FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年03月
ARCHIVE ≫ 2009年03月
      

≪ 前月 |  2009年03月  | 翌月 ≫

HAMILTON BOHANNON / ME AND THE GANG (1978)

hamilton bohannon-me and the gang

SIDE A...74035

ME AND THE GANG
Time: 3:37
(Written, Arranged, Directed and
Produced by Hamilton Bohannon)
From Mercury's Album "SUMMERTIME GROOVE"
SRM-1-3728 6167.743

SIDE B...74035

SUMMERTIME GROOVE
Time: 5:11
(Written, Arranged, Directed and
Produced by Hamilton Bohannon)
From Mercury's Album "SUMMERTIME GROOVE"
SRM-1-3728 6167.743

(P)1978 Mercury/Phonogram Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●ME AND THE GANG
[POP # -/R&B # 82 /DISCO # - ]

Hamilton Bohannonは、60年代から80年代にかけて活躍した黒人男性シンガー・ソングライター、プロデューサー、ドラマー。かつてはモータウン専属のドラマー、アレンジャーとして活躍し、Stevie Wonderのツアー・バンドに在籍していた事でも知られる。主なヒット曲に「Disco Stomp」(1975)、「Foot Stompin' Music」(1975)、「Let's Start The Dance」(1978)など多数。

このシングルは1978年にMercuryから発売されたアルバム「Summertime Groove」からのカット。プロデュースはHamilton Bohannon。メイン・ボーカルはHamilton BohannonCarolyn Crawford

●ME AND THE GANG
Floatersの「Float On」(1977)のように、メンバーの自己紹介を歌にしたレコードが流行ったが、これもその一つ。Bohannon流の黒光りするファンクのリズムに乗せて、レコーディング・メンバー全員が自己紹介をしていく。中盤以降のCarolyn Crawfordのハイテンションな自己紹介が凄い。

このシングル・バージョンは、Bohannon自身がアルバム・バージョンからエディットしたもので、展開を入れ替えたり、無理矢理繋いだりと、かなり乱雑なものとなっている。(アルバムを聴け!という意味のやっつけ仕事?)

●SUMMERTIME GROOVE
Sly & The Family Stone風のグルーヴィーなリズム・セクションとブラス・セクションでグイグイ押しまくるミディアム・スロー・テンポの熱いファンク・ディスコ・チューン。アルバム・タイトル曲。

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム