スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EAST COAST / THE ROCK (1978)

2009.03.30.Mon.22:18
east coast-the rock

SIDE A...FAM. 10001 A DANCE SIDE

THE ROCK
Time: 4:30
(M. Forman, C. Wallert, A. Gee)
Produced by Charlie Wallert
Arranged by Michael Forman

SIDE B...FAM. 10001 B SHORT VERSION

THE ROCK
Time: 3:29
(M. Forman, C. Wallert, A. Gee)
Produced by Charlie Wallert
Arranged by Michael Forman

(P)1978 Family Records

BILLBOARD CHART ACTION
●THE ROCK
[POP # -/R&B # 64 /DISCO # - ]

East Coastは、George BensonOC Smithなどを手がけたプロデューサー・Charlie Wallertが手がけたニューヨークのディスコ・プロジェクト。レコーディングにはファンク・バンド・Cameoのメンバーが参加している。主なヒット曲に「The Rock」(1978)、「Meat The Beat」(1979)。

●THE ROCK

1978年にニューヨークのインディ・レーベル・Familyから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはCharlie Wallert。アレンジはMichael Forman。同年にRSOからシングルが全米発売され、翌1979年にはこれを含むアルバム「Meat The Heat」が全米発売されている。

曲自体はコンガを前面に押し出しつつ少し抑え目なテンションのニューヨークらしいディスコ・ナンバー。後半の女性リードの声に聞き覚えがあるのだが誰だろう。

A面はロング・エディット。
B面はショート・エディット。
スポンサーサイト

THE DUNCAN SISTERS / SADDNESS IN MY EYES (1979)

2009.03.28.Sat.02:33
duncan sisters-sadness in my eyes

SIDE A...VIP-2803

SADDNESS IN MY EYES
Time: 4:34
(Willi Morrison)
Produced by Ian Guenther & Willi Morrison
for Three Hats Prods.
Associate Producer: John T.C. Luongo

SIDE B...VIP-2803

LOVE IS ON THE WAY
Time: 4:14
(Willi Morrison)
Produced by Ian Guenther & Willi Morrison
for Three Hats Prods.
Associate Producer: John T.C. Luongo

(P)1979 Casablanca Records and Filmworks / Victor (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION

●SADDNESS IN MY EYES
[POP # -/R&B # 94 /DISCO # 8 ]

The Duncan Sisters(The Duncans)は、カナダを拠点にセッション・シンガーとして活動していたメンフィス出身の黒人姉妹2人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはHelen DuncanPhyllis DuncanHiレーベルからデビューするも全くヒット曲が出ず、Sticky FingersTHP Orchestraなどのカナダのディスコ・プロジェクトのボーカル、Al GreenU2などのバック・ボーカルとして活躍した。主なヒット曲に「Rock Along Slowly」「Sadness In My Eyes」「Boys Will Be Boys」(1979)など。

このシングルは1979年にCasablanca傘下Earmarcから発売されたファースト・アルバム「Duncan Sisters」からのセカンド・シングル。プロデュースはIan GuentherWilli Morrison。アレンジはPete Pedersen。カナダ録音。日本盤。

●SADNESS IN MY EYES

Gloria Gaynorの「I Will Survive」(1978)を彷彿させる、ドラマティックでシリアスな曲調のディスコ・ナンバー。彼女たちの持ち味でもある、一糸乱れぬユニゾン・ボーカルが楽しめる。

●LOVE IS ON THE WAY
A面とは打って変わり、軽快なブラス・セクションとパーカッションを前面に押し出した、ポップでキャッチーなメロディーを持った明るい曲調のディスコ・ナンバー。

BRASS CONSTRUCTION / HA CHA CHA (Funktion) (1976)

2009.03.26.Thu.02:00
brass construction-ha cha cha

SIDE A...UA-XW921-Y

HA CHA CHA (Funktion)
Time: 3:55 (Intro :07)
(R. Muller)
Produced by Jeff Lane
Arr. by Randy Muller
From the United Artists LP
"Brass Construction II" UA-LA 677-G

SIDE B...UA-XW921-Y

SAMBO (Conditions)
Time: 5:18
(R. Muller)
Produced by Jeff Lane
Arr. by Randy Muller
From the United Artists LP
"Brass Construction II" UA-LA 677-G

(P)1976 United Artists Records

BILLBOARD CHART ACTION
●HA CHA CHA (Funktion)
[POP # 51/R&B # 8 /DISCO # 14 ]


Brass Constructionは、南アメリカ・ガイアナ共和国出身のプロデューサー、アレンジャー、キーボーディストのRandy Mullerを中心に結成されたニューヨーク・ブルックリンの黒人男性9人組セルフコンテインド・ファンク・バンド。アメリカを始め、イギリスでも人気が高く、10年という長い活動期間に数多くのヒット曲を放った。主な大ヒット曲に「Movin'」(1975)、「Changin'」(1975)、「Ha Cha Cha (Funktion)」(1976)、「Can You See the Light」(1982)など。

このシングルは1976年にUnited Artistsから発売されたセカンド・アルバム「Brass Construction II」からのシングル・カット。プロデュースはJeff Lane。アレンジはRandy Muller

●HA CHA CHA (Funktion)
One Two Ha Cha Cha!」という意味不明な掛け声が強烈なインパクトを残すインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。B.T. Express風のファンキーで歯切れの良いディスコ・サウンドにストリングスを効かせた、いかにもRandy Mullerらしい曲調の作品。

Ha Cha Cha」の意味については良くわからないが、ディスコ・ステップ「チャ・チャ」のヴァリエーションとして創作したものかも知れない。

●SAMBO (Conditions)
グルーヴィーなカッティング・ギターにミュンヘン・ディスコ風の歯切れの良いストリングスが効いたイントロから盛り上がる、かなりアップテンポの軽快なファンク・ディスコ・チューン。副題がアルバムにクレジットされているものと異なっており、アルバムでは「(Progession)」となっている。

PHIL MEDLEY & THE M.V.B. ORCHESTRA / SNAP IT (1976)

2009.03.24.Tue.00:58
phil medley-snap it

SIDE A...P-8003 A

SNAP IT
Time: 3:00
(P. Medley-K. Ganim-B. Scott)
Produced by Buddy Scott & Dennis Ganim
for D.G.O. Inc.
From the Pyramid LP, PY-9002 HAPPY WALK

SIDE B...P-8003 B

HAPPY WALK

Time: 3:45
(B. Scott-P. Medley)
Produced by Buddy Scott & Dennis Ganim
for D.G.O. Inc.
From the Pyramid LP, PY-9002 HAPPY WALK

(P)1976 Pyramid Recording Co. Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●SNAP IT
[POP # -/R&B # - /DISCO # - ]

Phil Medley & The M.V.B. Orchestraは、The Isley BrothersThe Beatlesで大ヒットした「Twist & Shout」の作者として知られるコンポーザー、アレンジャー・Phil Medley率いるインストゥルメンタル・ジャズ/ディスコ・オーケストラ。

このシングルは1976年にPyramidから発売されたアルバム「Happy Walk」からのシングル・カット。プロデュースはBuddy ScottDennis Ganim

●SNAP IT
ブラス・セクションを前面に押し出したビッグバンド・ジャズ風のダンサブルなインストゥルメンタル・ナンバー。曲自体は大した事はないが、ボンゴとドラムスによるファンキーなディスコ・ブレイクが印象的。

※試聴は中盤のブレイクから。

●HAPPY WALK
ウ;ォーキング・テンポのシャッフル・ビートで展開されるほのぼのとしたビッグバンド・ジャズ風のインストゥルメンタル・ナンバー。

HAMILTON BOHANNON / ME AND THE GANG (1978)

2009.03.22.Sun.00:35
hamilton bohannon-me and the gang

SIDE A...74035

ME AND THE GANG
Time: 3:37
(Written, Arranged, Directed and
Produced by Hamilton Bohannon)
From Mercury's Album "SUMMERTIME GROOVE"
SRM-1-3728 6167.743

SIDE B...74035

SUMMERTIME GROOVE
Time: 5:11
(Written, Arranged, Directed and
Produced by Hamilton Bohannon)
From Mercury's Album "SUMMERTIME GROOVE"
SRM-1-3728 6167.743

(P)1978 Mercury/Phonogram Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●ME AND THE GANG
[POP # -/R&B # 82 /DISCO # - ]

Hamilton Bohannonは、60年代から80年代にかけて活躍した黒人男性シンガー・ソングライター、プロデューサー、ドラマー。かつてはモータウン専属のドラマー、アレンジャーとして活躍し、Stevie Wonderのツアー・バンドに在籍していた事でも知られる。主なヒット曲に「Disco Stomp」(1975)、「Foot Stompin' Music」(1975)、「Let's Start The Dance」(1978)など多数。

このシングルは1978年にMercuryから発売されたアルバム「Summertime Groove」からのカット。プロデュースはHamilton Bohannon。メイン・ボーカルはHamilton BohannonCarolyn Crawford

●ME AND THE GANG
Floatersの「Float On」(1977)のように、メンバーの自己紹介を歌にしたレコードが流行ったが、これもその一つ。Bohannon流の黒光りするファンクのリズムに乗せて、レコーディング・メンバー全員が自己紹介をしていく。中盤以降のCarolyn Crawfordのハイテンションな自己紹介が凄い。

このシングル・バージョンは、Bohannon自身がアルバム・バージョンからエディットしたもので、展開を入れ替えたり、無理矢理繋いだりと、かなり乱雑なものとなっている。(アルバムを聴け!という意味のやっつけ仕事?)

●SUMMERTIME GROOVE
Sly & The Family Stone風のグルーヴィーなリズム・セクションとブラス・セクションでグイグイ押しまくるミディアム・スロー・テンポの熱いファンク・ディスコ・チューン。アルバム・タイトル曲。

DON DOWNING / DREAM WORLD (1973)

2009.03.18.Wed.00:22
don downing-dream world

SIDE A...7006

DREAM WORLD
Time: 2:36
(C. Spencer, D. Bright)
Produced by Tony Bongiovi, Meco Monardo, Jay Ellis
for Fred Frank Enterprises
Arranged by M. Monardo

SIDE B...7006

THE MIRACLE
Time: 2:38
(D. Downing)
Produced by Tony Bongiovi, Meco Monardo, Jay Ellis
for Fred Frank Enterprises
Arranged by D. Downing

(P)1973 Roadshow/Stereo Dimensions, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●DREAM WORLD
[POP # -/R&B # - /DISCO # - ]

Don Downingは、白人黒人混成ロカビリー・バンド・Rodney & The Blazersの元メンバーで、Al Downingの弟としても知られる黒人男性シンガー・ソングライター、ピアニスト。主な代表曲に「Lonely Days, Lonely Nights」「Dream World」(1973)、「Doctor Boogie」(1978)など。

このシングルは1973年にRoadshowから発売された通算2枚目のシングル。1974年にScepterから再発。プロデュースはJay EllisMeco MonardoTony Bongiovi

●DREAM WORLD
Tom Moultonが初めて「ディスコ・ミックス」を施した作品としても知られる、ディスコ黎明期を代表するディスコ・ヒット曲。アップテンポのメロディアスなディスコ/ソウル・ナンバー。アレンジはMeco Monardo

この曲にはオリジナル・バージョン以外のバージョン違いが2種類あり、1974年に発売されたScepter盤のセカンド・プレスには4分13秒のTom Moultonによるディスコ・ミックス、1978年にRS Internationalから発売されたアルバム「Doctor Boogie」には5分35秒のリミックス・バージョンが収録されている。

●THE MIRACLE
Don Downing自身が作詞、作曲、アレンジまでを手がけたカントリー風のスロー・ナンバー。



THE BROTHERS / VOCE ABUSOU (Vo-Say Ah-Bu-So) (1976)

2009.03.15.Sun.03:44
the brothers-voce abusou

SIDE A...PB-10631

VOCE ABUSOU
(Vo-Say Ah-Bu-So)

Time: 3:02
(Antonio Carlos-Jocafi)
(from the "Don't Stop Now"album, APL1-1187)
Strings & horns arranged by Geprge Andrews
Prod. and Arr. by Warren Schatz
for Sunbar Productions, Inc.

SIDE B...PB-10631

THIS WORLD TODAY IS A MESS
Time: 2:03
(D. Hightower-D. Daniel)
Produced and arranged by Warren Schatz
for Sunbar Productions, Inc.

(P)1976 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION

●VOCE ABUSOU
[POP # -/R&B # - /DISCO # 20 ]

The Brothersは、Vicki Sue RobinsonEvelyn "Champagne" Kingなどを手がけたディスコ・プロデューサーWarren Schatz率いるインストゥルメンタル・ディスコ・グループ。主なディスコ・ヒットに「Are You Ready For This」(1975)、「Under My Skin」(1976)など。

このシングルは1976年にRCAから発売されたセカンド・アルバム「Don't Stop Now」からのシングル・カット。プロデュースはWarren Schatz

●VOCE ABUSOU (Vo-Say Ah-Bu-So)

1971年にブラジルのデュオ・グループ・Antonio Carlos & Jocafiが世界的に大ヒットさせた名曲をラテン・タッチのディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。ボーカルはVicki Sue Robinson

●THIS WORLD TODAY IS A MESS
ヨーロッパで活躍した黒人女性シンガーDonna Hightowerが1972年に放った大ヒット曲のカバー。アルバム未収録。

LEROY HUTSON AND THE FREE SPIRIT SYMPHONY / FEEL THE SPIRIT (In '76) (1975)

2009.03.13.Fri.04:19
leroy hutson-feel the spilit

SIDE A...CMS 0112

FEEL THE SPIRIT (In '76)
Time: 3:35
(LeRoy Hutson)
Produced by LeRoy Hutson
Arranged by LeRoy Hutson
Engineer: Fred Breitberg

SIDE B...CMS 0112

FEEL THE SPIRIT (In '76)
Time: 5:54
(LeRoy Hutson)
Produced by LeRoy Hutson
Arranged by LeRoy Hutson
Engineer: Fred Breitberg

(P)1975 Curtom/Warner Bros. Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●FEEL THE SPIRIT (In '76)
[POP # -/R&B # 25 /DISCO # - ]

Leroy Hutsonは、The Impressionsの二代目リード・ボーカルとして活躍し、ソロではアルバムを中心にヒットを持つニュージャージー出身の黒人男性シンガー・ソングライター、プロデューサー、アレンジャー、マルチ・プレイヤー。フリー・ソウル、レア・グルーブの流れで再評価されたアーティストの一人。主なヒット曲に「All Because Of You」(1975)、「Feel The Spilit (In '76)」(1975)、アルバム・ヒットに「Feel The Spirit」(1975)、「Hutson II」(1976)など。

●FEEL THE SPILIT (In '76)
1975年にCurtomから、Leroy Hutson featuring The Free Spirit Symphony名義で発売されたアルバム「Feel The Spirit」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはLeroy Hutson

彼にとって最大のヒットを記録した作品で、Earth Wind & Fire風の爽快なディスコ・サウンドに女性コーラスが絡むアップテンポのインストゥルメンタル・ナンバー。彼がアーティストとしてそれ程成功しなかった理由は「○○風」といわれてしまうような作品が多く、個性を確立出来なかった事かも知れない。

A面はショート・バージョン。
B面はロング・バージョン。アルバム・バージョンと同テイク。
※両面にMonoと記載されているが、実際はステレオ録音。

MUSIQUE ll / LOVE MASSAGE (1979)

2009.03.10.Tue.02:38


musique ll-love massage

SIDE A...PRL 8003

LOVE MASSAGE
Time: 4:50
(P. Adams, S. Cooper)
From The LP-MUSIQUE ll PRL 12172
Produced and Arranged by Patrick Adams,
In Association with Christine Wiltshire
Edit by Francois K.
A Product of Prelude Records

SIDE B...PRL 8003

NUMBER ONE

Time: 3:50
(K. Mazur)
From The LP-MUSIQUE ll PRL 12172
Produced and Arranged by Patrick Adams,
In Association with Ken Mazur
Edit by Francois K.
A Product of Prelude Records

(P)1979 Prelude Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE MASSAGE
[POP # -/R&B # - /DISCO # 15 ]

Musiqueは、ニューヨークを拠点に活躍していたディスコ・プロデューサーPatrick Adamsが手がけたディスコ・プロジェクト。主なヒット曲に「In The Bush」「Keep On Jumpin'」(1978)など。

このシングルは1979年にPreludeからMusique ll名義で発売されたセカンド・アルバム「Musique ll」からのカット。ボーカルはDenise EdwardsGina TaylorMary Seymour。 リミックス、シングル・エディットはFrancois K.。

●LOVE MASSAGE
Patrick AdamsChristie Wiltshireがプロデュース、アレンジを手がけた作品で、どっしりとした重いディスコ・ビート、ドープなベース・ライン、セクシーな女性ボーカルが一体となった、アンダー・グラウンドな雰囲気満載のディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンとは異なるシングル・ミックス。パーカッションのボリュームが若干異なる。

●NUMBER ONE
Patrick AdamsKen Mazurがプロデュース、アレンジを手がけた作品で、キャッチーなメロディー・ラインを持ったアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。

TELEX / MOSKOW DISKOW (1979)

2009.03.09.Mon.00:29
telex-moskow dikow

SIDE A...SIR 4020

ROCK AROUND THE CROCK
(Freedman/De Knight)
Taken from the LP SRK 6072
'Looking For Saint Tropez'
Produced by Telex for RKM
Recorded at Telex Sound Studio
Mastered ar RKM Studios, Brussels

SIDE B...SIR 4020

MOSKOW DISKOW
(Telex)
Taken from the LP SRK 6072
'Looking For Saint Tropez'
Produced by Telex for RKM
Recorded at Telex Sound Studio
Mastered ar RKM Studios, Brussels

(P)1979 Sire Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●ROCK AROUND THE CROCK
[POP # -/R&B # - /DISCO # 36 ]

●MOSKOW DISKOW
[POP # -/R&B # - /DISCO # 36 ]



Telexは、KraftwerkY.M.O.と並ぶ、テクノ・ポップを代表するグループとして高く評価されているベルギーの男性3人組テクノ・ポップ・グループ。70年代から80年代中頃にかけて数多くのヒット曲を放ち、世界のミュージック・シーンにおいて一世を風靡した。メンバーはDan Lacksman(プロデューサー、サウンド・エンジニア、プログラマー)、Marc Moulin(ソングライター、キーボーディスト)、Michel Moers(グラフィック・デザイナー、ボーカル)。主な大ヒット曲に「Twist A Saint Tropez」(1978)、「Moskow Diskow」「Rock Around The Crock」(1979)、「Euro-Vision」(1980)など多数。

このシングルは1979年にベルギー・RKM、イギリス・Sireから発売されたアルバム「Looking For A Saint-Tropez」(全米未発)からのカット。プロデュースはTelex。イギリス・Sire盤。

●ROCK AROUND THE CLOCK
Bill Haley And His Cometsが1954年に大ヒットさせた名曲を、ニューウェイヴ寄りのリズミカルなテクノ・ポップ・アレンジでリメイクしたもの。彼ら特有の脱力感のあるユニークなテクノ・サウンドが面白い。

●MOSKOW DISKOW
世界的な大ヒットを記録した彼ら最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。Kraftwerkの「Trans-Europe Express」(1977)を、さらにポップでダンサブルにしたようなユニークなテクノ・ディスコ・チューンで、MoscowDiscoを組み合わせたヘンなタイトルや、遊び心満載のコミカルな歌詞が非常に面白い作品。特にサビの「ミスコー、ドスコー、モスコー、ディスコー」という意味不明な歌詞が強烈。

このシングルにはアルバム・バージョンと同テイクを収録。オリジナルのフランス語バージョンの他に、アメリカ発売用の英語バージョンが存在する。


新ブログ開始しました。

2009.03.08.Sun.23:06
新しいブログを開始しました。

DISCO 45...DISCO LOVER'S DIALY
http://tgroovediscojapan.blog59.fc2.com/
音楽関連の事についての思う事や感じる事やら愚言やら思い出話やら、色々と好き勝手書いたコラムのようなブログです。「DISCO 45...7インチ・シングル 発掘の旅」はあくまでデータ・ベースのようなスタンスで書いており、私の主観などは全く入れてませんでしたので、このブログでは色々と書いていきます。暇な時にでもご覧下さい。

DISCO 33...ディスコ・アルバム 発掘の旅
http://tgroovedisco.blog25.fc2.com/
以前からやってるブログです。頻繁ではありませんが度々更新しているので、定期的にご覧下さい。

NORTH END / KIND OF LIFE (KIND OF LOVE) (1979)

2009.03.08.Sun.01:04
north end-kind of life

SIDE A...WES 1225

KIND OF LIFE (KIND OF LOVE)
VOCAL

Time: 3:28
(A. Bakers, A. Carbone, R. Presto)
Executive Producer: Arther Baker
Produced by: Baker, Carbone, Presto
for Edge City Productions
Mixed by: John Luongo & Danse Jecovidis


SIDE B...WES 1225

KIND OF LIFE (KIND OF LOVE)
INSTRUMENTAL

Time: 4:30
(A. Bakers, A. Carbone, R. Presto)
Executive Producer: Arther Baker
Produced by: Baker, Carbone, Presto
for Edge City Productions
Mixed by: John Luongo & Danse Jecovidis

(P)1979 West End Music Industries, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●KIND OF LIFE (KIND OF LOVE)
[POP # -/R&B # - /DISCO # 18 ]

North Endは、Arthur BakerRussell PrestoTony Carboneの3人が手がけたディスコ・プロジェクト。主なディスコ・ヒットに「Kind of Life (Kind of Love)」(1979)、「Tee's Happy」(1981)。

●KIND OF LIFE (KIND OF LOVE)
1979年にWest Endから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはArthur BakerRussell PrestoTony Carbone。アレンジはTony Carbone。シングル・オンリー。

サンプリング・ネタとしても知られるイントロのハーモニカ・ソロが非常に印象的な作品で、ディスコ全盛の1979年当時のニューヨークのディスコの華やかな雰囲気を感じさせる、メロディアスかつアップリフティングなディスコ・ナンバー。2001年に発売された「Masters At Work Presents West End Records: The 25th Anniversary」に、当時のマルチ・トラック・テープから新たにトラック・ダウン、リミックスが行われたニュー・バージョンが収録されている。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

KAREN YOUNG / HOT SHOT (1978)

2009.03.06.Fri.00:48
karen young-hot shot

SIDE A...WES 1211 A

HOT SHOT (Vocal-Long Version)
Time: 4:25
(Andy Kahn-Kurt Borusiewicz)
Produced and Arranged by
Andy Kahn and Kurt Borusiewicz
Recorded at Queens Village Recording Studios, Phila., PA.
Mastered at Frankford/Wayne Labs., Phila., PA.

SIDE B...WES 1211 B

HOT SHOT (Vocal-Short Version)

Time: 3:15
(Andy Kahn-Kurt Borusiewicz)
Produced and Arranged by
Andy Kahn and Kurt Borusiewicz
Recorded at Queens Village Recording Studios, Phila., PA.
Mastered at Frankford/Wayne Labs., Phila., PA.

(P)1978 West End Records

BILLBOARD CHART ACTION
●HOT SHOT
[POP # 67/R&B # 24 /DISCO # 1 ]


Karen Youngは、「Hot Shot」(1978)や「Dynamite」(1981)の世界的ディスコ・ヒットで知られるフィラデルフィア出身の白人女性ボーカリスト。白人でありながら黒人ゴスペル・シンガーを思わせるパワフル・ヴォイスと、ジャズをルーツとするスキャットを取り入れた独特の歌唱スタイルは当時のディスコ・ミュージック・シーンに多大なインパクトを与えた。(「Nobody's Child」(1968)のヒットを持つ同姓同名のイングランド人シンガーは別人)

●HOT SHOT
1978年にWestendから発売されたアルバム「Hot Shot」からカットされたデビュー・シングル。プロデュースはAndy KahnKurt Borusiewicz

全米ディスコ・チャートで2週連続ナンバー・ワン、12インチ・シングルのセールスだけでポップ・チャート、ソウル・チャートにランク・インしたと言われる彼女最大のヒット曲。軽快なハンド・クラップとラテン・パーカッションの効いた歯切れの良い強烈なディスコ・ビートに、彼女のエネルギッシュでパワフルなボーカルが絡むアップリフティングなディスコ・ナンバー。

A面はロング・エディット。
B面はショート・エディット。

ELIJAH JOHN GROUP / KEEP A LITTLE LOVE FOR YOURSELF

2009.03.05.Thu.00:04
elijah john group-keep a little love for yourself

SIDE A...K-7202-A

KEEP A LITTLE LOVE FOR YOURSELF
Time: 4:00
(Ellis, Jones & Lamonds)
Producer: Iron Fist
Arranger: Iron Fist

SIDE B...K-7202-B

FREAK ROCK
Time: 7:22
(Ellis, Jones & English)
Producer: Iron Fist
Arranger: Iron Fist

(P)1979 Keylock Records

BILLBOARD CHART ACTION
●KEEP A LITTLE LOVE FOR YOURSELF
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Elijah John Groupは、T.N.J'sInstant Funkのリード・ボーカルとして活動した経歴を持つ黒人男性ヴォーカリスト・Elijah Jonesを中心とするディスコ・プロジェクト。「Keep A Little Love For Your Self」(1979)が唯一のシングル。

このシングルは1979年にKeylockから発売されたシングル。プロデュース、アレンジはIron Fist。シングル・オンリー。

●KEEP A LITTLE LOVE FOR YOURSELF
フィリー・ソウル直系のゴージャスなディスコ・サウンドにElijah Jonesの熱いソウルフルなボーカルが絡むアップテンポのソウル/ディスコ・チューン。単なるディスコモノではなく、しっかりと作られたメロディーで豪快に盛り上がる、なかなかの力作で、1986年にElijah Jones名義で発売されたアルバム「In The Land Of Making Love」で「Keep A Little Love」のタイトルでセルフ・リメイクしている。

このシングル・バージョンは、12インチ・バージョンを全くエディットせずに途中でフェード・アウトしただけのもの。試聴はAメロ前から。

●FREAK ROCK
Bunny SiglerInstant Funkあたりがやりそうな雰囲気を持った、フィリー・ソウル風のアッパーなディスコ・ファンク・チューン。

このシングルには12インチ・シングルに収録されているフル・バージョンをそのまま収録。

TAMIKO JONES / CAN'T LIVE WITHOUT YOUR LOVE (1979)

2009.03.03.Tue.00:57
tamiko jones-cant live without your love

SIDE A...VIPX-1563 (PD-14580-A)

CAN'T LIVE WITHOUT YOUR LOVE
Time: 3:46
(Randy Muller)
Produced by Tamiko Jones
Arranged by Randy Muller
Licensed by TAMIKO PRODUCTIONS, U.S.A.

SIDE B...VIPX-1563 (PD-14580-B)

LET IT FLOW
Time: 4:03
(T.W. Stewart-B.R. Wright-M. McNichol-T. Jones)
Produced by Tamiko Jones
Licensed by TAMIKO PRODUCTIONS, U.S.A.

(P)1981 Victor (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION

●CAN'T LIVE WITHOUT YOUR LOVE
[POP # - /R&B # 70 /DISCO # 23 ]

●LET IT FLOW
[POP # - /R&B # 76 /DISCO # 39 ]

Tamiko Jonesは、アトランタ、ロンドンを拠点に活動していたアメリカ人と日本人のハーフの女性ジャズ/ソウル・シンガー、プロデューサー。夫はJohn Abbey(英Blues & Soul誌の元編集長、Contempo Records社長)。「A Man And A Woman」(1966)(Harbie Mannとの競演)、「Touch Me Baby」(1975)、「Can't Live Without Your Love」(1979)などのヒット曲で知られる。

このシングルは1979年にPolydorから発売されたシングル。プロデュースはTamiko Jones。日本では1981年にVictorから発売。

●CAN'T LIVE WITHOUT YOUR LOVE
Brass CostructionSkyyなどを手がけたプロデューサー・Randy Mullerがソングライト、アレンジを手がけた作品で、初期のSkyyと似たタイプのスムースなディスコ・ナンバー。シンセサイザーとカッティング・ギターを効果的に使ったアレンジや、どこか東洋風のエキゾチックなギター・ソロが非常に独特で面白い。

本国アメリカ以上に日本のディスコで大ヒットとなり、未発表の新曲を含めたベスト・アルバム「Can't Live Without Your Love」(1981)が日本でのみ発売された。

●LET IT FLOW
Bump & Hustle Music」(1975)のヒットで知られるアトランタの白人男性プロデューサーTommy Stewartがソングライト、アレンジを手掛けたミディアム・テンポのスムースなディスコ・ナンバー。フィラデルフィアのシグマ・サウンド・スタジオでTom Moutonによってリミックスされている。

元々は1976年にイギリス・Contempoからシングル発売され、1977年発売のアルバム「Cloudy」に収録された作品を再収録したもの。




BILLY NICHOLS / GIVE YOUR BODY UP TO THE MUSIC (1979) (PROMO)

2009.03.02.Mon.02:07
billy nichols-give your body up to the music

SIDE 1...WES (DJ) 1218 70393 PROMO

GIVE YOUR BODY UP TO THE MUSIC
Time: 3:12
(B. Nichols)
Produced By Andre Saunders, Billy Nichols, Harry Weber
Mix By Herschel Dwellingham

SIDE 2...WES (DJ) 1218 70394 PROMO

GIVE YOUR BODY UP TO THE MUSIC

Time: 3:12
(B. Nichols)
Produced By Andre Saunders, Billy Nichols, Harry Weber
Mix By Herschel Dwellingham

(P)1979 West End Music Industries, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●GIVE YOUR BODY UP TO THE MUSIC
[POP # - /R&B # -/DISCO # 42 ]

Billy Nicholsは、B.T. Expressに数多くのヒット曲を提供し、自身も「Give Your Body Up To The Music」(1979)のディスコ・ヒットを持つ黒人男性シンガー・ソングライター、プロデューサー、ギタリスト。

●GIVE YOUR BODY UP TO THE MUSIC
1979年にWest Endから発売された1枚目のシングル。プロデュースはAndre SaundersBilly NicholsHarry Weber。シングル・オンリー。

「音楽に身をまかせようぜ!」というストレートなタイトルが非常に印象的な、かなり黒っぽいファンキーな曲調のアッパーなファンク・ディスコ・チューン。Larry Levanがリミックスを手がけた事で知られるガラージ/ディスコ・クラシックの一つ。

このプロモ盤シングル・バージョンはHerschel Dwellinghamによってミックスされたオリジナル・バージョンをエディットしたもの。正規盤とはミックス、エディットが全く異なる。


KONGAS / JUNGLE (A Tom Moulton Mix) (1978)

2009.03.01.Sun.01:14
kongas-jungle.jpg

SIDE A...CM-195

JUNGLE
(Single Version From the Album)

Time: 4:46
(B. Bergman, P. Sesti)
Produced by Jean Claudel
"A TOM MOULTON MIX"
from 90287

SIDE B...CM-195

KONGAS FUN
Time: 3:36
(S. Claude)
Produced by Jean Claudel
"A TOM MOULTON MIX"
from 90287

(P)1978 Barclay

BILLBOARD CHART ACTION
●JUNGLE
[POP # - /R&B # -/DISCO # - ]

Kongasは、Cerroneが在籍していたフランスの男性6人組アフロ・ロック・バンド。メンバーはJean-Marc CerronePatrick SestiSylvian ClaudeSerge ToniniAndre AlletNorbert Journo。デビュー当時はアフリカン・テイストを取り入れたロック路線だったが、Cerroneがディスコ・プロデューサーとして成功した後は彼らもディスコ路線へ転向した。主なヒット曲に「Jungle」(1974)、「Africanism/Gimme Some Lovin'」(1977)など。

このシングルは1978年にアメリカ・Salsoul、フランス・Barclayから発売されたリミックス・アルバム「Anikana-O」からのシングル・カット。プロデュースはJean Claudel。元々は1974年発売のアルバム「Kongas」収録曲を、Tom Moultonがリミックスしたもの。日本盤。(フランス・78年発売盤シングルと同じテイクを収録)。

●JUNGLE
1974年にフランスでスマッシュ・ヒットとなった彼らの代表曲のリミックス・バージョン。オリジナルはディスコ風のリズムを持ったワイルドなラテン・ロック・ナンバーだったが、ここではLarry WashingtonJimmy WalkerMotoのパーカッション、ライオンの鳴き声のSEを追加録音、リミックスを施し、完全なディスコ・ナンバーに変貌している。

このシングル・バージョンは、フランス・78年発売盤に収録されたシングル用のリミックス・バージョン。アルバム・バージョンとはSEの入り方が全く異なる。

※ライオンの鳴き声のSEは、1977年に発売されたCharo & The Salsoul Orchestraの「Cuchi-Cuchi」の12インチ・バージョンで使われた物と同じ。いわゆる使い回し。

KONGAS FUN
Jungle」の74年発売盤シングルのB面に収録されていた作品のリミックス・バージョン。チャカポコとしたラテン・パーカッションにファンキーなオルガンが粘りつく、サンバ風のアッパーなインストゥルメンタル・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。