スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DONNIE VANN / DISCO TRAIN (1979?)

2009.05.31.Sun.00:00
donnie vann-disco train

SIDE A...Tkh-45-101-A

DISCO TRAIN
Vocal

Time: 3:50
(W. Summey)
Edited Version from Disco 12" Record
Exec. Producers Ted/Wal Ventures
Arr. by Steve Toma
Strings Arr. by Arthur Wright
1st Eng. Jim Zembrowski
Westwind Studios, Highland, CA
2nd Eng. Boris Thompson
NSP Studios, Hollywood, CA

SIDE B...Tkh-45-101-B

Theme From The DISCO TRAIN
Instrumental

Time: 2:44
(W. Summey)
Edited Version from Disco 12" Record
Exec. Producers Ted/Wal Ventures
Arr. by Steve Toma
Strings Arr. by Arthur Wright
1st Eng. Jim Zembrowski
Westwind Studios, Highland, CA
2nd Eng. Boris Thompson
NSP Studios, Hollywood, CA

(P)1979? To-Keh Records

BILLBOARD CHART ACTION

●DISCO TRAIN
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Donnie Vannは、60年代から70年代にかけてGambleDakerなどのレーベルから数多くのシングルを発表しているロサンゼルスの黒人男性ソウル・シンガー。主な代表曲に「A Hundred Pounds Of Clay」(1969?)、「Turn Me Loose」(1974)、「Disco Train」(1980?)。

●DISCO TRAIN
1979年頃にロサンゼルスのローカル・レーベル・To-Kehから発売されたシングル。プロデュースはTed/Wal Ventures (Ted Grady & Walt Summey)。アレンジはSteve Toma。ストリングス・アレンジはArther Wright。シングル・オンリー。

汽笛の音とリズミカルなシンセサイザーをフューチャーしたイタロ・ディスコ風のグルーヴィーなディスコ・ナンバー。同名曲が数多く存在するがこれは彼のオリジナル。

●THEME FROM THE DISCO TRAIN
インストゥルメンタル・バージョン
スポンサーサイト

TAANA GARDNER / WORK THAT BODY (1979)

2009.05.30.Sat.02:56
taana gardner-work that body

SIDE 1...WES 1216 A

WORK THAT BODY
Time: 3:05
(Kenton Nix)
Produced by: Kenton Nix for Kenix Productions
MIX BY LARRY LEVAN
Mastered at Sterling Sound NYC
by Jose Rodriguez

SIDE 2...WES 1216 B

WORK THAT BODY
Time: 5:59
(Kenton Nix)
Produced by: Kenton Nix for Kenix Productions
MIX BY LARRY LEVAN
Mastered at Sterling Sound NYC
by Jose Rodriguez

(P)1979 West End Music Industries, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●WORK THAT BODY
[POP # - /R&B # -/DISCO #10]


Taana Gardnerは、ディスコ・プロデューサーKenton Nixによって見出され、Larry Levanが殆どの作品でリミックスを手がけた事でも知られる黒人女性ボーカリスト。一時期はシーンから姿を消したものの、1990年代以降はハウス・ミュージックを中心にクラブ・ヒットを出すなど、現役で活躍している。主なヒット曲に「Work That Body」(1979)、「Heartbeat」(1981)、「I'm Comin'」(1998)など。

●WORK THAT BODY
1979年にWest Endから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはKenton Nix。リミックスはLarry Levan。同年発売のアルバム「Taana Gardner」収録。

彼女の出世作であり、代表曲の一つ。ニューヨークのアンダーグラウンドな雰囲気満載のアップリフティングなディスコ・ナンバーで、ニューヨークのディスコを中心に爆発的な大ヒットを記録。ディスコ/ガラージ・クラシックとして人気を誇る。

A面はアルバム・バージョンをエディットしたもの。
B面は12インチ・バージョンをエディットしたもの。

※オリジナルはインストだったが、プロデューサーの判断によりTaana Gardnerのボーカルを追加録音。これがそのまま彼女のデビュー曲となった。

BEN E. KING / MUSIC TRANCE (1979)

2009.05.29.Fri.20:38
ben e king-music trance

SIDE A...3635

MUSIC TRANCE
Time: 3:40
(Ben E. King)
Produced by Bert DeCoteaux

SIDE B...3635

AND THIS IS LOVE

Time: 4:10
(Janet Alhanti & Barrie Palmar)
Produced by Bert DeCoteaux

(P)1979 Atlantic Recording Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●MUSIC TRANCE
[POP # - /R&B # 29 /DISCO # 8 ]

Ben E. Kingは、The Driftersのリード・ボーカルとして活躍し、ソロでも「Stand By Me」(1961)、「Supernatural Thing (Part 1)」(1975)などの世界的大ヒットで一世を風靡した黒人男性シンガー・ソングライター。1950年代から90年代にかけての長きに渡り第一線で活躍を続け、The Drifters時代を含めて合計12曲のトップ・テン・ヒットを放っている。

このシングルは1980年にAtranticから発売されたアルバム「Music Trance」からの先行シングル。プロデュース、アレンジはBert DeCoteaux。1979年発売。

●MUSIC TRANCE
Ben E. King自身のペンによる作品で、かなり渋い雰囲気のクールでファンキーなソウル・ディスコ・チューン。ガラージ・クラシック。

●AND THIS IS LOVE
女優のJanet Alhantiと俳優のBarrie Palmerの白人コンビによるAOR風のメロウなミディアム・ナンバー。

MICHAEL ZAGER'S MOON BAND Featuring PEABO BRYSON /DO IT WITH FEELING (1975)

2009.05.29.Fri.19:20
michael zagers moon band-do it with feeling

SIDE A...B-720

DO IT WITH FEELING
Time: 3:15
(Paul Davis-Michael Zager)
Produced by Jerry Love & Michael Zager
Recorded atWeb IV Studios Atlanta, GA.

SIDE B...B-720

THIS IS THE LIFE
Time: 2:36
(C. Strouse-L. Adams)
Prod. by Jerry Love & Michael Zager
for Love-Zager Productions
Cond. & Arranger: Michael Zager for
Love-Zager Prod'ns
"A Product Of Love"

(P)1975 Bang Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DO IT WITH FEELING
[POP # 94 /R&B # 25 /DISCO # - ]

Michael Zager's Moon Bandは、ディスコ・プロデューサー・Michael Zagerが手がけたワン・ショット・ディスコ・プロジェクト。Peabo Brysonのソロシンガーとしてのキャリアの実質的なスタート地点としても知られる。「Do It With The Feeling」(1975)が唯一のヒット曲。

このシングルは1975年にBangから発売された唯一のシングル。プロデュースはJerry LoveMichael Zager。アレンジはMichael Zager。ボーカルはPeabo Bryson。アトランタ録音。

●DO IT WITH FEELING

Michael ZagerPeabo Brysonにとって初めてR&BチャートのTop40入りを果たしたヒット曲。いかにも南部産らしいファンキーな雰囲気を持ったオーソドックスなディスコ・ナンバー。

●THIS IS THE LIFE

1964年のブロードウェイ・ミュージカル「Golden Boy」の挿入歌をラテン・フレイヴァーのダンサブルなディスコ・アレンジでリメイクしたもの。イントロのブレイクでPeabo Brysonのソウルフルなボーカルが聴ける。



BOB-A-RELLI / TOBACCO ROAD (1978)

2009.05.29.Fri.17:08
bob-a-relli-tobacco road

SIDE A...C 104

TOBACCO ROAD
Time: 3:30
(Loudermilk)
Produced by George Lagios & Pat Deserio
A Power Sound Production for
G.Y.P. International Music Corp.
BOB-A-RELLI

SIDE A2...C 104

SPEND THE NIGHT
Time: 3:37
(N. Workman-W. Rossi)
Taken From CLP-1002
Produced by George Lagios & Pat Deserio
A Power Sound Production for
G.Y.P. International Music Corp.
BOB-A-RELA

(P)1978 Channel Record Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●TOBACCO ROAD
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

●SPEND THE NIGHT
[POP # - /R&B # - /DISCO # 24 ]

Bob-A-Rela(Bob-A-Relli)は、Bombersなどを手がけたカナダ人ディスコ・プロデューサー・George LagiosPat Deserioによるカナダのディスコ・プロジェクト。プロジェクト名は「Barbarella」を文字ったもの。主なディスコ・ヒットに「Spend The Night」(1979)、「Why Does It Rain?」(1979)。

このシングルは1979年にChannelから発売されたアルバム「Bob-A-Rela」からの先行シングル。プロデュースはGeorge LagiosPat Deserio。カナダ・モントリオール録音。両A面シングル。

●TOBACCO ROAD
1960年にJohn D. Loudermilkが書き、1964年にThe Nashville Teensによって歌われ大ヒットしたロック・ナンバーをディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。ドラムとギターとクラビネットのみで構成されたシンプルなディスコ・ロック・ナンバーに仕上がっている。

アーティスト名が「Bob-A-Relli」となっている。

●SPEND THE NIGHT
Bombersと共通する音作りがなされたアップテンポのロッキッシュなディスコ・チューン。単調で地味な曲だが、全米ではディスコ・ヒットを記録している。

SOUL TRAIN GANG / SOUL TRAIN "75" (1975)

2009.05.28.Thu.01:37
soul train gang-soul train 75

SIDE A...SB-10400

SOUL TRAIN "75"(Vocal)
Time: 3:45
(Dick Griffey-Don Cornelius)
Horn & Strings Arranged by Gene Page
Vocal Arr. by Carolyn Wills
Produced by Don Cornelius & Dick Griffey

SIDE B..SB-10400

SOUL TRAIN "75"(Instrumental)

Time: 3:54
(Dick Griffey-Don Cornelius)
Horn & Strings Arranged by Gene Page
Vocal Arr. by Carolyn Wills
Produced by Don Cornelius & Dick Griffey

(P)1975 Soul Train Recording Co./
RCA Records and Cornelius-Griffey Entertainment Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●SOUL TRAIN "75"
[POP # 75 /R&B # 9 /DISCO # - ]


Soul Train Gangは、アメリカの人気TV番組「Soul Train」の司会者Don CorneliusDick Griffeyが立ち上げたレーベルSoul Train(後のSolar)からデビューした黒人男女5人組ソウル・ボーカル・グループ。1975年当時のメンバーはGerald BrownTerry BrownJudy JonesPatricia WilliamsonHollis Pippin。主なヒット曲に「Soul Train '75」(1975)、「Ooh Cha」(1976)、「My Cherie Amour」(1977)など。

●SOUL TRAIN "75"

1975年にSoul Trainから発売されたファースト・アルバム「Don Cornelius Presents The Soul Train Gang」からのシングル・カット。プロデュースはDick GriffeyDon Cornelius。アレンジはGene Page。ボーカル・アレンジはCarolyn Willis(元・Honey Cone)。

Soul Trainレーベル第1弾シングルとして発売され、人気TV番組「Soul Train」のテーマ曲として使用されたアップテンポのファンキーなソウル・ディスコ・チューン。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。シングル・オンリー。

※未発表の6分に及ぶロング・バージョンを収録したプロモーション用12インチ・シングルが存在する。

SAINT TROPEZ / ONE MORE MINUTE (1978)

2009.05.26.Tue.21:30
saint tropez-one more minute

SIDE A...FLY 41080

ONE MORE MINUTE
Time: 3:50
(Dave Jordan-Barry Blue)
Produced by W. Michael Lewis and Laurin Rinder
A Rinlew Production

SIDE B...FLY 41080

BELLE De JOUR
Time: 3:58
(W. Michael Lewis-Laurin Rinder-
David Williams-A.J. Cervantes)
Produced by W. Michael Lewis and Laurin Rinder
A Rinlew Production

(P)1978 Butterfly Records

BILLBOARD CHART ACTION
●ONE MORE MINUTE
[POP # 49 /R&B # 90 /DISCO # 8 ]

●BELLE De JOUR
[POP # - /R&B # - /DISCO # 8 ]

Saint Tropezは、El CocoLe Pamplemousseなどを手がけたLaurin RinderW. Michael Lewisによるディスコ・プロジェクト。「セクシーで淫靡な雰囲気を持つフランス出身の女性3人組ディスコ・グループ」というコンセプトで売り出されたが、ジャケット写真の女性はモデル、ボーカルは全てセッション・シンガーによるもので、実体はない。主なヒット曲に「Je T'Aime」(1977)、「One More Minute」(1978)、「Fill My Life With Love」(1978)、「Femmes Fatales」(1982)など。

このシングルは1978年にButterflyから発売されたセカンド・アルバム「Belle De Jour」からのカット。プロデュースはLaurin RinderW. Michael Lewis。イギリス録音。

●ONE MORE MINUTE
彼ら最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。ヨーロッパ風の大袈裟でドラマティックなメロディーを持つアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。イギリスで一世を風靡したヒット・メイカー・Barry BlueDavid Jordanのコンビのペンによる作品。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。出だし部分でテープの頭出し操作を誤った状態でカッティングされている。

●BELLE De JOUR
映画音楽風のスローなバックに男女のフランス語による会話と濡れ場が展開されるエロティックなインストゥルメンタル・ナンバー。

CHARO / LA SALSA (1976)

2009.05.25.Mon.22:10
charo-la salsa

SIDE A...P-4203

LA SALSA
Intro. -:20
Time: 2:40
(X. Cugat-R. Angullo-T. Camillo)
Produced & Arranged by Tony Camillo
for Camillo/Marucci Productions
Recorded at Venture Sound Studios, Somerville, New Jersey
Engineered by Ed Stasium, Jr. & David "Nitch" Domanich

SIDE A...P-4203

LA SALSA
Intro. -:20
Time: 2:40
(X. Cugat-R. Angullo-T. Camillo)
Produced & Arranged by Tony Camillo
for Camillo/Marucci Productions
Recorded at Venture Sound Studios, Somerville, New Jersey
Engineered by Ed Stasium, Jr. & David "Nitch" Domanich

(P)1976 Capitol Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●LA SALSA
[POP # - /R&B # - /DISCO # 15 ]

Charoは、「Cuchi-Cuchi Girl」と呼ばれ、アメリカのショービジネス界のトップに君臨するスペイン出身の女性マルチ・タレント。スパニッシュ・ギターの名手としても知られ、ラスベガスで行われるショー「Bravo!」は特に有名。主な代表曲に「Dance A Little Bit Closer」(1977)、「Ole Ole」(1978)、当時の人気テレビドラマ「Love Boat」にゲスト出演した際に歌われた「Love Boat Theme」(1978)など。

●LA SALSA
1976年にCapitolから発売された全米デビュー・シングル。プロデュース、アレンジはTony Camillo。シングル・オンリー。

アメリカにおける彼女初の冠番組「The Charo Show」(1976)での本格的なブレイクを受けて制作されたもので、Xavier Cugatの大ヒット曲「Cuban Mambo」を下敷きにしたファンキーなラテン・ディスコ・チューン。彼女の強烈な個性とキャラクターを活かした楽しい作品に仕上がっている。

CARL BEAN / I WAS BORN THIS WAY (1977)

2009.05.24.Sun.02:00
carl bean-i was born this way

SIDE 1...M 1438F

I WAS BORN THIS WAY
Time: 3:39
(B. Jones-C. Spierer)
Produced by Norman Harris, Ron Kersey
& T.G. Conway for the Harris Machine
Co. Produced by Bunny Jones
Arranged by T.G. Conway
Exec. Prod. Bunny Jones

SIDE 2...M 1438F

I WAS BORN THIS WAY (INSTR.)
Time: 3:34
(B. Jones-C. Spierer)
Produced by Norman Harris, Ron Kersey
& T.G. Conway for the Harris Machine
Co. Produced by Bunny Jones
Arranged by T.G. Conway
Exec. Prod. Bunny Jones

(P)1977 Motown Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●I WAS BORN THIS WAY
[POP # - /R&B # - /DISCO # 15 ]

Carl Beanは、ゴスペル・グループ・Universal Loveの元メンバーで、アメリカ初の黒人主催によるHIV/エイズ・コミュニティー「MAP/The Minority AIDS Project」の創設者としても知られる黒人男性ヴォーカリスト。「I Was Born This Way」(1977)のディスコ・ヒットで知られる。

●I WAS BORN THIS WAY
1977年にMotownから発売されたソロ・シングル。プロデュースはNorman HarrisRon KerseyT.G. Conway。アレンジはT.G. Conway。リミックスはTom Moulton。フィリー録音。シングル・オンリー。

ゲイの黒人男性シンガー・ValentinoCharles Harris)が1975年に放ったヒット曲のカバー。同性愛嫌悪に対抗する形で「僕はゲイに生まれて幸せだ」という強いメッセージを発した世界初のゲイ・ソングとして有名な作品で、1977年のリリース当時はディスコ・ヒットに留まったものの、1986年、2005年とリミックス・バージョンが発売され、今ではゲイ・アンセム/ディスコ・クラシックの名曲として認知されている。

このシングル・バージョンは12インチ・バージョンをエディットしたもの。
A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

※この曲の作者のBunny JonesChris Spiererは女性で、同性愛者ではないとの事。
※モータウン社長・Berry Gordyがこの曲を非常に気に入り、モータウンからの全米発売が実現した。




CORNICHE / THEME FROM "CHiPS" (from the MGM TV series) (1979)

2009.05.24.Sun.00:00
corniche-chips.jpg

SIDE 1...SS-3230

THEME FROM "CHiPS" (from the MGM TV series)
Time: 2:45
(John Carl Parker)
Produced by Denny Diante
and Joe Saraceno
Executive Producer: Al Teller
Arranged by Jimmie Haskell

SIDE 2...SS-3230

CALIFORNIA HUSTLE
Time: 3:33
(Ben Benay-Joe Saraceno-Denny Diante)
Produced by Denny Diante
and Joe Saraceno
Executive Producer: Al Teller
Arranged by Ben Benay

(P)1979 Windsong Records Inc./RCA (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●THEME FROM "CHiPS" (from the MGM TV series)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

1979年にアメリカ・Windsong Recordsから発売されたアメリカのテレビ・ドラマ・シリーズ「CHiPS/白バイ野郎ジョン&パンチ」のオフィシャル・サウンド・トラック。プロデュースはDenny DianteJoe Saraceno。演奏しているCornicheに関しては不明だが、ロサンゼルス周辺のスタジオ・ミュージシャンを集めた即席グループと思われる。日本RCA盤。

●THEME FROM "CHiPS" (from the MGM TV series)
CHiPS」のオープニング・テーマを新たなディスコ・アレンジでレコーディングし直したもの。オフィシャルなサウンド・トラックとして発売されたが、実際のドラマでは使用されていない。

Simon And GarfunkelBlondieさだまさしなどを手がけたJimmy Haskellがアレンジを担当。

●CALIFORNIA HUSTLE
Donna SummerRhythm Heritageなど、数多くのセッションで活躍したギタリストBen Benayがアレンジを手がけた、非常にアップテンポでドライブ感のあるディスコ・ナンバー。このシングル用のオリジナル曲。

※ディスコ・プロモーション用の非売品12インチ・シングルが存在する。

SOUL IBERICA BAND / BABY SITTER (1977)

2009.05.23.Sat.02:54
soul iberica band-baby sitter

SIDE 1...SFL-2173 (6109 145 1)

BABY SITTER
Time: 3:50
(Daniel Vangarde & Jean Kluger)
Production Biram France/Zagora

SIDE 2...SFL-2173 (6109 145 2)

I'M LOOKING FOR JEREMY
Time: 3:35
(Daniel Vangarde & Jean Kluger)
Production Biram France/Zagora

(P)1977 Philips (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●BABY SITTER
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Soul Iberica Bandは、Gibson BrothersOttawanなどの成功で知られるベルギー人プロデューサーDaniel VangardeJean Klugerが手がけたベルギーのディスコ・プロジェクト。「Funky Flamenco」(1976)、「Baby Sitter」(1977)のヒットで知られる。

このシングルは1977年にフランス・Biramから発売されたセカンド・シングル。プロデュースはJean Kluger。日本・Philips盤。

●BABY SITTER
本国フランスを始めとするヨーロッパ各国のヒット・チャートでトップ10入り、さらに日本でもディスコを中心に大ヒットとなった彼ら最大のヒット曲。歯切れの良い軽快なディスコ・サウンドに絡む、ブリブリとしたグルーヴィーなクラヴィネットや赤ちゃんの泣き声が強いインパクトを残すアッパーなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。企画物とはいえ、当時のディスコ・ミュージックとしては非常にハイレベルで斬新な作品。

カナダ、日本で独自のロング・バージョンを収録した12インチ・シングルが制作された。

●I'M LOOKING FOR JEREMY

軽快なシャッフル・ビートで展開されるロック風のインストゥルメンタル・ナンバー。合間に挟まれる「I'm lookin' for jeremy」のセリフが印象的。もしかしたらベビー・シッターが赤ん坊を探し回ってるシチュエーションなのかも知れない。

DYNAMIC SUPERIORS / NOWHERE TO RUN (1977)

2009.05.22.Fri.22:35
dynamic superiors-nowhere to run

SIDE 1...M 1419F

NOWHERE TO RUN PT. 1
Time: 3:28
(Holland-Dozier-Holland)
In Album M6-879S1 "Give & Take"
Produced by Brian Holland
for Holland-Dozier-Holland Productions, Inc.
Arranged by McKinley Jackson, Gene Page
& Brian Holland
Exec. Prod. E.J. Holland

SIDE 2...M 1419F

NOWHERE TO RUN PT. 2
Time: 4:54
(Holland-Dozier-Holland)
In Album M6-879S1 "Give & Take"
Produced by Brian Holland
for Holland-Dozier-Holland Productions, Inc.
Arranged by McKinley Jackson, Gene Page
& Brian Holland
Exec. Prod. E.J. Holland

(P)1977 Motown Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION

●NOWHERE TO RUN
[POP # - /R&B # 53 /DISCO # 9 ]

Dynamic Superiorsは、「Shoe Shoe Shine」(1974)の大ヒットで一世を風靡したワシントンDC出身の黒人男性5人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはTony WashingtonGeorge SpannGeorge Peterback, Jr.Michael McClpinMaurice Washington。リードボーカルのTony Washingtonはゲイである事を公言し、ステージで女装姿を披露するなど、数多くあるソウル・ボーカル・グループの中でも一際ユニークな存在として知られた。

●NOWHERE TO RUN
1977年にMotownから発売されたアルバム「Give & Take」からのシングル・カット。プロデュースはBrian Holland。アレンジはMcKinley JacksonGene PageBrian Holland

Martha & The Vandellasが1965年に放った大ヒット曲をアップテンポのディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。ディスコを中心に大ヒットしたものの一般チャートでは目立ったヒットにはならず、これが実質的なラスト・シングルとなった。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・バージョンとも異なるシングル・ミックス。
A面は前半部分。
B面は後半部分。


POUSSEZ! / COME ON AND DO IT (1979)

2009.05.21.Thu.18:34
poussez-come on and do it

SIDE A...VSD 35211

COME ON AND DO IT
(SPECIAL RADIO VERSION SHORT)

Time: 3:38/BPM: 124
(Alphonse Mouzon)
Executive Producer: Danny Weiss
Produced, Arranged & Conducted by Alphonse Mouzon
Also in VSD 79412-POUSSEZ!

SIDE B。..VSD 35211

COME ON AND DO IT (Album Cut)
Time: 4:20/BPM: 124
(Alphonse Mouzon)
Executive Producer: Danny Weiss
Produced, Arranged & Conducted by Alphonse Mouzon
Also in VSD 79412-POUSSEZ!

(P)1979 Vanguard Recording Society, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●COME ON AND DO IT
[POP # - /R&B # - /DISCO # 15 (Lp all cuts) ]

Poussez!は、Weather ReportHerbie Hancockのバック・バンドのメンバーだった事でも知られる70年代ジャズ/フュージョン・シーンを代表するドラマー・Alphonse Mouzonが手がけたディスコ・プロジェクト。主なディスコ・ヒットに「Come On And Do It」(1979)、「Never Gonna Say Good Bye」(1979)。

●COME ON AND DO IT
1979年にVanguardから発売されたファースト・アルバム「Poussez!」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはAlphonse Mouzon。ボーカルはChristie ShireHolly OasRuderial Blackwell

Alphonse Mouzonの当時の妻・Linda Ledesma-Mouzonのセクシーな喘ぎ声が大胆にフューチャーされたエロティックなディスコ・ナンバー。シンセベースやシンセサイザーを多用し、アメリカのジャズ系ミュージシャンが制作したとは思えないようなヨーロッパの雰囲気が漂うストレートなディスコ・サウンドに仕上がっている。

A面はシングル用のリミックス・バージョン。喘ぎ声がカットされている。
B面はアルバム・バージョンをエディットしたもの。

THE ANDREA TRUE CONNECTION / PARTY LINE (1976)

2009.05.20.Wed.02:19
andrea true connection-call me

SIDE A...BDA 538

PARTY LINE
Time: 3:22
(Gregg Diamond)
Produced & Arranged by: Gregg Diamond
for Diamond Touch Productions
Mastered by: Jose Rodriguez
"A TOM MOULTON MIX"

SIDE B...BDA 538

CALL ME
Time: 3:12
(Gregg Diamond)
Produced & Arranged by: Gregg Diamond
for Diamond Touch Productions
Mastered by: Jose Rodriguez
"A TOM MOULTON MIX"

(P)1976 Buddah Records

BILLBOARD CHART ACTION

●PARTY LINE
[POP # 80 /R&B # 95 /DISCO # 13 ]

Andrea True Connectionは、70年代から80年代にかけてハード・コア・ポルノ映画を中心に活躍した白人ポルノ女優Andrea Trueを中心とするディスコ・プロジェクト。ポルノ女優がシンガーとして成功した珍しい例であり、一発屋で終わらなかった事はあまり知られていない。主な大ヒット曲に「More, More, More (Pt. 1)」(1976)、「N.Y., You Got Me Dancing」「What's Your Name, What's Your Number」(1977)など。

このシングルは1976年にBuddahから発売されたファースト・アルバム「More, More, More」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはGregg Diamond。リミックスはTom Moulton

●PARTY LINE
アルバムのオープニングを飾っていた作品で、重いビートの効いたミディアム・テンポのソウル・ディスコ・チューン。ブラスやストリングスをふんだんに使って高揚感を煽り、ジワジワと盛り上がる作品。

●CALL ME
Andrea Trueのボーカルの魅力を上手く引き出したミディアム・アップ・テンポの爽快なディスコ・チューン。Tom Moultonの卓越したリミックス・センスが光る作品でもあり、アルバムに収録されている7分にも及ぶロング・ディスコ・バージョンは非常に完成度が高い。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンとは異なるシングル・ミックス。

ASPHALT JUNGLE / FREAKIN TIME (1979)

2009.05.19.Tue.02:08
asphalt jungle-freakin time

SIDE A...#765

FREAKIN TIME PT. 1
Time: 4:24
(Kieth Benson & James Hicks)
Produced by Kieth Benson

SIDE B...#765

FREAKIN TIME PT. 2
Time: 6:16
(Kieth Benson & James Hicks)
Produced by Kieth Benson

(P)1979 TEC Records

BILLBOARD CHART ACTION
●FREAKIN TIME
[POP # - /R&B # 60 /DISCO # 86 ]

Asphalt Jungle(Funk Fusion Band)は、MFSBThe Salsoul Orchestraなどのドラマーとして活躍したKeith Benson(Keith Errol)が手がけたフィラデルフィアのディスコ・プロジェクト。制作には「Rhythm Talk」(1979)のヒットを持つフィラデルフィアの人気DJ・Douglas "Jocko" Hendersonが関わっている。 主なヒット曲に「Freakin' Time」(1979)、「Can You Feel It」(1981)(Funk Fusion Band名義)。

●FREAKIN TIME
1979年にTECから発売された唯一のシングル。プロデュースはKeith Benson。ボーカルはThe Dramaticsの元メンバーで、現在はThe EbonysのメンバーのWilliam Howard

MFSBでパーカッションを担当していたJames HicksとドラムスのKeith Bensonのペンによる作品で、ジャズ・フュージョン・タッチのメロウでスムースななファンク・ディスコ・チューン。1981年にFunk Fusion Band名義で「Can You Feel It」と改題したリミックス・バージョンがWMOTレーベルから発売されている。

A面はショート・バージョン。
B面はロング・バージョン。


KOOL & THE GANG / EVERYBODY'S DANCIN' (1978)

2009.05.19.Tue.01:30
kool  the gang-everybodys dancin

SIDE A...DE-910

EVERYBODY'S DANCIN'
Time: 3:59
(Ronald Bell/Kool & The Gang)
From De-Lite's album DSR-9509
"EVERYBODY'S DANCIN'"7168.763
Produced by Ronald Bell/Kool & The Gang
for K & G Productions

SIDE B...DE-910

STAY AWHILE

Time: 4:43
(George Brown/Cynthia Huggins/Kool & The Gang)
From De-Lite's album DSR-9509
"EVERYBODY'S DANCIN'"7168.763
Produced by George Brown/Kool & The Gang
for K & G Productions

(P)1978 De-Lite Recorded Sounds

BILLBOARD CHART ACTION
●EVERYBODY'S DANCIN'
[POP # - /R&B # 65 /DISCO # - ]

Kool & The Gangは、1969年のデビュー以来、長きに渡って世界的な活躍を続けるセルフコンテインド・ファンク・バンド。時代によって音楽スタイルを大きく変化させ、ジャズ・ファンク、R&B、ディスコ、ポップスまで、幅広いジャンルのヒット曲を放っている。主要メンバーはRobert BellRonald BellGeorge BrownRobert MickensDennis ThomasClaydes Charles SmithClifford AdamsRick Westfield。全盛期のリード・ボーカルはJames "J.T." Taylor。主な大ヒット曲に「Jungle Boogie」(1973)、「Ladies' Night」(1979)、「Celebration」(1980)、「Joanna」(1983)など多数。

このシングルは1978年にDe-Liteから発売されたアルバム「Everybody's Dancin'」からのカット。プロデュース、アレンジはKool & The Gang

●EVERYBODY'S DANCIN'
ミディアム・スロー・テンポのメロウなイントロから一転、派手なブラス・セクションで幕を開けるファンキーでゴージャスなディスコ・ビートへとなだれ込む展開が最高なインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。路線変更直前の過渡期の作品だけに、後のブラック・コンテンポラリー・サウンドの片鱗が垣間見られる。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。ミディアム・スロー・テンポのメロウなイントロがカットされている。

●STAY AWHILE
男性リード・ボーカルの語りから始まる男女のデュエットによるフィリー・ソウル風のスイートなスロー・バラード。ここでの彼らは完全にソウル・ボーカル・グループと化しており、従来の彼らのイメージとは全く違う異色の作品。

CAROLYNE BERNIER / HOLD ME, TOUCH ME (1977)

2009.05.17.Sun.00:49
carolyne bernier-hold me touch me

SIDE A...PS 45, 194

HOLD ME, TOUCH ME
Time: 3:18
(Tony Green-Carolyne Bernier)
Produced and Arranged by Tony Green
Orchestrated by: Denis Lepage
Recorded at: Marko Studio

SIDE B...PS 45, 194

HOLD ME, TOUCH ME
INSTRUMENTAL

Time: 4:20
(Tony Green)
Produced and Arranged by Tony Green
Orchestrated by: Denis Lepage
Recorded at: Marko Studio

(P)1977 Private Stock Records, Ltd.

BILLBOARD CHART ACTION
●HOLD ME, TOUCH ME
[POP # - /R&B # - /DISCO # 30 ]

Carolyne Bernier (Caroline Bernier)は、カナダを拠点に活動していたフランス系カナダ人女性シンガー・ソングライター。主なヒット曲に「Hold Me, Touch Me」(1977)、「Love (I Don't Wanna Hear About It)」(1979)など。

●HOLD ME, TOUCH ME
このシングルは1977年にアメリカ・Private Stockから発売された全米デビュー・シングル。プロデュース、アレンジはTony Green。オーケストラ・アレンジはDenise LePage。1978年発売のアルバム「Carolyne Bernier」(カナダ盤タイトルは「Out Of The Shadow」)収録。

Jesse Greenのディスコ・ヒット「Nice & Slow」(1976)を思わせる軽快なリズムで展開される、美しいメロディー・ラインを持ったミディアム・アップ・テンポのメロウでスイートなディスコ・ナンバー。彼女のキュートでセクシーなウィスパー・ボイスで囁かれるフランス語と英語を織り交ぜたセリフや歌詞が非常に魅力的。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

ALFIE DAVISON / WHO IS GONNA LOVE ME (1977)

2009.05.16.Sat.03:57
alfie davison-who is gonna love me

SIDE A...PB-11040

WHO IS GONNA LOVE ME
Time: 3:30
(Alfie Davison)
Produced and arranged by Michael Berman, Reid Whitelaw
and Norman Bergen for Bergen-Whitelaw Productions, Ltd.
/In Association With Sudden Ruth Music, Inc.
"A Tom Moulton Mix"

SIDE B...PB-11040

THERE'S A MOON OUT TONIGHT
(GONNA LOVE YOU)

Time: 3:27
(Alfie Davison)
Produced by Reid Whitelaw & Norman Bergen
for Bergen-Whitelaw Productions, Ltd.

(P)1977 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION
●WHO IS GONNA LOVE ME
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Alfie Davisonは、初期のディスコ・シーンで活躍したDJの一人であり、「Who Is Gonna Love Me」(1977)や「Love Is Serious Business」(1978)のマイナー・ヒットを持つ黒人男性シンガー・ソングライター、DJ。ソングライターとしても活動し、T.J.M.や日本のディスコ・グループ・The Eastern Gangなどに楽曲提供を行っている。

このシングルは1977年にRCAから発売されたデビュー・シングル。プロデュース、アレンジは Michael BermanNorman BergenReid Whitelaw。 リミックスはTom Moulton

●WHO IS GONNA LOVE ME
Alfie Davison自身のペンによる、親しみやすいポップなメロディー・ラインを持ったラテン・タッチの軽快なディスコ/ソウル・ナンバー。この曲はディスコを中心に話題になったものの全くヒットせず、同年にイギリスで発売されたThe Imperialsによるカバー・バージョンがヒットした。

THERE'S A MOON OUT TONIGHT (GONNA LOVE YOU)
こちらも彼自身のペンによるポップなスロー・バラード。あまり黒っぽさを感じさせない、ブルー・アイド・ソウル風の作品。

JUMPING BEANS / TOUCHEZ PAS! (1976)

2009.05.16.Sat.03:11
jumping beans-touchez pas

SIDE 1...60 004

TOUCHEZ-PAS
Time: 3:00
Musique de Aldo Frank - Gabriel Yared
Paroles de Peter Millner - Michel Renard
Arrgts: Aldo Frank
Prod. : Cl. Pascal - M. Renard
Ed. Claude Pascal

SIDE 2...60 004

DON'T TOUCH (Instrumental)
Time: 3:00
Musique de Aldo Frank - Gabriel Yared
Arrgts: Aldo Frank
Prod. : Cl. Pascal - M. Renard
Ed. Claude Pascal

(P)1976 Disques ibach (France)

BILLBOARD CHART ACTION

●TOUCHEZ PAS!
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Jumping Beansは、フランスのポルノ映画「Sex O'Clock U.S.A.」のサウンド・トラックなどを手がけていたプロデューサー・Claude Pascalとチェロ奏者のMichel Renardが手がけたフランスのディスコ・プロジェクト。「Touchez Pas!」(1976)が唯一のヒット曲。

●TOUCHE PAS!

1976年にDisques Ibachから発売された唯一のシングル。プロデュースはClaude PascalMichel Renard。アレンジはBimbo Jetを手がけたAldo Frank

キュートな女性のセリフ「Touchez Pas!」「oh!non non」、ダンディな男性の「si si」の掛け合いのみで構成されたアホ丸出しな作品で、ディスコというよりはお遊戯向けの子供くさいポップ・インストゥルメンタル・ナンバー。「ディスコ」としては出来は悪いが、メロディー・ラインと女性の声がなぜか妙に耳に残る。お色気全開のジャケットが素晴らしい。

●DON'T TOUCH!
A面のインストゥルメンタル・バージョン。セリフがないだけ。

BETTYE LAVETTE / DOIN' THE BEST THAT I CAN (1978)

2009.05.13.Wed.23:07
bettye lavette-doin the best that i can

SIDE 1...WES 1213 A

DOIN' THE BEST THAT I CAN
Time: 3:10
(Mark Sameth)
Prod. by: Eric Matthew & Cory Robbins
For Our First Production Company
Arr. by: Eric Matthew
Mixed by: Walter Gibbons
Drums by Gary

SIDE 2...WES 1213 B

DOIN' THE BEST THAT I CAN (Part Two)
Time: 3:27
(Mark Sameth)
Prod. by: Eric Matthew & Cory Robbins
For Our First Production Company
Arr. by: Eric Matthew
Mixed by: Walter Gibbons
Drums by Gary

(P)1978 West End Music Industries, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●DOIN' THE BEST THAT I CAN
[POP # - /R&B # - /DISCO # 13]

Bettye Lavetteは、60年代から70年代初頭にかけて活躍した、The Great Lady Of Soulと呼ばれる実力派黒人女性ヴォーカリスト/女優。実力やネームバリューに対してヒット曲が少なく、波乱万丈な歌手生活を送ったエピソードでも知られる。主なヒット曲に「My Man-He's A Loving Man」(1962)、「Let Me Down Easy」(1965)、「He Made a Woman Out of Me」(1969)、「Do Your Duty」(1970)など。

●DOIN' THE BEST THAT I CAN
1978年にWest Endから発売されたシングル。プロデュースはCory RobbinsEric Matthew。アレンジはEric Matthew。演奏はGary's Gangのメンバー。リミックスはWalter Gibbons

長い間ヒットから遠ざかっていた彼女が心機一転、当時流行のディスコ・ミュージックに挑戦したもの。Gary's Gangらしい弾むようなディスコ・サウンドに彼女のダイナミックかつソウルフルなボーカルが絡むアップテンポのリズミカルなポップ・ディスコ・チューン。

ミックス違いの12インチ・シングルが2種類あり、Walter Gibbonsによる11分にも及ぶリミックス・バージョンを収録したセカンド・プレス盤12インチ・シングルの人気が高い。

このシングル・バージョンは7分43秒のオリジナル・バージョンをエディットしたもの。
A面は前半部分。
B面は後半部分。

MADLEEN KANE / FORBIDDEN LOVE (1979)

2009.05.11.Mon.20:31
madleen kane-fobbiden love

SIDE A...WBS 49069

FORBIDDEN LOVE
Time: 3:33
(Michaele-L. & P. Sebastian)
From the Warner Bros. Album BSK 3315 CHERI
Produced by Michaele, Paul and Lana Sebastian
For J.C. Friederich and Boona Music
A J.C. Friederich and Boona Music Productions

SIDE B...WBS 49069

YOU AND I

Time: 4:12
(Michaele-L. & P. Sebastian)
From the Warner Bros. Album BSK 3315 CHERI
Produced by Michaele, Paul and Lana Sebastian
For J.C. Friederich and Boona Music
A J.C. Friederich and Boona Music Productions

(P)1979 Warner Bros. Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●FORBIDDEN LOVE
[POP # - /R&B # - /DISCO # 3 ]

Madleen Kaneは、70年代後半から80年代にかけて、フランス、アメリカを拠点に世界的に活躍したスウェーデン人女性ボーカリスト、モデル。当時の日本でも人気があり、日本独自シングル「美しくなければ・・・」(1979)、「ビューティフル・クライム」(1980)がヒット、さらにはグラビア、TV、CMに出演するなど、幅広く活躍した。主なヒット曲に「C'est Si Bon」「Rough Diamond」(1977)、「Forbidden Love」(1979)、「You Can」(1981)など多数。

このシングルは1979年にWerner Bros.から発売されたセカンド・アルバム「Cheri」からのカット。プロデュースはMichaeleLana & Paul Sebastian。アレンジはThor Baldursson。レコーディングはフランスとドイツ・ミュンヘン。リミックスはJim Burgess

●FORBIDDEN LOVE
全米ディスコ・チャートで最高3位を記録した大ヒット曲であり、彼女の代表曲の一つ。重い感じのクラシカルなピアノのイントロから一転してドラマティックでスリリングなディスコ・シンフォニーが展開されるアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。この曲はコーラスのみで、彼女自身の歌唱は無い。

このシングル・バージョンはアルバム片面全てを使った組曲から「Forbidden Love」と「Fire In Your Heart」を抜粋した12インチ・バージョンをエディットしたもの。

●YOU AND I
アルバムのB面トップに収録されていた作品で、彼女のセンシティブな雰囲気の語りから始まる、いかにもヨーロッパらしい美しいメロディー・ラインを持ったドラマティックなバラード・ナンバー。


EDDIE DRENNON / WOULD YOU DANCE TO MY MUSIC (1977)

2009.05.10.Sun.00:44
eddie drennon-would you dance to my music

SIDE A...NB 899 DJ

WOULD YOU DANCE TO MY MUSIC
Time: 3:50
(Eddie Drennon)
Produced by Eddie Drennon & Joe Bana
For My Way Productions & Bullseye Records
Arranged by Eddie Drennon

SIDE A...NB 899 DJ

WOULD YOU DANCE TO MY MUSIC
Time: 3:50
(Eddie Drennon)
Produced by Eddie Drennon & Joe Bana
For My Way Productions & Bullseye Records
Arranged by Eddie Drennon

(P)1977 Casablanca Record and Filmworks, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●WOULD YOU DANCE TO MY MUSIC
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Eddie Drennon & B.B.S. Unlimitedは、ブルース/ロックンロールを代表するギタリストとして知られるBo Diddleyに見出されて活躍した黒人男性エレクトリック・バイオリニスト、ミュージック・ディレクター・Eddie Drennonを中心とする黒人男女7人組ディスコ・グループ。バック・ボーカルにEsther Williamsが在籍していたことでも知られる。主なヒット曲に「Let's Do The Latin Hustle」(1975)、「Do It Nice And Easy」(1975)など。

●WOULD YOU DANCE TO MY MUSIC
1977年にCasablancaから発売されたセカンド・アルバム「Would You Dance To My Music」からのシングル・カット。プロデュースはEddie DrennonJoe Bana。アレンジはEddie Drennon。リミックスはTom Moulton。このシングルではEddie Drennonのソロ名義となっている。

MFSBのメンバーを起用し、フィラデルフィア・シグマ・サウンド・スタジオでレコーディングが行われた作品で、Eddie Drennonのポップで軽快なサウンドに、洗練されたフィリー・サウンドをブレンドしたゴージャスなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。

JUMBO / TURN ON TO LOVE (1976)

2009.05.09.Sat.02:24
jumbo-turn on to love

SIDE A...PRL 71088

TURN ON TO LOVE - Pt. 1
(edited version)

Total Time: 3:30
(C. Orieux-I. Cramer)
From the LP-"Turn On To Love"PRL 12142
Produced by Charles Orieux and Ingo Cramer
A Product of Prelude Records
An Original Hansa Recording

SIDE B...PRL 71088

TURN ON TO LOVE - Pt. 2
Total Time: 3:35
(C. Orieux-I. Cramer)
From the LP-"Turn On To Love"PRL 12142
Produced by Charles Orieux and Ingo Cramer
A Product of Prelude Records
An Original Hansa Recording

(P)1976 Prelude Records/Hansa Musik Produktions

BILLBOARD CHART ACTION
●TURN ON TO LOVE - Pt. 1
[POP # - /R&B # 98 /DISCO # 31 ]

Jumbo (Jumbo '76)は、ドイツ・ベルリンを拠点に活動していたプロデューサー・コンビ・Charles OrieuxIngo Cramerを中心に結成されたドイツのディスコ・グループ。主なヒット曲に「Sexy Lady」「Turn On To Love」(1976)、「City Girl」(1977)など。

●TURN ON TO LOVE
1976年にドイツ・Hansa、アメリカ・Preludeから発売されたファースト・アルバム「Turn On To Love」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはCharles OrieuxIngo Cramer。男声ボーカルはCharles OrieuxIngo Cramer。女声ボーカルはSugar & Candy (Edith JeremyJudy Jeremy)。ドイツ・ベルリン録音。アメリカ・Prelude盤。

Donna Summerの大ヒット曲「Love To Love You Baby」(1975)のように、アルバムの片面を使って一曲の17分に及ぶ組曲になっていた作品で、いかにもドイツ産ディスコ・ナンバーらしい、ドッシリとしたリズムセクションに切れの良い流麗なストリングスが絡む、ミディアム・テンポのディスコ・ナンバー。

この曲を含むアルバム「Turn On To Love」はPreludeレーベルから初めて発売されたアルバムで、この曲のヒットをきっかけにディスコ・レーベルとして快進撃を開始する事となった。

このシングル・バージョンは、17分にも及ぶアルバム・バージョンを構成を大幅に入れ替えるなどしてエディットしたもの。元々シングル向きの作品ではない為、エディットには相当苦労した跡が見られる。
A面はボーカル・パートを中心とするエディット。
B面は中盤、後半のインストゥルメンタルを中心とするエディット。

THE IMPERIALS / WHO'S GONNA LOVE ME (1978)

2009.05.08.Fri.20:28
the imperials-whos gonna love me

SIDE A...OM 5501

WHO'S GONNA LOVE ME
Time: 3:40
(Alfie Davidson)
Produced by Tony 'Champagne' Silvester
Arr. & Conducted by Tony Silvester, Dwight Brewster
and Harvey LeSene

SIDE B...OM 5501

YOU BETTER TAKE TIME TO LOVE

Time: 3:20
(S. Lucas)
Produced by Tony 'Champagne' Silvester

(P)1978 Omni Records/Total Entertainmant Corp.

BILLBOARD CHART ACTION

●WHO'S GONNA LOVE ME
[POP # - /R&B # 73 /DISCO # - ]

The Imperialsは、1950年代から70年代にかけて数多くのヒット曲で一世を風靡したLittle Anthony & The Imperialsの後身にあたる黒人男性3人組ソウル・ボーカル・グループ。Little AnthonyことJerome Anthony Gourdine脱退後に残されたメンバーで結成され、メンバーはClarence CollinsHarold JenkinsRobert Wade。「Who's Gonna Love Me」(1977)のスマッシュ・ヒットを持つ。

このシングルは1978年にIsland傘下のOmniから発売されたアルバム「Who's Gonna Love Me」からのカット。プロデュースはTony "Champagne" Sylvester。アレンジはTony SylvesterDwight BrewsterHarvey LeSene

●WHO'S GONNA LOVE ME
黒人男性シンガー・ソングライター・Alfie Davisonが1977年に放ったディスコ・ヒット・ナンバーをカバーしたもので、親しみやすいポップなメロディー・ラインを持ったラテン・タッチの軽快なディスコ/ソウル・ナンバー。1977年にイギリス・Power Exchangeからシングルが先行発売され、イギリスでシングル・ヒットを記録。そのヒットを受けて1978年にアメリカ・Omniからシングルが全米発売され、全米でもスマッシュ・ヒットを記録した。

YOU BETTER TAKE TIME TO LOVE
Stan Lucasのペンによるスイートなスロー・ナンバー。曲自体は悪くないが、アレンジに凝りすぎて、クセが強くなってしまった感じ。

G.Q. / DISCO NIGHTS (ROCK-FREAK) (1979)

2009.05.06.Wed.17:20
gq-disco nights

SIDE A...AS 0388

DISCO NIGHTS (ROCK-FREAK)
Time: 3:46
(E. Raheim LeBlanc)
Produced by Jimmy Simpson and Beau Ray Fleming
For Tony Productions,
Re-Mixed by Jimmy Simpson
Executive Producer Larkin Arnold

SIDE B...AS 0388

BOOGIE OOGIE OOGIE
Time: 4:04
(J. Johnson/P. Kibble)
Produced by Jimmy Simpson and Beau Ray Fleming
For Tony Productions,
Re-Mixed by Jimmy Simpson
Executive Producer Larkin Arnold

(P)1979 Arista Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●DISCO NIGHTS (ROCK-FREAK)
[POP # 12 /R&B # 1 /DISCO # 3 ]


G.Q.は、「Disco Nights (Rock-Freak)」(1979)や「I Do Love You」(1979)などの世界的大ヒットで知られるニューヨーク出身の黒人男性4人組ディスコ/ファンク・バンド。メンバーはEmmanuel Rahiem LeBlancKeith "Sabu" CrierPaul ServiceHerb Lane。グループ名はGood Qualityの略。「Zone」(1976)のスマッシュ・ヒットを持つThe Rhythm Makersは前身。

このシングルは1979年にAristaから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはディスコ・リミキサーとして活躍したJimmy SimpsonSunMandrillを手がけたBeau Ray Fleming。リミックスはJimmy Simpson。同年発売のアルバム「Disco Nights」収録。

●DISCO NIGHTS (ROCK-FREAK)
G.Q.名義でのデビュー曲であり、全米ソウル・チャートで2週連続ナンバー・ワンを記録した彼ら最大のヒット曲。都会的なファンク感覚を持ったファッショナブルなディスコ・ナンバーで、同時期に大ヒットを飛ばしていたChicとはまた違った魅力を感じられるなかなかの作品。

元々はRhythm Makers時代に発表した「Soul On Your Side」(1976)のアレンジをそのまま流用し、新たな歌詞とメロディーをつけてファッショナブルなディスコ・テイストを加えて仕上げたもの。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

●BOOGIE OOGIE OOGIE
A Taste Of Honeyが1978年に放った全米ナンバー・ワン・ヒット曲のカバー。オリジナルとはまた異なるソリッドな魅力を持った素晴らしいカバー・バージョンに仕上がっている。

※メンバー構成には謎が多く、ドラムスのPaul Serviseは表向きのメンバーで、1980年の脱退後に加入した白人ドラマー・Steve Adornoと白人パーカッショニスト・Kevin Zambranaが結成当時からの正式なメンバーだった可能性がある。

MACHO / I'M A MAN (1978)

2009.05.06.Wed.00:56
macho-im a man

SIDE A...PRP-1053 (EMI-2882-A)

I'M A MAN
(Steve Winwood-Malavasi-Taylor)
Produced by Mauro Malavasi
Mix by Savarese For Goody Music Production

SIDE B...PRP-1053 (EMI-2882-B)

COSE THERE'S MUSIC IN THE AIR
(Malavasi-Taylor)
Produced by Mauro Malavasi
Mix by Savarese For Goody Music Production

(P)1978 Goody Music Records/EMI

BILLBOARD CHART ACTION
●I'M A MAN
[POP # - /R&B # - /DISCO # 6 ]

Machoは、世界的に活躍したイタリアのディスコ・プロデューサー・Jacques Fred PetrusMauro Malavasiが手がけたイタリアのディスコ・プロジェクト。グループ名はリード・ボーカルのMarzio Vincenziのファースト・ネームを文字ったもの。ハード・ゲイのイメージを強く押し出した過激なジャケット・デザインでも知られる。主なヒット曲に「I'm A Man」(1978)、「Not Tonight」(1980)など。

1978年にイタリア・Goody Music、アメリカ・Preludeから発売されたファースト・アルバム「I'm A Man」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはMauro Malavasi。リミックスはTom Savarese。バック・ボーカルはArthur Simms。アメリカ録音。これは日本・EMIのプロモ盤。

●I'M A MAN

アメリカのロック・バンド・Spencer Davis Groupが1967年に放った大ヒット曲をアッパーなディスコ・アレンジでカバーしたもの。この曲のような、極太で硬質なリズムセクションに派手なオーケストレーションとシンセサイザーが絡むパワフルでゴージャスなイタリアン・ディスコ・サウンドは、当時のディスコ・シーンに非常に強いインパクトを与えた。

このシングル・バージョンは17分にも及ぶアルバム・バージョンをエディットしたもの。

●COSE THERE'S MUSIC IN THE AIR
Giorgio MoroderCerroneあたりを思わせるシンセサイザーが前面に押し出されたアップ・テンポのテクノ・ディスコ・チューン。

EDDIE HENDERSON / SAY YOU WILL (1977)

2009.05.04.Mon.03:16
eddie henderson-say you will

SIDE A...4485

SAY YOU WILL
Time: 4:26
(Mtume-Lucas-King)
(from the LP "COMIN' THROUGH" ST-11671)
Produced by Skip Drinkwater
for ZAMBU Productions

SIDE B...4485

CONNIE
Time: 3:07
(Eddie Henderson)
(from the LP "COMIN' THROUGH" ST-11671)
Produced by Skip Drinkwater
for ZAMBU Productions

(P)1977 Capitol Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●SAY YOU WILL
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Eddie Hendersonは、70年代のジャズ/フュージョン・シーンで活躍したニューヨーク出身の黒人男性ジャズ・トランペッター。ハワード大学出身の医学博士号を持つエリートであり、サンフランシスコの病院で医者として働きながらアーティスト活動を行っていた事でも知られる。主な代表曲に「Say You Will」(1977)、「Prance On」(1978)など。

このシングルは1977年にCapitolから発売されたアルバム「Comin' Through」からのシングル・カット。プロデュースはSkip Drinkwater

●SAY YOU WILL

ファンク・バンド・Mtumeのメンバー・Howard KingReggie LucasJames Mtumeの3人が作曲、James Mtumeがアレンジを手がけたアップテンポのファンキーなインストゥルメンタル・ディスコ/フュージョン・ナンバー。

Patrice RushenLee RitenourPhilip Bailey(E.W. & F)、Howard King(Mtume)、James Mtume(Mtume)、Paul Jackson(The Head Hunters)といった、一流ミュージシャンによるグルーヴィーで白熱したプレイに、Eddie Hendersonのスタイリッシュなトランペットが絡む、素晴らしい作品。

●CONNIE

Eddie Henderson自身が書き上げたムーディーなスロー・ナンバー。タイトルのConnieとは、アルバムでフルート奏者として参加しているConnie Henderson(奥さんかも)の事ではないかと思われる。

BLACK IVORY / MAINLINE (1979)

2009.05.03.Sun.01:56
black ivory-main line

SIDE A...BDA 610

MAINLINE
Time: 3:59
(Leroy Burgess)
Produced by Leonard Adams, Stuart Bascombe
And Russell Patterson

SIDE B...BDA 610

DANCE
Time: 4:56
(Russell Patterson/Leroy Burgess)
Produced by Black Ivory
In Association With Robert John & Michael Gately
For Black Ivory Productions

(P)1979 Buddah Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●MAINLINE
[POP # - /R&B # - /DISCO # 57 ]

Black Ivoryは、Patrick Adamsによって見出されたニューヨーク出身の黒人男性3人組ソウル・ボーカル・グループ。結成当時のメンバーはLeroy BurgessStuart BascombeRussell Patterson。1977年にLeroy Burgessが脱退し2人組となった。主なヒット曲に「Don't Turn Around」(1971)、「You and I」(1971)、「Mainline」(1979)など。

●MAINLINE
1979年にBuddahから発売されたアルバム「Hangin' Heavy」からのシングル・カット。プロデュースはLeonard AdamsBlack Ivoryマネージャー)、Russell PattersonStuart Bascombe。アレンジはLeroy BurgessPatrick Adams。リード・ボーカルはRussell Patterson。バック・ボーカルでLeroy Burgessが参加。

元メンバーのLeroy Burgessが提供した作品で、フィリー・ソウル風のゴージャスでダンサブルなディスコ・サウンドにソウルフルなボーカルが絡むメロディアスなソウル・ディスコ・チューン。ガラージ・クラシックの人気曲。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。バージョン違いの12インチ・シングルが2種類存在する。

●DANCE
1976年にBuddahから発売されたアルバム「Black Ivory」からのシングル・カット。プロデュースはBlack IvoryRobert JohnMichael Gately。アレンジはPatrick Adams

Leroy BurgessRussell Pattersonのペンによるかなりアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。

TOMMY / YOU CAN DO, I CAN DO (1979)

2009.05.01.Fri.23:22
tommy-you can do i can do

SIDE A...RD-1016

YOU CAN DO, I CAN DO
Time: 4:46
作詩 Alan Rothchild/作曲 Ken Daniel/編曲 Ken Daniel
Presented by U-DO L.D.A.

SIDE B...RD-1011

CALLING U.S.A.
Time: 4:16
作詩 Alan Rothchild/作曲 Danny Long /編曲 Danny Long 
Presented by U-DO, L.D.A.

(P)1979 Radio City Record Ltd., In Japan (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU CAN DO, I CAN DO
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Tommy The Bitchは、日本のディスコDJ集団U-DO(United Disco Object)が手がけた、日本人とプエルトリコ人のハーフのポルノ女優/シンガーのトミー坂井(栄ひとみ)を中心とする日本のディスコ・プロジェクト。SHOGUNのメンバーとして活躍したCasey Rankin(ケーシー・ランキン)が大きく関わっている。主なヒット曲に「Give It To Me」(1978)、「You Can Do, I Can Do」(1979)など。

このシングルは1979年に日本・Radio Cityから、Tommy名義で発売されたアルバム「Give It To Me」からのカット。プロデュースはU-DO

●YOU CAN DO, I CAN DO
Casey Rankin (Alan Rothchild名義)が作詞、佐藤健(Ken Daniel名義)が作曲、アレンジを手掛けた作品で、"I Love You"を意味する中国語「我愛迩(ウォーアイニー)」をコーラスに取り入れるなど、オリエンタルなムードを取り入れたミュンヘン・サウンド風のメロディアスなディスコ・ナンバー。当時の人気テレビ・ドラマ「俺たちは天使だ」のディスコ・シーンで効果的に使用された。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

●CALLING U.S.A.
Danny Longこと長戸大幸のペンによるアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。彼女の作品の中では最もアメリカンナイズされたゴージャスな雰囲気の作品で、バックのコーラスもファンキーでかっこいい。クレジットされていないが男性ボーカルはSHOGUN芳野藤丸

※アメリカのディスコ・レーベル・AVIから全米発売される予定だった。(未発)
※ドイツ録音とされているが、実際は日本録音。

RUDY / JUST TAKE MY BODY (1979)

2009.05.01.Fri.00:00
rudy-just take my body

SIDE A...PD 2017 PROMO

JUST TAKE MY BODY
Time: 4:15
(P. Gianolio/A. Taylor)
From Album PD-1-6226 "JUST TAKE MY BODY"
Produced by Jacques Fred Petrus
Arranged and Conducted by Paolo Gianolio

SIDE A...PD 2017 PROMO

JUST TAKE MY BODY
Time: 4:15
(P. Gianolio/A. Taylor)
From Album PD-1-6226 "JUST TAKE MY BODY"
Produced by Jacques Fred Petrus
Arranged and Conducted by Paolo Gianolio

(P)1979 Polydor Incorporated

BILLBOARD CHART ACTION
●JUST TAKE MY BODY
[POP # -/R&B # - /DISCO # - ]

Rudyは、世界的に活躍したイタリアのディスコ・プロデューサー・Jacques Fred Petrusのブレーンの一人で、アレンジャー、コンポーザー、マルチ・プレイヤーとして幅広く活躍したRudy Trevisiのソロ・ディスコ・プロジェクト。Rudy名義ではあるものの、Jacques Fred Petrusが全面的に指揮を執っている。主なディスコ・ヒットに「Just Take My Body」(1979)。

●JUST TAKE MY BODY
1979年にイタリア・Goody Music、アメリカ・Polydorから発売されたアルバム「Just Take My Body」からのシングル・カット。プロデュースはJacques Fred Petrus。アレンジはPaolo Gianolio。バック・トラック録音はイタリア、ボーカル録音とミックス・ダウンはニューヨークで行われている。

男性ボーカルを全面にフューチャーし、彼らが手がけたディスコ・プロジェクト・MachoRevencheなどと共通する、ハードでゴージャスな音作りがなされたアッパーなディスコ・ナンバー。クレジットを見るとわかるが、この曲のライティングには全くRudy Trevisiが関わっていない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。