性ボーカリスト。元々はドイツの人気アイドル歌手であり、「Was Wir Woll'n Auf Erden」(1971)、「Lieber Dich Und Kein Geld」(1972)、「Save The Last Dance For Me」(1976)などの大ヒット曲を持つ。

このシングルは1976年にMidland Internationalから発売されたアメリカでのデビュー・シングル。プロデュースはMichael Kunze。アレンジはSilvester Levey。翌1977年にドイツ・Jupiterから発売されたアルバム「Natural Woman」収録。

●SAVE THE LAST DANCE FOR ME
The Driftersが1960年に放った全米ナンバー・ワン・ヒット曲のカバー。重厚なミュンヘン・ディスコ・サウンドにポップで軽やかなメロディー・ラインが絶妙にマッチしたナイスなディスコ・バージョンに仕上がっている。彼女のポップでナチュラルなボーカルも魅力的。

●BABY, IT'S THE RAIN
シンプルでポップなメロディー・ラインと彼女の美しいボーカルが映えるポップ・バラード。Sister Sledgeによるカバー・バージョンも存在する。




※アーティスト名のスペルが誤まっており、"Wolf"ではなく"Wulf"が正しい。

BONNIE BOYER / GOT TO GIVE IN TO LOVE (1979)

2009.01.10.Sat.00:28
bonnie boyer-got to give in to love

SIDE A...3-11028

GOT TO GIVE IN TO LOVE
Time: 3:21
-K. Fleming-B. Dees-R. Galbraith-D.W. Morgan)
Arranged by Giuliano Salerni
Produced by Nate Cracker for Power Plant Productions Inc.

SIDE B...3-11028

NEVER, NEVER
Time: 3:25
-G. Salerni-
Executive producer: Nate Chacker
Arranged and Produced by Giuliano Salerni

(P)1979 Columbia/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●GOT TO GIVE IN TO LOVE
[POP # 43/R&B # - /DISCO # 22]

Bonnie Boyerは、「Got To Give In To Love」(1979)のスマッシュ・ヒットで知られる白人女性ボーカリスト。Princeなどのバック・ボーカリストとして活躍した同姓同名の黒人女性シンガーとは別人。

このシングルは1979年にColumbiaから発売された唯一のアルバム「Give In To Love」からのカット。

●GOT TO GIVE IN TO LOVE
ディスコ/ガラージ・クラシックの隠れた名曲として人気のある作品で、タイトなディスコ・ビートにキャッチーで爽やかなメロディーが絡むミディアム・アップ・テンポの軽快なディスコ・ナンバー。

プロデュースはNate Chacker。アレンジはGiuliano Salerni

このシングル・バージョンは、アルバム、12インチ・シングルとも異なるシングル・ミックス。

●NEVER, NEVER
ポップでキャッチーなメロディーを持つアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。

プロデュース、アレンジはGiuliano Salerni

SHEILA B. DEVOTION / SINGIN' IN THE RAIN (Part 1) (1977)

2009.01.08.Thu.23:46
sheila b. devotion-singin in the rain

SIDE 1...49.313

SINGIN' IN THE RAIN (PART l)
Time: 4:13
(Nacio Herb Brown/Arthur Freed)

SIDE 2...49.313

SINGIN' IN THE RAIN (PART ll)
Time: 2:47
(Nacio Herb Brown/Arthur Freed)

(P)1977 Carrere (France)

BILLBOARD CHART ACTION
●SINGIN' IN THE RAIN
[POP # -/R&B # - /DISCO # 30]


Sheila B. Devotion(Sheila & B. Devotion/S.B. Devotion)は、60年代のフランスで一世を風靡した女性アイドル歌手Sheilaと、アメリカ出身の黒人男性3人組ダンサー・チームBlack Devotionを組み合わせて結成されたフランスのポップ・ディスコ・グループ。「Love Me Baby」「Singin' In The Rain」(1977)、Chicプロデュース作「Spacer」(1979)などの世界的大ヒット曲で一世を風靡した。

●SINGIN' IN THE RAIN
1977年にフランス・Carrereから発売されたファースト・アルバム「Love Me Baby」(他国発売盤タイトルは「Singin' In The Rain」)からのセカンド・シングル。プロデュースはClaude Carrère(Carrereレーベル社長)。アレンジはMike WickfieldPaul Racer。イギリス録音。

雨に唄えば」の邦題でも有名なスタンダード・ナンバーをアップテンポの軽快なディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。元々は1927年頃に書かれた作品で、1952年公開の大ヒット映画「Singin' In The Rain/雨に唄えば」の主題歌として使用された事で世界的に有名になった作品。このSheilaによるディスコ・バージョンはヨーロッパを中心に大ヒット。彼女がインターナショナルな活躍をするターニング・ポイントとなった。

A面はアルバム・バージョンの前半部分。
B面はアルバム・バージョンの後半部分。


SHAMPOO / HARLEM HUSTLE (1978)

2009.01.07.Wed.19:31
shampoo-harlem hustle

SIDE A...ENY 18

HARLEM HUSTLE
(North/Wright/Saward)
Produced by Nicky North for Grin Music
Arranged by Nigel Wright

SIDE B...ENY 18

HARLEM HUSTLE (PART ll)
(North/Wright/Saward)
Produced by Nicky North for Grin Music
Arranged by Nigel Wright

(P)1978 Ensign (UK)

BILLBOARD CHART ACTION

●HARLEM HUSTLE
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Shampooは、The London Studio Orchestraのコンダクターとして活躍したNicky Northが手がけたイギリスのワン・ショット・ディスコ・プロジェクト。「Harlem Hustle」(1978)が唯一のディスコ・ヒット。

●HARLEM HUSTLE
1978年にイギリス・Ensignから発売されたシングル。プロデュースはNicky North。アレンジはNigel Wright(Shakatak)。メイン・ボーカルはJill Saward(Shakatak)ではないかと思われる。

Shakatakのメンバーとして活躍するNigel WrightJill SawardNicky Northのペンによるアップテンポのファッショナブルなディスコ・ナンバー。ミュンヘン・ディスコ風の煌びやかなディスコ・サウンドの中にも、後のShakatakに繋がるようなセンスを感じさせる作品。

A面はショート・バージョン。
B面はSpecial Instrumental Disco Version。ディスコ・エディットはChris Hill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。