FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年02月
ARCHIVE ≫ 2009年02月
      

≪ 前月 |  2009年02月  | 翌月 ≫

L.T.D. / LOVE TO THE WORLD (1976)

ltd-love to the world

SIDE A...1897-S PROMO

LOVE TO THE WORLD
EDITED VERSION

Time: 3:39
(L. Mizell-F. Mizell-R. Mizell)
(From the A&M album "Love To The World" SP-4589)
A Sky High Production, Produced by Larry Mizell
and Fonce Mizell, Co-Produced by Chuck Davis

SIDE A...1897 PROMO

LOVE TO THE WORLD
EDITED VERSION

Time: 3:39
(L. Mizell-F. Mizell-R. Mizell)
(From the A&M album "Love To The World" SP-4589)
A Sky High Production, Produced by Larry Mizell
and Fonce Mizell, Co-Produced by Chuck Davis

(P)1976 A&M Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE TO THE WORLD
[POP # 91 /R&B # 27 /DISCO # -]

L.T.D. (Love, Togetherness and Devotion)は、Sam and DaveのバックバンドLove Men Ltd.を前身とするロサンゼルスの黒人男性10人組セルフコンテインド・グループ。Jeffrey Osborneがリード・ボーカルで在籍していた事でも知られる。主なヒット曲に「Love Ballad」(1976)、「(Every Time I Turn Around) Back in Love Again」(1977)、「Holding On (When Love Is Gone)」(1978)、「Kickin' Back」(1981)など。シングル以上にアルバムが高セールスを記録している。

●LOVE TO THE WORLD
1976年にA&Mから発売されたセカンド・アルバム「Love To The World」からのシングル・カット。プロデュースはFonce MizellLarry Mizell。アレンジはL.T.D.Fonce MizellLarry Mizell

プロデュースを手がけるFonce MizellLarry Mizell、一番下の弟のRodney Mizellによる洗練されたサウンド・プロダクションが色濃く反映したクールな雰囲気のメロディアスなソウル/ディスコ・チューン。メッセージ性の強いシリアスな歌詞とJeffrey Osborneのパワフルで力強いヴォーカルが素晴らしい。

LUCY HAWKINS / LADY OF THE NIGHT (1978)

lucy hawkins-lady of the night

SIDE A...78-5008

LADY OF THE NIGHT
Time: 3:36
(Evie Sands, R. Germinaro, B. Weisman)
Produced, Arr. Conducted by John Davis
Executive Producer: Sam Weiss

SIDE B...78-5008

GOTTA GET OUT OF HERE
Time: 3:10
(John Davis)
Produced, Arr. Conducted by John Davis
Executive Producer: Sam Weiss

(P)1978 Sam Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LADY OF THE NIGHT
[POP # - /R&B # - /DISCO # 34]

●GOTTA GET OUT OF HERE
[POP # - /R&B # - /DISCO # 34]

Lucy Hawkinsは、「Gotta Get Out Of Here」(1978)がブレイク・ビーツとして人気のある黒人女性ボーカリスト。Samレーベルにシングルを1枚残しているが、彼女に関する詳細は一切不明。

このシングルは1978年にSamから発売された彼女唯一のシングル。プロデュース、アレンジはJohn davis。演奏はJohn Davis & the Monster Orchestra

●LADY OF THE NIGHT
白人女性シンガー・ソングライターEvie Sandsが提供し、自身のアルバム「Suspended Animation」(1979)でセルフ・カバーされている作品で、ポップなメロディ・ラインとコード進行が気持ち良いミディアム・テンポのメロウなディスコ・ナンバー。

●GOTTA GET OUT OF HERE
Ultimate Breaks & Beats」に収録されるなど、ブレイク・ビーツとして知られるアップテンポのファンキーなディスコ・ナンバー。彼女のパンチの効いた黒っぽいボーカルや、中盤以降のファンキーなブレイク部分が最高。

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム